無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
【全日本】これ以上無い特効薬
■9・20 博多大会
○諏訪魔、西村修、土方隆司
(23分2秒 ラストライド)
武藤敬司、ジョー・ドーリング、●平井伸和


 傷心どころか砕け散った三冠王者のハート。
この日も張り手のあとの追い討ち、恐る恐るのコーナー串刺し攻撃など、頭を抱えながら苦悩する諏訪魔さん。
先日、休場願提出まできてしまい、横浜大会の本番が危ぶまれていましたが、そんな王者の下に、

無事に退院をした雷陣選手が登場

張り手を喰らわせ、「いい加減にしろ!いけ!!」
その後、ローリングラリアットからラストライドでフィニッシュ!
リング上でガッチリと握手!

雷陣「このたびはファンの皆様、関係者の皆様に多大なご心配ご迷惑をおかけしましてまことに申し訳ありませんでした。一日でも早く復帰したいと思います。」

いやぁ、よかったよかった\(≧w≦)/

雷陣「諏訪魔どうしてん、オマエ?オレがずっとライバルで追ってきたオマエもっと強いやろ?デビューの頃からずっとオマエを追いかけてきて、TNA行ってもずっとずっと強い存在でおってくれよ。俺も追いかけていくから。だから今度の三冠戦、絶対勝てよオマエ!強い諏訪魔に戻ってくれよ!」

諏訪魔「そこまで言われたらもっと上目指すよ。またやる時あったらゼッテェ負けねえからな」

雷陣選手が先に控え室へ行くと、嗚咽を漏らしながら泣き崩れたという諏訪魔選手。

「本当に戻ってきてよかったよ・・・」

やっぱり、本人の元気な姿と声というのは、どんな励ましの言葉よりも何よりの特効薬。これで吹っ切れたかな?
本当によかった。


JUGEMテーマ:プロレス


| からし | 全日本 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。