無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
【全日本】地上と魔界の“天才”の戴冠 9・28横浜大会、そして怒涛のアフター
 昨日は全日本プロレス横浜大会が行われましたね!
諏訪間vsムタ、土方vs丸藤と注目のカード!
PPV中継してもいいんでない?
と思うくらいに注目度も高く、結果を楽しみにしていました。


-----------------------------
■9・28 全日本プロレス「FLASHING TOUR 2008」最終戦
神奈川・横浜文化体育館 観衆:4500人(超満員)


▼スポナビ 結果詳細


■第1試合 タッグマッチ
○渕正信、征矢学
(9分1秒 首固め)
●荒谷望誉、平井伸和


相変わらず、荒谷さんは渕さんの首固めに凄い弱いのね(笑)


■第2試合 シングルマッチ
●大和ヒロシ
(8分23秒 キングコングラリアット→エビ固め)
○近藤修司


 何気な注目カードですよね。
大和選手が欠場している間、パートナーのKAI選手はJrリーグ戦優勝、Jr王座挑戦と成長をみせました。
今度は大和選手の出番!という意気込みに満ちた近藤選手との絶好のシングルマッチ。
どんな内容だったんだろう?気になる気になる。
今回は白星こそ付かなかったものの、今後の歩みに期待。

 そんな大和選手の相手をつとめた近藤選手が、

10月1日付けで全日本プロレスに正式入団!!

-------------------------
■近藤修司選手が全日本プロレスに入団 (全日本プロレス公式HP)

■近藤修司が全日本プロレスに電撃入団 打倒・丸藤へVMと決別(スポナビ)

 これは驚き(◎A◎)
近ちゃんの新たな旅立ちが来た!!

近藤「VMも4年近くやっていると思うけど、僕個人の中でやることはこれ以上ないなと。
決め手になったのが愛着のある全日本ジュニアのベルトが流出したこと。」


8月に突然のエルドラド一戦退去宣言をしていましたね。
今まではどちらかというとグループ行動をしているカラーの方が強かった(特にbrother選手との)ですが、近藤修司という一人のレスラーの新たな挑戦ということでしょうか?

10月シリーズ開幕戦にはカズ選手と組んで、TARU&brother組と対戦も決定。
今回の一軒は2人には話してないようで・・・。

近藤「僕に対する踏み絵。この試合で僕がキッチリやれば全日本プロレスの一員になったとおもってくれれば結構」

あっ。
Brother“YASSHI”選手も脱・近藤修司という大きなテーマが生まれましたね。
VM離脱?
「この試合で僕がきっちり“やれば”・・・」
と、やれば・・・という部分が少し引っかかる感じもしますが・・・

武藤「本人が何をどうとか気持ちの部分は分からないけど、これだけの人材で即戦力になる。
勿論ウチのランクで言ったら上位。カズ、近藤という2強になるんじゃないかな。」


武藤社長も即決。
近藤修司選手の実力は今更説明不要の確かなもの。
全日本だけでなく、どこでも通用するその力で気持ち新たに大暴れてほしいです!

------------------------

■第3試合 タッグマッチ
○西村修、カズ・ハヤシ
(8分7秒 逆さ押さえ込み)
●NOSAWA論外、TAKEMURA



■第4試合 6人タッグマッチ
ジョー・ドーリング、●真田聖也、フィル・アトラス
(13分56秒 ドーリングのレボボム→体固め)
TARU、ゾディアック、○“brother”YASSHI


 なんと、ジョー選手が突然のVM入りって!!
この行為はTARUさんの策略ではなく、ジョー選手本人の意思による行動のようで、
TARUさん曰く「棚からぼた餅」。

ジョー「オレが外人パワーを見せてやる。どいつもこいつも身勝手だ。オレはこのニューチームでやっていく。俺が全てを破壊してやる。」

優等生外人に何が一体・・・・。
世界タッグ陥落後の反動?
突然の不良化ですか。


■第5試合 世界ジュニアヘビー級選手権試合
[王者]●土方隆司(第26代王者)
(25分30秒 ポールシフト→片エビ固め)
[挑戦者]○丸藤正道(プロレスリング・ノア)
※第26代王者が4度目の防衛に失敗、丸藤が第27代王者


 ウムムム・・・・。
下馬評崩せず。丸藤選手が世界Jr戴冠かぁ。
目の前に立つことすらなかったという雲の上だったベルトに、様々な実績を経て待望の戴冠。
凄いなぁ。さすが。

 それにしても、色んな情報サイトを見ても、共通していたのは、
土方選手の評価が非常に高かったという事。
流出という非常事態の結果を引き起こしてしまいましたが、
この試合の内容は勿論、
丸藤正道、そしてNOAHとの開戦という流れを作り上げた事実。
全くの予想外ながら、全日本ジュニアが大きく盛り上がりそうな形に。

新王者はあまりにも強力。
試合後、カズ選手、近藤選手をはじめとするジュニア勢がリングサイドで熱視線。
役者が違うというオーラ満載の丸藤選手ですが、どんどん向かっていくことで光りそうな選手が沢山いますし、
相手が丸藤正道だからこそ覚醒しそうな選手も。
この結果を受け入団した近藤選手との一騎打ちなんか凄く見たいですし、
KAI選手も丸藤正道を体感してほしい。

丸藤「獲っちゃった。凄いね。この汚さに味がある。土方選手は一発一発がキツかった。土方隆司の持ってるベルトでよかった。すげぇ強い先輩でした。」

天才・丸藤にココまで言わせた土方隆司選手。
敗れたものの天晴れ!って感じでしょうか?

はてさて、どう動く全日本ジュニア。
そして、丸藤正道!!
ワクワクするカードがこれからどんどん実現に向けて動きそうな予感(≧w≦)


■第6試合 6人タッグマッチ
○小島聡、天山広吉(新日本プロレス)、KAI
(24分20秒 ラリアット→体固め)
太陽ケア、鈴木みのる、●MAZADA


 KAI選手が捕まる場面が多かったものの、テンコジが友情パワーでGURENTAI撃退成功だそう。
試合後のコメントでもテンコジがKAI選手を絶賛してました。

試合後、
小島「お前達が持ってるのは世界タッグだろ!お前達が持ってても全日本のため、プロレス界の為にならない。よって、俺達が挑戦させてもらいます。」

この発言に、鈴木みのる選手が世界タッグのベルトを踏みつける行動に。
それにはテンコジが激怒。

天山「お前らチャンピオンやろ!ベルト粗末にしてどうするんや。オレとコジが獲った方がベルトの為になるんや」

これをうけ、

テンコジが10・11後楽園ホール大会で世界タッグに挑戦正式決定!
■後楽園でGURENTAI vs.天コジの世界タッグ戦=10.11全日本プロレス(スポナビ)

早いっ!!
決定も早いけど、日程も早い!!
G1タッグを前に大勝負!
そして、『友情プロレス』に物申すみのる&ケアに目にもの見せる事ができる!?

そして更に更に

小島「一つお願いがあるんだ。11月22日、世界最強タッグリーグ戦というのがあるんだ。何となく一緒に出たいなと思って。」
天山「コジ、知らんかった。コジに言われるまで気付かんかった」


おぃ(笑)
2年前に優勝してるでしょうがwwww
あ、そうか。G1タッグを打診した時の小島選手のリアクションを真似したのかww
やるなっ( ̄▽ ̄)
そんなこんなで

世界最強タッグリーグ戦も参戦表明!!

すごい。決定となれば、下半期のタッグ戦線大暴れ。
テンコジ旋風が10月から大きく吹き荒れる模様です。


■第7試合 三冠ヘビー級選手権試合
[王者]●諏訪魔(第37代王者)
(24分52秒 ムーンサルトプレス→体固め)
[挑戦者]○グレート・ムタ
※第37代王者が3度目の防衛に失敗、ムタが第38代王者


 雷陣選手の魂の復活により持ち直した諏訪魔さんでしたが、
ムタワールドに飲まれちゃった!?
今までの挑戦者の中でも一番クセの強い最凶の挑戦者でありましたが、
心の傷に悩む時間が多すぎて、対策を考える時間があまりにも無かったのが敗因?

武藤さんがIWGP。
化身のムタが三冠。
心は違えど、一つの体に両団体の頂点が・・・・。
ははは・・・
もう笑っちゃうぐらい凄いとしか言いようが無いよなぁ・・・。
ドンだけ最高なんだ、武藤&ムタ!!

 試合後、鈴木みのる選手がムタをスリーパーで襲撃。
これにムタは血を吐くかのような赤い毒霧で撃沈。

11・3両国大会で三冠王座戦が正式決定。
■ムタvs.みのる正式決定 武藤がNEWムタ登場を示唆=11.3全日本プロレス
(スポナビ)

全日本サイドによる呆れた策略と、昨日までの扱いに激しい批判を繰り返し、
昨日ついに爆発。行動により、ようやく決めさせた三冠戦。
GURENTAIを蚊帳の外に置いたような姿勢を見せた全日本プロレスに、
ようやく『力のプロレス』で屈服させる時が来た。

 敗れたものの諏訪魔さんのこれまでの道は決して無駄ではなかったはず。
最年少王者としての記録は見事でしたが、低キャリア故に、悩み、苦しみ、涙しながら歩み続けた防衛ロード。
長い時間少しづつ味わう事柄を、この王者期間に一気に味わった感じだもなぁ。
むしろ、本当にコレからが楽しいんじゃないかな?とかと思ったり。
雷陣さんというかけがえの無い存在にも改めて気付いたと思うし。
永遠のライバルと戦い続けるためにも、一層の高みを目指してほしいです。

JUGEMテーマ:プロレス


| からし | 全日本 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。