無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
【プロレス】 08年プロレスまとめ 4月編
 皆さんこんばんわ。

はい。4月編です。

 SAMURAIでは今年度プロレス大賞大予想の募集が始まりました!

頭の中では色々と浮かびますが、こうしてまとめていくとメジャーからインディーまで話題性が満載の、凄く充実した1年だったというのを再認識します。

濃い・・・・
実に濃いです。08年。



■4月------------------------------

■全日本プロレス --------------

■4・6 後楽園ホール
『2008 チャンピオン・カーニバル』開幕。

出場者は、
Aブロック 武藤敬司、小島聡、川田利明、太陽ケア、棚橋弘至
Bブロック 佐々木健介、諏訪魔、鈴木みのる、ジョー・ドーリング、西村修

4・6〜4・10までの後楽園ホール5連戦。
三冠王者の健介さんはNOAHのグローバルタッグとの厳しい掛け持ち参戦。
今年のチャンピオンカーニバルの解説席には毎日グラビアアイドルが登場。
相澤仁美さん、田代さやかさん、愛川ゆず季さん、原幹恵さん、小阪由佳さん。

08年の優勝は諏訪魔
http://kimagure-guda.jugem.jp/?eid=815(BLOG)
■2008チャンピオン・カーニバル優勝決定戦
○諏訪魔(29分49秒 ラストライド)●棚橋弘至


4・29で佐々木健介の三冠に挑戦決定。
チャンピオン・カーニバル後、小島聡選手が変形性肘関節症および尺骨神経麻痺を併発し、肘関節遊離体(“関節ネズミ”)で約3ヶ月の欠場へ。


■4・20 後楽園ホール
(スポナビ)
http://kimagure-guda.jugem.jp/?eid=829(BLOG)

■第5試合 シングルマッチ
○西村修(12分13秒 反則勝ち )●TAKEMURA
※MAZADA、NOSAWA、TAKEMURAの水攻撃


決着シングルマッチ不完全燃焼。
次のビッグマッチで1対3のハンディキャップマッチ。


■第6試合
○太陽ケア、武藤敬司、ジョー・ドーリング(10分42秒 TKO34th)TARU、近藤修司、●ブードゥーマスク


試合後、ケアが鈴木みのると結託。
“力のプロレス”を見せるGURENTAI結成


■4・29 愛知県体育館
http://kimagure-guda.jugem.jp/?eid=837(BLOG)

■1 vs 3イリミネーションマッチ
○西村修(22分27秒 ドラゴンスープレックスホールド)●TAKEMURA、NOSAWA論外、MAZADA


西村が3タテ。

■第5試合 世界ジュニアヘビー級選手権試合
[王者]●シルバー・キング(17分41秒 変形腕固め)○土方隆司[挑戦者]


キャリア10年。苦労人がついに大型タイトル獲得。

■第7試合 三冠ヘビー級選手権試合
[王者]●佐々木健介(29分55秒 フロッグスプラッシュ→片エビ固め)[挑戦者]○諏訪魔
※諏訪魔が新王者に


三冠史上キャリア最短での王座獲得。
武藤全日本初の生え抜き王者誕生。
ここから苦労の歴史へ・・・・。


■新日本プロレス --------------

■4・13 後楽園ホール
■IWGP Jr.タッグ選手権試合
○AKIRA、ライガー(18分52秒 オールド・ボーイ)裕次郎、●内藤哲也

NO LIMITがこの頃からジワジワと躍進を始める。

■NJPWvsZERO1 Dead or alive
○田口隆祐(10分11秒 円盤中毒)●高岩竜一

■世界ヘビー級選手権試合
○田中将斗(20分40秒 スライディングD)●金本浩二
※田中が5度目の防衛に成功


中西学に続いて金本浩二も撃破。止まることのない弾丸戦士の勢い。
次のターゲットは解説席に座っていた2月以来欠場中だった永田裕志。
これに対し対抗戦の舞台での復帰を宣言。


■4・27 大阪府立体育館
(新日本公式HP)
http://kimagure-guda.jugem.jp/?eid=834(BLOG)

■第4試合
○田中将斗、大谷晋二郎(12分56秒 スライディングD)金本浩二、●田口隆祐


■第6試合 IWGP Jr.ヘビー級選手権試合
[王者]○井上亘(19分28秒 オラシオンフレイム)●クリストファー・ダニエルズ[挑戦者]


■第7試合 IWGPタッグ選手権試合
[王者]○真壁刀義、矢野通(15分14秒 キングコングニー)飯塚高史、●天山広吉[挑戦者]


飯塚が天山を裏切る

■第8試合 IWGPヘビー級選手権試合
[挑戦者]○武藤敬司(22分34秒 ムーンサルトプレス)●中邑真輔[王者]
※新王者誕生


ここから長き武藤政権へ。テーマは「新日本を潤す」。



■NOAH --------------

■4・27 日本武道館『グローバル・タッグリーグ』最終戦
(スポナビ)
http://kimagure-guda.jugem.jp/?eid=835(BLOG)

■第8試合 グローバル・タッグリーグ戦 公式戦
三沢光晴、●小川良成(4勝3敗1分=9点)
(17分16秒 スイクルデス)○齋藤彰俊、バイソン・スミス(4勝2敗2分=10点)

※齋藤&バイソン組が優勝

ダークエージェントの二人が待望の栄冠。
バイソンが子供のようにリング上を走り回って喜ぶ。
後にGHCタッグ王座挑戦。

■第6試合 グローバル・タッグリーグ戦公式戦
●森嶋猛、モハメド・ヨネ
(24分47秒 オリンピック予選スラム→体固め)
○杉浦貴、丸藤正道


GHC王者がピンフォール負け。後に杉浦選手がGHC王座挑戦決定。



■DRAGON GATE --------------

■4・6 宮城
[王者]望月成晃、●ドン・フジイ(22分43秒 片エビ固め)○岩佐拓、新井健一郎[挑戦者]
※王者が防衛に失敗。

“新生戸澤塾”に初タイトル。


■4・13 名古屋
http://kimagure-guda.jugem.jp/?eid=818(BLOG)

各ユニットごとに誰かが揉めあう大混迷期。
ニュー・ハザードではYAMATO選手とB×Bハルク選手。タイフーンでは斉藤了選手とCIMA選手、ドラゴン・キッド選手。マッスル・アウトローズでは吉野選手と神田選手。
これに対し、5・5では金網マッチが決定済み。

■オープン・ザ・ブレイブゲートゲート選手権
[王者]●吉野正人(21分59秒 エレガントマジック)○A・W・森[挑戦者]
※7度目の防衛に失敗

王者の「タイフーン全員に防衛」に対し、最後の砦の王子が勝利も、吉野の犬猿の仲の神田裕之の乱入もあり納得いかず、後に返上。
王者決定トーナメント開催へ。

○YAMATO(14分23秒 片エビ固め)●B×Bハルク
長い遺恨がついに決着。握手を交わす。


■4・17 後楽園ホール
(スポナビ)
http://kimagure-guda.jugem.jp/?eid=824(BLOG)

■第4試合
堀口元気、Gamma(12分15秒 YAMATOのギャラリア)YAMATO、●谷嵜なおき


4日前にハルクと握手をしたものの、早速YAMATOがニューハザードを裏切る

この日のメインのトライアングル後、ニューハザードの鷹木&サイバーが「ハルクが5・5の金網戦でハルクが勝ったら一度だけ一緒にダンスを踊る」と宣言。


■4・27 博多
ODG選手権試合
[王者]○CIMA(22分9秒 シュバイン・レッドライン・ホールド)●斎藤了[挑戦者]
※王者が6度目の防衛に成功


最悪のコンディションも王者が遺恨のあるチームメイトに防衛成功。
熱戦を経て仲直り。

■オープン・ザ・ブレイブゲート王者決定トーナメント
○Gamma(14分48秒 体固め)●A・W・森


オープン・ザ・ブレイブゲートをGammaゲートに名称変更。



■DDT&DRAGON GATE合同興行 --------------

■4・6 DDGリターンズ〜DDT&DRAGON GATE合同興行
(スポナビ)
http://kimagure-guda.jugem.jp/?eid=810(BLOG)

■メインイベント DDT本隊vsニューハザード
○サイバー・コング、鷹木信悟、B×Bハルク
(20分37秒 パイナップル・ボンバー)
HARASHIMA、飯伏幸太、●アントーニオ本多


■セミファイナル トリプルスレッド・タッグマッチ
○ドン・フジイ、MIKAMI
(13分02秒 ナイス・ジャーマン)
蛇イ藤了[斎藤了]、●ポイズン澤田JULIE
※もう1組は、新井健一郎、タノムサク鳥羽


■ニューヨークスタイル・デスマッチ
○望月ディーノ[望月成晃](5分52秒 ディープキス)●男色成晃[男色ディーノ]


入場式でお互いが頭をぶつけてしまい中身が入れ替わる。
見た目もかなり貴重な2ショット。

■タッグマッチ
○KUDO、ヤス・ウラノ(15分22秒 ジャックナイフ式エビ固め)横須賀享、●アンソニー・W・森


■最弱決定因縁決着戦・スペシャルシングルマッチ
●ゴージャス松野 with 高木三四郎
(18分35秒 両セコンドタオル投入→両者TKO)
●“ハリウッド”ストーカー市川 with CIMA


CIMAは“全力の”スト市のコスプレ。
かなり似ている。

■タッグマッチ
○中澤原マイケル、松永智充
(8分46秒 ネバー・セイ・マイケル・ネバー・アゲイン)
菊タロー、●戸澤アキラ


■ダークマッチ
○シーサー・ボーイ、超神龍(8分56秒 ムーンサルト・プレス)佐々木大輔、●安部行洋


笑顔と熱の入り混じった両団体の特色が100%光った好興行でした。



■ZERO-ONE MAX --------------

■4・6 JCBホール『ミラクルロケット2008〜2nd Impact〜』
http://kimagure-guda.jugem.jp/?eid=808(BLOG)

“銀河系バンド”の宇宙戦隊NOIZとのコラボレーション興行。
JCBホールのプロレスこけら落とし。

■第1試合 6人タッグマッチ「Exotic Japan」
○崔領二、澤宗紀、浪口修(13分52秒 那智の滝)裕次郎、内藤哲也、●平澤光秀(新日本プロレス)

■第2試合 シングルマッチ「Real Strong ISM」 
○佐藤耕平(9分25秒 ジャーマン・スープレックス・ホールド)●田口隆祐(新日本)

■第3試合 タッグマッチ「Prove the Real−MVP」
佐々木義人、関本大介(大日本)(14分35秒 ダイビングニードロップー→片エビ固め)真壁刀義、矢野 通(ともに新日本プロレスGBH)

■第4試合 タッグマッチ「MAGNETIC FORCE」
大森隆男、●高岩竜(11分00秒 垂直落下式ブレーンバスター)長州 力、○獣神サンダーライガー(ともに新日本プロレス)

■第5試合 シングルマッチ「飛・打・極〜Vigor〜」
●日高郁人(15分52秒 タイガー・スープレックス・ホールド)○金本浩二(新日本プロレス)

■第6試合 WWA世界ジュニアライトヘビー級選手権試合
[王者]●THE★ZEST(8分57秒 ミラクルロケットG5)○NOIZ[挑戦者]

■第7試合 NWAインターコンチネンタル&インターナショナルライトタッグ二冠戦
[インターコンチネンタル王者]○藤田ミノル、菅原拓也
(15分02秒 スクールボーイ)
[インターナショナルライト王者]●アレックス・シェリー、クリス・セイビン
※藤田・菅原組、二冠王者となる

TNA最高のタッグをまさかの撃破。
ポイントは“ブラックボックス”

■第8試合 世界ヘビー級選手権「Extreme Impact」
[王者]○田中将斗(24分12秒 スライディングD→片エビ固め)●中西 学(新日本プロレス)[挑戦者]
※王者が4度目の防衛に成功


中西選手が近年まれに見る大爆発。野人ファイト全開!
解説の永田裕志もビックリ。
しかし、王者がなんとか粉砕。
次のターゲットは金本浩二。一週間後の新日本のリングで実現。


■大谷さん、松永光弘の襲撃、不気味な郵送物を何度も贈られる

再三の真意不明な嫌がらせに大谷さんのフラストレーションはつのるばかり。5・17桂大会でのシングルマッチが決定。


■4・29 後楽園ホール
■ゼロワン7周年記念特別試合
○大谷晋二郎、大森隆男(11分14秒 片エビ固め)蝶野正洋、●安田忠夫


蝶野がゼロワン初参戦。



■ハッスル --------------

■4・13 国立代々木競技場第二体育館
http://kimagure-guda.jugem.jp/?eid=819(BLOG)

○よしえちゃん、ボノちゃん
(8分55秒 お友達プレス)
ジャイアント・シルバ、●アン・ジョー司令長官

よしえちゃん登場。

○ボブ・サップ、川田利明(12分14秒 ビースト・バックブリーカー)天龍源一郎、●坂田亘
坂田亘が1月以来の復帰。もサップ&川田の腰攻めの前に玉砕。担架

○鈴木みのる(8分40秒 ゴッチ式パイルドライバー前ギブアップ)●RG
“口は災いの元”。
先の記者会見での強気の発言が鈴木みのるを呼び込んでしまい、酷い目にあう。



■DDT --------------

■飯伏幸太がROH遠征

全4戦。「プリーズ・カムバック!」コールが巻き起こる。
ダークマッチで中澤マイケルも試合をする。

■4・27 『本屋プロレス』旗揚げ戦 伊野尾書店
■完全決着ルール(時間無制限1本勝負)
○飯伏幸太(12分30秒 路上コンクリート高速原爆固め)●高木三四郎




■大日本プロレス --------------

■4・28 後楽園ホール
■世界ヘビー級選手権試合
[王者]○田中将斗(26分33秒 スライディングD→片エビ固め)●関本大介[挑戦者]
※王者が6度目の防衛に成功。


08年で3度目の対決。もはや名勝負数え歌へ。



■K−DOJO --------------

■4・13 後楽園ホール
■STRONGEST−K選手権試合

[王者]●真霜拳號(23分57秒 ジャーマンスープレックスホールド)○火野裕士[挑戦者]
※第6代王者誕生


1年半君臨し続けた絶対王者がついに敗れる。



■エルドラド --------------

■4・24 後楽園ホール
●近藤修司(18分49秒 片エビ固め)●マグニチュード岸和田


最凶最悪の外敵に『最後の砦』のエース敗れる。

■UWAタッグ王座戦
[王者]KAGETORA、飯伏幸太(20分37秒 エビ固め)大鷲透、●菅原拓也[挑戦者]
※初防衛に成功

元悪冠一色に勝利。

○ザ・グレート・サスケ(12分55秒 片エビ固め)●“brother”YASSHI
奇跡の対面。
“brother”YASSHIの“玉砕”、サスケに通じず。サスケさんの大事なところは「カッチカチ」らしい。



■大阪 --------------

■4・29 松下IMPホール
○曙(8分51秒 体固め)●ゼウス

ゼウスが曙を肩車で持ち上げバックドロップ
リングが丈夫でよかった・・・・。



■JWP --------------

■4・29 後楽園ホール

■JWP認定無差別級選手権試合
[王者]●日向あずみ(23分51秒 片エビ固め)○春山香代子[挑戦者]
※第13代新王者誕生


シングル王者初戴冠。「バリバリ」王者。
全日本の土方選手と同じくキャリア10年目の勲章。




■仙女 --------------

■4・20 Zepp Sendai

“トータルキャリア3年未満の選手”にのみ出場資格のある
じゃじゃ馬トーナメント』が開幕。
全試合、30分一本勝負(決勝戦のみ、時間無制限一本勝負)、時間切れ引き分けとなった場合は体重差判定を行い、軽量の選手の勝利。
6・27が決勝戦。

【参加選手】
ティラノサウルス奥田、仙台幸子、DASHチサコ、悲恋、水波綾(仙女)
中島安里紗、ピンキー真由香(JWP)
松本浩代、大畠美咲(エスオベーション)
佐藤綾子、小林華子(伊藤薫プロレス教室)
紫雷美央、紫雷イオ、水沼美加(TEAM MAKEHEN)
牧場みのり(アイスリボン)
華名(フリー)

水波綾、中島安里紗、佐藤綾子、仙台幸子、松本浩代、紫雷イオ、ティラノサウルス奥田、華名が2回戦進出。



■その他の話題 --------------

■インリン様の友人のインリンさんが元ゼロワン社員と結婚。


=========================
▼5月編
http://kimagure-guda.jugem.jp/?eid=11459

▼3月編
http://kimagure-guda.jugem.jp/?eid=1134
▼2月編
http://kimagure-guda.jugem.jp/?eid=1130
▼1月編
http://kimagure-guda.jugem.jp/?eid=1127


JUGEMテーマ:プロレス


| からし | 2008 プロレス界まとめ | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
2008/12/18 8:00 PM posted by: YourFileHost動画情報局
■【プロレス】 08年プロレスまとめ 4月編 ■田代さやか:テレビ ■メルシートゥフェスタ・FINAL(予選結果) ■北川景子が罰ゲームでモノマネ ■SEE THE JAPANESE DEER ■田代さやか 動画 ■松嶋菜々子のお宝セクシー水着 ■ある意味天才的な言い間違