無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
【プロレス】 2008年プロレスまとめ 6月編
 5月はGWがあったため「今月は少ないかな?」と思っていたら、同じくらいに多かったです(笑)

止まらないプロレス界。

それを痛感です。


■6月------------------------------

■全日本プロレス ------------------------------

■6・10 後楽園ホール『武藤祭』
(スポナビ)
http://kimagure-guda.jugem.jp/?eid=874(BLOG)

■第1試合 タッグマッチ
○平井伸和、渕正信
(10分51秒 これでも喰らえ)
ジョニー・ダン、●菊ボノタロー

■第2試合 6人タッグマッチ
○松田納、西村修、木戸修
(13分28秒 サムライ・クラッチ)
MAZADA、TAKEMURA、●NOSAWA論外


“オサム”3人衆。

■武藤敬司コンテスト
3歳の女の子が優勝


コンテスト終了後、ハゲカツラ&口ひげを着けた中西学が乱入
札幌でのIWGP挑戦をアピール(この時点では正式決定にはなっていない)。

■第3試合 3WAYマッチ
○KAI(8分38秒 スプラッシュ・プランチャ)●土方隆司
※もう1人は、カズ・ハヤシ


■第4試合 三人掛けマッチ(シングルマッチ連続3試合)
○諏訪魔(4分03秒 逆エビ固め)●T28
○諏訪魔(12分28秒 バックドロップ)●真田聖也
○諏訪魔(7分48秒 ラリアット)●征矢学


■メインイベント F-1タッグ選手権試合
[王者]○神奈月、武藤敬司(23分01秒 相撲ルパッケージホールド)曙、●はなわ[挑戦者]
※王者が4度目の防衛に成功


曙さんが見事な井上陽水の『夏の終わりのハーモニー』を披露。神無月さんビックリ。


■6・21 後楽園ホール

■雷陣明が帰国。


■6・28 大阪
http://kimagure-guda.jugem.jp/?eid=905(BLOG)

■第5試合 世界ジュニアヘビー級選手権試合
[王者]○土方隆司(16分04秒 腕ひしぎ逆十字固め)●エル・サムライ [挑戦者]
※第26代王者が2度目の防衛に成功


■第6試合 世界タッグ選手権試合
[王者組]武藤敬司、●ジョー・ドーリング
(21分04秒 TKO34th→片エビ固め)
[挑戦者組]○太陽ケア、鈴木みのる
※第54代王者組が2度目の防衛に失敗。ケア&みのる組が新王者に


鈴木選手が開幕戦で負傷するも、ケアがその分をしっかりカバー。

■第7試合 三冠ヘビー級選手権試合
[王者]○諏訪魔(36分57秒 ラストライド→体固め)●西村修 [挑戦者]
※第37代王者が初防衛に成功


勉強する若き三冠王者。



■新日本プロレス ------------------------------

■6・1 後楽園ホール
(スポナビ)
http://kimagure-guda.jugem.jp/?eid=861(BLOG)

ベスト・オブ・ザ・スーパージュニアXV開幕。

【出場選手】----------------------------

■Aブロック
井上 亘         5年連続7回目の出場
獣神サンダー・ライガー  8年連続16回目の出場(1994年、2001年優勝)
稔            5年連続9回目の出場(2006年優勝)
田口隆祐         3年連続5回目の出場
裕次郎          2年連続2回目の出場
高岩竜一(ZERO1-MAX)   8年ぶり6回目の出場(2000年優勝)

■Bブロック
金本浩二         7年連続13回目の出場(1998年、2002年優勝)
タイガーマスク      7年連続7回目の出場(2004年、2005年優勝)
内藤哲也         2年連続2回目の出場
AKIRA        5年ぶり4回目の出場
プリンス・デヴィット   2年連続2回目の出場
ジミー・レイヴ(TNA) 初出場

----------------------------------------

開幕戦でプリンス・デイビット選手が負傷。
2年連続のリタイア。

優勝は井上亘
■6・15 決勝戦
○井上亘[Aブロック2位](27分57秒 変形トライアングルランサー)●金本浩二[Bブロック二位]
※井上が初優勝

http://kimagure-guda.jugem.jp/?eid=884(BLOG)

翌日、ヘビー級転向を発表。


■6・22 岐阜
■新日本 vs ZERO-ONE MAX
○中西学(15分12秒 片エビ固め)●大森隆男


IWGP挑戦が決定後、初のシングルマッチは対ZERO-ONE MAX。


■6・27 後楽園ホール 蝶野正洋プロデュース興行『PREMIUM』第2回興行
(スポナビ)
http://kimagure-guda.jugem.jp/?eid=904(BLOG)

ワンナイト・タッグトーナメント開催。
【出場タッグ】
大谷晋二郎&天山広吉、大森隆男&藤波辰爾、越中詩郎&佐藤耕平、S・S・マシン&ヒロ斉藤、
長州力&田中将斗、蝶野正洋&吉江豊、中西学&獣神サンダー・ライガー、長井満也&崔領二

優勝は大谷&天山
大谷晋二郎がG1出場をアピール。後に決定。



■NOAH ------------------------------

■6・1 札幌
GHCジュニアタッグ選手権試合
[王者]○KENTA、石森太二(25分57秒 腕決め卍固め)鈴木鼓太郎、●リッキー・マルビン[挑戦者]
※王者組が初防衛に成功


終盤、重要な局面でリッキーが鼓太郎に対し強制タッチ。
ここから鼓太郎&リッキーにヒビが・・・・。
試合後、バックステージにて金丸義信が鈴木鼓太郎にタッグ結成をアピール。

■抽選式シングルマッチ
○力皇猛(16分55秒 片エビ固め)●齋藤彰俊
○秋山準(16分26秒 体固め)●丸藤正道
○森嶋猛(14分8秒 体固め)●モハメド・ヨネ



■6・14 横浜文化体育館
(スポナビ)
http://kimagure-guda.jugem.jp/?eid=883(BLOG)

■第4試合 付き人だよ!全員集合!
三沢光晴、●太田一平
(15分10秒 ブルーディスティニー→片エビ固め)
丸藤正道、○鈴木鼓太郎
※特別レフェリー 浅子覚


三沢さんの歴代付き人大集合。
一平ちゃんだけボッコボコ(笑)

■第5試合 青木篤志 閃光十番勝負第五戦
青木篤志(16分50秒 腕ひしぎ逆十字をつぶしてのエビ固め)○小川良成


■第7試合
小橋建太、△KENTA
(30分時間切れ引き分け)
佐々木健介、△中嶋勝彦


小橋さんと健介さんが再会。
SEMから続くKENTAと中嶋の抗争が止まらない。

■GHCヘビー級選手権
[王者]○森嶋猛(25分01秒 バックドロップ→片エビ固め)●杉浦貴 [挑戦者]
※王者が初防衛に成功


森嶋がムーンサルト初披露。
も、序盤の負傷もあり噛みあわず・・・・。


■6・21 イギリス
NOAHが初のイギリスでの海外主催興行。
森嶋さんはスーツケースが届かず、コスチュームを現地調達。

■GHCジュニアヘビー級王座戦
[王者]○金丸義信(14分16秒 片エビ固め)●ジェイ・ブリスコ[挑戦者]
※王者が4度目の防衛に成功

■GHCジュニアタッグ
[王者]○KENTA、石森太二(29分53秒 片エビ固め)ブライアン・ダニエルソン、●エディ・エドワーズ[挑戦者]
※王者組が2度目の防衛成功



■6・29 後楽園ホール

■第7試合 8人タッグマッチ 60分3本勝負
○金丸義信、デイビー・リチャーズ、青木篤志、平柳玄藩      
(2−1で金丸組の勝利)
●KENTA、石森太二、鈴木鼓太郎、リッキー・マルビン
※1本目 ○石森(17分24秒、スーパースターエルボー→片エビ固め)●青木 
※2本目 ○金丸(4分07秒、後方回転エビ固め)●KENTA 
※3本目 ○平柳(10分56秒、金丸の垂直落下式ブレーンバスター→エビ固め)●マルビン


鼓太郎がリッキーを裏切る



■DRAGON GATE ------------------------------

■6・12 後楽園ホール
(スポナビ)
http://kimagure-guda.jugem.jp/?eid=879(BLOG)

■第3試合
○B×Bハルク(6分28秒 F.T.X.)●神田裕之


ダークサイド・ハルク初登場。

■メインイベント なにわ式イリミネーションマッチ
○リアル・ハザード(4−3) WORLD-1
○鷹木信悟、Gamma、堀口元気、サイバー・コング
(38分11秒 パンピングボンバー)
吉野正人、谷嵜なおき、m.c.KZ.、●土井成樹
※一人残しでリアル・ハザードの勝ち


欠場したCIMAをYAMATOが馬鹿にし、ストーカー市川が激怒。
一ヵ月後の後楽園大会で一騎打ちを要求。

戸澤塾に“転校生”のが初登場。


■6・21 岐阜
横須賀享、斎藤了、ドラゴン・キッド、○“ハリウッド”ストーカー・市川
(14分34秒 ラ・マヒストラル)
鷹木信悟、堀口元気、神田裕之、●YAMATO


市ちゃんが超久しぶりの勝利。
YAMATO、シングルマッチ前に大誤算。


■6・22 大阪府立第2競技場
http://kimagure-guda.jugem.jp/?eid=906(BLOG)

■オープン・ザ・ドリームゲート王座 次期挑戦者決定戦
△B×Bハルク(60分00秒 時間切れ引き分け)鷹木信悟△


この一戦を見たCIMAがODG王座の返上を決意。
この続きは最大の舞台の神戸ワールドへ。
この後ハルクはハヤブサさんの下へ。フェニックススプラッシュ、Hヘッジなど技の教えを受ける。

■オープン・ザ・Gammaゲート選手権試合
○Drマッスル(4分8秒 トルべジーノ十字固め)●Gamma


Dr.マッスルの正体は吉野正人。
ブレイブゲートがあるべき下へ帰る。


■6・28 愛知

■オープン・ザ・トライアングルゲート選手権試合
[挑戦者]新井健一郎、岩佐拓、○忍(26分42秒 片エビ固め)●Gamma、鷹木信悟、YAMATO[王者]




■ZERO-ONE MAX ------------------------------

■6・26 『勇猛果敢』最終戦
(スポナビ)
http://kimagure-guda.jugem.jp/?eid=903(BLOG)

■第3試合 シングルマッチ「BATTLE-SOUL-NOW」
〇稔(新日本プロレス・RISE)
(11分22秒 FIRE BALLスプラッシュ → 片エビ固め)
●澤宗紀(バトラーツ)


11月の天下一ジュニア決勝にて、稔選手が引退までも考えたどん底状態を救ったのはZERO-ONE MAXと発言。
この頃がまさにその時期?

■第4試合 ZERO1−MAXvsGBH
〇田中将斗、崔領二
(18分6秒 スライディングD → 片エビ固め)
真壁刀義、●本間朋晃(新日本プロレス・GBH)


GBHがZERO-ONE MAX初進入。

■第5試合 ZERO1−MAXvs新日本プロレス「勇猛果敢」
大谷晋二郎、●大森隆男
(23分33秒 大中西ジャーマン)
永田裕志、○中西学(新日本プロレス)


大森さん、またまた中西選手に喰われる。

■メイン インターナショナルジュニアヘビー級選手権
●望月成晃(DRAGON GATE・王者)
(17分21秒 野良犬ハイキック → 片エビ固め)
○日高郁人(挑戦者)
※第6代王者望月が4度目の防衛に失敗。日高が第7代王者となる。


昨年9月から続いた長きZERO-ONE MAXジュニアを引っ掻き回した“望月成晃旋風”が決着。
望月選手に蹴り勝つ。



■健介オフィス ------------------------------

■6・13 大阪府立体育会館第2競技場 
http://kimagure-guda.jugem.jp/?eid=882(BLOG)

初の大阪進出。

埼玉・吉川名物、飛び出せ全国!!大阪編〜30分1本勝負
○なまずマン、なまずマン(13分16秒 片エビ固め)TAKAみちのく、●菊タロー

■第2試合 SAVE THE OFFICE CRISIS 30分1本勝負
●起田高志、南野武(16分2秒 エビ固め)後藤達俊、○小原道由

第3試合 健斗、試練の大一番 30分1本勝負
●宮原健斗(8分22秒 ワキ固め)○鈴木みのる


第4試合 Dash The Volcano Road 30分1本勝負
●中嶋勝彦(27分35秒 go 2 sleep→片エビ固め)○KENTA


SEMでの抗争から初の一騎打ち。
KENTA選手は中嶋選手の退場を拍手で送る。

第5試合 Take The Dream in OSAKA 30分1本勝負
○佐々木健介(22分53秒 ストラングルホールドZ)●丸藤正道


“丸藤ロープワーク”を“かまいたち”で攻略。



■ハッスル ------------------------------

■6・18 『ハッスル・ハウスvol.37 』
(スポナビ)
http://kimagure-guda.jugem.jp/?eid=891(BLOG)

ハッスルグランプリ開幕。
今やお馴染みの川田さんのOPコーナーには鼠先輩が登場。



■DDT ------------------------------

■6・1 SHINJUKU FACE(昼)

諸橋晴也がメタル・ヴァンパイア離脱

奥様の妊娠によりがきっかけ。

たった一人となったポイズン澤田の解散宣言に同情する形でHARASHIMAが蛇人間に。
JARASHIMAへ。マラカスの売り上げが上がる。

■6・1 SHINJUKU FACE(夜)『CRUISER’S GAME 7th』
■60分アイアンマッチ
△MIKAMI(2−2)△GENTARO



■6・21 

プロレス史上最年少の王者が誕生。
アイアンマンヘビーメタル級第751代王者 高木玲ちゃん(2歳)
大社長の愛娘さん。



■大日本プロレス ------------------------------

■6・23 後楽園ホール
http://kimagure-guda.jugem.jp/?eid=899(BLOG)

■045邪猿気違'S復活記念後楽園番外地血みどろカーニバルキ●●イタッグマッチ
○葛西純、沼澤邪鬼(26分1秒 片エビ固め)佐々木貴、●宮本裕向


葛西が昨年11月以来の大日本マット復帰。
バルコニーダイブを敢行。



■K−DOJO ------------------------------

■6・12
STRONGEST−Kトーナメント開幕。
【出場選手】
真霜拳號、円華、“JOE”ハンサム・ジョー、YOSHIYA、滝澤大志、柏大五郎、PSYCHO、旭志織、十嶋くにお、大石真翔

優勝は真霜拳號(7・12)

■UWA世界ミドル級王座戦
[王者]●房総ボーイ・雷斗(トルネードクラッチ)○大石真翔[挑戦者]
※第44代新王者誕生


■STRONGEST−K王座戦
[王者]○火野裕士(19分53秒 体固め)●円華[挑戦者]
※王者が2度目の防衛に成功


■飯伏がTAKAにインディージュニア戦として一騎打ちを要求
何を言われても「おねがいします!」の一点張りで、TAKA選手が根負け。



■大阪プロレス ------------------------------

■6・15 『大阪タッグフェスティバル』
【出場タッグ】
ブラック・バファロー&タイガースマスク、TAJIRI&KUSHIDA(ハッスル)、秀吉&正宗、
ゼウス&原田大輔、ツバサ&アジアン・クーガー、富宅飛駈&佐藤光留、くいしんぼう仮面&ミラクルマン、小峠篤司&タダスケ

■6・29 『大阪タッグフェスティバル』決勝
ゼウス、○原田大輔(15分21秒 片山ジャーマンスープレックスH)●小峠篤司、タダスケ


B&G同士の決勝戦。



■みちのく ------------------------------

■6・20 『15周年記念 ノスタルジックツアー』開幕戦
(スポナビ)
http://kimagure-guda.jugem.jp/?eid=893(BLOG)

■開会式
望月成晃が“10年前の週刊ファイト”でサスケを背後から殴打。
“無事に”失神。SASUKE復活へ。

■第1試合 15分1本勝負
第八代ダイナマイト東北、●日向寺塁(10分28秒 右ハイキック→体固め)相澤孝之、○拳王

■第2試合 〜珍念復活“迷”勝負数え唄〜
○つぼ原人(6分10秒、珍ぐり返し)●北海珍念


北海珍念が約4年ぶり“ノスタルジックツアー限定”復帰。

■第3試合
GAINA(11分2秒、無効試合)藤田ミノル

■第4試合 〜デルフィン軍団復活!
<デルフィン軍団>○スペル・デルフィン、新崎人生、ヨネ原人、愚乱・浪花
(12分37秒、デルフィンクラッチ)
<旧世代正規軍>グラン浜田、HANZO、マッチョ・パンプ、●ガルーダ

■第5試合
○タイガーマスク(11分3秒、タイガースープレックスホールド)●野橋真実

■第6試合 〜正規軍vs九龍〜
<正規軍>義経、景虎、ラッセ、南野タケシ、●精霊
(11分39秒、ヘルム→体固め)
<九龍>○フジタ“Jr”ハヤト、佐藤秀、佐藤恵、ken45°、大間まぐ狼


■第7試合 時間無制限1本勝負〜15周年スペシャル6人タッグ〜初対決!最強ヒール軍団対決!!
<SASUKE組>●SASUKE、サスケ・ザ・グレート、望月成晃
(20分15秒、ダイビングセントーン→体固め)
<オリジナル海援隊☆DX>○ディック東郷、MEN'Sテイオー、獅龍


敗れたものの、ちゃぶ台集会を開く。
懐かしさにあふれたみちのくらしい好興行に。



■リアルジャパン ------------------------------

■6・19 後楽園ホール3周年特別興行「PRINCIPLE!〜佐山原理主義〜」
第7試合 “トラvsトラ 世紀の師弟対決実現!”
初代タイガーマスク、●サミー・リーJr(15分18秒 タイガースープレックス)○4代目タイガーマスク、鈴木みのる




■IGF ------------------------------

■6・23 「GENOME5〜北海道元気サミット〜」
(スポナビ)

■メイン
●小川直也(9分1秒 ボディプレス)○モンターニャ・シウバ


吼えるものの、なかなか満足のいく結果、内容を見出せず。
小川さん、空回り・・・。



■アパッチプロレス軍 ------------------------------

■6・13 新木場1stリング

■WEWヘビー級選手権
[王者]○マンモス佐々木(16分13秒 片エビ固め)●佐々木貴[挑戦者]
※王者が5度目の防衛に成功


5ヶ月ぶりの活動再開。
黒田がMr.雁之助と結託。
葛西純とジ・ウインガーと『赤マムシ』再結成。



■JWP ------------------------------

■6・8 大阪
JWP認定ジュニア、POP王座両選手権試合
[王者]●ティラノサウルス奥田(10分27秒 キューティースペシャル)○中島安里紗[挑戦者]
※中島が15代JWPジュニア、第5代POP王者に


現体制初の大阪進出。
ライバルストーリー。



■仙女 ------------------------------

■6・27 『じゃじゃ馬トーナメント決勝』
■決勝戦
○松本浩代(13分53秒 片エビ固め)●水波綾


初の大きな勲章。
脅威の新人と女子プロ業界に更に印象付ける。



■鈴木みのる自主興行 ------------------------------

■6・17 後楽園ホール 
『鈴木みのるデビュー20周年記念大会 「風になれ 〜SUZUKI MINORU 20×2th Birthday Party〜」 』

(スポナビ)
http://kimagure-guda.jugem.jp/?eid=887(BLOG)

■第1試合
○獣神サンダー・冨宅イガー(冨宅飛駈)、獣神サンダー・ライガー
(10分37秒 ギブアップ)
獣神サンダー・メカマミー(メカマミー)、●獣神サンダー・菊イガー(菊タロー)
※レフェリー:獣神サンダー・良イガー(和田良覚レフェリー)


ライガーさん、冨宅さんの天然に完敗。

■第2試合
○中嶋勝彦(7分37秒 原爆固め)●佐藤光留


佐藤光留、プロレス挑戦への鈴木みのるからの試練。

■第3試合
第3試合 エキシビションマッチ(5分1R)
△鈴木みのる(ドロー)△モーリス・スミス


■第4試合 バトルロイヤル
○マッスル坂井(25分57秒 体固め)●“brother”YASSHI
※退場順=風香、内藤哲也、真田聖也、佐藤光留、蝶野三四郎、ジャンボ菊、荒谷日明、太田一平、KUSHIDA、男色ディーノ、冨宅飛駈、TAKEMURA


スローモーションもしっかりと。
ヤッシーが待望のマッスルワールドに漬かる。

■第5試合
○NOSAWA論外、丸藤正道、MAZADA
(21分41秒 超高校級ラ・マヒストラル)
ザ・グレート・サスケ、カズ・ハヤシ、●TAKAみちのく


■第6試合
○鈴木みのる(22分01秒 裸絞め)●高山善廣


プロレスラー 鈴木みのるの盟友、仲間、“遊ばれた”選手達が大集合。


■その他の話題 ------------------------------

■バトラーツで『所属女子選手第1号』の及川千尋がデビュー。
■6・8
●及川千尋(7分54秒 TKO)○吉田万里子


■大鷲透が地元長野県佐久市で2年ぶりの自主興行を開催。
第1回大会で消防から注意されていたにも関わらず、今回もド派手な演出を見せる。
高山善廣がちゃんこランブルに出場。男色ディーノに逆ディープキスという場面も。

■6・7 でら名古屋プロレス旗揚げ。
“名古屋対千葉”としてK−DOJOとの対抗戦。

■6・21 グレート草津さん死去。

=========================
▼7月編
http://kimagure-guda.jugem.jp/?eid=1150

▼5月編
http://kimagure-guda.jugem.jp/?eid=1145
▼4月編
http://kimagure-guda.jugem.jp/?eid=1139
▼3月編
http://kimagure-guda.jugem.jp/?eid=1134
▼2月編
http://kimagure-guda.jugem.jp/?eid=1130
▼1月編
http://kimagure-guda.jugem.jp/?eid=1127

JUGEMテーマ:プロレス


| からし | 2008 プロレス界まとめ | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
2008/11/30 11:39 PM posted by: WOTA
GENとMIKAMIは引き分けでしたよ?
2008/12/01 6:08 PM posted by: カラシ
おぉっと!ほんとうだ!
ご指摘ありがとうございました!
修正させていただきました。
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。