無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
【プロレス】 08年プロレスまとめ 11月編
 ついに今週水曜日に東スポのプロレス大賞が発表になりますね。

とりあえず、12月はまだ全部の試合や、大きなトーナメントなどが残っているので、実質昨年の同じような頃から、その日前日までが選考の対象になりますね。
ですので12月のまとめは来年の正月辺りにUPしようかな?

11月で一番衝撃を受けたのはアラン黒木さんでしょうか。
まさかまさかのこの人の顔をTVで目にしたときは鳥肌がたってしまいました。
おかえりないさい!

試合内容ではプロレス大賞ベストバウト最有力候補との声も高い、全日本での丸藤正道 vs 近藤修司戦。
PPVで観戦しましたが、未だにあの興奮は忘れられません。
週プロでも2週にわたりレポート、解析された死闘。
何年経っても語り継がれる試合にふさわしい作品でした。

そして、NEOでの元気美佐恵選手vs小島選手。
雑誌やいろんな方のBLOG等での感想を見れば、どれも高評価。
両選手共に凄く意味と意義のあった試合だと思いました。
・・・・本当に引退しちゃうのか( ┯_┯)

皆さんはどんな出来事、試合が印象に残っていますか?

では、どうぞ。

■11月------------------------------

■全日本プロレス ------------------------------

■11・3 『2008 プロレスLOVE in 両国 Vol.6』
(スポナビ)
http://kimagure-guda.jugem.jp/?eid=1095(BLOG)

■第1試合 3WAYマッチ
●荒谷望誉(6分1秒 スモールパッケージホールド)○渕正信
※もう一人は菊タロー

■第2試合
●真田聖也(13分38秒 パワフルブースター)○征矢学

■第3試合
西村修、エルビス・シャープ、●シェーン・チャング
(8分5秒 TKO)
○太陽ケア、NOSAWA論外、MAZADA

■第4試合 浜亮太プロレスデビュー戦
●浜亮太(5分5秒 ランニングボディープレス)○曙

おそらく、日本マット史上で一番のリングに負担がかかったデビュー戦(笑)

■第5試合
諏訪魔、●カズ・ハヤシ、土方隆司
(14分20秒 消火器攻撃→片エビ固め)
TARU、○平井伸和、“brother”YASSHI


この日より、平井選手がヘイトに改名。

■第6試合 スペシャル6人タッグマッチ
小島聡、KAI、●大和ヒロシ
(18分20秒 スターダストプレス)
天山広吉、○内藤哲也、裕次郎


心身ともにボロボロになったテンコジが、己を見つめなおす意味もこもった戦い。
KAI&大和とNO LIMITの顔合わせも非常に面白く、再戦が楽しみ。

■第7試合 世界ジュニアヘビー級選手権試合
○丸藤正道(37分55秒 ポールシフト)●近藤修司
※王者が2度目の防衛に成功


正真正銘の初対戦にもかかわらず、お互いのそこ力を出し合った大熱戦に。
マット界2008年最高試合との呼び声も高い。
“死闘”と呼ぶにふさわしい08年を振り返る上では欠かせない一戦。

■第8試合 三冠ヘビー級選手権試合
○グレート・ムタ(25分46秒 シャイニング・ウィザード→体固め)●鈴木みのる
※王者が初防衛に成功


鈴木みのるも魔界バージョン?
髪、タイツ、シューズの右半分が黒。左半分が白の姿。
ムタワールドを鈴木みのるワールドが染め上がるかと思われたが、ムタの毒は一層濃かった。

試合後、尚も襲ったムタからに高山善廣が鈴木みのる選手を救出。


■11・16 台湾『2008プロレスラブ in Taiwan』
○武藤敬司、曙、カズ・ハヤシ(15分8秒 体固め)TARU、ジョー・ドーリング、●“brother”YASSHI


武藤さんの友人でもある、台湾の大スター、ウーパイさんの協力で実現。
全5試合。第1試合から大熱狂。全選手がビックリ。



■11・22 『2008世界最強タッグ』開幕

【出場チーム】
武藤敬司&浜亮太、小島聡&天山広吉、諏訪魔&近藤修司、西村修&カズ・ハヤシ
真田聖也&征矢学、太陽ケア&鈴木みのる、TARU&ヘイト、ゾディアック&ジョー・ドーリング



■新日本プロレス ------------------------------

■11・5 『G1 TAG LEAGUE』最終戦
(スポナビ)
http://kimagure-guda.jugem.jp/?eid=1101(BLOG)

■棚橋選手がTNA遠征

■G1 TAG LEAGUE 決勝トーナメント進出決定戦
○後藤洋央紀、中邑真輔[Aブロック2位]
(11分22秒 ジャーマンスープレックスホールド)
ジャイアント・バーナード、●リック・フーラー[Aブロック2位]

■G1 TAG LEAGUE 決勝トーナメント準決勝
○小島聡、天山広吉 [Aブロック1位]
(19分45秒 ラリアット)
吉江豊、●中西学 [Bブロック2位]
※テンコジが決勝進出

■G1 TAG LEAGUE 決勝トーナメント準決勝
○真壁刀義、矢野通 [Bブロック1位]
(11分49秒 合体キングコングニードロップ)
後藤洋央紀、●中邑真輔 [Aブロック2位通過]
※真壁&矢野が決勝進出

■G1 TAG LEAGUE 決勝戦
○天山広吉、小島聡(23分56秒 アナコンダクロス)真壁刀義、●矢野通
※テンコジが優勝

天山「プロレスに友情はあるやろうと、コジに聞きました。コジは俺のためにG1タッグに来てくれた。俺はそれに応えたかった。最初はボロボロやったけど、コジのおかげ。コジの力が俺を奮い立たせてくれたよ。」
小島「……天山、俺は優勝出来た事よりも、天山と今日まで完走出来た事の方が嬉しかった。首も痛いのに、肩も痛いのに、足も痛いのに、最後まで一緒にやってくれてどうもありがとうございました。」



■棚橋弘至選手が緊急帰国。1・4ドーム大会でのIWGP挑戦者に正式決定



■リキプロ ------------------------------

■11・3 後楽園ホール
大谷晋二郎、○田中将斗(16分7秒 反則勝ち)真壁刀義、●矢野通

GBHの反則も織り交ぜた攻撃に苦しむ。

■WEWヘビー級王座戦
[王者]○石井智宏(22分1秒 体固め)●黒田哲弘[挑戦者]




■NOAH ------------------------------

■11・14 後楽園ホール『Winter Navig.'08』
(スポナビ)

■メイン
○バイソン・スミス、齋藤彰俊(21分7秒 片エビ固め)佐々木健介、中嶋勝彦


12・7を前に前哨戦。懐かしの空手着で揺さぶりをかけ、最後にはブルロープで巻かれ、パワーウォリアーのアイマスクを着けられ屈辱な姿に。

■青木篤志 閃光十番勝負
○金丸義信(15分34秒 片エビ固め)●青木篤志


■モーリシャス杯開幕
【出場選手】
平柳玄藩、伊藤旭彦、太田一平、起田高志、宮原健斗


■11・27 宮城
■世界ジュニアヘビー級選手権試合
[王者]丸藤正道(23分13秒 片エビ固め)●菊池毅[挑戦者]
※王者が3度目の防衛に成功


■11・28 新潟
http://kimagure-guda.jugem.jp/?eid=1142(BLOG)

■第2試合 モーリシャス杯争奪リーグ戦・公式戦
●平柳玄藩(3勝1敗=6点)(15分30秒 飛龍原爆固め)○伊藤旭彦(3勝1敗=6点)
※伊藤がモーリシャス杯優勝



■第5試合
リッキー・マルビン、小川良成、○青木篤志
(21分18秒 アサルトポイント)
佐々木健介、●宮原健斗、中嶋勝彦

■第6試合
○佐々木健介、小川良成
(2分39秒 反則)
●金丸義信、鈴木鼓太郎
※平柳乱入


佐々木健介選手と小川選手が緊急タッグ。新弟子時代からの盟友が10年以上ぶりに横に並ぶ。

■第8試合 GHCジュニアヘビー級選手権試合
[王者]○KENTA(26分48秒 go 2 sleep→片エビ固め)●エディ・エドワーズ[挑戦者]
※王者が2度目の防衛に成功

■第9試合 GHCタッグ選手権試合
[王者]○バイソン・スミス、齋藤彰俊
(26分10秒 片エビ固め)
[挑戦者]田上明、●森嶋猛
※王者が2度目の防衛に成功




■SEM ------------------------------

■11・6 ディファ『第20回SEM』
○中嶋勝彦(12分32秒 ジャーマン・スープレックス・ホールド)●青木篤志


セコンド陣も熱狂した一騎打ち。
新たなライバル関係の誕生。



■DRAGON GATE ------------------------------

■11・5 兵庫
○横須賀享、斎藤了(27分19秒 ジャンボの勝ち!固め)●鷹木信悟、ドラゴン・キッド


■11・7 後楽園ホール
○横須賀享、あんそにー・W・森(14分54秒 体固め)●神田裕之、YAMATO


王座戦前哨戦は横須賀選手が勝利も、11・7で「左わき腹及び助軟骨損傷」の重症。
タイトルマッチに大暗雲。

■なにわ式イリミネーションマッチ
望月成晃、ドン・フジイ・マグニチュード岸和田
(4−1)
新井健一郎、岩佐拓、戸澤アキラ、忍


シーサーが戸澤塾を3タテ。11・16のトライアングル戦を前に戸澤塾完敗。


■11・16 大阪府立大会『THE GATE OF DESTINY 2008』
http://kimagure-guda.jugem.jp/?eid=1116(BLOG)

■第1試合 タッグマッチ
○斎藤了、アンソニーW森(8分18秒 ジャーマン)●堀口元気、神田裕之
■第2試合 “ハリウッド”ストーカー市川暴走十番勝負 第5戦
○越中詩郎(3分43秒 ミサイルヒップアタック→片エビ固め)●“ハリウッド”ストーカー市川<1勝4敗>
■第3試合 シングルマッチ
○B×Bハルク(14分50秒 場外のテーブルに奈落式EVOでリングアウト)●Gamma大王

ドラゲーのダークサイド対決。
■第4試合 オープン・ザ・トライアングルゲート選手権 トライアングルゲート・コントラ・解散マッチ
○望月成晃、ドン・フジイ、マグニチュード岸和田
(12分28秒 真・最強ハイキック→エビ固め)
●新井健一郎、岩佐拓、戸澤アキラ
※王者・望月組が初防衛に成功


戸澤塾が解散ではなく“卒業”に。リング上で卒業式を行う。

■第5試合 オープン・ザ・ツインゲート統一タッグ選手権
[王者]○サイバーコング、YAMATO
(23分56秒 サイバーボム→エビ)
[挑戦者]土井成樹、●谷嵜なおき
※王者組が初防衛

■第6試合 オープン・・ザ・ブレイブゲート選手権
[王者]○吉野正人(26分53秒 雪崩式ライトニング・スパイラル→体)●ドラゴン・キッド[挑戦者]
※吉野が初防衛


全くの一進一退の攻防が予想と想像を上回る高次元の戦いに。
CIMA選手曰く「命の削りあい」。試合後は両選手共に満身創痍。
吉野選手はこの試合で負傷。次期シリーズのKOGを欠場。

■第7試合 オープンザ・ドリームゲート選手権
[王者]○鷹木信悟(34分3秒 ラストファルコンリー→エビ固め)●横須賀享[挑戦者]
※王者が3度目の防衛に成功


意地を見せるも、現王者の容赦のない攻撃の前に轟沈。
しかし、怪我をしているのを忘れさせるような攻防を見せる。
試合後、王者鷹木は時期KOGトーナメントの出場を辞退。
「ナンバーワンは言うまでもなく俺」

■CIMAが12・28 復帰決定
岡村社長「CIMA、大島伸彦にもしも不慮の事故があった場合、一生、生活をさせてやる」
CIMA「日の大阪府立の試合、解説席から見ていましたけど、自分よりも体調の悪い選手は何人もいる。DRAGON GATEの中で今の自分の状態ってのはかなり上のほうにランクされると思います。」



■11・29 京都
■オープン・ザ・トライアングルゲート選手権
[王者]望月成晃、ドン・フジイ、○マグニチュード岸和田
(14分57秒 片エビ固め)
[挑戦者]Gamma、堀口元気、●神田裕之
※王者が2度円の防衛に成功


KOG欠場の吉野正人選手の代わりにこの試合の勝利者チームから代打出場者決定。
防衛により岸和田選手がKOG出場へ。

■KING OF GATE出場者決定バトルロイヤル
○円華(17分35秒 ランヒェイ)●戸澤アキラ
※他には超神龍、シーサー・ボーイ、K-ness.、忍、新井健一郎、m.c.KZ.、スペル・シーサー、戸澤アキラ




■武勇伝 ------------------------------

■11・28 SHINJUKU FACE『武勇伝 拾壱』
http://kimagure-guda.jugem.jp/?eid=1144(BLOG)

■第4試合
○ザ・グレート・サスケ、ジャクソン・フロリダ
(17分41秒 サスケスペシャルXver10.2セグウェイものまね禁止)
K-ness.、●菊タロー


■第6試合
△望月成晃(時間切れ引き分け)△関本大介


5分の延長をするも、引き分け。



■ZERO-ONE MAX ------------------------------

■11・8 『天下一ジュニアトーナメント2008』
http://kimagure-guda.jugem.jp/?eid=1104(BLOG)

■天下一ジュニアトーナメント準決勝
●藤田ミノル(11分57秒 膝十字固め)○稔(新日本プロレス)

■天下一ジュニアトーナメント準決勝
〇高岩竜一(14分20秒 ラリアット→片エビ固め)●澤 宗紀(バトラーツ)

■天下一ジュニアトーナメント決勝戦
〇高岩竜一(20分48秒 デスバレードライバー→エビ固め)●稔


願い事は『永田裕志と闘わせてくれ』
稔選手が心のうちを涙ながらに吐露。
「このままプロレスを嫌いになりながら辞めるところを、ZERO-ONEのおかげでモチベーションを高められた」

■11・9 島根県益田市
■益田・山口連合 vs 東日本連合
大谷晋二郎(山口)、○日高郁人、豊田魔波(益田市)
(18分31秒 片エビ固め)
佐藤耕平、●菅原拓也、Hikaru



■11・28 後楽園ホール『ZERO1 Beat‘08』
(スポナビ)
http://kimagure-guda.jugem.jp/?eid=1143(BLOG)

■第1試合 ZERO1−MAX vs WPF 特別試合
○浪口修(5分46秒 チャンブル式横入りエビ固め)●WPC(World Premium Classic)
※チャンバラマッチ


■第4試合「Revival of FMW」
田中将斗、●澤宗紀(バトラーツ)
(14分38秒 雁之助クラッチ)
○ミスター雁之助、BADBOY非道


■第5試合 「Beat out!」
●崔領二(15分5秒 ジャーマンスープレックスホールド)○佐藤耕平


■第6試合 ZERO1−MAX vs WPF NWAインターコンチネンタルタッグ選手権試合
[王者組]●藤田ミノル、菅原拓也(El Dorado)
(16分41秒 ハマータイム→体固め)
[挑戦者組]Mr.レスリングIII(WPF)、○チャールズ・エヴァンス(WPF)
※第19代王者組が4度目の防衛に失敗、レスリング・チャールズ組が20代王者に


■第7試合 ZERO1−MAX vs WPF インターナショナルジュニアヘビー級選手権
[王者]○日高郁人(16分36秒 ソラリーナ)[挑戦者]●タイソン・デュークス(WPF)
※第7代王者・日高が4度目の防衛に成功



■11月 その2------------------------------

■ハッスル ------------------------------

■11・20 後楽園ホール
(スポナビ)
http://kimagure-guda.jugem.jp/?eid=1124(BLOG)

■第2ハッスル
人狼、○ニセHG
(7分4秒 ニセ69ドライバー)
●RG、KG


試合前、HG欠場に苦悩するRGとKGに、喫茶店のマスターのほんこんさんから、世界をまたに駆ける探偵アラン黒木”という男の存在を知らされるも、RGは連絡を拒否。
そのまま試合を行うも敗戦。襲われるKGの前にアラン黒木が登場。
前の名前はマグナムTOKYO
今後も協力をすることを宣言する。
黒木「女の涙にノーと言うほど野暮じゃねえ。いいだろう! 力になってやるよ! 困ったことがあったらいつでも呼びな! アラン黒木がいつでも駆けつけるぜ!アディオス!!」

■メーンハッスル
“モンスターK”川田利明、○ゼウス
(15分27秒 成り上がりブレーンバスター)
TAJIRI、●KUSHIDA


試合後の高田総統劇場で失踪中だった坂田が、藁を身にまとったまま登場。
その姿はまるで納豆。
あまりの姿と発言に、ハッスル軍、モンスター軍共に唖然とさせる。
坂田「いまはまだ、変化の途中なの。もしも運命の糸が引き合うならば、水戸で会えるだろうよ。達者でな。」


■11・22 『 ハッスル・ツアー2008〜11.22 in IBARAKI〜』
(スポナビ)
http://kimagure-guda.jugem.jp/?eid=1126(BLOG)

■第3ハッスル
○アラン黒木、RG、KG(11分08秒 エレクトスマッシュ)人狼、赤鬼蜘蛛、●ニセHG


アラン黒木、初戦を爽やかにカッコよく決める。

■メインハッスル
○“モンスターK”川田利明、ゼウス(14分10秒 ジャンピングキック)TAJIRI、●納豆マン


発酵した坂田亘が納豆マンとして登場。も、入場でバック転に失敗したりと、ちょっとトホホ・・な感じ。
しかも敗れる。

試合後、天龍さん、越中さんがハッスル軍に合流。勢いを取り戻す。



■DDT ------------------------------

■11・11 新プロジェクト『BOYS』第1回大会開催

メインターゲットは女性。イメージは『大学のサークル』。
今回は女性は無料。9割が女性で埋まる。


■11・30 『God Bless DDT 2008』
http://kimagure-guda.jugem.jp/?eid=1149(BLOG)

■第1試合 実はシングル初対決! 61分3本勝負
[1本目]
●MIKAMI(2分03秒 横入り式エビ固め)○マッスル坂井

[2本目]
△MIKAMI(4分53秒 両者リングアウト)△坂井

■第2試合 75%ヤングファイト!
○諸橋晴也、安部行洋
(9分41秒 逆エビ固め)
●美月凛音、矢野啓太

■第3試合 変態団、性地へ初進出!
−中澤マイケル、佐藤光留
(11分59秒 没収試合)
−ポイズン澤田JULIE、松永智充
※変態が過ぎるため

■第1試合 3本目
○MIKAMI(48分50秒 逆片エビ固め)●坂井

△MIKAMI(1勝1敗1分けにより引き分け)△マッスル坂井

■第4試合 イタリアンショック! 反乱軍との仁義なき戦い 
フランチェスコ・トーゴー、PIZAみちのく、○アントーニオ本多、ササキアンドガッバーナ
(15分05秒 イタリアン・インパクト→片エビ固め)
●マサ高梨、KUDO、ヤス・ウラノ、星誕期

■第5試合 ラストガン・スタンディング形式
●男色ディーノ
(8分34秒 ラスト・ガン・スタンド ※男色ドライバーにより)
○ミスター雁之助


雁之助選手にゲイだということを告白させる為にディーノ選手が仕掛けたのは、3カウント、ギブアップ、KO、反則裁定なし。
『相手の“ガン”をスタンディングさせた方の勝ち』というルール。
雁之助「俺は大の女好きなんだ!引退前の最後の後楽園ホールなんだ。ありがとう!」

■第6試合 KO−Dタッグ選手権試合
[王者組]○HARASHIMA、大鷲 透
(22分12秒 側頭部への蒼魔刀→片エビ固め)
[挑戦者組]高木三四郎、●石川修司
※王者組が初防衛に成功



■ユニオン ------------------------------

■11・16 北千住シアター
■KO−D無差別級選手権
[王者]○高木三四郎(17分32秒 ダブル・リストロック)●石川修司[挑戦者]
※王者が2度目の防衛に成功




■大日本プロレス ------------------------------

■11・1 桂スタジオ
○井上勝正(10分15秒 タイガー・スープレックス・ホールド)●佐々木義人


7ヶ月の時間を経て佐々木義人選手の復帰戦&フリー転向第一戦
歓喜の涙を流す。
「7ヶ月間は生きている気がしなかったです。プロレスは楽しいです」


■11・3 岩手『大日本&エルドラド合同興行 プロレス大感謝祭』
■BJW認定デスマッチヘビー級選手権試合
[王者]○シャドウWX(18分58秒 片エビ固め)●佐々木貴[挑戦者]
※王者が3度目の防衛


■11・21 後楽園ホール

■BJWタッグ選手権
[王者]○関本大介、マンモス佐々木
(15分15秒 ジャーマン・スープレックス・ホールド)
[挑戦者]大黒坊弁慶、●谷口裕一
※王者が5度目の防衛に成功


“谷口くん”封印。
谷口選手がスキンヘッド、眉毛なしなど、師匠のケンドー・ナガサキスタイルで登場。
いつもとは違うシリアスなファイトに後楽園ホールが揺れる。



■K−DOJO ------------------------------

■11・3 後楽園ホール
■STORNGEST−K選手権試合
[王者]○真霜拳號(18分54秒 体固め)●望月成晃[挑戦者]
※王者が初防衛に成功


真っ向勝負で堂々たる撃破。

■インディペンデントワールド世界ジュニアヘビー級&UWA世界ミドル級ダブルタイトルマッチ
[インディーJr王座]○大石真翔(20分9秒 直伝トルネードクラッチ)●MEN'S・テイオー[UWAミドル王者]


もう一人の師匠越え。

■STORNGEST−Kタッグ王座選手権
[王者]TAKAみちのく、○“ハンサム”JOE(雪崩式ブレーンバスター)●十嶋くにお、柏大五朗[挑戦者]


■円華が12月21日付けでK−DOJO退団を発表



■大阪プロレス ------------------------------

■天王山トーナメント開幕


■IGF ------------------------------

■11・24『GENOM 7 』
(スポナビ)

■第6試合
○高山善廣(5分2秒 ジャーマン・スープレックス・ホールド)●モンターニャ・シウバ

■第7試合 セミファイナル シングルマッチ 10分1本勝負
△藤波辰爾(時間切れ引き分け)△初代タイガーマスク


正真正銘の初対決。

■メーンイベント シングルマッチ
○ジョシュ・バーネット(2分22秒 アキレス腱固め)ジョン・アンダーセン



■ドラディション ------------------------------

■11・9 大阪
■NWAインターナショナルジュニアヘビー級王座決定戦
○スペル・デルフィン(14分39秒 ジャーマン・スープレックス・ホールド)●ウルティモ・ドラゴン
※デルフィンが新王者になる



■みちのく ------------------------------

■11・22 岩手
■東北ジュニアヘビー級選手権試合次期挑戦者決定戦
○フジタ“Jr”ハヤト(17分55秒 体固め)●気仙沼二郎


■11・23 宮城
■東北タッグ選手権試合
[王者]ザ・グレート・サスケ、○義経(22分14秒 片エビ固め)MEN'S・テイオー、●忍[挑戦者]
※王者が初防衛に成功




■NEO ------------------------------

■11・2 後楽園ホール
http://kimagure-guda.jugem.jp/?eid=1115(BLOG)

■第1試合 15分一本勝負
○植松寿絵、Ray
(12分51秒、ドラゴン・スープレックス・ホールド)
渋谷シュウ、●チェリー

■第2試合 3WAYマッチ 15分一本勝負
○真琴(5分55秒、体固め)●三田英津子
※もう一人はさくらえみ。
さくらが三田に首固めをしかけるが間にはさまれていた真琴の勝ちとレフェリーが判断

■第3試合 巴戦第1試合30分一本勝負
○松尾永遠、田村欣子、勇気彩
(14分35秒 変型チキンウイング・フェースロック→レフェリーストップ)
夏樹☆たいよう、華名、●高橋奈苗

巴戦 第2試合30分一本勝負
○中川ともか、木村響子、江本敦子
(15分23秒 ファンタスティック・フットスタンプ→片エビ固め)
松尾永遠、田村欣子、●勇気彩

巴戦 第3試合30分一本勝負
○江本敦子、木村響子、中川ともか
(16分5秒 フライング・ニールキック→片エビ固め)
高橋奈苗、華名、●夏樹☆たいよう
※連勝により、アマンドラが巴戦勝利。

■第4試合 NEO認定タッグ選手権 60分一本勝負
○宮崎有妃、タニー・マウス(22分11秒、外道クラッチ)井上京子、●松本浩代
第8代王者チームが4度目の防衛に成功。

■第5試合 特別試合時間無制限一本勝負
○小島聡(19分19秒 ラリアット→体固め)●元気美佐恵


大晦日に引退を控える元気選手が一世一代の死闘。
プロレス界トップの小島選手を相手に大激闘。
本当に引退する人なのか?と惜しまれる程の気持ちと熱意のあふれた一戦に。
性別の境界線を越えた記憶に残る一戦。

引退試合の相手には井上京子選手を指名。



■仙女 ------------------------------

■11・16
○里村明衣子、水波綾(21分47秒 片エビ固め)日向あずみ、●中島安里紗


昨年10月に日向選手のランニングニーをくらい欠場。
それから復帰後初の顔合わせ。
里村「この怪我に感謝している」
日向「今日の試合じゃ満足できない。またやりたい(涙)」



■その他の話題 ------------------------------

■11・3 ゴージャス松野さん、一時心配停止緊急入院。
抗うつ剤を飲んだ状態でお酒を飲んだための悪影響で。ご無事で何よりでした。

■11・7 Mrプロレステーマ曲の鈴木修氏が『STYLUS』発売記念イベント、テーマ曲ライブ&蝶野正洋、武藤敬司、橋本大地さんのトークバトル開催。

■山本小鉄さんが新日本の“鬼軍曹”として現場に復帰。肩書きは「いらん!」との事。

■11・24 どすこいプロレス 2周年記念大会〜躍進〜にて、蝶野 vs 日向あずみというカードが実現。
○蝶野正洋、立野記代(14分41秒 シャイニングヤクザキック)●維新力、日向あずみ

■11・24 風香選手と市井舞選手がシュートボクシングのビッグマッチ『S-cup2008』で埼玉スーパーアリーナのリングに立つ。
○風香(2分3ラウンド延長判定 3−0)●市井舞


=========================
▼12月編
http://kimagure-guda.jugem.jp/?eid=1255

▼10月編
http://kimagure-guda.jugem.jp/?eid=1162
▼9月編
http://kimagure-guda.jugem.jp/?eid=1157
▼8月編
http://kimagure-guda.jugem.jp/?eid=1151
▼7月編
http://kimagure-guda.jugem.jp/?eid=1150
▼6月編
http://kimagure-guda.jugem.jp/?eid=1146
▼5月編
http://kimagure-guda.jugem.jp/?eid=1145
▼4月編
http://kimagure-guda.jugem.jp/?eid=1139
▼3月編
http://kimagure-guda.jugem.jp/?eid=1134
▼2月編
http://kimagure-guda.jugem.jp/?eid=1130
▼1月編
http://kimagure-guda.jugem.jp/?eid=1127

JUGEMテーマ:プロレス


| からし | 2008 プロレス界まとめ | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。