無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
【ゼロワン】08年最後に4選手が・・・・。12・17新宿大会
 昨日はゼロワン年内最後の興行がありましたが、その試合結果等をみると、あまりにも衝撃的な発表がたくさん。

===========================
■12・17 SHINJUKU FACE 『ZERO1 Delight’08』
(スポナビ)

■第1試合
●佐藤謙(9分0秒 逆エビ固め)○小幡優作



■第2試合
KAMIKAZE、浪口修、●Hikaru
(12分44秒 花マルどっかん)
藤田ミノル、植田使徒、○前村さき


前村「私、前村さき、そしてHikaruは来年の4月、SUN最終興行にて引退することになりました。Hikaru、そして前村さきは、SUN最後の日までHikaru、前村さきであり続けますので、私たちのファイトを永遠に残しておいてほしいと思います。最後までよろしくお願いします。」

うぇぇぇぇぇ(◎A◎)!!!
うっそ〜( ̄□ ̄;;)!!
超緊急発表!・・・・・言葉が出ない・・・・。
一時放れる・・・・ではなく、どのレポにもはっきりと引退って書いてある。
「・・・・勿体無い」って言葉しか本当に浮かばない・・・・。
SUN所属になってからはあまり多くの女子選手と絡む機会も少なく、2人になってからは尚更。
正直、外に出て他団体の選手との顔合わせをガンガンやってほしかった中でこの発表。
お二人共に引退後のことも既に決めているそうで、表情は晴れ晴れ。
何か一緒にやる?

来年4月まで、僅かですがまだ時間はある。
その間、最後の仕上げで動いたりするのでしょうか?


■第3試合
大谷晋二郎、●佐藤耕平
(18分59秒 那智の滝→片エビ固め)
○崔領二、関本大介


「今まで、散々我侭許してくれて、色んなチャンスを与えてくれて感謝しています。今の俺じゃ、プロレス界を救えない。この業界を救えない。その技量がない。新たな地で、1から出直します。自分に足りないものを見つけてきます。わがままで、バカと言われるのを承知です。でも今いかないと、変われないんです。ゼロワン、そしてファンの皆さん、ありがとうございました。また会いましょう。ありがとうございました。」
▼興行終了後
「ZERO・1MAXという節目が終わって、原点に返ってZERO1。充実した4年間でした。とりあえず僕は離れるんで。最後(「3・2・1ゼロワン」のシメ)にリングに上がらなかったのも僕が今いるリングじゃないと思うんで。後日言いたいと思います。本当にありがとうございました。」

コッチもなにやら意味深な言葉が出てる・・・。
今度は以前にあった海外武者修行という感じではなく、ゼロワンから離れるような感じにも・・・。
現時点では明確な発表はまだ。
真意は?
旅人よ、一体どこへ?


■第4試合 Trace of ‘F’〜Fの軌跡〜
○田中将斗(16分2秒 スライディングD→片エビ固め)●ミスター雁之助


 長いこと要求していた田中選手との最後の一騎打ちがようやく実現。
レフェリーも元FMWの姉崎さん。
FMWのシャツを着てレフェリング。

田中「FMWから、俺のことを知ってる人、FMWがつぶれてから俺のことを知った人、たくさんいると思います。俺らFMWの試合、どうでしたか。今の俺があるのは、この人にめちゃめちゃいじめられて、めちゃめちゃめちゃいじめられて、めちゃめちゃめちゃめちゃいじめられたからです。あれがなかったら、今の俺はプロレスラーとしてやっていなかったと思う。まだまだ、何試合かあると思います。皆さんに、俺が教わったプロレスの全てを見せ付けてあげてください。今日はどうも、ありがとうございました」
雁之助「FMWの後輩であり、多少いじめてた後輩、今はこうやってインディー、メジャー問わずに活躍してる田中。おまえがプロレス世界を引っ張っていけ! おまえはそれが出来る人間だし、おまえを同じ釜の飯を食った仲間として誇りに思います。今日はシングル、やってくれてありがとうございました」

田中「辞める人間がスライディングD一発返しやがって。それが全て。」
雁之助「田中将斗ハンパねえよ。でも最後にカード組んでくれてありがたいよ。対したもんだ。万全の体調できても田中は並みじゃなかった。試合を受けてくれてありがとう」

もう、遣り残した事は無いですかね、雁之助さん?
この顔合わせが間に合ってよかった。


■第5試合 インターナショナルジュニアヘビー級選手権
[王者]○日高郁人(11分39秒 野良犬キック→片エビ固め)●澤宗紀[挑戦者]
※王者が防衛成功


澤選手曰く“相棒喧嘩”。
こうして年末に闘うというのは、もう3年連続になるんだそうです。
隠れたゼロワン名物になってますね。
日高選手もレガース着用の姿というのが、この試合がどんなものだったかが分かります。

日高「あいつの勢いに……なかなか、言葉にならないですね。ただ、ここまでやりあうのを見て、パートナーなのに、どうしてここまでやりあうのかって見ている人は思うかもしれないんですけど、やっぱり、魂に、見ている人のハートに響くような試合がやりたいと思って、それがこの戦いなんです。」

試合後、バックステージでコメントをしているところに、たまたまトイレに向かうところだった“相方”藤田ミノル選手が。
そんな相方に元旦興行で「一夜限り、相方タッグやろうか?」と提案。
ビックリしながらも、OKだそうで、09年の元旦興行での日高&藤田 vs 澤&Xが決定のようです。
凄いタイミングで提案したものですね(笑)
藤田選手、早く行きたくて「いいよ」って言ったんじゃなかろうかw


■第6試合 世界ヘビー級選手権
[王者]○永田裕志(17分53秒 バックドロップ→片エビ固め)●高岩竜一[挑戦者]
※王者が2度目の防衛に成功


 永田さん、ヒールモード。
アームバーも白目を超えた寄り目が出たそうです。
想像すると、怖さよりも、ちょっとファニーな印象なんですが(゚ー゚;A

これで、ゼロワンは大谷さん、田中さん、耕平選手と続いて撃破。
新日本が田中将斗に蹂躙されたのを、そのまま逆にやり返しているような状況に。

今回の結果を受け、1・4東京ドーム大会の田中将斗選手との一騎打ちが正式に世界ヘビー級選手権に決定
会社的にも、自分自身の為にも2度目の敗北は許されない。
1・4、シングルマッチですが、セコンドも勢ぞろいの派手な一戦になりそうです

永田「柄にも無く付き合っちまった。高岩の意地が見えてよかった。田中将斗に言いたい。前回と同じじゃ勝てない。生き様と生き様が爆発すればこのベルトはメジャーなものになる」

 メインは残念な結果でしたが、最後は全員揃っていつものシメで08年ゼロワンおさめ。
今年一年は本当に凄く楽しませて、燃えさせていただきました!
来年も、頼みますよ!!


 そして、試合後、高岩さんの口からも衝撃的発言が。
高岩「負けたら退団。俺は嘘をつきたくないから。自分自身でやったことだけど、会社に退団を直訴する。新日本と対抗戦を始めたころからモヤモヤがあって・・・。強く退団を直訴します。未来への一歩。口で言うのは簡単だけど、行動で。永田に負けてらんない。全くどうなるか分からないけど、何かを変えないと。保険なんかも無い。ダメだったらダメ。」

ゼロワンに不満があるというわけではなさそう。
自身は新日本を9年、ゼロワンを8年とやってきたことで「9・8・7年ってね」と苦笑された様子。
30台半ばで、再び何か自分自身の中で奮起に値するものが見つかったという事でしょうか?
崔さん同様、高岩さん、一体どこへ・・・・。


 繰り返しますが、最後の興行にして、ゼロワンを去る意思を示した選手が4人も。

ちょっと、怒涛の展開&発表にビックリしました。本当。

JUGEMテーマ:プロレス


| からし | ZERO-ONE MAX | comments(2) | trackbacks(1) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
2008/12/19 12:57 AM posted by: 通りすがり
女子レスラーはやっぱ恋愛したら引退するんちゃいますか!?
お前もか・・・て感じやな。
2008/12/19 6:48 PM posted by: カラシ(管理人)
>通りすがりさん。
いらっしゃいませ。

二人とも全女出身だけに、それもあるかも?ですね。
それならそれで、祝福したいです。
が、果たして真相は?
発表を待ちたいです。
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
2008/12/18 9:18 PM posted by: なおこの出来事
【ゼロワン】08年最後に4選手が・・・・。12・17新宿大会 ... 選手権 ...