無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
大阪プチ弾丸ツアー 大阪プロレス見てきました
 大阪プチ弾丸ツアーに行ってきました。

本来の目的は別ですが、ちょっと時間が出来たので大阪プロレスにも行ってきました。
8
■12月26日(金)「大阪冬休みプロレス」
大阪・デルフィンアリーナ道頓堀 19:00開始 観衆60人


▲大阪プロレスHP
http://www.osaka-prowres.com/


最初に全選手入場。
みんなそれぞれ好きな食べ物や芸能人を言っていく。
確か、三原一晃選手は上戸彩、原田選手は及川奈央、小峠選手は「I like sushi」って言ってた。
小峠選手、あまりマイクが得意じゃないからか、照れくさそうに言ってたなぁ〜。
タダスケ選手はWWEのミスター・ケネディのように、自分で頭上からマイクが降りてきたような演出。
本家には負けるが、いい声が出てたww
確か好きなものは「アップル」って言ってたような気がする。
勘十郎選手は「おいっす!!」と挨拶。
お客さんをいじってると、そこに練習生が「大変です!!大阪に黒船がちかづいてきてます!!」と、あまりに時代錯誤な事を言いながら飛び込んでくる。

そこへ、悪タイガースマスクが登場。
「お前ら、大阪に黒船が来襲したぞ!!」と。
6
そうやらタイガース選手は黒船側の人間らしい。
そしてVTRが。
普通の若手の方(?)が「カイコクしなさぁ〜い」とだけ棒立ちで喋るシュールなものwwww
どうも思いっきり日本語な“マトバ”という軍団らしいw
慌てふためくタイガーズ以外の正規軍メンバー。
そこへ、タイガースが「こちらに来れば林檎をやるぞ!!」という言葉。
それにタダスケ選手があっさり裏切るww
ほほほほww
面白い展開になってきたぞ!!

・・・・あれ?

ブラック・バファローさんがいない(T-T )

しょうがない。
「楽しみを残してまた来い!」という大阪プロからの挑戦だな(笑)
次は土曜、日曜にいくべ。

■第1試合 20分1本勝負
○三原一晃(6分53秒 レフェリーへのジャイアントバックブリーカー→反則)●タイガースマスク


タイガース選手はドラゲーのストーカー市川選手が持っているようなプラスチックの三叉の槍と、金色の装飾が眩しい短剣を持参。
何やら物騒なものを持ってるなぁ・・・と思ったら、刀身は凄いペランペランな刃www
横に振ったらプランプランと安定しないwww

あと、タイガース選手が場外で攻撃を受けた際に、リングサイドにいた女の子に抱きつく。
しかも、この後の試合でも再三色んな選手に抱きつかれることになってたwww
お疲れ様ですww
でも、その都度凄く楽しそうに笑ってたのが印象的。度々の小ネタにも敏感に反応。
なんだか凄く「大阪に来た」って実感を更に強く感じさせてくれた女の子でした。

場外戦ではタイガース選手が椅子を持ち出し、近くに座っていたお客さんの隣の椅子にコンコンと当て「コレ硬いよ?」とレクチャー。
一撃。
また椅子にコンコン。
「硬いよ?」→攻撃。
分かるよwww

最後には反則にたいして煩いレフェリーを攻撃で終了。

そして、「こちらに来ればコレをあげよう!!」と三原選手を黄金の短剣で勧誘。
三原選手、あっさり加入 Σ(~D~ノ)ノ

関係ないけど、三原選手はインパルスの堤下さんに似てる。


■第2試合 30分1本勝負
○原田大輔(7分46秒 スモールパッケージホールド)●タダスケ


マトバ黒船軍のタダスケ選手が林檎を片手に入場。
かじって相手に吹きかける。
これまたWWEのカリートですね。
そして、黒船で海外かぶれに拍車がかかって、口から出るのは英語。
でも、凄く簡単な英語(笑)
セコンドにはタイガースと三原選手改め“かずくん”が。
事あるごとに邪魔と小ネタが炸裂ww

最後には練習生がかずくんに短剣で刺されるアクシデント発生!!
大丈夫か!?


■第3試合 30分1本勝負
松山勘十郎(6分7秒 無効試合)小峠篤司


 正規軍同士のメイン。
そういえば、勘十郎選手は大阪お笑いチャンピオンになって随分と長期政権ですね。

開始早々勘十郎選手が「拙者、ちょっと気になることがあるのだが・・・・」として、
小峠選手の両側頭部の妙な刈上げを指摘。
5
たしかに非常に説明しづらい刈上げが・・・・・。
「それ、どう言ったらそんな頭になっちゃうの?」
「2週間たったらイイ感じになるの!」
と、これまた照れくさそうに主張。
勘十郎選手、とりあえず納得。

まずはロックアップからルチャの定番ムーブで魅了。
おぉ〜。
すると次は顔を張り合う。
しかし、3発目くらいから勘十郎選手のビンタが小峠選手に読まれて1発余計に食らう羽目にる展開に。
(小峠ビンタ → 勘十郎ビンタも、小峠が軽くブロック → 小峠倍返し)

一番最後はおもいっきりフェイントをいれてかかるも、威力3倍増(見た目比)の一撃で半泣き(笑)

ならばと、腕を取ってみせて、二の腕を舐めまわす
これには小峠選手、大ダメージ。
更に右耳の裏までベロベロと・・・・((゜m゜;)
さすがにその攻撃には気分を害したのか、顔を突き合わせて抗議。
以下、小声で。
小峠「やめろってんだろ・・・・」
勘十郎「何だよ・・・」
小峠「舐めるなっていってんだよ・・・・」
勘十郎「ブツブツ・・・・(だんだん聞こえなくなっていく)」


言い合いながらお互いの顔がドンドン密着していき、最後には唇と唇がソフトタッチ

以下、また小声で。
小峠「今キスしただろ・・・」
勘十郎「してねぇって」
小峠「しただろう・・・・やめろよ・・・・ブツブツ・・・・」


さすがに小峠選手が怒涛の攻撃を見せる。
これにまいった勘十郎選手がリング下にあったハリセンを持ち出し、走ってきたところを一閃!
4
「スパーン!」と強烈な音。
しかし、小峠さんも強烈なレッグラリアートで反撃。
いよいよ動くか!?と思ったところでマトバ黒船軍乱入
二人に蹴りの応酬。
大阪プロ正規軍とマトバ軍の3vs3の対決になるも、
腕や耳元を嘗め回され、キスをされ、ハリセンでなぐられたりと、技のダメージよりも精神的に参ってしまっていた小峠選手はリングに大の字(笑)

勘十郎「大丈夫か!?」
誰の所為だwww


■第4試合 6人タッグマッチ30分1本勝負
松山勘十郎、○小峠篤司、原田大輔
(3分59秒 トラースキック→片エビ固め)
タイガースマスク、タダスケ、●かずくん(三原一晃)


 それでもゴングは鳴り響く。各々、場外戦へ。
でも、主役は場外の攻防・・・というよりは例の女の子に抱きつく様相(笑)
タイガースさんは勿論、かずくんも原田選手から胸板チョップを浴びると、やんわり抱きつく。
レフェリー「やめろ!オマエにはまだ早い!!
そうだ、そうだ(笑)

色々と止まることのない小ネタをやったり、トペをかましたりと約4分ながらも凄く密度が濃かったww

終盤、タダスケ選手が原田選手を背後から押さえつけ、かず君に黄金の短剣で刺すように指示。
しかし回避され、タダスケ選手重症!!
すると、タイガースが怒りの攻撃!
も、勘十郎選手が背後から捕獲すると、

3
「その槍で拙者ごと刺せ〜!俺ごと刺せ〜!!」

プラスチックの槍を手に悩む小峠選手も、ぐっと決意!

小峠「勘ちゃーん!!!!」

2
グサリ。

タイガース&勘十郎、死亡。

これでチャンスを手にした大阪正規軍。
「勘ちゃんカタキー!!」
と物凄い強烈無比なトラースキックが炸裂!!!
大阪プロ軍大勝利!

するとムクッと起きたタイガース。
生きてた。

どうもこの日だけではなく今後も黒船マトバは大阪制圧を狙っているらしい。
しかし、勘十郎選手が声高々に「大阪を守る!!」と宣言。

勘十郎「俺達がいる限り、大阪プロレスは永久に不滅だ!!!!」

みちのくプロレスのテーマが流れる

ここ、みちのくじゃねぇしwwwwwwww
まさか大阪プロレスでみちのくプロレスのテーマを聞くとは思わなかったwwwww
最後の最後になんちゅうオチじゃwwww


いやぁ、笑った笑ったwww
時間的には1時間ちょっとでしたが、コンパクトに小ネタが詰まりすぎて満足感は一杯でした。
SAMURAIや他のチャンネルでは土曜、日曜の本筋のストーリーしか流れないので、こうしてそれ以外の大阪プロレスの楽しい内容をみれて大満足。
2000円というお値段のわりには爆笑しっぱなしで。
今回、怪我人も多く参加選手が少なかったのが残念ではありましたが、本筋の観戦も含め次回の楽しみって事にしときましょう!!

大阪プロレス、会場も場所も内容も、本当に凄くいい所でした。
凄くいい気分で23時からのライブに向かえました。
ありがとう。

最後に、装飾だけは綺麗な黄金の短剣と、タダスケさんの林檎の接写。
1

JUGEMテーマ:プロレス


| からし | プロレス | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。