無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
【DRAGON GATE】モッチー万感の15周年。ジュニスタ&クネスカ復活!!
■望月、万感の15周年 ジュニスタの手荒い祝福で勝利はならず=武勇伝
(スポナビ)

 今年一年、望月選手や若い選手達の光り輝く舞台だった武勇伝も、この日でいったん休憩。
そんなファイナルは望月選手の15周年記念興行。


■12・27 「武勇伝スペシャル 望月成晃デビュー15周年記念大会」東京・後楽園ホール

■第1試合
谷嵜なおき、●忍(666)
(12分36秒 ヘルム→体固め)
澤 宗紀(バトラーツ)、○フジタ“Jr”ハヤト(みちのくプロレス)


■第2試合
●スタン市川(“ハリウッド”ストーカー市川)
(3分44秒 ウエスタン・ラリアット→体固め)
○菊サン・ハンセン(菊タロー)


市ちゃんと菊さん、キャラ被りしてるww
ウィーッッ!!

でもそこはさすが、モノマネに年季が入ってる菊さんが勝利してますね。
菊タロー「市ちゃん、ハンセンがコルバタしちゃだめよ」

そりゃダメだwwww


■第3試合
○KAGETORA(7分11秒 一騎当千→片エビ固め)●m.c.KZ.


喧嘩腰の里帰りをしたKAGETORA選手がまずは一番最初に牙を剥いたm.c.KZ.選手とシングル。
半月から一騎当千のフルコースで勝利。
さすが。
ドラゲーは次に誰が?
1月のワンデートーナメントのエントリーも正式決定。
m.c.KZ.選手はそこで今回の雪辱を晴らせたらいいんですけど。


■第4試合
△サイバー・コング(13分26秒 両者リングアウト)△関本大介(大日本プロレス)


ドラゲーと大日本の超パワー対決。
も、この巨漢二人には戦いの舞台をリング内だけに収めるには狭すぎた?
関本選手は延長戦を主張も、そのまま乱闘。バックステージへ。
サイバー・コング選手は谷嵜選手に狙われるようになってから、何かとバックステージファイトが多くなりましたね(゚ー゚;A


■第5試合
○横須賀 享、K−ness.
(15分06秒 ジャンボの勝ち!固め)
TAKAみちのく、●JOE(ともにK−DOJO)


クネスカが久々の復活!
相手は今年充実の活躍を見せていたハンサムコンビ\_(* ̄ー ̄*)_/
TAKA選手のBLOGを見るとなんだか嬉しさを感じることができますね。

-----------------------
■TAKAみちのくの独り言

今日対戦したドラゴンゲートの横須賀享とクネス
かつてみちのくプロレスに居た男たち
享は数年前に何度か対戦しその成長に驚かされたもんだ
クネスは俺の記憶が正しければデビュー当時対戦してるはず
あれから十数年リングで再会した
二人との対戦はなんか感慨深いものがありました
これもちょっとしたみちのくノスタルジックだなあ
まだ十代〜二十代前半の若者だった頃今の姿を想像はできなかったなあ
また何年かたったら円熟した試合をしたいものです
プロレス長く続けているとこういう巡り合いもある
クネスカ!またいつかどこかで!

-------------------------

そしてクネスさんも同じく。

-------------------------
■クネちゃんねる

前にTAKAさんと戦ったのは今から約14年前
みちのくでデビューして2戦目に戦っのがTAKAさん
前回のサスケさんといい東郷さんといい
吉江といい怨霊もGENTAROも昔の仲間や先輩方と再開出来る凄い空間でした武勇伝と言うリングは。
今日でしばらく武勇伝はおやすみですけど、またしばらくしたら武勇伝は帰って来ますのでみなさんお楽しみに。

------------------------

この日で武勇伝はいったんお休みですが、いいリングですね。


■第6試合
○ザ・グレート・サスケ(みちのくプロレス)、ドン・フジイ、ディック東郷(フリー)
(14分44秒 サルディーナ・クラッチ)
●Gamma、グラン浜田(フリー)、TAKEMURA(東京愚連隊)


携帯サイトの内容を見ると、Gammaさんが浜田さんに対して凄い失礼な言葉を(゚ー゚;A
「浜田、行け!!」
「浜田、助けろ!!」
「浜田、オマエが行け!!」
「浜やん、何やってんだよ!」

これだけの暴言も吐き、美味しいところを無理やり交代させられ、しまいには唾もかけられる。
そりゃ、浜田さん怒るわ(゚ー゚;A
怒りのバックドロップから東郷さんのセントーン、サスケさんのセグウェイでフィニッシュ。
何故かデルフィンさんのポーズしてた(笑)
SASUKEが少し出た?

そんなGammaさん。汚水攻撃に次ぐ最悪の攻撃として、

食べたおにぎりを口から出してサスケさんの顔面にこすりつける

うえぇぇぇぇぇぇぇぇ( ̄□ ̄;;)
誤れ!全国のおにぎり愛好家に謝れ!!裸の大将に謝れ!!


■第7試合
●望月成晃、大谷晋二郎(ZERO1−MAX)
(22分48秒 アンクルホールド)
○金本浩二、稔(新日本プロレス)


いやぁ〜、凄く壮観なカードです!
久々のジュニスタも凄く機能したみたいですし、紆余曲折ありましたが、その時にはバシッと決めるのが“イイ男の証明”ですね!

望月選手は気合の白コスチューム。

---------------------------
■金本選手 K2ダイアリー 『楽しかった〜(^0^)/』

武勇伝! 大谷がいてモッチーがいて、稔がいて! そして俺がいる!(^0^)/
なぜ90年代のジュニスタやあの頃のメンバーで、たくさんの人達が興奮したかが武勇伝大会で理解していただけたかと・・・
いや〜モッチー15周年大会!そう簡単には華はもたせませんでしたが・・・
(ーー;)俺はKY!? いえいえあれで良いんですよ〜
やられたとはいえモッチー素晴らしいじゃないっすか(@_@)俺らを敵にまわしてあれだけやるんですから!(^_^;)モッチーファンよモッチーを誇れ!!

---------------------------

■大谷選手BLOG 『武勇伝。』

今日、15周年という大事な記念試合で望月選手のパートナーとして出場出来て良かった。
僕も望月選手もお互いこのプロレスの世界に飛び込んで来てからはとにかく誰に何を言われようと自分の信じた道を突き進んできた似た者同士のような気がするのである。
だからこそこれからも良きライバル、そして良き友でいたいと今日改めて思った。
改めまして…
望月選手、プロレス生活15周年本当におめでとうございます。
ロストジェネレーションの僕達、お互いまだまだ頑張り続けましょうp(^^)q


----------------------------

望月「主役がこんなにやられた記念大会ってありました?でも気持ちいいっすよ!
今日入ってきてくれた先輩方3人。一人ずつ贈る言葉があります。
稔さん、3月両国が終わって暖かくなる頃にまた武勇伝を再会させたいと思いますので、その時はB’sでお願いします。
大谷さん、ウチの中では仮決定してたんですよ。ZERO1さんが入っちゃったみたいですけど、1・23後楽園で大谷vsストーカー市川。3人の中では大谷さんしかいない。機会があったらお願いします。
金本さん、またあなたに獲られましたよ。この中で金本さんが一番年齢が上。でもまだまだ元気。そこでお願いが。最近のDRAGON GATE。若いやつらがのさばってきてます。クソ生意気な若いヤツを叩き潰し宅ありませんか?1・23、カードあけて待ってます。」
金本「俺がDRAGON GATEの若いヤツ、ボッコボコにやってやるわ。モッチー、組むのか?」
望月「組みましょう!これから“アニキ”金本がDRAGON GATEに参戦するかもしれません・・・・ケッテー!


何とも厄介な存在がDRAGON GATEの若い衆の前に立ちふさがってきましたよ〜!
金本選手といえば若い人と感情に身を任せて殴りあうのが凄く大好きで、最も光り輝く瞬間を見せる方!
これは凄く燃えてきませんか!?
そして、モッチー。
その返答に対し「ケッテー!」
NEOの田村様かwwww

大谷さんと市ちゃんの試合、見たい(笑)
もしかしたら市ちゃんにとっては一番やりづらい?相手かもしれない。
どんな状況でも、一人で盛り上がっちゃう選手だからね〜ww

望月「15年もやってこれたのも人の縁だと思います。自分は正式にプロレス団体に入門したわけでなく、色んな方のおかげでここにあると思います。今日参加してくれた選手、お客さん、両親に感謝したいと思います。
DRAGON GATEの社訓は継続、進化・・・あと何だっけ?とにかく感謝なんですよ!これからも居座ってやりますんで20周年に向けて頑張ります!!」


最後はそんな望月選手を皆が胴上げで大団円。
よかったすね、望月さん!


 一切団体に所属せずにココまでやってこれたって。
これだけ活躍しているレスラーで、望月選手ってのは凄く希有な存在なのかもしれないですね。
「人の縁の賜物」と仰ってますが、それと同じくらい自信のハングリー精神と鍛錬の賜物。
DRAGON GATEという厳しい団体でここまで信頼される存在ってのが証明してますよね。

15周年、おめでとうございます。
これからも望月選手らしく若い人たちの高い壁とともに、自身の道をまだまだ切り拓いていってほしいです。

金本「稔と4年ぶりくらいかな?今年最後の試合で組めたことを嬉しく思います。来年も組めたらいいんですけどね。すっごい楽しかったです。」
「俺も一緒ですね。カードを組んでくれた望月さんに感謝してます。今年の2月に『金本さんと当たる時は一戦一戦大事にしたい』って言って、『どこかでジュニスタできねぇかな?』って思ってたぐらいなんで。
大谷さんと5月にやったときに『大谷さんとやりたい』とコメントしたら、6年ぶりくらいですかね?望月さんとも8,9年ぶりにB's対決やって。
俺の中ではやりたかったテーマが一気に叶ったような感じで。すっごい気持ちよかったです」
金本「なぜこの4人。俺、大谷、稔が入ったらあの時のプロレスの熱。分かるやろ?なぜこのタッグが凄かったか。」
「あの時の新日ジュニア、常にどこに行っても熱狂させたのが何故か分かると思いますよ。」
金本「新日本ももうちょっとこういうの考えてくれと言いたいな。俺ら組んで若いヤツをボコボコにしようと言われた。出たいと思います。」
「まとめて言える事は90年代のジュニアは最高。ジュニスタは最高ということです。」


アニキと稔さんがココまで喋り倒す。
本当に凄く楽しさで充実した一戦であったことが伺えますね。
私自身もあの当時のジュニアを見てプロレスファンになった一人。
殺気と感情と技術が凄く噛みあっていた空気感。
TV中継もそれに引っ張られるようにガンガン放送されてました。
ジュニア黄金時代。
アニキ、稔さん、大谷さん、そして望月さん。
元旦には大谷&高岩&金本というトリオが久々に復活しますが、何かこれからはあの時のジュニアの空気が再燃するんじゃないか?
そんな予感がしちゃってます。

キャリアも年齢もまだまだ。
そこがプロレスのいいところ。


望月さん、本当にいい興行でしたね!
今日の福岡国際センター大会も頑張って!!

JUGEMテーマ:プロレス


| からし | DRAGON GATE | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。