無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
【DRAGON GATE】08年最後のビッグマッチ 12・28福岡国際センター大会!
 もう今日からお正月休みという方も多いでしょうね〜。

私は大晦日まで仕事です(T-T )

そんなちょっと下がり気味のテンションを上げるにはプロレスDEATH!!

というわけで、

 ドラゲー年内最後のビッグマッチ!
福岡国際センター大会をPPV観戦しました。

メインは08年ドラゲー真のNO.1決定戦。
セミでは遂に帰ってくるドラゲーのカリスマ。
その前では確実に一つのユニットが消滅。
岩佐選手の新たなスタートして結果を残さないといけない望月さんとの一騎打ち。
市ちゃんの命の火も風前の灯。

テーマ盛りだくさん。

実況&解説はお馴染みの市川勝也さんと“マッチョ記者”藤本かつまささん。
ゲストとしてPPV中継ではお馴染みのハヤブサさん。

会場もスッゴイお客さんが入ってたように感じます。
さすがドラゲー。
すっかり福岡の文化に根付いてますね。
今回の満員は3月の両国に繋がりますね。
社長が「ここからがスタート」。
その言葉は本当にこの日にピッタリだったなぁ。


--------------------
■12・28 福岡国際センター『THE FINAL GATE 2008』

■第1試合
超神龍、シーサーBOY、○スペル・シーサー
(7分31秒 ヨシタニック)
ザ・ターボマン、ホルヘ・リベラ、●新井健一郎


 ホルへ先生のコスチュームの柄が特撮ヒーローの模様みたい。
カラーは白、緑、赤。
ターボマンは真っ赤。
シーサーズは白が鮮やか。
そんなカラフルな中黒のスパッツのアラケン選手を見てハヤブサさんが
「アラケンが気になってしょうがないですww」
確かに(笑)

ルチャの基本をしっかりと見せながら難しい技もポンポン飛び出す。
最後は今年は絶好調だったシーサー選手が最後もバシッとヨシタニックでピンフォール!
来年もこの勢いは続く!?


■第2試合
戸澤アキラ、●A・W・森
(9分45秒 ラストライド)
○マグニチュード岸和田、ドン・フジイ


 アンソニー選手のテーマ曲で入場。
ふと思った。
戸澤選手にエレガントなアンソニーのテーマ曲は合わない(笑)

 しかし、試合が始まれば大絶叫を終止だしながら大活躍!
この時間だけ『気合の塊』とは日本の中でも戸澤選手の為にあった言葉。
ジャーマンで岸和田兄さんを見事にブリッジ!
岸和田兄さんのボディプレスから、フジイさんのHIMEIという連携に苦しむも、王子のカットで九死に一生。
も、王子が兄さんの反撃にあい敗戦。
しかし、一番のインパクトを残したのは戸澤選手だったなぁ〜。
戸澤塾ラストマッチ前辺りから戸澤選手に何かオーラが滲み出始めている。
遅れてきた青春真っ只中!
この好調を来年のワンデートナーメントまで継続できるかな?


■第3試合 暴走十番勝負・第7戦
●“ハリウッド”ストーカー市川(2分41秒 ボディプレス)○曙


 この市ちゃんの暴走十番勝負。
市ちゃんの試練のような感じな冠ですが、いつもいつも試されてるのは大御所の相手の皆さんの方(笑)
真っ向から向かっていくのは大変ですけど、それ以上に相手の皆さんは考えて来てくれてるのよ、市ちゃん(笑)

博多大吉さんがスペシャルリングアナとして登場
おなじみの児玉清で紹介wwww

「青の方、ストーカー市川選手の登場ですっ!どうぞっ。」

アタック25のゲストに市ちゃんが来たみたい(笑)

曙さん、市ちゃん5人分の体重www
男子レスラー最軽量だしねw
すげぇウエイトさww

曙さんのセコンドにはフジイさん。
リング内では市ちゃんが四股を見せつけて待ち構える。
殺されるぞ・・・・(゚ー゚;A

大吉「ストーカー市川選手の“絶対に負けられない試合”。行ってもいいんですか?いいんですっ!!」

ジョン川平氏(笑)
さすが、芸達者やねぇ〜ww

ゴングが鳴り市ちゃんいきなり回しを獲りにいくも、軽く放り投げられる!
スッゴイ飛んでた(笑)。おそらく、2008年一番投げ飛ばされた人認定。
コーナーに押し当てられるだけでも既に死にそうww
果敢にローキックで攻めるも、全然ピクリともしない。

ボディプレスも何とか回避し、カンチョー攻撃。
これにはさすがに苦しい表情も、当然そのあと100倍返し。
サモアンドロップをマトモにくらい、ランニングボディプレスで死亡。
ペッタンコww
さらば、市ちゃん。

曙さん、終止ムッツリ顔。
プロレス史上、一番やりづらい試合だったに違いない。
市ちゃんが「曙さんという巨木相手に一人練習をしてて、そのまま攻め疲れで勝手に死んだ」感じ。
曙さん、疲れてないだろうけど、お疲れ様でしたwwww
いや、本当に、マジでありがとうございました(笑)

最後はステージでプロレスLOVEポーズをきめっ!


■第4試合
○望月成晃(15分33秒 真・最強ハイキック→エビ固め)●岩佐拓


 戸澤塾を卒業し、新たなスタートをきらなければならない中現れた望月成晃という壁。
その壁を乗り越え、踏み台にできるかが大きなテーマ。
何はともあれ、岩佐拓選手が中心の試合。
望月選手は前日に武勇伝で金本&稔のスニスタと試合をしてるのにね。
凄い元気だった。

戸澤選手は『DRAGON STORM』のインストで登場。
あれ?自分のテーマ曲は??
何か意思でもあったのかな?

 ゴングと同時に望月選手が岩佐選手を襲撃。
岩佐選手も反撃に応じ、ロケットスタート。
場外戦で盛り返し、岩佐選手の攻めが目立つように。
さすがにモッチー、疲れてたのかな?
中々攻めが続かない。
そこに岩佐選手がアンソニー選手をKOGで下した際に出した、頭を蹴り上げる技、そして熨斗紙!
しかし、カウント2でキックアウトし、掟破りの熨斗紙返し。
しかし、望月選手も倒れこむ。
起き上がり、岩佐選手が熨斗紙体勢からの逆さ押さえ込みを見せるも決らず。
更に攻め込もうとしたところで、吹き返した望月さんの最強ハイキックから真・最強ハイキック炸裂!!
しかし、まさかのキックアウト!!
ならばと続けざまに一角蹴りを炸裂させ、改めて真・最強ハイキックで3カウント!!

 試合後は望月選手から手を差し出し握手。
攻めの引き出しもあり、畳みかけも申し分ない。
でも何か一カケラが足りない。
真なるジャンプアップは来年に持ち込み。

それにしても、望月さん。
決して本調子ではなかった感じだけど、必殺技でバシッと勝っちゃう。
08年動き回ったアラフォーはここ一番の強さを見せ付けました。


■第5試合 敗戦ユニット解散サバイバル6人タッグ3WAYマッチ
[Typhoon] ドラゴン・キッド、斎藤了、横須賀享
[WORLD-1] m.c.KZ.、谷嵜なおき、B×Bハルク
[リアルハザード] 神田裕之、堀口元気、Gamma

○m.c.KZ.( スクールボーイ)●横須賀
○Gamma(12分41秒 雪崩式ツームストンパイルドライバー→体固め)●斎藤了
※タイフーンが解散


 何ともドロドロとした抗争の最終決着戦。
唐突に訪れたユニット解散マッチ。
試合形式がドラゲーしか表現できない6人タッグ3WAY。
華々しい内容が期待できますが、大抵の場合、テーマが重いんですよね。
今回もその例に漏れず。

 まずはB×Bハルク選手のダンスから、谷嵜&m.c.KZ.が入場。
谷やん丸坊主。サイバー・コング選手の策略にはまった証明が・・・・。
ちょっと可愛い風貌になりましたね。
 そしてタイフーンが入場。テーマ曲がアレンジされてる。
享さん、斎了選手、コンディション大丈夫かしら。
CIMA選手が復帰する日。そんな日に解散なんて洒落になりませんよね(汗)
 最後にハザード軍。
堀口選手とGammaさんが一緒に登場、ちょっと遅れて神田選手入場。
やっぱり未だ溝があるなぁ・・・・。
一番不安定な3人。

 3WAY6人タッグは“頭脳戦”。
裏のかきあい読ませあい。信じあい裏切りあい。
それにしくじったチームから負けていく。
かつて藤本さんはこの形式を「人間模様も今も過去も全てが如実に現れる」と解説されてました。
まさにその通りで、その顔合わせになっても色んな抗争暦等が思いだせて楽しい。
だから見てても休む間がない(^人^ )

Gammaさんがいつも汚水攻撃だけでなく、おにぎりを食べて噛んだものを上から落とす「汚にぎり」攻撃。
食べ物を粗末にしちゃいけません。
そんな神様の罰もあってか、ハザードは殆どかみ合わない。
現在の人間模様が如実に現れ、尽く亀裂が。
それだけに、ハザードだけ余計に消耗している様相。

そんな中攻め込まれたm.c.KZ.が横須賀選手を丸め込み大金星!!
WORLD−1勝ち抜け
m.c.KZ.の勢いが止まらない!!!!

 残ったのはタイフーンとハザード。
こんな状況でもハザードの誤爆が止まらない。
堀口選手が青毒霧で一度はピンチを抜け出すも、不穏な空気が拭えない。
大ピンチの堀口選手。
異様なハラハラ感。止まらない悲鳴と歓声。
そこにブルーBOXを持った神田がGammaの前に!
「裏切り行為か!?」と思いきや、背後の斎了に一撃。
そこから一気にチャンスを手繰り寄せ、雪崩式ツームストンパイルドライバーで斎藤了撃沈!!

Typhoon 解散!!!

CIMA選手の帰ってくる日になんていう結末・・・・。
本当に一番危ないところでも、物凄い生命力。ドラゲーのヒールというのはどの時代でも凄くしぶとい。
結果的には負傷を抱えてるタイフーンの二人が2タテをされる羽目に。

試合後、唯一取られてないドラゴン・キッドが何やら不満げ。
本当にやりきれないのと怒りが入り混じった表情。

どうなるんだろう・・・・Typhoonのメンバー。

 ちなみに、ここに書いた攻防は10分の1もありません(笑)
ドラゲーを見慣れている方には分かっていただけると思いますが、
あまりに密度が濃すぎて負いきれません。覚え切れませんww
相変わらずこの形式は大変です。
携帯サイトとか、記者さんは凄いなぁと毎回思います。


■岡村社長が登場

 おなじみの「デビルマン」にのって登場。
いつもこの曲かかるとテンションあがっちゃうなぁ。
デビルマンのOP、最高(炎▽炎)

恒例の発表毎。
1:博多で2ヶ月に一回の興行決定
2:1年後、もう一度ここで興行を行うことを約束。
それ以後も1年の締めを博多で行うことを確約
3:ドラゲーパチンコ発表
4:両国大会開催


初めて博多で興行を行う際に苦労したのを人情で救われた心からのお返しだそう。
人情には何倍もお返しを。
忘れがちな日本人の昔からの心意気。
社長はそれを忘れてないのね。

欠場中の吉野選手も登場。
元気そうです。笑顔も爽やか。
こりゃモテルわ( ̄ー ̄)
社長との2ショットに収まり、自身のマイクと、社長の分もと、シメを2回もやらされる羽目に(笑)
スピードスターらしく、早期復活を宣言。
待ってま〜す!!


■第6試合 オープン・ザ・ツインゲート統一タッグ選手権試合
[王者]○YAMATO、サイバー・コング
( スリーパーホールド→TKO)
[挑戦者]●CIMA、獣神サンダー・ライガー
※王者が防衛に成功


 先の試合結果がアレだっただけに、少し微妙な心境になってしまった・・・・。
復帰戦がタイトルマッチという異例のシチュエーション。
これを決定付ける決定的要因となったライガーさんに感謝かな(^曲^)

 まずはライガーさんが入場。そして主役のCIMAが入場。
赤と白の2カラー新コス。ライガーさんとお揃いっすね。

先発はライガー vs サイバー・コング。
ライガーさんが優位な流れにもっていき、CIMA選手久々のリングへ!
サイバーもYAMATOと交代。
因縁の顔合わせに。
静かなロックアップから徐々にエンジンを温めていく感じ。
ライガーさんも一緒にヒートアップ。
CIMAとのWドロップキックはタイミング、高さ共に綺麗にピッタリ(◎A◎)

欠場中に練習していたというキックボクシングも攻めの一つとしてしっかりと。
YAMATO選手も「利かない利かない〜」と、真っ向から受けてみせる。
でも、口から血がでてるよΣ( ̄□ ̄;;)
だんだん熱くなっていったのか?特有の薄ら笑いが徐々に薄れていく場面も。
そして倒れるも、余裕を見せるCIMAの足首をとって形勢逆転。
この辺りのテクニックがキャラに合わずに憎いポイントなんだよなぁ〜。
徐々に劣勢に。
そんなピンチの中代わったライガーさんが大ハッスル。
そんないい空気も、ハザード軍のセコンドが介入・・・。
邪魔スンナ!!

そんでもってYAMATOのギャラリア炸裂!!
ヤヴァイ・・・・箇所が箇所だけにヤヴァイ!!
しまいにはスリーパー。
ライガーさん、早く!!!

真っ赤な顔面になり、目玉もむき出しの状況。
ロープが目の前にも関わらずレフェリーがストップ!!
・・・失神!?

かなり仰天の結末とあまりの衝撃的な結末に、目の前で起こっている状況の理解が出来ない・・・。
口から涎を垂れ流し、起き上がれないCIMA。
ただただ驚いて言葉が出ないような会場・・・・。
CIMAを踏みつけ、いたぶり続ける王者組。
堂々の退場。

現在、そして今年のドラゲーの中でも屈指の勢いを持っていた王者組。
あまりに厳しい現実が・・・・。
「これが現実だ!!」か・・・・。

華々しさとは対極の結末。
先の解散といい、タイフーンメンバー、最悪な結末。

来年、ここから這い上がれ!


■第7試合 オープン・ザドリームゲート選手権試合
[王者]鷹木信悟(25分30秒 マスキュラーボム)○土井成樹[挑戦者]
※土井が新王者に


 ODG王者 vs KOG優勝者の2008年ドラゲーの真の頂点決定戦。

最初は手四つの上体の探りあいこそあったものの、早い段階からエンジン全開!!
得意技を惜しげもなく、チャンスがあれば使っていく。
中盤には、鷹木選手が大暴走をそのままキャッチしてパワーボムという脅威のカウンターも!!
はじめて見た!!
なんという背筋!!

終盤。
バカタレスライディングキック炸裂からマスキュラーを狙うも、逆にMAID IN JAPAN被弾!!
ギリギリの戦い。
最後の最後はマスキュラーボムとラスト・ファルコンリーしかない状況に。

鷹木選手がラストファルコンリーを先に炸裂も、先に当てられた2回目のバカタレキックが利いていてカバーにいけない。
これが痛かったかな・・・。
それでも攻め続ける王者に、カウンターのV9クラッチ。
そして三度のバカタレキック!!
そしてマスキュラーボム炸裂!!!
凄い角度Σ( ̄□ ̄;;)

3カウント!!

新王者 土井成樹 誕生!!

25分ノンストップの激闘。
遂に待望の頂点奪取!!
KOGは『No.2決定戦』でなかったことも証明された!!
文字通りの凌ぎあい。
解説の藤本さんによると、KOG、ブレイブゲート、ODG、ドラゲーシングル王座制覇は史上初らしい!
すげぇ、土井ちゃん!

 新王者に呼び込まれ、博多花丸&大吉さんがリングへ。
呼んどいて「はじめまして」らしい(笑)
若手の頃から見てもらってて目の前でチャンピオンになったのを見てもらいたかったとの事。
セカンド土井からここまでの存在に。
長かったね〜。
最後は土井ちゃんらしい真面目なマイクでシメ。

 でも、敗れていたとはいえ、全体的なペースは鷹木選手が引っ張っていたような印象も。
プロレス大賞技能賞はこの辺りの事も大きいのかも。
風格も実力も、すげぇキャリア4年目。
敗れてもドラゲーにおける存在感は上昇した。
そんな試合でした。



 今年最後のドラゴンゲート。
土井選手の待望の初戴冠という喜びと、タイフーンの敗戦、解散。
現実を見せ付けられたCIMAの復帰戦。
個人で見てもユニットで見ても明と暗がクッキリ…。

 来年に向けて大きな “to be continue・…”。
09年も休ませてくれそうにないなぁ(炎▽炎)

JUGEMテーマ:プロレス


| からし | DRAGON GATE | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。