無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
【プロレス】輝く!日本インディー大賞2008 を見ました。
 今年ももう終わり。
土曜日、SAMURAIの人気番組『インディーのお仕事』で今年も発表されました!

 輝く!日本インディー大賞2008

濃いプロレスファンが殆どと思われる視聴者の投票で選ばれた勇者達は一体誰なのか!
ちなみに私も投票しました(笑)


■ニューカマー賞
今年初めて制定された賞。
東スポのプロレス大賞の新人賞とは違い、『キャリアを問わず今年1年で目覚しい成長、発展を遂げた選手』に贈られる賞。

▼第1位 武田雅志(STYLE-E)
元々格闘技から来たにも関わらず、はじめからデスマッチ志望でプロレス界へ。
大日本やアパッチで数々のファイトを繰り広げた。
来年以降も成長が望めるデスマッチ期待の新星。

▼第2位 佐藤悠己(フリー)
“さとうきゅん”としてもはやお馴染み。文字通りの“何でもやる”姿勢が大爆発。
一番テイオー姐さんの弟子として“妖しい”スタイル(オカマちっく)になっちゃったのが印象的。
今や、ディック東郷&ハヤテ選手のプロレス学校『スーパークルー』の卒業生だったとは信じられない変身振り(笑)
紹介VTRに普通のスタイルの映像が一つもなかったwww

▼第3位 石川修司(ユニオンプロレス)
ユニオンのエースとして一気に頭角をあらわす。ハードコアも経験

▼第4位 矢野啓太(格闘探偵団バトラーツ)
キャリア2年目で独自のスタイルを作り上げた、ある意味天才。

▼第5位 石川晋也(大日本プロレス)
若武者等で活躍。今後が期待される若手。
 
私は“さとうきゅん”に一票いれてました( ̄▽ ̄)


■ベストユニット賞
ベストタッグ・・・ではなくベストユニット。

▼第1位 バラモン兄弟(ソウルコネクション)
【メンバー】バラモン秀、バラモン恵

1
大バラモン展は08年インディーシーンでの大問題興行。
サスケさんとの宇宙戦争と、インディー界のキワモノ抗争は殆どがこの双子が絡んでいた(笑)

 スタジオに両選手登場。
秀選手はイグアナ、恵選手は頭にタランチュラを乗せてはいるが、いつもとは雰囲気が違い、スーツで正装とビシッとした姿勢で登場。
「いつもと同じ服装」とは本人達談。
事あるごとに低姿勢をみせて逆に不気味(゚ー゚;A
今後はランカシャースタイルでやっていったりと、人に迷惑をかけない、愛を訴える方向でいくそうです。

ちなみに、イグアナはバラモドン、タランチュラはスコルチェニ大佐というらしい(笑)

「光栄です。全てはSAMURAIさんのおかげです。来年からバラモン兄弟は変わりますので、今後ともよろしくお願いします」

あまりの不気味さに三田アナは地で笑いっぱなしでしたw

▼第2位 NEWメンズクラブ(大日本プロレス)
【メンバー】MEN'S・テイオー、忍、大石真翔、佐藤悠己、KUDO、他多数

 昨年は1位でしたが、今年はワンランクダウンも、テイオーさんの意思とは違いながらも今年1年間常に話題を提供し続けた。
メンバーも定期的に増えていった様な気がします。
みちのくではテイオーさん&忍選手でみちのく二人旅も優勝。

▼第3位 イタリアン・フォー・ホースメン(DDT)
【メンバー】アントーニオ本田、フランチェスコ東郷、ササキ・アンド・ガッパーナ、PIZAみちのく

久々の復活。高木さんがまた騙された。
試合はいつもクオリティーが高かった。

▼第4位 Speed Of Sounds(ソウルコネクション)
【メンバー】ヘラクレス千賀、ツトム・オースギ

目だった実績は無いが、来年以降の活躍が期待できる。
バラモン兄弟との戦いはエルドラドの迷抗争といえる(?)

▼第5位 Ω(K-DOJO)
【メンバー】火野裕士、KAZMA、大石真翔、旭志織、バンビ、MIYAWAKI

結成以来2年という珍しい長期ヒールユニット。
SAMURAIでK−DOJOを扱えるようになったのも大きい。

私は勿論バラモン兄弟にいれてました(笑)


■ベスト興行賞

▼第1位 DDTキャンプ場プロレス(9・7 ネイチャーランドオム)

高木社長が登場したが、「売り興行だった」という事でプロモーターの双子、太田悠介さん&健介さんが登場。
2
相変わらず変な二人(笑)
調子に乗ったのか、来年の月一開催も宣言ww
冬はどうするww

高木社長「観客を魅了した・・・。他の興行を差し置いてwこの番組の視聴者の良識を疑いますね」
双子「プロレスの聖地は後楽園ホールじゃないって分かりました。」
「やっぱ“山”って」


4・27の本屋プロレスを双子が見に来ていたことが事の発端。
ちなみにこの日の観客は108人。
煩悩の数だったそうです(笑)

▼第2位 みちのくプロレス15周年ノスタルジックツアー(6・20 後楽園ホール)
青SASUKE登場までの流れも秀逸。つじつまを見事に合わせた
懐かしいメンバーも一堂に会して、かなり豪華なカードの連続だった。

▼第3位 大阪プロレス 大阪ハリケーン2008(2・11 大阪府立第一競技場)
タイガースマスクとブラックバファローのマスカラ戦は大感動の一戦だった。
丸藤正道、曙選手も参戦。

▼第4位 DDT6ブランド大終結(10・19 後楽園ホール)
今年一番お客さんが入ったDDT興行。
最後は高木大社長がガンダムスーツを着て、興行に呼ばれなくて怒ったジャイアント馬喰に立ち向かうも爆死。
(コアブロックシステムのおかげで助かった)

▼第5位 大鷲プロレス (6・8 長野県佐久市体育館)
大鷲透選手が地元で2回目の興行開催。
また物凄く演出が派手だった。

私はキャンプ場と悩みましたが、みちのくプロレス15周年興行にいれてました。


■ベストバウト

▼第1位
■DDT 8・6 ビアガーデンプロレス
○飯伏幸太 vs ●ケニー・オメガ

3
日米路上プロレス王の直接対決。
自販機からのフェニックススプラッシュは、この試合一番のハイライト。
しかし、本人は途中で頭を打ち全く覚えていない。
来年またケニー選手が来るという話題になると、本当に嬉しそうな表情を浮かべていました。
ベスト興行のキャンプ場プロレスと2冠といってもいいかな。
最後の視聴者へのメッセージは勿論、

「頑張ります!!」

飯伏=この言葉ですね、やっぱ( ̄▽ ̄)


▼第2位
■みちのく 12・12 宇宙大戦争〜ウルトラマンロビン救出作戦〜
ザ・グレート・サスケ、サバイバル飛田、○ウルトラマンロビン
vs
佐藤秀、佐藤恵、●メフィラス星人


既に“宇宙戦争”という一つのジャンル。
日にちが日にちだけに、あと締め切りが10日遅かったら分からなかった。

▼第3位 
■大日本 5・4 埼玉桂スタジオ BJW認定デスマッチヘビー級選手権試合
[王者]●伊東竜二 vs ○シャドウWX


シャドウWXが5年ぶりの戴冠。メジャーインディー共にアラウンド40が勢いを見せた。

▼第4位
■K−DOJO 11・3 後楽園ホール インディーJr&UWAミドル級選手権
[王者]○大石真翔 vs ●MEN'S・テイオー


今年一番の“大物食い”。

▼第5位
■ユニオン 11・16 北千住シアター KO−D無差別級選手権
[王者]○高木三四郎 vs ●石川修司



私は当然、『宇宙大戦争』でした。


■MVP 最優秀選手賞


▼第5位 飯伏幸太(DDT)
昨年はMVPでした。
キャンプ場、本屋、、ビアガーデンなど、DDTは勿論、NOAHでも大活躍。
後半の欠場が痛かったか。

▼第4位 シャドウWX(大日本プロレス)
今年の大日本をひっぱたのはこの人。
常にテーマを掲示して防衛を続けたベテランのデスマッチ王者だった。

▼第3位 澤宗紀(格闘探偵団バトラーツ)
ゼロワンで大活躍!
勿論、バトラーツでのファイトも常に高クオリティ。
ランジェリーさんも狂喜乱舞(笑)
アイスリボンなど、幅広い団体での活躍も目を見張った。


▼第2位 高木三四郎(DDT)
KO−D王者として存在感急浮上。
超多忙な中でも肉体改造も成功し、インディーでも屈指のプロレスラーらしさが大爆発。

シャドウWX選手共にアラウンド40大爆発!!



▼第1位 ザ・グレート・サスケ(みちのくプロレス)
もうこの人しかいないですよね!!
私も勿論サスケさんでした\(≧▽≦)/
宇宙戦争を始め、SASUKE組、他にも様々な団体で文字通りの狂い咲き。
試合数も大変なことに。

というわけでスタジオに登場!
4
タキシードがバッチリきまってます!!

「こんばんわ。オダギリ・ジョーです

この1年の主な活躍をVTRで振り返る。
宇宙戦争での謎の行動も明らかに!

1:和棺をかぶったまま場外に転落した時に、ずれていた首の骨がはまって満身創痍から完全復活した。
2:ロビンを椅子の上に倒立させたのは、
サスケ「普段ロビンが椅子の上で腕立て倒立を日課にしていて、バカ兄弟に見せつけようと。更にその上から脚立をオブジェにしてその上で私も倒立しようかと。」
三田アナ「できるわけないでしょwwww」


東スポの何かを受賞するよりも、コッチを受賞する方が100万倍嬉しいそうな。
うん。私もプロレスラーだったそう思うね。

 喜びの中、これまでの受賞者が登場。勿論、バラモン兄弟も登場。
5
サスケさんの背後で太田兄弟と佐藤兄弟の奇跡の双子競演が実現

太田兄弟「ドウモ。コノアイダノ大バラモン展ミマシタ」
佐藤兄弟「あ、あ・・・ありがとうございます」
太田兄弟「ボクラニトッテ 雲の上ノフタゴ デス」
サスケ「ブッwwwww!!!!!!」


佐藤兄弟が押されてるwwwどうしていいか困惑してるwwwww
サスケさんも吹いてるwwww
本当に何とも言えない空間www
3次元を遥かに超越して歪んでるwww

心配する中、先の通り紳士的な姿。
心を入れ替えたのを真摯にアピール。
三田アナも感動。
「セーラーボーイズももう一度やりたい」という言葉に感動した所で、サスケさんが恒例の予言。
来年から週プロモバイルでUPされるのとは別のものだそうです。

「ブレイクする選手はモバイルでアップされる2名とは別にもう一人。244選手というFUCKの選手・・・・」


そんな予言をするサスケさんの背後で佐藤兄弟が何やら怪しい行動・・・・
6
おもむろに青SASUKEの仮面を取り出し、更に“あの時”の週刊ファイトも!

もしかして!!!

バラモン兄弟がファイトで一撃!!
サスケさん気絶!!

「アホかオマエ!!ふざけんなよ!また騙されてんな!何時になったら学習するんだ!!これで殴ったって事はどういうことか分かるな?」

改心はやっぱり嘘だった!!
意気揚々と叫び散らす中、ふといいことを思いついたそうで、

「インディーのお仕事、エンディングでカラオケを歌ってんだろ?このまま連れて行って青SASUKEに歌を歌わせて流したらおもしれぇんじゃねぇか?」

この提案に一同ノリ気に。
佐藤兄弟と太田兄弟の共同作業という奇跡の競演その2でサスケさん搬出!
8
最後はSASUKEさんがキッチリ登場。
喉に手をトントンと当てる“一人エフェクト”をしながらPerfumeポリリズムを熱唱(笑)
9
楽しそうだww
そして馬鹿だwwww


ちなみに、そんな大変な最中、飯伏選手は一生懸命携帯電話で写メをとってましたwww
7
自由だwww



来年もいい年でありますように!
10
インディーよ、今年もありがとう!!

JUGEMテーマ:プロレス


| からし | 2008 プロレス界まとめ | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://kimagure-guda.jugem.jp/trackback/1205