無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
【プロレス】隠しポケット
■大日本プロレス 『勝手に横浜開港150周年記念大会1』
神奈川・横浜赤レンガ倉庫1号館


■第5試合 スペシャルシングルマッチ
○獣神サンダー・ライガー(16分48秒 サムソンクラッチ)●関本大介


 昨年末のタッグ選手権試合から派生したシングルマッチ。
決まり手を見たときに珍しい決まり手だな?と思いましたが、試合後のライガーさんのコメントを見て納得。

関本「あんな勝ち方で嬉しいのか?絶対にライガーを踏み台にして上に行ってやるから。新日本に殴りこむ!」

ライガー「凄いや。ああいう技でないと(3カウント)獲れない、あいつから。
何なんだあのタフさは。途中で作戦変更だよ。『真正面から』なんて思ってたけどとてもじゃない。
最後は引き出しの多さ。引き出しに何が詰まっているか。いくつ持っているか。その差しかない。
ライガーの試合でああいうのは滅多にないよ。凄い選手だよ。
 あれだけのパワーとスピードを持っている選手は日本でいないんじゃないかな。
ああいう選手、ウチにもほしいな。ウチの選手も頑張ってるけど、ないタイプだから。
彼のレベルはそこまできている。」


 ライガーさん、ベタ褒めです。
垂直落下式ブレーンバスターも、雪崩式フィッシャーマンも、数々のフィニッシュホールドをキックアウトをされ、万策尽きた中でのやっとの勝利とライガーさん。

関本さん、ライガーさんを追い込んでますよ!!
悔しいかな、今回も勝ち星に繋がらなかった大一番に。
長い長い“結果と実績”の壁は破れず。
でも着実に確実に少しずつレジェンドを後ろへ後ろへ追い込んでいるような感じ?

でも、引出しの差かぁ・・・。
そう言われちゃうと変に納得せざるおえないんですが…。
悔しいなぁ。

そんな一戦を“師匠のMen'sテイオーさんはこう分析した”と、週プロモバイル。

「おっ!と驚くような攻防をやるかなと思っていたけど、割と2人とも想定内での戦いに終始していた。
(試合後『ライガーがパワーが凄い』と評価していたのを聞いて)ああ、そういう事かと。
大介はパワーファイターのようでパワーファイターじゃないんですよ。僕が基本ベースを教えていますから。
試合後にパワーっていう言葉しか出ないのであれば、大介のほんの何%しか体感しなかったとということなんでしょうね。
(大介が)もっとテクニックっていう部分を出せば、パワーだけじゃないと気付いてお互いに引き出しを出したと思うんだけど。
今日はお互いがベーシックな引き出しを開けなかったということでしょうね」


まだまだ、
まだまだ引き出しの数も、底の厚さもあるということか。
レジェンドも若き怪物も、どっちも凄い…。

あと、ライガーさんはこんなコメントも。

ライガー「俺はインディーって言葉が好きじゃないんだ。
プロレスが好きでプロレスを愛して体鍛えて、新日や全日に上がれなかった人間がクソッタレっていう気持ちで旗揚げして頑張ってる。俺たちが見習う部分はたくさんあるんだ。
そういうのをこのキャリアでも吸収していきたいし、ああいった凄い選手がいれば頑張ってほしい。
プロレスを愛している人間はプロレスを粗末にしちゃいかん。
ここで止まるな、と言いたい。だからこそ何回でもやってやる。
やりたくないよ、本当は。あんなアホみたいな…何なんだ?」



“プロレスを愛している人間はプロレスを粗末にしちゃいかん。”

いい言葉だ。
“ライガーさん”を感じられる一言。

関本選手へのエールですが、今週の週プロのインタビュー記事を見た後にこのコメントを見たら、なんだか
「新日本を退団した稔選手にもこういうエールを送ったんじゃないかな?」
っと勝手に思ったり。

良くも悪くも広大になりすぎたプロレス界。
自身の腕を唯一の武器に、大海原に飛び出した稔さんを送り出す力強い言葉。
私の妄想グセによる勝手な思い込みですが、なんだかちょっとかぶっちゃったんですよね。

戦後の日本経済を支えた力強いプロレス。
今はこんな世の中だけど、やっている事に間違いはないと信じてます。
“本物の”プロレスラーのみなさん。
頑張っていきましょう!

…なんか誇大に膨らましすぎ?

→ ブログランキング★プロレス

JUGEMテーマ:プロレス



| からし | 大日本プロレス | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。