無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
【プロレス】 08年プロレスまとめ 12月編
昨年11月分UPじには今年の初めくらいにアップすると書いていましたが、

まさかの1ヶ月遅れです(汗)

プロレスを追いかけているみなさんはお分かりだと思いますが、
12月って、凄い興行数!!
もう、大変w
なのである程度しぼって。
それでもこの量・・・。

やっぱ、コミッションって必要じゃない??

▼11月編
http://kimagure-guda.jugem.jp/?eid=1166



■12月------------------------------

■全日本プロレス ------------------------------

■12・8 『 2008世界最強タッグ決定リーグ』最終戦』
(全日本公式HP)
http://kimagure-guda.jugem.jp/?eid=1170(BLOG)

■第6試合 2008世界最強タッグ決定リーグ戦優勝決定戦
○小島聡、天山広吉
(28分36秒 ラリアット→片エビ固め)
諏訪魔、●近藤修司
※2年ぶり2度目の優勝


史上初の新日本のG1タッグ&全日本の最強タッグ同時制覇達成。


■12・14 『ファン感謝デー』
(スポナビ)
http://kimagure-guda.jugem.jp/?eid=1181(BLOG)

■第3試合 変則ルールマッチ(30分3本勝負)
○浜亮太(3−0)●“brother”YASSHI
1本目 相撲ルール
○浜亮太(0分39秒 上手投げ)●“brother”YASSHI
2本目 アマレスルール
○浜亮太(1分13秒 フォール)●“brother”YASSHI
3本目 プロレスルール
○浜亮太(4分41秒 ランニング・ボディプレス)●“brother”YASSHI

■第4試合 ブードゥーロープマッチ(30分1本勝負)
○カズ・ハヤシ(14分11秒 前方回転エビ固め)●ヘイト
※互いの左手首に長さ約4メートルのロープを固定した状態で試合を行う完全決着ルール。

■第5試合 デート権争奪“F4”3WAYマッチ
小島聡 vs KAI vs ○大和ヒロシ
○大和ヒロシ(9分38秒 首固め)●KAI
○大和ヒロシ(9分16秒 首固め)●小島聡

■第6試合 F-1タッグ選手権試合(60分1本勝負)
○神奈月、武藤敬司(16分38秒 シャイニング・ウィザード)神取忍、●前田健
※初代王者組・武藤、神奈月組が5度目の防衛に成功

■第7試合
○諏訪魔(25分44秒 ラストライド)●近藤修司


武藤選手と神取選手が初の遭遇。
カズ選手とヘイト選手の遺恨シングルはカズ選手の頭脳勝ち。
大和選手とのデート権を獲得したのは“男性”。
しかし、後日のレポートによると、充実のデートを過ごされたよう。
そして、全日本08年最後の試合は、最強タッグで強烈な実力を見せ付けた二人のシングルマッチ。

このファン感謝デーで全日本プロレスの2008年の全日程終了。


■12・23 A BATHING APE 15th anniversary BAPESTA!! 2008
(スポナビ)
http://kimagure-guda.jugem.jp/?eid=1194(BLOG)

■第1試合 タッグマッチ(時間無制限1本勝負)
○ザ・グレート・サスケ、タイガーマスク
(11分32秒 タイガースマスクこん棒攻撃→反則)
獣神サンダー・ライガー、●タイガースマスク

■第2試合
○スーパーマイロ、テリヤキボーイ
(10分25秒 リバース・ファイアーバード・スプラッシュ)
えべっさん、●くいしんぼう仮面

■第3試合
○曙、邪道、外道
(15分1秒 64→体固め)
鈴木みのる、NOSAWA論外、●MAZADA

■第4試合
○中西学、
THE APEMAN GOLD
(15分5秒 大☆中西ジャーマン)
小島聡、●THE APEMAN

■第5試合 スペシャル6人タッグマッチ
○武藤敬司、ウルティモ・ドラゴン、新崎人生
(15分6秒 シャイニング・ウィザード)
蝶野正洋、高木三四郎、●TAKAみちのく

4年ぶりの開催。
メインはプロレス団体の名だたる社長、トップが夢の勢ぞろい。



■新日本プロレス ------------------------------

■12・6 愛知
(新日本公式HP)
http://kimagure-guda.jugem.jp/?eid=1164(BLOG)

試合前の売店にてサイン会を行う棚橋選手を真壁選手が襲撃。も、そのあと棚橋選手はしっかりサイン会を続行。

■第5試合
○中邑真輔、後藤洋央紀
(9分3秒 腕ひしぎ逆十時固め)
●長州力、蝶野正洋

■新日本プロレスvsZERO1-MAX
○田中将斗、大谷晋二郎(14分50秒 スライディングD)金本浩二、●永田裕志

■第7試合 IWGPタッグ選手権試合
[王者]○真壁刀義、矢野通(21分11秒 キングコング・ニードロップ)中西学、●吉江豊[挑戦者]
※王者が4度目の防衛に成功

■第8試合 HIGH FLYING STAR going to TOKYO DOME 〜prominence〜
○棚橋弘至(17分43秒 ハイフライフロー)●ジャイアント・バーナード


1・4に向けて愛知→大阪のビッグマッチ2連戦。
中邑&後藤はここにてNOAHの三沢光晴との対戦を希望。


■12・4 愛知
■第1試合 IWGP Jr.タッグ選手権試合
[王者]○内藤哲也、裕次郎(18分25秒 スターダスト・プレス)外道、●邪道[挑戦者]
※第22代王者チームが初防衛に成功

■第4試合
○中西学、吉江豊
(11分19秒 アルゼンチン・バックブリーカー)
飯塚高史、●石井智宏


■第5試合 IWGP Jr.ヘビー級選手権試合
[王者]○ロウ・キー(18分8秒 ゲットー・フットスタンプ)●田口隆祐[挑戦者]
※第55代王者ロウ・キーが初防衛に成功

■第6試合 大阪3大シングルマッチ Wrestle Kingdom Duel for existence〜tempest〜
○ジャイアント・バーナード(13分55秒 バーナードライバー)●後藤洋央紀

■第7試合 大阪3大シングルマッチ Wrestle Kingdom Duel for existence〜sublimation〜
○中邑真輔(13分13秒 ダブルアーム式パイルドライバー)●矢野通

■第8試合 大阪3大シングルマッチ Wrestle Kingdom Duel for existence〜prominence〜
○棚橋弘至(21分3秒 ハイフライフロー)●真壁刀義


 中西選手がNOAHの王者クラスとの対戦を熱望。
後に秋山準選手とのシングルマッチが決定。
 棚橋選手はシングル2連戦を白星で。
試合後にIWGP王者の武藤選手を呼び出し必勝をアピール。
それを聞いても王者は余裕の姿勢を崩さず。


■12・22 『NEW JAPAN NEXT 〜Catch the VictoryIII〜』
(スポナビ)
http://kimagure-guda.jugem.jp/?eid=1193(BLOG)

■第7試合 ストリート・ファイト・エニウェアフォールマッチ
○星野勘太郎(12分38秒 ナックルパンチ→片エビ固め)●外道

■第8試合 第三世代vs.G・B・H イリミネーションマッチ Proceed to Next
○中西学、天山広吉、永田裕志、金本浩二、小島聡(全日本)
(28分7秒 アルゼンチン・バックブリーカー)
真壁刀義、矢野通、飯塚高史、邪道、●石井智宏


星野総裁が酷い目にあいながらも、まさかの大勝利。
メインは第三世代がGBHに対し貫禄の勝利。



■PREMIUM ------------------------------

■12・26 後楽園ホール
(スポナビ)

■第7試合 狼群団vsコンプリート・プレイヤーズ
○蝶野正洋、天山広吉、ヒロ斉藤
(14分57秒 シャイニングケンカキック)
田中将斗、●邪道、外道


両チーム共に久々の結成。


■NOAH ------------------------------

■12・7 日本武道館『Winter Navig.’08』
http://kimagure-guda.jugem.jp/?eid=1168(BLOG)

■第4試合 特別試合 シングルマッチ 
○三沢光晴(9分15秒 エメラルド・フロージョン)●中嶋勝彦

■第5試合 GHCヘビー級選手権次期挑戦者決定戦
○秋山準(8分37秒 スタンド式フロントネックロック→レフェリーストップ)●森嶋猛

■第6試合 GHCジュニア・ヘビー級タッグ選手権
[王者]金丸義信、○鈴木鼓太郎(31分54秒 レクイエム→エビ固め)●KENTA、石森太二[挑戦者]
※王者組が2度目の防衛に成功

■第7試合 GHCヘビー級選手権
[王者]○佐々木健介(25分27秒 ラリアット→体固め)●齋藤彰俊[挑戦者]
※第13代王者が2度目の防衛に成功


 中嶋選手が7月の博多大会以来2度目の三沢光晴。
短期間での再戦でも三沢選手を悶絶させる。
秋山選手が09年最初のGHC挑戦者第一候補に。
ヒール鼓太郎が完全に覚醒。挑戦者組を流血させ、内容も完勝。
そしてGHCヘビーは久しぶりの一騎打ち。
新日本時代からぶつかり合ってきて、NOAHのリングで頂点を競うようになった風景は、心に触れる熱い試合に。

■日本テレビNOAH中継 3月で終了
テレビ業界全体に広がるコスト削減の波がプロレスにも・・・。
全日本プロレスから55年間続いたプロレス中継に幕。


■12・23&24 「ザ・トーナメント’08」〜クリスマスだョ! 全員出場〜
(スポナビ)
http://kimagure-guda.jugem.jp/?eid=1196(BLOG)

毎年恒例のクリスマス興行。
今年の選手会長の丸藤選手が提案したのは、全選手参加、10分一本勝負のトーナメント
時間切れの場合は、選ばれたファン5名による判定。これにより意外な番狂わせも。

24日
■第7試合 27選手参加 年齢ハンディキャップ時間差バトルロイヤル

年齢順で入場するバトルロイヤル。
優勝は太田一平選手。

■ザ・トーナメント決勝戦(10分勝負)
○齋藤彰俊(時間切れ)●井上雅央
※判定3−2


一回戦から“クリスマス男”の名にいまだかげりなしという活躍ぶり。
準決勝の健介戦以外は、は赤タイツ姿となり、田上さんのオマージュである齋藤アキラとして奮闘。




■DRAGON GATE ------------------------------

■12・2『KING OF GATE』開幕
■1回戦
●サイバー・コング(6分35秒 横入り式エビ固め)○円華
○マグニチュード岸和田(13分2秒 ラストライド→片エビ固め)●横須賀享
○岩佐 拓(13分47秒 熨斗紙→片エビ固め)●アンソニー・W・森
●Gamma(7分52秒 フェイスロック)○望月成晃

■12・6 トーナメント1回戦
○谷嵜なおき(11分11秒 卍固め)●堀口元気

■12・7
○ドン・フジイ(9分56秒 回転足折り固め)●YAMATO
●斎藤了(11分5秒 レフェリーストップ)○B×Bハルク
※試合中に腕を負傷したため
●ドラゴン・キッド(20分57秒 マスキュラーボム→エビ固め)○土井成樹


12・7試合後、CIMA選手が12・28の復帰戦のパートナーを新日本の獣神サンダー・ライガーと発表。
これをうけ、復帰戦はYAMATO&サイバー・コングの持つツインゲート王座戦に決定。

■12・13&14 『KING OF GATE 2008 2回戦』
▼札幌 13日
○望月成晃(14分24秒 真・最強ハイキック→体固め)●岩佐拓
○マグニチュード岸和田(10分54秒 ラストライド→エビ固め)●円華
▼14日
●谷嵜なおき(3分45秒 リングアウト)○ドン・フジイ
○土井成樹(20分29秒 マスキュラー・ボム→エビ固め)●B×Bハルク


14日のメイン後、タイフーンとWORLD−1が小競り合い。
そこにリアル・ハザードも乱入。
12・28博多のビッグマッチでの3WAY6人タッグでの敗戦チーム解散マッチが決定。


■12・18 『KING OF GATE最終戦』
(スポナビ)
http://kimagure-guda.jugem.jp/?eid=1188(BLOG)

■第1試合 8人タッグマッチ
横須賀享、斎藤 了、ドラゴン・キッド、○ホルヘ・リベラ
(16分10秒 ホルヘ・スペシャル)
B×Bハルク、谷嵜なおき、m.c.KZ.、●ザ・ターボマン


試合後、元エルドラドのKAGETORAが乱入
「このDRAGON GATEが出来たおかげで俺は捨てられ人生滅茶苦茶なんだよ!KZ?ハルク?なんでお前らみたいな後輩が呑気にプロレスやってんだよ。よく聞けよ!俺がこのリング滅茶苦茶にしてやるからな!」
ドラゴンゲートへ宣戦布告。
コレに対し、K-ness.現場監督は09年1月に行われるワンデートーナメント1回戦で自らが相手をすると発表。

■第5試合 タッグマッチ
鷹木信吾、●岩佐拓
(17分28秒 CBV)
サイバー・コング、○YAMATO


鷹木、戸澤、岩佐の新ユニット誕生

■KING OF GATE 2008 トーナメント準決勝(Aブロック)
○望月成晃(9分39秒 腕固め)●マグニチュード岸和田

KING OF GATE 2008 トーナメント準決勝(Bブロック)
●ドン・フジイ(9分59秒 チキンウイング・アームロック)○土井成樹

KING OF GATE 2008 トーナメント決勝(優勝決定戦)
●望月成晃(16分30秒 マスキュラー・ボム→エビ固め)○土井成樹
※土井が初制覇


土井選手がデビュー以来初のシングルビッグタイトル戴冠。
この結果により、28日の博多のビッグマッチのメインは鷹木 vs 土井のODG選手権に。

■12・21 神戸『KOG EXTENSION』
■第6試合 マスカラ・コントラ・カベジェラ(時間無制限一本勝負)
○谷嵜なおき(15分57秒 横入り式エビ固め)●サイバー・コング
※サイバーコング・シートの一斗缶の誤爆

再試合
○サイバー・コング(4分14秒 スリーパーホールド→TKO)●谷嵜なおき


最初の敗北はサイバー・コング・シートのマスクをはいで逃れ、再試合で勝利。
谷嵜選手が丸刈りに。

■12・22ドラゴンゲートアリーナ
ルパン松谷選手が引退


■12・28 福岡国際センター『THE FINAL GATE 2008』
http://kimagure-guda.jugem.jp/?eid=1202(BLOG)

■第3試合 暴走十番勝負・第7戦
●“ハリウッド”ストーカー市川(2分41秒 ボディプレス)○曙


■第4試合
○望月成晃(15分33秒 真・最強ハイキック→エビ固め)●岩佐拓


■第5試合 敗戦ユニット解散サバイバル6人タッグ3WAYマッチ
[Typhoon] ドラゴン・キッド、斎藤了、横須賀享
[WORLD-1] m.c.KZ.、谷嵜なおき、B×Bハルク
[リアルハザード] 神田裕之、堀口元気、Gamma

○m.c.KZ.(スクールボーイ)●横須賀
○Gamma(12分41秒 雪崩式ツームストンパイルドライバー→体固め)●斎藤了


Typhoonが解散

■第6試合 オープン・ザ・ツインゲート統一タッグ選手権試合
[王者]○YAMATO、サイバー・コング
( スリーパーホールド→TKO)
[挑戦者]●CIMA、獣神サンダー・ライガー
※王者が防衛に成功


CIMA選手が万全のコンディションでの華々しい復帰戦で、YAMATO選手に締めおとされるという衝撃。
コレ以後、CIMA選手はBLOGの更新もなく、週プロでのコラム、週プロモバイルの日記も停止状態に。
再び姿を消す(1月31日現在)。

■第7試合 オープン・ザドリームゲート選手権試合
[王者]鷹木信悟(25分30秒 マスキュラーボム)○土井成樹[挑戦者]
※土井が新王者に


土井選手が史上初のKOG、ブレイブゲート、ODG、ドラゲーシングル王座制覇達成。
名実共に頂点に。



■武勇伝 ------------------------------

■12・27 「武勇伝スペシャル 望月成晃デビュー15周年記念大会」東京・後楽園ホール
(スポナビ)
http://kimagure-guda.jugem.jp/?eid=1201(BLOG)

■第3試合
○KAGETORA(7分11秒 一騎当千→片エビ固め)●m.c.KZ.


KAGETORA選手の里帰り一発目のシングルは完勝。

■第4試合
△サイバー・コング(13分26秒 両者リングアウト)△関本大介(大日本プロレス)


■第5試合
○横須賀 享、K−ness.
(15分06秒 ジャンボの勝ち!固め)
TAKAみちのく、●JOE(ともにK−DOJO)


クネスカが久々の復活!

■第7試合
●望月成晃、大谷晋二郎(ZERO1−MAX)
(22分48秒 アンクルホールド)
○金本浩二、稔(新日本プロレス)


この日でしばらく休止をする武勇伝のメインを飾ったは、“プロレスラー”望月成晃の基礎となった欠かせない3人。
金本&稔のジュニスタが久々の復活。
主役をたてるようなことは全く無い激しいシバキあいで望月選手に敬意、感謝を表現。
次の武勇伝復活は09年の“暖かくなるこ頃”。


■ZERO-ONE MAX ------------------------------

■12・7 『FOS感謝祭』
崔選手の企画、構成。
ZERO1選手が漫才や歌を披露。

■09年から団体名が『ZERO1』に変更

■12・17 SHINJUKU FACE 『ZERO1 Delight’08』
(スポナビ)
http://kimagure-guda.jugem.jp/?eid=1186(BLOG)

■第2試合
KAMIKAZE、浪口修、●Hikaru
(12分44秒 花マルどっかん)
藤田ミノル、植田使徒、○前村さき


前村「私、前村さき、そしてHikaruは来年の4月、SUN最終興行にて引退することになりました。Hikaru、そして前村さきは、SUN最後の日までHikaru、前村さきであり続けますので、私たちのファイトを永遠に残しておいてほしいと思います。最後までよろしくお願いします。」

09年3月に引退興行開催。

■第3試合
大谷晋二郎、●佐藤耕平
(18分59秒 那智の滝→片エビ固め)
○崔領二、関本大介


「今まで、散々我侭許してくれて、色んなチャンスを与えてくれて感謝しています。今の俺じゃ、プロレス界を救えない。この業界を救えない。その技量がない。新たな地で、1から出直します。自分に足りないものを見つけてきます。わがままで、バカと言われるのを承知です。でも今いかないと、変われないんです。ゼロワン、そしてファンの皆さん、ありがとうございました。また会いましょう。ありがとうございました。」

崔選手がしばらく旅へ。その旅というのが09年、フジテレビの人気恋愛バラエティー『あいのり』と判明。

■第4試合 Trace of ‘F’〜Fの軌跡〜
○田中将斗(16分2秒 スライディングD→片エビ固め)●ミスター雁之助


雁之助選手が引退前にどうしてもやりたかった田中将人選手とのシングル。
この日までに再三ゼロワンに要求していましたが、ようやく実現。

■第5試合 インターナショナルジュニアヘビー級選手権
[王者]○日高郁人(11分39秒 野良犬キック→片エビ固め)●澤宗紀[挑戦者]
※王者が防衛成功


3年連続、年末恒例の日高 vs 澤のシングルマッチ。
今年は『相棒喧嘩』として、タイトルがかけられた一戦に。

■第6試合 世界ヘビー級選手権
[王者]○永田裕志(17分53秒 バックドロップ→片エビ固め)●高岩竜一[挑戦者]
※王者が2度目の防衛に成功


天下一ジュニアで希望した永田裕志とのシングルマッチは、世界ヘビー級タイトルマッチに。
高岩さんにとってもゼロワンにとっても大事な一戦。も、今年最後の奪還のチャンスは生かせず。
試合後、高岩選手が
「負けたら退団。俺は嘘をつきたくないから。自分自身でやったことだけど、会社に退団を直訴する。新日本と対抗戦を始めたころからモヤモヤがあって・・・。強く退団を直訴します。未来への一歩。口で言うのは簡単だけど、行動で。永田に負けてらんない。全くどうなるか分からないけど、何かを変えないと。保険なんかも無い。ダメだったらダメ。」

この主張が通り、2009年からフリー選手に
この日の興行で、4選手がなんらかの形でゼロワンを離れるという衝撃的な日に。



■ハッスル ------------------------------

■ハッスル・ツアー2008〜12.24 クリスマスSPpart.1〜
(スポナビ)
http://kimagure-guda.jugem.jp/?eid=1197(BLOG)

この頃ワイドショーを騒がせていた泰葉さんが登場。
リング上での挨拶中、売店にて販売されていた新曲のCDをアンジョー司令長官が踏みつける暴挙に。
これに激怒した泰葉さんより、30日のマニアでの対戦カードが、泰葉 vs アン・ジョー司令長官に決定。

また、メイン後、12・30ハッスルマニアのメインは川田利明&川田父 vs ボノちゃん&ザ・グレートムタの親子タッグ対決に決定。

■ハッスル・ツアー2008〜12.25 クリスマスSPpart.2〜
(スポナビ)

■メインハッスル
○川田利明(6分25秒 パワーボム)●ゼウス


2008年のハッスルに襲撃という形で登場し、じょじょにファンに受け入れられてきたゼウス選手がハッスルから旅立つことを発表。
会場中から大ゼウスコールで見送りを受けた。

メイン後の高田総統劇場の中、ザ・グレート・ムタが久々にボノちゃんの前に登場。


■12・30 ハッスルマニア2008 有明コロシアム
(ハッスル公式HP)
http://kimagure-guda.jugem.jp/?eid=1208(BLOG)

■第1ハッスル
○TAJIRI、KUSHIDA、\(^o^)/チエ
(12分8秒 バズソーキック→片エビ固め)
小路二等兵、●赤鬼蜘蛛、レイ大原

■第2ハッスル
改造ジャイアント・シルバ、○ニセHG、人狼
(12分37秒 HGのぺディグリーから→体固め)
HG、アラン黒木、RG


スーパーHGに変身しようとしたところ、Dr中松の罠が発動。
HGがモンスターHGに変身。

■第3ハッスル
○泰葉(7分10秒 回転海老固め)●アン・ジョー司令長官


まさかの大勝利。マネージャーさんの奮闘も大きい。

■第5ハッスル
○天龍源一郎、越中詩郎
(7分35秒 片エビ固め)
ダイナ・シャープ、●マイト・シャープ

■第6ハッスル
川田利明、川田父(カード変更)ボノちゃん、グレート・ムタ

■第6ハッスル(カード変更)
○ボノちゃん、グレート・ムタ
(20分46秒 ボノちゃんフリップ)
●川田利明、エスペランサー・ザ・グレート


毒霧を浴び、先頭不能となった川田父のかわりに総統が送り込んだのはエスペランサー・ザ・グレート
ムタとエスペというプロレス界とハッスルの魔物2大巨頭の顔合わせは、あまりに刺激的。
最後はムタがエスペを魔界に引きずりこんで消えていった・・・。

フィナーレは史上初のハッスル軍とモンスター軍の共同ハッスル。
ボノちゃんが正式にハッスル軍入り。



■DDT ------------------------------

■12・28 『NEVER MIND 2008』
(スポナビ)
http://kimagure-guda.jugem.jp/?eid=1204(BLOG)

■第0試合 年忘れ! 勝ち取れ中途採用DDT準レギュランブル
○田村和宏(9分39秒 オーバー・ザ・トップロープ)●円華、
[参加選手]ヘラクレス千賀、ツトムオースギ、真琴、DJニラ、リッキー・フジ
[退場順] 真琴、ヘラクレス千賀、リッキー・フジ、ツトムオースギ、DJニラ、円華。
田村が2009年の継続参戦権利獲得。

■第3試合 敗者結婚6WAY DANCE
△男色ディーノ(31歳)(10分00秒 ディーノ、マイケルの負け残り)△中澤マイケル(33)
○大鷲 透(33)、○佐藤光留(28)、○美月凛音(28)、○チェリー(なめ猫世代)
※ディーノ、マイケルが負け残りのため、3カ月以内に結婚すること。

■第4試合 スーサイドボーイズ対アカレンジャーズ スペシャルマッチ
MIKAMI、●タノムサク鳥羽(スーサイドボーイズ)
(16分01秒 直下式D−ガイスト→エビ固め)
○佐々木 貴、GENTARO(アカレンジャーズ)

第5試合 伊軍vs.反乱軍キャプテンフォール敗者追放4対4マッチ
[イタリア軍]○アントーニオ本多(キャプテン)、フランチェスコ・トーゴー、PIZAみちのく、ササキアンドガッバーナ
(16分19秒 オクラホマロール)
[反乱軍]●マサ高梨(キャプテン)、KUDO、星誕期、松永智充
※伊軍一人残り。高梨がDDT追放。

■第6試合 KO−D無差別級選手権試合
[王者]○高木三四郎
(18分11秒 変形ひまわりボム→片エビ固め)
[挑戦者]●HARASHIMA
※第27代王者が3度目の防衛に成功


メイン後、高木社長が2009年8月23日にて両国国技館大会開催決定を発表。



■大日本プロレス ------------------------------

■12・19 横浜文化体育館
(スポナビ)
http://kimagure-guda.jugem.jp/?eid=1189(BLOG)

■第6試合 BJW認定タッグ選手権試合 30分1本勝負
[王者]○関本大介、マンモス佐々木
(18分7秒 ぶっこ抜きジャーマンスープレックスホールド)
[挑戦者]獣神サンダー・ライガー、●AKIRA
※王者が6度目の防衛に成功


タイトルマッチ後も続くライガー選手と関本選手の因縁。
09年1月、関本 vs ライガーのシングルマッチが後に決定。

■第7試合 BJW認定デスマッチヘビー級選手権試合
[王者]●シャドウWX(18分21秒 ムーンサルトプレスwith蛍光灯→片エビ固め)○宮本裕向[挑戦者]
※王者が防衛に失敗。宮本が新王者に


08年を牽引し続けたWX選手に引導を渡したのはデスマッチ新世代の代表、宮本裕向選手。
07年3月以来の王座挑戦で、待望の頂点へ。



■大阪プロレス ------------------------------

■12・7 IMPホール
タイガースマスクの黒服のボディーガードがゼウスに対し、本格的に実力行使の襲撃を開始。



■エルドラド ------------------------------

■12・3 『大バラモン展〜うじ虫学級がやって来る!ヒィー!ヒィー!ヒィー!ホゲー!〜』
■第1試合
○マッサーダー(5分25秒 棺桶葬)●大柳二等兵
※金閣寺三島が戦闘不能なため大柳二等兵に変更

■第2試合 犬地獄
●CYANGO vs ○マサ高梨vs佐々木大輔

■第3試合 ハードコアマッチ
Ken45、南野タケシ、○卍丸
(17分7秒 体固め)
●清水基嗣、佐藤悠己、ヤマダマンポンド

■第4試合
ベアー・福田、○豪
(17分44秒 体固め)
KAGETORA、●沖本摩幸

■第5試合 地獄巡り〜UWA世界タッグ選手権
[王者]●ヘラクレス千賀、ツトム・オースギ(SOS)
(23分3秒 体固め)
[挑戦者]○バラモンシュウ、バラモンケイ
※第14代新王者誕生


 メインは虫が飛び交う文字通りの“地獄絵図”に。
SAMURAIのニュースでは放送されましたが、週プロはやはり掲載自粛(゚ー゚;A
これはしょうがない。


■12・15 新宿FACE『FINAL Basta(FACE Basta)団体活動休止エルドラド最終興行』
http://kimagure-guda.jugem.jp/?eid=1183(BLOG)

■第1試合 シングルマッチ(30分1本勝負)
○豪(9分23秒 PK)●スパーク青木

■第2試合 6人タッグマッチ(30分1本勝負)
○大柳錦也、CHANGO、マサ高梨(12分52秒 卍固め)清水基嗣、佐藤悠己、●山田真弘

■第3試合 タッグマッチ(30分1本勝負)
○ツトム・オースギ、ヘラクレス千賀(7分30秒 反則)KEN45°、●卍丸

■セミファイル タッグマッチ(45分1本勝負)
○ベアー福田、沖本摩幸(14分30秒 ファイナル・フラッシュ)KAGETORA、●稲葉雅人

■メインイベント シングルマッチ(60分1本勝負)
△バラモンシュウ(8分43秒 無効試合)△バラモンケイ

■特別試合(時間無制限1本勝負)
○KGETORA、沖本摩幸、大柳錦也、ツトム・オースギ、ヘラクレス千賀
(16分32秒 一騎当千)
KEN45°、卍丸、豪、バラモンシュウ、●バラモンケイ


KAGETORA「今日はどうもありがとうございました。今日で俺たちの愛したElDoradoは活動停止になってしまいますが、選手個人個人はこのプロレス界でもっと上を目指していきたいと思います。最後に大きな声でひと言言わせてください。今日はどうもありがとうございましたっ!」

エルドラド活動休止
以後、ソウルコネクションはマネージメント会社に。
所属選手はソウルコネクション所属に。



■みちのく ------------------------------

■12・12 『宇宙大戦争』後楽園ホール
(スポナビ)
http://kimagure-guda.jugem.jp/?eid=1178(BLOG)

■第5試合 宇宙大戦争 最・最終決戦〜ウルトラマンロビン救出大作戦
ザ・グレート・サスケ、サバイバル飛田、○ウルトラマンロビン
(20分19秒 ダイビング・ボディアタック→片エビ固め)
佐藤秀、佐藤恵、●メフィラス星人


佐藤兄弟&メフィラス星人&ガッツ星人に拉致されたロビンを救出すべく、ザ・グレート・サスケ&飛田がたつ。
なんとも文字におこしにくい、怒涛の異次元プロレス。
というか、もはやプロレスというジャンルではなく、“宇宙戦争”という別物の域に。
『最終決着』とう謳われていたが、試合後に佐藤兄弟が「この日本のどこか、3つの場所に“あるもの”を埋めたんだよ。」と衝撃の発表。
ウルトラマンロビンは翌日から早速“あるもの”を探す旅へ。

■第6試合 東北Jrヘビー級選手権
[王者]●義経(28分30秒 ヘルム→体固め)○フジタ"Jr"ハヤト[挑戦者]
※第11代新王者誕生


「みちのくの3年後のエース」と新崎社長に育てられ、様々な苦悩や挫折を味わいながら、4年目にして頂点のベルトを戴冠。
内容も非常に濃い宇宙戦争にくわれる事なく、素晴らしい一戦に。
ベルト授与時には新崎社長が涙を浮かべた。



■リアルジャパン ------------------------------

■12・4 『Conclusion〜決着〜』
(スポナビ)
http://kimagure-guda.jugem.jp/?eid=1158(BLOG)

■メインイベント
○三沢光晴、鈴木鼓太郎
(15分24秒 エメラルド・フロウジョン)
初代タイガーマスク、●ウルティモ・ドラゴン


初代と2代目が正真正銘の初顔合わせ。

■レジェンド・チャンピオンシップ(第三代王者決定戦)
○アレクサンダー大塚(16分33秒 スタイナー・スクリュー・ドライバー)ザ・グレート・サスケ


アレク選手はレスラー人生でシングル王座初戴冠。



■カスイチ ------------------------------

■12・29 水道橋カス野郎プロレス「カスイチスペシャル」
(スポナビ)
http://kimagure-guda.jugem.jp/?eid=1206(BLOG)

■第1試合 UWA世界6人タッグ王者決定トーナメント1回戦
○MEN'Sテイオー、男色ディーノ、佐藤悠己
(12分52秒 ミラクルエクスタシー→エビ固め)
ベアー福田、豪、●スパーク青木

■第2試合 UWA世界6人タッグ王者決定トーナメント1回戦
フランチェスコ・トーゴー、○PIZAみちのく、アントーニオ本田
(11分13秒 横入り式エビ固め)
NOSAWA論外、MASADA、●TAKEMURA

■第3試合 3WAYタッグマッチ
○嵐、長井満也(8分36秒 パワーボム→エビ固め)ヘラクレス千賀、●ツトム・オースギ
※もう一組はポイズン澤田JULIE、MIKAMI組

■第4試合 スペシャルシングルマッチ
○ザ・グレート・サスケ(8分37秒 足4の字をひっくり返してギブアップ勝ち)●ランジェリー武藤

■第5試合 特別試合
鈴木みのる、○高山善廣
(12分13秒 ニーリフト→体固め)
バラモンシュウ、●バラモンケイ

■第6試合
△“brother”YASSHI(10分時間切れ引き分け)△ウルティモ・ドラゴン

■第7試合 UWA世界6人タッグ王者決定トーナメント決勝戦
フランチェスコ・トーゴー、PIZAみちのく、○アントーニオ本田
(18分17秒 イタリアンインパクト→体固め)
MEN'Sテイオー、男色ディーノ、●佐藤悠己
※イタリア軍が第35代王者に

■第8試合 カスイチスペシャル6人タッグマッチ
○大鷲透、近藤修司、関本大介
(14分6秒 パワーボム→エビ固め)
TARU、●菅原拓也、田中将斗


第5試合では鈴木&高山という最強コンビが虫&墨汁まみれ。
第6試合ではSUWAさんが久々の登場。
ジョン・ウー→FFFの連携も飛び出す。

これにてカスイチ終焉。
元悪冠一色、TORYUMON−X世代を救った藤永代表に敬意。



■NEO ------------------------------

■12・31 『GRAND FINAL 08〜元気美佐恵引退試合〜』
http://kimagure-guda.jugem.jp/?eid=1211(BLOG)

■第1試合
●渋谷シュウ(6分50秒 唸れ剛腕!)○中川ともか

■第2試合
●奇月あおい(6分44秒 横入り式エビ固め)○植松寿絵

■第3試合 マッスルビーナスwith風香vsさんかくchu→(10分)
風香、志田光、○藤本つかさ[マッスルビーナスwith風香]
(8分20秒 高角度前方回転エビ固め)
●さくらえみ、松本浩代、安藤あいか[さんかくchu→]
※スペシャルレフェリー りほ(アイスリボン)

■第4試合 15分1本勝負
田村欣子、●栗原あゆみ
(11分39秒 イグチボム→エビ固め)
○夏樹☆たいよう、華名


■第5試合 元気美佐恵引退試合
【1】○元気美佐恵(13分18秒 方エビ固め)●勇気彩
【2】●元気美佐恵(14分20秒 アメージングプレス)○アメージング・コング
【3】●元気美佐恵(6分1秒 ラリアット→方エビ固め)○井上京子


■第6試合 遺恨清算、御命頂戴
○三田英津子(5分42秒 元祖デスバレーボム)●真琴

■第7試合 NEO認定タッグ選手権試合 
[王者]タニー・マウス、●宮崎有妃
(19分9秒 ケンカキック→片エビ固め)
[挑戦者]○木村響子、江本敦子
※第9代新王者誕生

■第8試合 NWA認定女子パシフィック&NEO認定シングル選手権試合
[王者]○高橋奈苗(17分18秒 ナナラッカ→エビ固め)●松尾永遠[挑戦者]
※王者が防衛成功


NEOを、女子プロレス界を圧倒的なパワーファイターとして支え続けた元気選手が引退。
アメージング・コング選手もこの試合の為だけにアメリカより参戦。
前代未聞の三連戦という引退試合をこなしたのは、「強いまま引退したい」という理由をこれ以上無く印象付けた。
レスラー生涯、欠場なしというのは伝説に残る大記録。


■JWP ------------------------------

■12・28 後楽園ホール『JWP-CLIMAX2008』

■ドレスアップワイルドファイト
○堀田祐美子(14分23秒 TKO)●中島安里紗

■JWP認定タッグ王座選手権
[王者]植松寿絵、○輝優優
(16分16秒 体固め)
[挑戦者]●蹴射斗、元気美佐恵

○日向あずみ、カルロス天野
(15分5秒 エビ固め)
●里村明衣子、永島千佳世


■JWP認定無差別級選手権試合
[王者]○春山佳代子(21分54秒 片エビ固め)●闘獣牙Leon[挑戦者]
※王者が4度目の防衛に成功



■息吹 ------------------------------

■12・21 第26回“息吹”〜2008 FINAL〜
http://kimagure-guda.jugem.jp/?eid=1192(BLOG)

■第6試合 JWP認定ジュニア&POP両選手権試合
[王者]●中島安里紗(20分49秒 ライガーボム)○松本浩代[挑戦者]
※第16代JWP&第6代POP王者誕生


2008年の女子プロレス界を引っ張り続けた二人の若手筆頭が待望のシングル。
松本浩代選手がデビル雅美さんから引き継いだライガーボムで、シングルビッグタイトル初戴冠。



■フリー女子 ------------------------------

■12・14 栗原あゆみ復帰興行
■シングルマッチ
○栗原あゆみ(7分29秒 片エビ固め)●渋谷シュウ

■タッグマッチ
○AKINO、高橋奈苗(2−1)●栗原あゆみ、夏樹☆たいよう


右鎖骨骨折から1年半ぶりのリング復帰。


■12・30 デビル雅美引退興行『戦いの終わり MARVELOUS NIGHT V』

メイン以外の全試合が10分というルール。
人数の多いカードでは大変。

■6人タッグマッチ
○スーパーヒール・デビル雅美、KAORU、ダンプ松本
(7分27秒 体固め)
堀田祐美子、里村明衣子、●長与千種


長与選手が特別に復帰。
スーパーヒールは初登場以来無敗という前人未到の大記録を残す。
スーパーヒールの血筋は植松寿絵選手へと受け継がれる。

■デビル雅美引退試合
アジャ・コング、○植松寿絵、輝優優
(22分3秒 ドラゴンスープレックスホールド)
●デビル雅美、ダイナマイト関西、カルロス天野


デビルさんの歩みを一気に見ることが出来るような参加選手、
そして、デビルさんの歌のコーナーもあり、非常に豪華で贅沢な興行だった。
引退後はこのような女子プロレス団体が集まる大会を開催し、
その収益金を女子プロ基金として負傷した選手などに還元するようなシステム作りを提案。
その意思を長与さんに託した。

デビル雅美「怪我人いるの?いないよね。良かった。後輩のみんなには『お客さんを裏切らない、忘れないプロレスラーになれ』。それだけです。本当に昔も今も私ほど運に恵まれた選手はいない。それは自信をもっていえます。」

引退後は資格ももっている介護の方を体をいかしてやっていくとの事。
10カウント前のマイクではお客さんに「これからも後輩達の試合をみてやってください。お願いします」というような願いも。
自分なき後の事も考え、気にかけて去っていった、まさに女子プロレス界のお母さん。
女子プロ界を支えた唯一無二の女帝が、女子マット界から去っていった。


■闘龍門(メキシコ) ------------------------------

■12・14 『第51回自主興行』
■NWAインターナショナルライトヘビー級選手権
[王者]○大原はじめ(21分43秒 腕固め)●ウルティモ・ドラゴン[挑戦者]
※新王者が誕生


このまえの自主興行でも二連勝している。
それを踏まえると、ここまでの完勝は卒業生の中でも史上初か。


■DDT、大日本、K−DOJO ------------------------------

■12・13&14 三位一体の術
地方をまわりにまわって、総観客数の一番少なかった団体が「トップ団体の興行を買って、2位団体の選手も別ギャラでいっぱい使って大会をプロデュースする」
総合結果は以下の通り。
大日本=825人、DDT=745人、KーDOJO=730人

それぞれの団体がアイデア盛りだくさんだった。


>■昭和プロレス

■12・18 昭和プロレス 第2弾興行
(スポナビ)

■メインイベント レジェンドマッチ 藤原再起戦
○初代タイガーマスク(10分15秒 レフェリーストップ)●藤原喜明


胃がんの手術を受けていた藤原組長が復帰。
号泣しながら感謝の意を語った。


■Mr.雁之助引退興行 ------------------------------

■12・27 『鬼神道ファイナル』ミスター雁之助引退試合 新木場1stRING
http://kimagure-guda.jugem.jp/?eid=1203(BLOG)

■第5試合 ミスター雁之助引退試合 ストリートファイト6人タッグマッチ
○ミスター雁之助、新崎人生、マンモス佐々木
(17分38秒 ファイアーサンダー→片エビ固め)
田中将斗、●金村キンタロー、黒田哲広


金村選手との長い遺恨も雪解け。
最後はFMW時代からの仲間に囲まれ、これ以上無い最高の幕引き。


■アキバプロレス ------------------------------

■12・29 アキバプロレス第2回
(スポナビ)
http://kimagure-guda.jugem.jp/?eid=1207(BLOG)

■第1試合 Collaborate With 半熟英雄
○ダンボール肉マン(6分31秒 ダン肉バスター→片エビ固め)●エッグマン

■第2試合  Collaborate With 天体戦士サンレッド
○天体戦士サンレッド、アキバブラウン
(6分41秒 マウントパンチ→TKO)
●エウリアン、ホスト戦闘員

■第3試合 ノースポンサードタッグマッチ
アップルみゆき、○おでんカーン
(10分37秒 シューティングおでんプレス)
佐藤光留、●ジャクソン・フロリダ

■第4試合 ストリートファイター諺菽ィ郷優織奪哀泪奪
バルログ(円華)、○エル・フォルテ(エル・ブレイザー)、リュウ(起田高志)
(9分31秒 リバース・シューティングスター・プレス)
マグニチュード秋葉原、●南野たけし、宮原健斗

■第5試合 Collaborate With メタルギア ソリッド4
菊タロー、K-ness.、○華名
(19分37秒 ジャーマンスープレックスホールド)
Rion、●Mr.PMC、CQC怪人反り蛇男


菊タローさんならでは。超有名ゲームとのコラボが超豪華。
メインでは“本物の”ソリッド・スネークが登場。
またアキバの平和が守られた。


■プロレスサミット 08ー09 ------------------------------

■12・31 プロレスサミット2008〜カウントダウンプロレス〜
(スポナビ)
http://kimagure-guda.jugem.jp/?eid=1212(BLOG)

■プロレスの灯
気仙沼二郎選手が新日本事務所から後楽園ホールを目指してひた走る。


■第1試合
吉川祐太、タダスケ、○岡林裕二
(7分25秒 アルゼンチンバックブリーカー)
岡田かずちか、小部卓真、●シークヮーサ仮面

■第2試合 チャレンジマッチ1
○田中将斗(4分55秒 スライディングD→片エビ固め)●入江茂弘

■第3試合 MEN'Sテイオー御前試合 プロレス一子相伝 男のいろは
○Men’sテイオー(14分56秒 47のプロレス技完遂)
松田慶三、KUDO、円華、ツトム・オースギ、ヘラクレス千賀、佐藤悠己
※『制限時間15分以内にいろは順に技をだしていく』というルール

■第4試合 蛍光灯6人タッグマッチ
ザ・グレート・サスケ、○伊東竜二、佐々木貴
(15分55秒 ドラゴンスプラッシュwith蛍光灯)
宮本裕向、●木高イサミ、稲松三郎

■第5試合 バトラーツルール
○澤宗紀、HARASHIMA
(12分28秒 お卍固め)
佐藤光留、●武田誠志

■第6試合
吉江豊、○鷹木信悟
(16分4秒 ラストファルコンリー→片エビ固め)
●TAKEMURA、火野裕士

■第7試合 チャレンジマッチ2
○鈴木みのる、高山善廣
(13分0秒 ゴッチ式パイルドライバー→体固め)
矢野啓太、●石川晋也

■第8試合
KAGETORA、KUSHIDA、大和ヒロシ、○忍
(18分24秒 S.E.X→片エビ固め)
タイガースマスク、大石真翔、野橋真実、●正岡大介

■第9試合
真霜拳號、○関本大介、青木篤志
(23分54秒 ジャーマンスープレックス)
マンモス佐々木、●佐々木義人、石川修司


08年も見ての通りの物凄いボリューム。
“火気持ちこみ禁止”だった後楽園ホール。
そのため行き場を失ったプロレスの灯は、飯伏幸太選手の手に渡りどこかへと行ってしまった。


■その他の話題 ------------------------------

■2008東京スポーツ プロレス大賞発表
▼MVP(最優秀選手賞) 武藤敬司(全日本)
▼年間最高試合
全日本プロレス 11・3 両国国技館、世界ジュニアヘビー級選手権試合
[王者]○丸藤正道(37分55秒 ポールシフト→エビ固め)●近藤修司[挑戦者]
※王者が2度目の防衛に成功 
▼最優秀タッグチーム 鈴木みのる&太陽ケア(全日本プロレス・GURENTAI)
▼殊勲賞 佐々木健介(健介オフィス)
▼敢闘賞 田中将斗(ZERO1-MAX)
▼技能賞 鷹木信悟(DRAGON GATE)
▼新人賞 澤田敦士(小川道場)
▼特別功労賞 故・グレート草津さん
▼女子プロレス大賞 該当者なし

→ ブログランキング★プロレス

JUGEMテーマ:プロレス


| からし | 2008 プロレス界まとめ | comments(0) | trackbacks(4) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
2009/01/31 10:23 PM posted by: HIDEぼ〜ん☆Ring Life
【楽天VIDEO会員は見放題】JWP女子プロレス 7月シリーズ「風雲急! 王座戦線異常アリ!!」 #02商品価格:294円レビュー平均:0.0【楽天VIDEO会員は見放題】JWP女子プロレス 7月シリーズ「風雲急! 王座戦線異常アリ!!」 #01商品価格:294円レビュー平均:0.0 【プ
2009/03/11 12:13 PM posted by: -
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
2009/03/26 3:18 PM posted by: AKB48 ライブはM字でパンツ見せ
パンツ見せ前提のユニット「AKB48」がついに一線を越えた。ライブはもはやストリップ
2009/04/02 4:45 PM posted by: -
-
管理者の承認待ちトラックバックです。