無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
【プロレス】“倫理・モラル” 続・サスケさん
もう触れるのは止めようかと思いましたが、やっぱりサスケさんが大好きなので。

それにしても、今回の件は見れば見るほど、ちょっと複雑な気持ち。

なんというか、悔しいなぁ・・・。


というわけで、サスケさんが釈放されました。

--------------------------------

■サスケ氏「自分の倫理観が暴走」釈放後に謝罪 電車内で暴行容疑
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/sports/fight/224449/
(産経新聞)

■弁護士がサスケに説教「あなたが悪い」
http://www.nikkansports.com/battle/news/p-bt-tp0-20090221-463232.html
(日刊スポーツ)

開口一番「事件の発端は同情に値するが、あなたは格闘家だ。一般の方に手を出すのは大人が子どもに暴力をふるうようなもの。あなたが悪い」
と説教すると、マスク姿の同容疑者は「おっしゃる通りです」と話したという。
「本人も反省している。1日も早く被害者の方にお会いし、謝りたい」とした。謝罪が受け入れられれば、示談を模索する方針。


■サスケ容疑者逮捕…取り調べでマスク脱いだ
http://www.daily.co.jp/ring/2009/02/21/0001713991.shtml
(デイリースポーツ)
 ついに“白旗”を揚げた。「これが素顔」と、岩手県議時代や県知事選運動中はもちろん、私生活でも取り外さなかったマスクが、不本意な形ではがされてしまった。
同署では留置場規則でマスクを外された。素顔の同容疑者は「もみ合いになったが、暴行はしていない。俺にも肖像権がある」と主張。「サスケであるのは間違いないが、興奮して記憶があいまい」と自身の本名や年齢、行為の詳細の記述については黙秘していた。
 しかし、20日夜に希望していた弘中惇一郎弁護士(63)との接見が実現。
「留置場の外」という理由でマスク着用が認められた。ロス疑惑で三浦和義元被告(故人)の弁護で無罪を勝ち取り、野村沙知代、鈴木宗男、花田勝らの代理人を務めた敏腕弁護士に「あなた、格闘家でしょ」といさめられると、同容疑者は「おっしゃる通りです」と非を認めたという。


----------------------------------------

取調べでも本名を黙秘。
留置所内ではマスクをとらざるおえなかった事情でしたが、そこ以外ではマスクを被り続けるプライド。

改めて、サスケさんは本物のマスクプロレスラーなんだと実感。
マスクマンの本場のメキシコでもここまでする人っていないんじゃないかと。
これはもう、確実に後世に語り継がれる伝説となるでしょう(;´▽`A
本当にこの姿勢は凄いと思いました。

釈放後はまた電車に乗って帰宅したそうです。

とりあえず、3・1徳島での興行の中止はなく、サスケさんの参戦については話し合うとの事。
今回の事情なら、別にでてもいいんじゃないかな?と。
逮捕という何とも納得のいかない形になっちゃいましたが、サスケさんの言い分も十分に分かるし、伝わっていると思うし。


 それにしても、今回の件だけの話ではないですが、mixiをはじめ、ニュースを見ての様々な感想などを書かれたBLOG等を拝見しました。
プロレスファン、サスケファンの方々、そして非プロレスファンと思われる方でも比較的、同情の余地があるという姿勢が多かったのは、少し嬉しかったり。

ただ、やっぱり一部には「内容をあまり見ていないんだろうな・・」と思えるようなものも当然多く・・・。
「ちょっと頭のおかしい元覆面議員」というようなイメージだけで覆面レスラーを、そしてプロレスラーを卑下する内容も多々・・・。
そういうのを目にするたびに、「もっとちゃんと見て考えてよ!」というやるせなさと共に、寂しい思いも・・・・。
そして、被害者側(サスケさんも被害者だと思うけど、一応)も36歳なんていう、本当にいい大人なんですから・・・。
表題のイメージだけで何でもかんでも書くのは“主張、表現の自由”とは違うと思うなぁ・・・。


何はともあれ、今回の件で「常識、モラル」というものを改めて考えさせられました。


▼倫理(りんり)
・・・道徳 - 社会慣習として成立している行為規範。
社会や共同体において習慣の中から生まれ、通用するようになった規範のことである。
法律などの規則とは意味合いが異なる。社会的習慣や礼儀・作法もその範疇にあるとされ、自然発生的な教えが多く、明確な定義はない。



サスケさんはこの「倫理が暴走した」と発言されてますね。
「行き過ぎた倫理観は、逆に暴徒を生む火種となる。」
とは、何かの本で読んだ覚えのある言葉。

お手軽さが魅力的なカメラ付き携帯(当然デジカメも)ではありますが、「最低限のモラル」までお手軽になってしまっては。
指摘した方がバカをみるような事になっては凄くに寂しいなぁ・・・。

今回の件では、電車内で携帯を使うこと自体が本来はNG。
内心、「サスケさんのみ裁かれることではないんじゃないか?」という気持ちも。
でも、そこは“一般人”と“公人経験者のプロ格闘家”という立場の違いもあってか、なんとも・・・。

それで全部納得できる訳ではありませんが、有名人とはいえ、同じ人間。
物珍しさ、群集心理などに囚われる前に、まず一呼吸をおいて。
どんなことでも「自分がされたら・・・」と、誰しもが子供の頃に言われたであろう、この言葉をもう一度思い出して。

そう思い、考えさせられた一件でした。

サスケさん!
とりあえず、バンビ女王様に謝ったほうがいいですよ〜(゚ー゚;A

「サスケさん、怪獣退治がまってますよ!」→ ブログランキング★プロレス
JUGEMテーマ:プロレス


| からし | プロレス | comments(2) | trackbacks(1) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
2009/02/23 4:12 PM posted by: とよはし
有名人は事件を起こすと大きく報道されて、「あの業界の人はやっぱり…」と思われてしまうので責任重大ですね。
サスケも反論したい事はたくさんあるでしょうが、ここは素直に謝って示談を目指すのが得策でしょうね
2009/02/23 10:45 PM posted by: カラシ(管理人)
有名になるというのは、払う犠牲も多いのですね(T-T )

これからまたコツコツと信頼をつみあげていってほしいですね。
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
2009/04/25 1:14 AM posted by: 交通事故示談書のことなら
経験者より交通事故示談書のすべてのことなら