無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
【DDT】走り出したら止まらない!
8月の両国へフルスロットル!
昨日22日、DDT後楽園ホール大会『Into the Fight 2009』が行われましたね。

各情報サイト、そしてSアリーナで映像を見ることが出来ました。


---------------------------

■高木がKO-D王座を死守、飯伏は超絶技連発もベルトに届かず=DDT

■稔の親戚“ミノール・ポルナレフ”がDDT参戦、しかしデスケーキで失神
(スポナビ)

------------------------------

■第1試合 シングルマッチ
○ササキアンドガッバーナ
(9分13秒 イタリア式DDT→片エビ固め)
●慧介サンタマリア(仮)


 契約更改以後、“石井”という苗字を使いたくないとそれ以後さまざまな(仮)の名前を使用されている慧介選手(仮)。
この日は慧介サンタマリア
何だか凄く聞きなじみのなる名前ですね(笑)
“brother”YASSHI選手がいない今、“サンタマリア”という名前を引き継ぐのは彼しかいない?


■第2試合 1vs.2ハンディキャップキャプテンフォールマッチ
○男色ディーノ(キャプテン)
(8分49秒 ダブルリスト式アームロック)
中澤マイケル、●中澤佳耶子(キャプテン)


 振り返れば、昨年12月28日から続くお話。
http://kimagure-guda.jugem.jp/?eid=1204

『敗者結婚6WAY DANCE』で残ってしまったディーノさん。
同じく負け残ってしまったマイケル選手と(嫌々ながらも)結婚しようとするも、実はマイケル選手には佳耶子さんという素敵な女性がいたのであら大変。
何をムキになってしまったのか、マイケル選手を巡って争うことになってしまったという、妙なお話。
ん?
もっとさかのぼれば、『変態團』の一件から繋がっていないとも言えないかも(一応の決着は見たが)。
この日のこのカードが一応の決着戦か?

マイケル「俺が痛い目にあうのは嫌だろ?だからキャプテンはオマエだ。2人で幸せを掴もう!」
佳耶子さん「はい!」


うっわぁ・・・、マイケルさん最低(゚ー゚;A
それに素直に返事する佳耶子さん。天使のような素晴らしい女性。
もしくは、ちょっと“残念な”方なのか。
きっと前者なはず。これはさすがに引っ叩いても罪は無いはずσ(^_^;)
さすがに佳耶子さんはプロテクターを装着してた。
対してマイケルさんは佳耶子さんを前に出したり、場外で椅子を使ったりと、佳耶子さんのご両親が見たらきっとガッカリするような行動が目立つ・・・。
しまいには、ディーノさんが佳耶子さんにブレーンバスターを炸裂。
男色ナイトメアをくらい、散々な目にあいながらも、果敢に向かっていったというレポートは涙を誘いました。
最後は、マイケル選手のスピアが誤爆!続けざまに一本足頭突きをくらったものの、カウント2でキックアウト。
しかし、ダブルリストロックで散る・・・。
試合後も男色ドライバーでのトドメを狙うも・・・

マイケル「もう佳耶子が傷つくのはゴメンだ。お前の気が済むなら代わりに俺にかけてくれ!」
ディーノ「その言葉を待っていたのよ。あんた嫁を守るんでしょ。立って見守らなきゃいけないじゃない。」
→男色ドライバーをマイケル選手に炸裂。
ディーノ「もうアンタが代わってくれないなら何でもいい。あとは若い二人で余計な人は巻き込まないように、頑張ってね」


ディーノさん、男前や(T-T )

最後はマイケル選手が佳耶子さんを守っていくために、ブーツの中に隠していたDDTの契約書(DDTハンコ押印済み)にサインをしようとするも、佳耶子さんが破り捨てる
そして、「本当にしてほしいのはコレ」と、取り出したのは婚姻届
二人仲良く、リングの中心で愛を叫んで、見事にハッピーエンド!!
・・・・だよね、コレ?

それにしても、佳耶子さんって、本当に出来た女性だよ・・・・。
私が佳耶子さんの父なら、とりあえず警察につきだしますw


■第3試合 ディザスターボックスメンバー補充査定バトルロイヤル
○安部洋行(5分25秒 オーバー・ザ・トップロープ)●星誕期
※他参加選手→ポイズン澤田JULIE、美月凛音、田村和宏、
査定人・・・大鷲透


 正パートナーのHARASHIMA選手が不在となってしまい、たった一人のディザスターBOXへの補充人員オーディション。
この日は阿部選手が勝利。
も、あくまで“査定”ということで、正式メンバーとは未だ確定せず。
そのかわりに、大鷲選手の内弟子に。


■第4試合 シングルマッチ
●MIKAMI
(10分24秒 リバースタイガードライバーonラダー→片エビ固め)
○葛西純(アパッチプロレス軍)


 1・24新木場1stリング大会にてタッグマッチで久々の顔合わせ。
DDTで一番の脚立親友であるMIKAMI選手と、デスマッチ界の脚立の第一人者がまさかのシングルマッチ。
独創的に脚立を駆使する両選手だけあって、文字情報でもかなりのテクニカルな一戦だったのがうかがえました。

試合後には葛西選手の方からMIKAMI選手とのタッグ結成要求
断りたくてもお客さんを味方につけられたのと、負けた身分ゆえ、よわりっぱなしのMIKAMIさん。
果てさて?

葛西「オレッチもヒラデルヒアのピーターパンといわれている男だ。考えてる暇なんてねぇーよ。両国のカード決定。“葛西&MIKAMI組 vs 誰か”。オメエは頭がガチガチだ。大人になっちゃいけねぇよ!心はいつでも純粋無垢。チーム・ピーターパン結成!」

早くも両国のカードが一つ浮上。
この“誰か”の部分に、サムライTVキャスターの三田さんは飯伏&ケニー・オメガ”に期待。

▼三田佐代子の猫耳アワー 『第18回 ぼくたちみんなピーターパン!』
http://www.samurai-tv.com/column.html?ymd=20090223

それは本当に見たい!!


■第5試合 KO−D次期挑戦者決定戦トリプルスレットマッチ
○佐藤光留(10分13秒 ヒールホールド)●ヤス・ウラノ、タノムサク鳥羽
※佐藤がKO−D次期挑戦者に決定


 これまた意外な人が挙がってきましたな!!
しかし、変態團という黒歴史があってか、未だ黒星がなかったというのは本当にビックリの事実でした。
DDT参戦後、色物のカラーが必要以上に強すぎた佐藤選手が、いよいよ本当の刀を抜くか!?


■HARASHIMA選手を山中にて発見
 大鷲選手がHARASHIMA選手を捜索。
HARASHIMA選手の実家を訪ね、「2月のはじめから千葉に行って以来帰ってこない」という事らしい。
その後捜索を続けるうちに千葉の某山中に到着。
そこで見たHARASHIMA選手は、「鍛えているからだー!!」の修練を積んでいた

・・・・・えぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ(◎A◎)

なんだ、それぇぇぇぇぇぇwwwwww
なにやってんすかwwwww
そうか。きっとアレだ。
トレーニングを積むことによって神通力とか何かが増すんだな、きっと。
それでもう一度王座につけたりするんだなww

あと、■KO−D無差別級タイトルマッチ開催スケジュールを発表。
3・15豊中、
4・5後楽園ホール『次期挑戦者決定ロイヤルランブル』、
5・4後楽園ホール


つまり、王者にとっても、挑戦する側にとっても、両国のメインに立つための明確な道筋がハッキリと。
これは、見る側にとってもドキドキといいますか、モチベーションが上がっていいですね!


■セミファイナル イタリアvs.フランス UWA世界6人タッグ選手権
[王者組]フランチェスコ・トーゴー、○アントーニオ本多、PIZAみちのく(イタリア軍)
(14分40秒 イタリアン・デスケーキ・インパクト→片エビ固め)
[挑戦者組]●ルイ高梨14世、ジャック・ド・アツシーヌ、ミノール・ポルナレフ(フランス軍)
※第35代王者組が初防衛に成功


 なんといっても、“大物”である稔戦手の親戚のフランス人、ミノール・ポルナレフの初参戦!
前に拝見した写真では青の貴族風衣装にバッハのような頭髪でしたが、実際の姿は稔戦手さながらの頭髪に赤の貴族服。
推薦人同様にイケメンです。
画像(スポナビ)

まったくもって情けなかった“反乱軍の成れの果て”の高梨選手の親戚のルイ選手。
“下郎、鬼畜”など、様々なあまり褒められたものではないあだ名がついてしまったKUDO選手の親戚であるアッシーヌ選手。
外部からの助っ人とはいえ、ようやくまともなフランス人が来たと安心した“本物の”フランス人の皆さんの表情が目に浮かびます。

腕のほうは期待通りの実力だったようで。
PIZA&トーゴーとの組み合わせでも素晴らしい攻防を見せたようで。

しかし、最後はルイ選手のデスケーキ攻撃がミノール選手に誤爆!
ミノール選手は戦線離脱。
その後、アントンに炸裂したようですが、イタリアンデスパウダーで解毒成功。
そのままフランス軍革命失敗・・・。

気になるミノール選手ですが、色んなサイトでは“失神”と書かれていましたが、推薦人の稔選手のBLOGを拝見すると・・・

-------------------------------
▼稔はじめました。『さらばポルナレフ。』
http://www.tv-aichi.co.jp/bp/minoru/?p=2532

ポルナレフの、ミノ様譲りの一流のパフォーマンスでかなり後楽園の観客を盛り上げたと聞いたが.....
ポルナレフよ......安らかに眠れや このスットコドッコイ!

▼『LUNCH!』
http://www.tv-aichi.co.jp/bp/minoru/?p=2535
昨日の後楽園を観戦に行った知り合いからも絶賛の声を多数聞いた......。さすが俺の親戚だ☆親愛なるポルナレフよ...永遠なれ


-------------------------------

本当に死んでるΣ( ̄□ ̄;;)!?
うっそ〜!!!!


■メーンイベント KO−D無差別級選手権試合
[王者]○高木三四郎(24分44秒 雪崩式S.H.B.→エビ固め)●飯伏幸太[挑戦者]
※第27代王者が4度目の防衛に成功


 8月の両国で行われてもおかしくないカードがこの日実現。
飯伏選手の大舞台といえば、予想を超える超絶ムーブ。

>>圧巻だったのは、高木が決め技シットダウンヒマワリボム(SHB)を仕掛けた際、両肩に飛び乗ってバク転で回避するという身のこなし。

相変わらずなんちゅう動きをやってんのΣ( ̄□ ̄;;)
凄い・・・・。本当に凄い。
実際はその部分以外でも壮絶な試合だったというのは、十分感じ取れましたが、実際に全てを見ていない人にとっては、こういう一文が想像力を増大させて、いてもたってもいられなく何かが生まれますわ・・・。
見たいぃぃぃぃ!!
SAMURAIでの放送を楽しみに待ちたいです!

飯伏選手は右肩負傷の中での出場も、試合後には「この状態でも勝てると思っていた」と発言。
王者との“経験の違いと幅広さ”で自信をもっていたようですが、リミットを外して心身ともにモチベーション絶好調の王者の壁にはじき返されたみたい・・・。
大社長、本当に充実してるなぁ・・・。

高木「大人げなくてゴメンね。肩が壊れた状態で勝とうなんて2億光年はえーんだよ!でも、肩が治ったらまたやろうぜ。強すぎるわ。」

その後、挑戦希望者を呼び出してみると、登場したのは、

ポイズン澤田JULIE選手、
タノムサク鳥羽選手、
星誕期選手、
MIKAMI選手、
田村選手、
大鷲選手、
イタリア軍、

そして、

藤岡メガネ。

藤岡メガネΣ( ̄□ ̄;;)!?
正気か!!

まぁ、多種多様な好敵手がいるのはいいことですσ(^_^;)
とりあえず、この日、3・15の次期挑戦者は佐藤光留選手と決ったので、それ以降の挑戦者候補か。
ロイヤルランブルもあるので、他団体からの選手も募集中だそうで。

これは本当に両国までアクセル全開だなぁ〜!


あぁ・・・・両国。
行きたいっす。


ちなみに、最後には新木場1stリング大会に続き、矢郷さんが登場。

--------------------

▼矢郷良明
・・・入団した団体、ユニットが次々と解散、崩壊することからついたあだ名は“ユニットクラッシャー”。
06年末にロッカールームに閉じ込められて以後、何故か色んな会場のロッカールームから登場する姿は、『どこでもドア』が現実のものになったと一部で勘違いさせた。

-----------------------

当然リングに入れてしまうと両国に辿り着く前にDDTが崩壊してしまうので、スタッフ総出で阻止。
よかった、よかった。

しかし、外に出す道中にいたのは中澤マイケル&佳耶子さん。
矢郷さんが通り過ぎたそのすぐ後、

佳耶子さん「私達、解散しましょう」

矢郷さん、なんてことをwwwwww
せっかくのハッピーエンドがwwwww

「STOP・ザ・矢郷さん」→ ブログランキング★プロレス
JUGEMテーマ:プロレス


| からし | DDT | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
2009/03/27 5:52 AM posted by: エステ・プラソン 口コミ集3
関連する記事を集めています