無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
GWプロレス観戦記その1  5・3 JWP『米Leon興行』
GWプロレス観戦祭り 真っ最中です!

色々歩きまわりすぎて、つかれました(笑)
その辺の日記はまた後ほど。

とりあえず、観戦記UP!

第一弾はココ!


■5・3 板橋グリーンホール 『春の板橋女子プロ祭り〜米KEOプロデュース・Thank you〜』
観衆250人(超満員札止め)



初の女子プロレス団体観戦。

空港からダイレクトに向かってみると、開場1時間前から並ぶ人たちが。
その間を抜け当日券を購入しようとすると、「あと3枚」。

ギリギリセーフ!!!!

結果、超満員札止という結果に。
よかった〜。


 入場すると「WELCOME」とかかれたおせんべい。



米山選手プロデュースだけに、米絡み??
3時に美味しく頂きました(^▽^)

板橋グリーンホール初侵入!
SAMURAIで見てただけだと分かんなかったけど、ウチの地域の小体育館よりも少し狭い位のスペース。
こんなにリングに近い会場だったのね。

何だか、妙な親近感。


■第1試合
○春山加代子(12分9秒 ラリアット→片エビ固め)ピンキー真由香●


 第1試合から大盛り上がり。
さすがのJWP現王者の春山選手の前にピンキー選手が防戦一方も、粘り必死にやり返す展開に観客を味方に奮闘。
お客さん+ピンキー選手 vs 春山選手、という図式。
やんややんやの大熱狂空間に!


■第2試合
○AKINO(13分22秒 アキアンプロイダー→片エビ固め)阿部幸江●


 この興行を選んだ“理由その1”のAKINO選手。
登場から、試合中もお客さんも相手にプロレスをするのは凄い。
弄り方もうまいなぁ〜って思いました。

あと、髪の毛右半分の刈り上げ&模様の付き具合で、たまに鈴木みのる選手に本当にそっくりに見えたw
“女鈴木みのる”の称号は伊達じゃないね(笑)

試合はこれもAKINO選手がペースをつかむ展開も、10分前から阿部選手の関節技や、得意のマ・ヒストラルもたびたびAKINO選手を脅かす、なかなかにスリリングな展開になりました。


■第3試合 12人参加春のイタバシトップバッター・ハイリスク・ノーリターン・バトルロイヤル
○倉垣翼(13分26秒 二人まとめてアルゼンチン・バックブリーカー)●タニー・マウス[NEO]、●都宮ちい[アイスリボン]
※退場順=蹴射斗[JWP]、KAZUKI[JWP]、華名[パッションレッド]、及川千尋[女王蜂]、大畠美咲[息吹]、キティちゃん[NEO]、日向あずみ[JWP]、チェリー、コマンド・ボリショイ、タニー・マウス[NEO]、都宮ちい[アイスリボン]


 これは面白すぎて涙出てきました(笑)
このGW中の『板橋女子プロ祭り』の代表選手がそれぞれ登場。JWP選手を交えてのオーバーザトップロープルールも採用されたバトルロイヤル。
JWP勢以外が勝てば「興行費用はJWP持ち」
JWP勢が勝てば、「何もなし」
という、極めてハイリスク・ノーリターンな一戦(゚ー゚;A

なので、JWP勢は何としても他の選手に勝たせるわけにはいかないので、鉄壁の協力体制を要する試合。
しかし、タニー選手がNEOの重要な選手でもある“キティちゃんのぬいぐるみ”も参加選手として認めろと要求。
本部席はやんわりと許可。
リング上のJWP勢、若干の困惑。
このキティちゃん。
歴戦の傷跡(落書き)が痛々しい。

このバトル。
大きな主役となったのがアイスリボンの都宮ちいちゃん。
屈強なレスラーの中に、一人小さな女の子(でも、ちゃんとアイスリボンの選手)
大きなお姉さん達にボディアタックのように投げられては、同じように投げ返され、パワーファイターの倉垣選手には軽々と持ち上げられ開始早々リング外に投げられようとするも、これは“お客さん”みんながブーイングで阻止。
その声援を力にしようとするも、時には味方である他団体連盟のお姉さん方にも無謀な要求をされたりと、もう大変。
しかし諦めずにアタックしていく姿勢は感動もの。
そんな合間に「ここにいろ」とコーナー上に待機させられた姿は、醜い人間模様渦巻くリング内の小さなオアシス。


華名選手と及川選手のバチバチの片鱗も見えたり、
チェリー選手の大人の汚さを垣間見たりと、笑いとハラハラが止まらない一戦でした。
最後は倉垣選手がパワーでJWPの金庫を死守。
よかった、よかった。

あ、あと日向選手 vs キティちゃんという凄い顔合わせも。
あの強いさな体で日向選手のみちドラ2をキックアウト!!
かけようとする際に、一瞬困惑していたのがダメだったか!?
っていうか、キティちゃんがキックアウト!?
これでキティちゃんがただの“ぬいぐるみ”ではないことが証明された。
DDTのヨシヒコに次ぐプロレス界の7不思議発見。


■休憩前
ピンキー真由香選手がチアリーダーのコスプレをして大塚愛の「SMILY」を披露


休憩中には今後開催される興行の宣伝コーナー。
30分以上1分未満で告知。
その時間に少しでも満たなかったり、オーバーすれば、“元バトミントン部”の日向選手によるハリセン攻撃一閃。


かなり強烈な音でした(゚ー゚;A

そんな中、NEOのタニー選手は野崎渚選手のロープワーク10回が30秒+スクワット10回で40秒と計算。
見事、ピッタリ40秒だったのには感嘆の声!

そして女王蜂の及川選手は「口下手なんで・・・」と、10秒くらいで早々にギブアップ(笑)
容赦なくハリセン炸裂wwがんばろうよww


■第4試合 スペシャルシングルマッチ
○山縣優(9分27秒 片エビ固め)米山香織●


 週プロ記者の“マッチョ記者”藤本氏の指導のもと肉体改造を昔からしていると聞いたことのあった山縣選手。
確かに長身で、結構なガッチリボディ。
気合の入った表情と赤のコスに肉体が良く映えるなぁ〜。

米山選手の攻撃を度々はじき返し、弓矢固めをSTFで返したのはビックラこいた(゚ー゚;A


■第5試合 スペシャルシングルマッチ
×闘獣牙Leon(8分0秒 江本&中川の乱入、マスク剥ぎにより無効試合)木村響子×


 メインはこの興行のもう一人の主役のLeon選手が登場。
相手は現女子プロ界一のヒールユニット『レボルシオン・アマンドラ』の木村響子選手。

木村選手は前日に新木場1stリングでアマンドラの自主興行を開催。
そのメインでデスマッチを闘い抜いての参戦。
(扇風機に蛍光灯を張り付けるという“Mr.デンジャー”松永光弘選手提案の新凶器が猛威をふるったようで…)
体中にはその激闘を物語る傷跡が…。
ただ、それがより一層威圧感を醸し出してました。

試合は予想通りアマンドラ勢が度々介入。
1vs3の様相は言わずもがな。
しまいにはLeon選手のマスク剥ぎ!

これにはJWPのセコンド勢も一気にリング上になだれ込み大荒れ!!
真っ先に飛び出したピンキー選手、そして米山選手を加えたタッグマッチとして、乱闘の最中に再ゴング!


■特別試合 時間無制限一本勝負
木村響子、○江本敦子、中川ともか
(11分42秒 垂直落下式ブレーンバスター→片エビ固め)
闘獣牙Leon、米山香織、●ピンキー真由香


 Leon選手は一時バックステージに離脱。
そして米山選手もなかなか復帰できず、自然のピンキー選手 vs アマンドラ3人というハンディにも程がある展開がかなり長時間続く。
場外、そしてリング上でも椅子攻撃をくらい虫の息のピンキー選手。
しかし、いいようにされた復讐の炎は消えず、ただひたすら耐える!
そして、6分くらいたったあたり(体感時間)でLeon選手が復帰。
そこから米山選手も息を吹き返し、3vs3の様相に何とか戻る。

も、アマンドラの勢いは止まず。
憎いほどの好タイミングでブラインド攻撃を繰り出したりとペースを握らせず。
最後は粘りに粘ったピンキー選手が力尽きて、米Leon興行、まさかのバッドエンドに…。

木村「これがウチらのやり方だ!春山、高見の見物か?次は後楽園ホールでボッコボコにしてやる!」

とリング下で見ていた春山選手を挑発。
しまいにはJWP初上陸の江本選手とパートナーの中川選手に「アマンドラは女子プロ全てのベルトを狙ってる。タッグもあるよな?」と提案。
これにはタッグ王者の米山&Leon選手が怒りのもう突進。
再び大荒れのリング上。
その中央で睨みあったまま動かない木村選手と春山選手。
なんだか凄く映画の様な、物凄く画になる光景。


最後はLeon選手と米山選手がリングに残り、悔しさいっぱいの締めのあいさつ。
この悔しさは次回の後楽園ホールではらせ!!

 木村選手が久々のJWP“里帰り”を果たしてからというもの、JWPのリングはまさに大嵐。
最初は木村選手個人がJWPの頂点を狙ってきたものが、この日、遂にアマンドラとしてのJWPの制圧を高らかに。

この怒涛の展開が目の前に…。
ただただ、凄い。
圧倒されました。

 大荒れのメインで気になったのが、中川ともか選手。
コーナーに控えている際、それでも相手に対し「どうだ!」、そして観客席に対しても「何とか言ってみろ!」と言わんばかりの表情、眼力にはおもわず身震いするほど。

実力や技術だけじゃなく、この辺も凄く評価されてんだろうなぁ〜。
どこの誰かじゃありませんが、「何年選手じゃ、コラ!」と言いたくなるほどの存在感。
良い選手だなぁ〜。
あぁ〜・・・憎たらしい。


 最後は大荒れのバッドエンドでしたが、内容的には物凄い大満足!!
メインまでの試合の内容も盛り上がりも物凄く良く、ちょいと圧倒されてしまいました!
リングが近い会場だけに、迫力も満点!
興行前、休憩、興行後の売店での空気もよく、「また来たいなぁ〜」と思いました。


以上、5・3 JWP興行観戦記、終わり。


他にも色々写真取りましたが、気が向いたらいくつかUPします。


※余談。
次の会場にむかう際、簡単な道だったはずなのに、少し駅までの道をさまよった際、向こうの道路に何やら急いで歩く中川ともか選手を発見。
(18時からのOzアカデミー新宿FACE大会に参戦)

ひっそりとその後ろを歩き、無事に駅にたどり着いけたのはココだけの話です(笑)
中川選手、ありがとうございましたm(_ _)m


人気ブログランキングへ

JUGEMテーマ:プロレス


| からし | 女子プロ | comments(0) | trackbacks(5) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
2009/05/04 2:47 PM posted by: 三大成人病
三大成人病の詳細を知りたい人はいますか? 三大成人病の情報満載です。
2009/05/05 2:06 PM posted by: 貸金庫
「貸金庫」という言葉を聞いた事があるでしょうか。 金庫であれば、多くの人がその物体を思い浮かべる事はできるでしょうし、その役割も理解できるのではないでしょうか。
2009/05/05 3:32 PM posted by: 結婚式 スピーチ
披露宴でのスピーチに関して、ごく端的に言ってしまうと、「スピーチしている本人の行動」は「謙譲語」で話して、「新郎新婦の行動」は「尊敬語」にするのが原則でしょう。
2009/05/11 7:49 PM posted by: MAC化粧品
MAC化粧品というとセレブ的なイメージがありますが、実際にセレブの間でも愛用者は多いです。MAC化粧品はメイクアップ業界のパイオニアと言っても過言ではありません。そんなMAC化粧品の情報をお届けします。
2009/05/18 11:42 AM posted by: ピンキーダイアン
ピンキーダイアンは数あるブランドの中でも、ちょっと変わったところがいいですね。