無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
【プロレス】真壁さんと三田さんは名(迷?)コンビ
 18日のSAMURAI『Sアリーナ』に新日本・真壁刀義選手がゲスト出演されてました。

このお方も三田佐代子アナウンサーとの掛け合いが最高に面白い一人だけに、まるで漫才のような場面もあって、笑いの絶えない凄く楽しい放送になってました。

--------------

真壁「どーも♪どーも♪」


超上機嫌(笑)

やっぱり出てきた。大好物のモンブラン(笑)
出てくるなりハイスパートでガッツガツww
三田さんの質問を食べる“ついでに”解答。


三田「優勝してから、正直全然休めないですよね?」
真壁「(モンブランを食べながら)全然休んでねえよ。寝不足だよ、毎日。コノヤロー!仕事だよ、全部取材だよ。コノヤロー。」

真壁「なんで綺麗なお姉ちゃんがいねえのよ?」。
三田「\(^▽^)ハーイ」
真壁「……イラッとした…。」


一転、超不機嫌に(笑)


しかし、更に沢山のモンブランを出され、静かに親指を立ててたのは見逃しませんよ(笑)


■今週の週プロの表紙
「カッコいいだろ。俺、カッコインだよ(笑)」


■G1スタート
「大森にとられた時は正直、迷走しそうになった。本当に「何やってんだろ?」、ヤバイと思った。大阪という所も過去にアキレス腱を切った場所だから思い出すよな。意識はしないけど、頭の中に残るよな。」

「棚橋は今のスタイルは認めてないし、楽々いけると思ったけどそうはいかなかった。」

「TAJIRIは初めて会ったのはロス道場での修業時代。その頃には既に全米で一番有名なのに変にオーラを隠すんだよな。アイツの方が有名なのに背中丸めてたり。後ろ歩いてる俺の方が体がデカイから目立ってジロジロ見られたり。『コイツの方が有名だぜ』って。
そんなヤツと一騎打ちができて嬉しい部分と、後がない状況でそんな事を思ってられなかった部分があった。
TAJIRIは全体を通してもスタイルを貫いてたよな。
ただ、田中将斗もだけど、オマエらが棚橋、棚橋って言うなら、オマエらをぶちのめして俺が一番になってやるって思った」

「田中は去年火祭りでいかれてるから。その前のバーナード戦で負けたけど、真っ向勝負っていう自分のやり方に間違いはないって覚醒したところもあって、その後でよかった。田中自体は認めてる。凄いやつだけど、俺はもっと凄い」

「矢野とは終わってんだよな。それが、裏切られ、頭カチ割られたその場所でもう一回やるとはな。でも、別れた女に興味はない。でも、得点状況もあって負けられなかったよな」


■決勝トーナメント
「杉浦は昔組んでたけど、その時と同じくらい闘争心を持ってた。準決勝以上に対抗戦だった。アイツはココまで何人ぶちのめした?そういう事だよ」



■キャリア12年での栄冠
「12年は本当にあっという間だったよ。今があるからだけどよ。今の地位がどの程度か分かんねえけど、その辺の“新日本の顔”だって言われてる奴ら以上の内容を見せてる自信はあるよ。」

三田「そういえば“時代が俺みたいなのを求めてる”の、“俺みたい”ってどんな人ですか?」
真壁「(蝶野さんの様なポーズを決めながら)俺みたいなイケメンだよ・・・…ダメか?…オマエ、後でぶっとばすぞ(笑)」
三田「(笑)何でwww何でこんなに当たりが強いのwで、賞金はまだ使えてない感じ?」
真壁「使えてねえよ。俺、何回オマエらと顔合わしてんだよ(笑)」
三田「体中痛い?」
真壁「体中痛いんだよ。」
三田「お姉ちゃん、はべらさなきゃいけないのにね〜?」
真壁「はべらすよ。意地でもお姉ちゃん、はべらすよ♪」


■棚橋欠場。ベルト返上
「しょうがねえよな。決勝やってる俺と中邑しかいねえんだし。ぶちのめしてやるよ。ベルトは間違いなく俺のもの。
やっぱりよ、ガキの頃から見てて、この世界入ってペーペーの時代から上の先輩達を見てて、早くコイツラからベルト獲りてえって思って、12年経ってリング上で出す闘い方、やっと少しづつ認められてきて(ここまで来た)。客がようやく気づいたよな」


■本間朋晃
G1後のパーティーでの本間選手へのインタビューが流れる。

真壁「(VTRを見て)本間、何を言ってんのか分かんねえよwww」

本間選手のインタビューを見ながら「バーカ」なんて言いながら笑ってる表情が凄く印象的w

そんな中、ある方からFAXが。

「真壁さん優勝おめでとうございます。優勝インタビューの時に『本間のおかげで頑張れた』とか言ってくれた時、男気感じてドキドキしました。これからもGBHで新日本掻き回していきましょう」


“本間朋晃”


真壁「!?オマエかよwwwヤローwwどういう事だよww」

まさかのご本人からのFAXwww
本間さん、ちゃんと見てんだwww


■崔領二からの対戦要求
真壁「いいんじゃねえの。」


■邪外興行でのハードコアマッチ
「余裕だよ、バカヤロー。後藤、足引っ張んなよ」


■真壁選手と一緒にブドウ狩り企画実現!
素敵なイベント告知!

+++++++++++++++++
▼ “あの”G・B・H真壁、本間と行く、9/14秩父大会観戦バスツアー開催!!
http://www.njpw.co.jp/news/article.php?nwid=10574

 ツアーにはサムライTVの取材班と三田佐代子アナウンサーも同乗、スペシャルトークショーを行ないます。
「G1 CLIMAX 2009」覇者と一緒にバスの旅&ぶどう狩りを楽しもう!!

■期日
9月14日(月)
■集合・出発
AM11:40集合・PM12:00出発
■集合場所
新宿・都庁大型バス駐車場
■ツアー代金
20,000円
内訳:交通費(バス代・有料道路代等)・選手との撮影会・秩父大会特別リングサイド券
ブドウ園内食べ放題・夕食費
■募集人員
40名
■最小催行人員
25名

(新日本公式HP)


++++++++++++++++++

真壁「おぉ、素敵ぃ!」

三田さん&本間朋晃選手も一緒。

真壁「オマエらも来んのかよwwブドウ?好きに決まってんだろ。嫌ってほど食べるぜ〜」

まさかのパートナー不評(笑)
しかし、三田さんもご一緒となると、今日のような漫才ぶりが目の前で見られるんですね。
楽しくなりそうですw


■6歳の女の子から「おもちゃ買ってください」
真壁「おい6歳w(笑いをこらえながら)バカヤローwww親に買ってもらえww」

FAXの枚数は番組史上最高だったそう。
他にも子供人気が物凄い。

真壁「子供ファンには優しくしないとまずいだろ。後でどんだけ訴えられんだよw小さいころは俺もプロレス見てたねぇ。大きくなったらこうやって人を殴るようになるんだよ(笑)」
三田「ダメっ(笑)リングの中だけよ!!(必死にフォロー)」

そういう事は言っちゃダメ(笑)
夢を、ね、夢をもたせないと、ね(゚ー゚;A

■子供ができたら刀義と名付けます
真壁「止めとけ! 刀義はまずいだろ(笑) もっと考えろw」

自分も、止めた方が良いと思いますw


■最後の挨拶
真壁「G1は獲った。次はIWGP。ぶんどって、てめえらにもう一回言ってやる。とりあえず、G1、サンキューな」

三田「おぉ……。ねぇ。あんまり普段こういうこと言わないのに。そういう事(ニヤニヤ)」
真壁「………だからなんだよ、コノヤローッ!!(照れ笑い)」


この時の照れ隠しの表情とかが最高すぎましたww


可愛すぎますww


 人気ブログランキングへ
JUGEMテーマ:プロレス


| からし | SAMURAI | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。