無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
【プロレス】自由なキャンバス設立 プロレスリングFREEDOM 旗揚げ
 まっ暗闇なまま突如終焉をむかえてしまったアパッチプロレス軍。

そのアパッチにかけていた人達が、新たな“居場所”をクリエイト。


+++++++++++++++++
■9・2 新木場1stリング『プロレスリングFREEDOMS旗揚げ戦!』
320人超満員発表


所属選手は佐々木貴、葛西純、GENTARO、ジ・ウインガー、神威の5選手。


佐々木「今日から始動となるわけですが、固定概念に囚われない自由な発想を武器にプロレス界に勝負をかけていきたいと思います。自由人が繰り広げるフリーダムな闘いを目一杯楽しんでいってください」

旗揚げ戦の大事な日にGENTARO選手はTシャツを忘れてしまったそうな(^w^;

■第1試合
○X=GENTARO(14分54秒 グラウンド・コブラツイスト・ホールド)X=佐々木貴●


旗揚げ第1戦で象徴である2人がFREEDOMを示す。
二人はかつて“チーム・アカレンジャーズ”としてDDTのリングで暴れていましたね。
アパッチ時代から考えても、久しぶりのシングル?


■第2試合
竹田誠志、○矢野啓太(16分39秒 リングアウト勝ち)リッキー・フジ●、中川浩二


 リッキーさんは半ケツ状態で混乱のリングアウト負け(笑)
GOEMONさんが本名で出場されてるのもフリーダム。

■第3試合 ハードコアマッチ
○アブドーラ小林(15分27秒 ダイビング・バカチンガーエルボー→エビ固め)神威●


 フリーダムス初のハードコアマッチ。
大日本で絶好調中のアブ小さんがフリーダムスでも好調。
所属の神威選手は白星発進ならず。


■第4試合
バラモンシュウ、バラモンケイ、○Ken45°
(12分16秒 体固め)
佐々木貴、葛西純、グレート小鹿●


 大日本の小鹿社長が久々にリングで大暴れ。
入場時にはアパッチの民族衣装で登場。
墨汁ミストを浴び、3人がかりで押さえ込まれ敗戦。

小鹿「さっきの野郎どもの名前はなんだ?アイツの顔は絶対に忘れん。このままではすまさない。
バラモン兄弟の見分け?つく。今後出るとかでないとか。引っ込めないよ!アイツをケチョンケチョンにやっつけるまで上がらせてくれ!俺は一生懸命やるけど、お前達2人はヘルプしてくれないとダメだよ!」


当初はこの日限りのご祝儀参戦のつもりが、まさかの継続参戦決定。
バラモン兄弟&Ken45°に予想だにしなかった新ライバルに。
昔のような怖い小鹿さんが復活?


■第5試合
○TAJIRI、TAKAみちのく(20分12秒 バズソーキック→片エビ固め)GENTARO、ジ・ウインガー●


 WWE(WWF)で活躍したTAJIRIさんとTAKAさんがタッグでメインに登場。
フリーダムスという自由な発想を武器にやっていく団体のメインですが、TAJIRIさん、TAKAさん、そしてGENTAROさんと、大技に頼らないプロレスリングを展開する選手が揃ってるのが面白い。

試合後、佐々木貴選手がTAJIRI選手に対戦要求。
これにTAJIRIさんも快諾。

TAJIRI「第1試合でGENTARO選手に負けてたんじゃなかった?という事は僕が最強?だけど僕は最強はいつかその座からずり落ちるというのを知ってる。きっと彼がずり降ろしてくれるとかなと思うけど、まだまだそうはいかないんじゃないかな?
だけど、僕と同じで得意技が右脚?右脚対決、見たいですか?喜んで挑戦させていただきます。小鹿さんとシングルとかはやめてくださいね。」


小鹿さんとTAJIRIさんのシングル(笑)
それはいつか見たい!
お父さんと家出経験アリの息子の一騎打ち。
父親はいつか息子に腕相撲に負ける日がくるのを楽しみにしているもんなんですって。
佐々木選手もいつか叶えられるようにやっていくみたいです。

そんな名前の挙がった小鹿社長は、何という事か、メイン後のこのやり取りの中『アパッチプロレス軍』のTシャツを着て現れたそうで(笑)
小鹿さんはこの辺りが“フリーダムス”www

TAJIRI「お世辞じゃなくて、この団体、本当に面白そうですね!」

GENTARO「このリングはその名の通り自由人が集まって好き放題、自分の好きなレスリングをやるというところです。
これからもフリーダムスのリング上、剋目していってください。必ずや、本当のフリーダムなレスリングが提供できると思います。」



▼バックステージ

GENTARO「本当に感無量です。僕がプエルトルコのK-DOJOにコーチとして行ったばかりの時に、TAJIRIさんはWWEに入るちょっと前で、その時に道場にちょっとだけ滞在していたんです。その時はレスリングに触れてなかったんですけど、色々面白い話もして。で、しばらくしてWWE入りして大活躍をして。その頃から雲の上のような人だったんですけど、今こうやって本当の意味で会えたりできるってのは、運命というものは…。あれから8年経って、やれてよかったです。
僕にとってTAJIRI、TAKAみちのくもそう。ディック東郷、MEN'S・テイオーもそう。俺にとっては彼らは本当の意味で互角以上に渡りあってぶつかりあっていかなきゃならない世界を知ってるマスター達です。もちろん、岡野さんも。そんな人達と思い通りに闘えるリングができたわけですから、これからそういう憧れていた人達とどんどん肌を合わせていきます。」


TAKA「こういう場でTAJIRI選手と組んだのは日本では初めて。同じリングにたったのも初めてで、面白い巡り合わせだな、と。アメリカの時もずっと見てて思ったけど、TAJIRIワールド、手のひらで踊らされてた。久々にタッグ組むパートナーから学ばせてもらうような試合ができたから、また機会があれば組むなり闘うなりしてみたい。フリーダムスに関してはまた出てみたいと思います。」
TAJIRI「GENTAROとは外国では接点があったけど、日本では初めて。そういう事が今日起き始めたって事は、今までなかった何かの始まりの予感がしますね。今日は全く大技、複雑なことはなかった。古き良きプロレスに戻していく。プヲタだけじゃなく、世間に届くような本当にシンプルでクラシックなプロレスをね。」



 以前からGENTAROさんのレスリングというのは非常に評価が高く、60分の試合を何度も名勝負として見せてきてくれましたが、新たに本当にやりたい事が出来る場所を作った事により、より今まで以上にGENTAROさんの魅力が爆発するんじゃないかと期待しています。
TAJIRIさんという、強力な選手の目を留めさせることにも成功。
フリーダム=拘束や障害のないこと。
表現の自由な真っ白な団体のカラー。
良い形で色んな色を出し、多くの人を魅了できるような団体になっていってもらいたいです。


 ちなみに、GENTAROさんによるとウインガーさんの中身(?)である岡野隆史選手はTAJIRIさんのデビュー戦の相手だということ。
これも面白い巡り合わせ。


 人気ブログランキングへ
JUGEMテーマ:プロレス


| からし | プロレス | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://kimagure-guda.jugem.jp/trackback/1618
2011/11/19 8:59 PM posted by: 中古車査定
中古車査定シュミレーションページです。大手数社から同時に一括査定ができます。