無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
【プロレス】川田さん、改めて色々心境を語る。
 昨日19日のSアリーナを見ました。

ゲストは川田利明選手。

26日からまた始まる新ハッスルの事からスタート。
ただ、川田さんご自身も全く分かって無く、三田さんがフォローをしていくという、変な感じに(汗)

 そして、その後触れられたのは、やはり三沢さんの事。
その話題に移ると、途端にうつむき加減になり、ゆっくりと何かを抑えながら話されているような感じに。
基本的に語られていたことは週プロに掲載されていたインタビューと同じ。
ただ・・・何と言うか……、本当に川田さんが潰れてしまっているというか…。
今週の週プロのインタビューの内容を見ても凄く心配になっちゃうような内容だったんですが、実際に語られている様子を見ると、想像以上に……辛い。

終始、暗いトーン。
御本人は三沢さん追悼興行、次回のハッスルと気合を入れて望まれるという意志を表明されてましたが、その声に力が無く…。
なんだか、期待感とかよりも、“心配”という感想だけが残ってしまって…。

川田さん…。
本当に大丈夫なんだろうか…。


+++++++++++

▼ハッスル・川田利明として出るのは初めてなんですよね。
「そうらしいんですよね。今までは“モンスターK”がついてましたから。でも、ハッスルの今の流れが分かんないんですよ。色々説明したいんですけど、僕に聞くのは野暮かな?」

▼ハッスルエイド09・高田総統の最期、ハッスルの流れが新たなものへ。
「高田総統の立ち振る舞いには“地”の部分があったと思うので。最後に消えていく場面は両国国技館の一番上の部分でアンジョー司令長官とずっと見てました。そこが一番寂しいですね…。掛け合いが無くなっちゃったのが寂しい部分。」

▼マグナムTOKYOとエスぺランサーとの闘い
「マグナム自体がハッスルに出て日にちが経ってないんで、そんなにマグナムに感情はない。ただ、総統を消したことに関しては許せないかな。」

▼エイドの前から総統最後の舞台になる事は発表になってましたよね。
「モンスター軍の中での動揺っていうのはありましたよね。支えてきてくれた人がいなくなっちゃうんですから。それで最後は分解」

▼エイドが終わって、モンスター軍も無くなり、川田さんはどういう感じでハッスルと関わっていこうと?
「今まで支えてきた総統を消し去ったRIKIが許せないから、俺としては復讐をしたいという気持ち。高田総統がいなくなったからといって自分がNo1になる気は無かったですね。
どんな世界でも一緒なんですけど、僕、昔から“No1”が嫌いなんです。その下で自由にしているのが好きなんです。司令長官もあの位置が大好きだと。」

▼RIKIがリーゼン党結成
「あの結成会見は一体何が何なのか分かんないですけど、その何だかわからない人が出てくるからハッスルはどうなるんだろう?って益々分かんなくなってきちゃって。」

▼RIKIの『LOVEマシーン』のPVに長州さんと高山さんが出演していましたけど、見ました?
「見てないです。高山、長州を引き連れてやってくるのかとかは全然分かんないですね。だから最初に俺に聞かれても分からないと。」

(3分30秒あたり)

▼9・26後楽園ホール マグナム&坂田&TAJIRI vs 天龍&川田&安生
「この組み合わせを見て、俺、出ていいのかなぁ?って。さっきポスターとチラシを見たら俺でてないし…。ちょっと悲しかったですねぇ。(ナレーターの)若林(健二アナ)さんが夜明けのマルシェに出なくなるくらい悲しいですよね。ダイエットシューズで走ってる姿は最高だったんですけど。
 マグナムに対してはあんまりまだ分かんないですよね。シングルやりましたけど、あれだけではまだ。負けたって事実だけが残ってて。今後、RIKIに対して組むかどうかってのも分からないけど、俺自身はやっぱり総統を消したってのは許せないって気持が。ダンスは周りの女性は上手いですね(笑)
 坂田は何て言っていいんだろう?なんでリングの上でこれだけプロレスができるのかなって。そんなに回数も上がってるわけでもないのに。生まれつき持ったセンスでしょうねぇ。これも一緒に組むかどうかってのも分かんない。
 TAJIRIの活躍を見てると、本当に今までに居なかったレスラー。異色じゃないですか?ただ、今まで居なかったってのは日本が面白くなかったんでしょうね。やっぱ特殊だから、今の日本にこういう選手がいないから目立ちますよね。人と違う事をやってるというのには勇気がいると思うんだけど。小鉄さんに怒られながらも新日本であれだけ貫いたってのは凄いと思いますよ。
 この6人タッグがどういう試合になるかは分からないですけど、その後、両国でキングRIKIへの流れが見えるかもしれないし、見えないかもしれない。みんなそれぞれ個性が強いから一緒ってのは(無いかも)。

 それよりもRGが菊地さんと。そっちの方が気になりますね。火の玉ボムは間違いなく喰らいますね。」


-----------------------

 そして、ここからの話題でまた表情が沈む…。

▼NOAH 10・3三沢さん追悼興行出場。三沢さんの死。
「一番身近な存在でいたんですけど、やっぱり、その、最後に一緒に頑張ってやっていたのはNOAHの選手たちなんで、その選手たちを差し置いて俺がコメントする事でもないなって思ってたんで。今は少し落ち着いて話す事も出来るようになったという感じ。」

▼久々に田上さんと組んでのカードについては?
「KENTA選手は当たったことないんで心配ですね。練習生の頃少しの間だけ。」

▼NOAHのリングにまた上がる事になったというというのは?
「正直に言うと、対戦しなくてもエースの三沢さんが元気で上がってるリングに上がりたかったのが正直な気持ちですね。いつかまた同じリングに上がるとは思ってましたけど…。」

▼軽々しくおっしゃれる事ではないと思いますけど、こういう事があってもまたプロレスのリングで闘っていこうという気持ちになったのは何が?
「僕の場合、三沢さんが離れた所でもリングで頑張っているんで自分も張り合いがあった。
そこが…凄い辛いですね…。いなくなっちゃうというのが。元気で頑張ってる姿があったから自分もプロレスに対する意識が張っていたという部分があったんじゃないかなと。うん。本当に、気が緩んでるというか、抜けちゃってるっていうか。そういう状態なんで。ただ、そういう状態でリングに上がるのは失礼なんで、その時は気を引き締めてリングに上がるつもりではいますけど…。」


-------------
▼9・21 橋本真也さんデビュー25周年大会出場 (大谷&田中 vs 耕平&川田)
「橋本選手というのは自分が闘った中っていうのは、そんなに絶好調な時ではなかったので。お互いどこか痛めている時で。」
 今回、ZERO1のリングに上がるのは、やっぱりあれだけリングの上で関わった人間ですから。これは(オファーを受けたら)出るのは当たり前ですし、一つ、橋本選手のお子さんが頑張ってる姿も見てみたいというのも。」

--------------

以下、視聴者からの質問。

▼リーゼン党が結成されましたが、リーゼントにしてみたいですか?髪型にこだわりは?
「リーゼントしたくないですね(笑)。(今や長州さんもリーゼントにする時代ですよ!) 流れは変わりましたねぇ〜。」

▼田上さんとののど輪とバックドロップの合体技を決めてください。
「(笑)それはタイミングが合えばでるものだから。」


▼今まで田上さん以上のパートナーっていましたか?
「うぅん……やっぱり三沢さんでしょうね。」

▼ハッスルに入団したマッスル坂井選手の事をどう評価されてますか?
「誰????知らなかったです…。厳しい指導とかは僕のやる事じゃないし(笑) 若林(アナ)に任せます」


▼最後のメッセージ
「さっき紹介された3つの試合。どれも気合を入れて頑張りますんで、見に来てください。よろしくお願いします」

今後しばらく、歌とか踊りとかも、何にもやる気が起きないんだそう。
「流れが分かるまでは、自分から『このやろう!』っていうような気が起こらないんですよね。流れが分かれば。また頑張ります。」



 人気ブログランキングへ

JUGEMテーマ:プロレス


| からし | SAMURAI | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
2009/09/23 2:21 AM posted by: 甲州街道
川田選手は菊地選手のことを「菊地さん」なんて呼ばないですね。正しくは菊地選手って言ってましたよ。
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。