無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
【プロレス】09年プロレス界を“ざっと”振り返ってみよう。1月編
 12月に入りました。早いッΣ( ̄□ ̄;;)

さて、来週9日には『東京スポーツ選定プロレス大賞』が発表されます!!
皆さんもいろいろと自分で予想したりされている事ともいます。
勿論、私も(^人^ )
と、いうことで昨年もやりましたが、2009年の大まかな出来事を振り返るべく流れをザッとまとめてみましょう、と。

私の選定は今月末まで見てからUPしようと思っています。
NOAHの武道館も発表後ですし、DRAGON GATEも月末にビッグマッチがありますしね。

ただ、東スポのプロレス大賞までに全月を振り返るのは無理そう(苦笑)
正直いいまして、出遅れましたww
もう一週間後くらいと思ってましたw
今日のS−ARENAを見てビックリしましたw
なんとか、上半期分くらいは振りかえられるようにしたいな〜、と思いますので、どうかご容赦を(汗)

 まとめには今までUPしてきたBLOG記事、週刊プロレス、週プロモバイルを主に参考に。
「アレが抜けてない?」という事がら、「なんでコレだけ?」という部分もあるかと思いますが、その辺はスイマセン(汗)
あくまで、その当時の記憶をよみがえらせる参考にしていただければと思いますm(_ _)m

あ、世間では今日発表された『流行語大賞』のプロレス版も同じ頃に決めてみようと思ってますww

※携帯電話ではかなり見づらいと思います。
その件につきましてはホントスイマセン。

=========================

 まずは1月。
この月を振りかえると、まず印象的なのが元日の金本さんとHikaruさんの結婚報告
リング上であの恥ずかしげもないアニキのプロポーズは、TVみながらコッチが恥ずかしくなっちゃって(汗)
実に、アニキらしい名場面でしたね。

◆新日本プロレス ++++++++++++++++++++++

▼1・4 『フィールズPresents レッスルキングダムIII in 東京ドーム』
■第1試合 Wrestle Kingdom Grand Opening VIENTO DORADO
○ミスティコ(CMLL)、田口隆祐、プリンス・デヴィット
(9分50秒 ラ・ミスティカ)
●アベルノ(CMLL)、外道、邪道

■第2試合 獣神サンダー・ライガー デビュー20周年記念試合 -LIGER 20th anniversary match-
○獣神サンダー・ライガー、佐野巧真(NOAH)
(8分47秒 雪崩式垂直落下式ブレーンバスター→体固め)
井上亘、金本浩二●

■第3試合 IWGP Jr.タッグ選手権試合 〜Tread on!!〜
[王者]裕次郎、●内藤哲也
(13分21秒 メイド・イン・デトロイト→片エビ固め)
[挑戦者]○アレックス・シェリー、クリス・セイビン(TNA)
■第4試合 IWGP Jr.ヘビー級選手権試合 〜Ballistic interception〜
[王者]●ロウ・キー(8分48秒 変型タイガースープレックスホールド)タイガーマスク○[挑戦者]
※第56代新王者誕生 

■第5試合 Fighting Holdings Competition
蝶野正洋、長州力、○カート・アングル(TNA)、ケビン・ナッシュ(TNA)
(7分9秒 アンクルロック)
ジャイアント・バーナード、飯塚高史、石井智宏、“ザ・マシンガン”カール・アンダーソン●

■第6試合 世界ヘビー級選手権試合 Crusade for Justice
[王者]○永田裕志(11分41秒 バックドロップホールド)田中将斗●[挑戦者]
※王者が3度目の防衛に成功

■第7試合 NJPW vs NOAH Battle Tendencies 〜the invasion〜
●中西学(10分27秒 リストクラッチエクスプロイダー)秋山準○(NOAH)

■第8試合 IWGPタッグ選手権試合 ハードコアルール
[王者]●真壁刀義、矢野通
(15分34秒 3D→体固め)
[挑戦者]○ブラザー・レイ、ブラザー・ディーボン(TNA)
※王者組が5度目の防衛に失敗。第50代新王者誕生

■第9試合 NJPW vs NOAH Battle Tendencies 〜the encounter〜
○中邑真輔、後藤洋央紀
(15分17秒 飛びつき腕ひしぎ逆十時)
三沢光晴、●杉浦貴(NOAH)

■第10試合 60分 IWGPヘビー級選手権試合
[王者]●武藤敬司(30分22秒 ハイフライフロー)棚橋弘至○[挑戦者]
※第50代王者誕生

 前年にヘビー戦線を散々苦しめられた田中将斗を相手に永田が快勝。ZERO1の世界ヘビー級を維持。
約8カ月にわたり流出していたIWGPをようやく奪還。
三沢さん最後の対新日本。対NOAHという対抗戦がスーパージュニア、G1まで熱を繋ぐ。
そして、ヘビーのタッグはここから長い間アメリカTNAへ流出。

▼1・30 ブラックキャットメモリアル『Circuit 2009 NEW JAPAN ISM 開幕戦』後楽園ホール
■6人タッグマッチ
井上亘、田口隆祐、プリンス・デヴィット(11分4秒 回転エビ固め)邪道、外道●、石井智宏

 昨年末から生まれた井上と石井の抗争ロングストーリー継続中。

■タッグマッチ
棚橋弘至、●永田裕志(21分38秒 昇天→片エビ固め)中邑真輔、後藤洋央紀○

 2・15両国でのIWGP戦棚橋vs中邑の前哨戦。後藤が永田に勝利したことで一騎打ちが濃厚へ。

▼1・31 『Circuit 2009 NEW JAPAN ISM』後楽園ホール
■タッグマッチ
後藤洋央紀、○獣神サンダー・ライガー(11分50秒 回転エビ固め)永田裕志、タイガーマスク●

 永田が前日の負けをひっくり返す逆襲。後藤が左ひざ負傷。翌日から欠場へ。

■稔、最後の挨拶。
第1試合前、契約更新をおこなわずフリーとなった稔がリング上での挨拶。新日本には10年間在籍。

※1月その他の話題
棚橋が契約更改で専属ディーバとヌード写真集発売を会社に要求。→写真集は却下も、ディーバ帯同は2月の両国で実現。


◆全日本プロレス ++++++++++++++++++++++

▼1・2 『2009 新春シャイニング・シリーズ 開幕戦』後楽園ホール
■第81代アジアタッグ王座決定トーナメント開催。
参加チーム → 武藤敬司&カズ・ハヤシ、西村修&渕正信、太陽ケア&MAZADA、鈴木みのる&NOSAWA論外、ヘイト&“brother”YASSHI、小島聡&KAI、諏訪魔&土方隆司、近藤修司&浜亮太

■シングルマッチ
○高山善廣(2分40秒 体固め)ゾディアック●

■新春ヘビー級バトルロイヤル
○ゾディアック(8分2秒 片エビ固め)荒谷望誉●


▼1・3 2009 新春シャイニング・シリーズ』後楽園ホール
■アジアタッグ王座決定トーナメント決勝戦
●渕正信、西村修(17分46秒 ゴッチ式パイルドライバー→体固め)鈴木みのる○、NOSAWA論外
※鈴木&NOSAWA組が第81代新王者に

■新春ジュニアヘビー級バトルロイヤル
○“brother”YASSHI(9分38秒 ボンバー斉藤レフェリーごと丸めこんでのエビ固め)菊タロー●
※“brother”YASSHIが2月のツアーをもってプロレス界休業を発表。2・6後楽園での近藤修司戦を要求。

■シングルマッチ
○高山善廣(8分44秒 体固め)ジョー・ドーリング●

 新春早々の2連戦から高山選手がムタの3冠を狙って全日本本格参戦。この後の地方巡業でもvs征矢、vs荒谷と続く。

▼1・12 群馬
■タッグマッチ
近藤修司、○土方隆二(8分50秒 反則勝ち)TARU●、ヘイト

 試合後、土方が土下座をして世界ジュニア挑戦を願い出るも結局は叶わず。その後、土方が荒れに荒れる。

▼1・25 『2K9新春ファン感謝デー in 関西』神戸サンボホール
 諏訪魔&近藤のチーム名が『チーム・ディストラクション』に決定。

■F-1タッグ選手権
[王者]○武藤敬司、神無月(12分46秒 フェースロック)渕タイガー(渕正信)、三沢光晴(イジリー岡田)●[挑戦者]


◆NOAH ++++++++++++++++++++++

▼1・11 丸藤正道プロデュース興行『不知火 為虎添翼〜為ノ巻〜』
■第4試合 シングルマッチ
●橋誠(15分53秒 ランニングエルボーバット→片エビ固め)三沢光晴○
三沢「悩んじゃいけないよ。アイツの良いところはガムシャラさなんだから余計なことを考えずにガンガンいけば」

■第5試合
レジェンドヒール百田光男、金丸義信、鈴木鼓太郎、○平柳玄藩
(20分41秒 昇竜玄藩→体固め)
石森太二、リッキー・マルビン、伊藤旭彦、太田一平●

 百田さん、予想外の丸坊主。

■第8試合 世界ジュニアヘビー級選手権試合
[王者]○丸藤正道(14分51秒 ポールシフト→体固め)NOSAWA論外●[挑戦者]
※第27代王者が4度目の防衛に成功

 試合後、カズ・ハヤシが次期挑戦者として名乗りを上げる。

▼1・12 『The First Navigation'09 開幕戦』ディファ有明
■タッグマッチ
力皇猛、○モハメド・ヨネ、丸藤正道(17分54秒 体固め)三沢光晴、小川良成、谷口周平●

 力皇&ヨネが結託。決起行動に。

※その他の話題
三沢さん、丸藤さん、秋山さん、TBSの正月番組で大ハッスル。
→http://kimagure-guda.jugem.jp/?eid=1217

■シングルマッチ
○潮崎豪(19分35秒 片エビ固め)佐野巧真●

▼1・14 栃木
■グローバルハードコアクラウン無差別級選手権試合
[王者]○橋誠(11分22秒 天中カラス落とし→エビ固め)伊藤旭彦●[挑戦者]
※第8代王者が初防衛に成功

▼1・20 横浜赤レンガ倉庫
■シングルマッチ
○潮崎豪(16分11秒 片エビ固め)本田多聞●

▼1・21 横浜赤レンガ倉庫
■シングルマッチ
○潮崎豪(16分54秒 片エビ固め)力皇猛●

 潮崎がシングル3連勝でGHC次々期挑戦者に急浮上。

▼1・25 『The First Navigation'09 最終戦』後楽園ホール
■GHCジュニアヘビー級選手権試合
[王者]○KENTA(32分5秒 エビ固め)鈴木鼓太郎●[挑戦者]
※第16代王者が3度目の防衛に成功

 ヒール鼓太郎大爆発。王者が次期挑戦者に中嶋勝彦を指名。
他、小橋が3・1武道館で復帰表明。

※そのほかの話題
小橋さん、インフルエンザを“倒す”(秋山選手のBLOGより)
→http://akiyamajun.typepad.jp/blog/2009/01/post-df4f.html


◆ZERO1 ++++++++++++++++++++++

09年から団体名称が「ZERO-ONE MAX」から『ZERO1』に変更。
高岩竜一選手が正式に離脱、フリーに。

▼1・1 『Genesis 2009』後楽園ホール
■SUN所属のHikaruと金本浩二(新日本)が結婚報告。

■第4試合 One Day Bond
藤田ミノル、日高郁人(21分23秒、サスケだましセグウェイ→片エビ固め)澤宗紀●、稔

■第5試合 ニューイヤービッグファイト
○中西学(14分56秒 大☆中西ジャーマン)●佐藤耕平

■第6試合 ニューイヤースペシャルタッグマッチ
金本浩二、○大谷晋二郎、高岩竜一(20分34秒 スパイラルボム→片エビ固め)田中将斗、邪道、外道●

 復活・トンガリコーンズ vs コンプリートプレイヤーズ。

▼1・23 『ZERO1 Inception'09 大谷晋二郎社長就任一周年記念大会』新宿FACE
■メーンイベント 大谷晋二郎社長就任一周年記念試合
○大谷晋二郎、田中将斗(14分46秒 スパイラルボム→エビ固め)永田裕志、井上亘●

 2・27後楽園ホールで永田vs大谷の世界ヘビー級王座戦が正式決定。

▼1・29 『ZERO1 Inception'09』新木場1stリング
■タッグマッチ
○崔領二、日高郁人(17分42秒 体固め)KAMIKAZE、浪口修●

 地上波TV番組『あいのり』に出演中だった崔が帰国。


◆DRAGON GATE ++++++++++++++++++++++

 DRAGON GATE・CIMAが12・28での敗戦以来姿を消す。その為、週プロ関連のコラムは望月選手が代筆。

▼1・11 『2009 PRIMAL GATE 開幕戦』名古屋
■6人タッグマッチ
鷹木信悟、○岩佐拓、戸澤アキラ(19分52秒 片エビ固め)土井成樹、B×Bハルク、m.c.KZ.●

 鷹木、岩佐、戸澤の3人にキッドが合流。新ユニット『KAMIKAZE』始動。
ドリームゲート王者・土井が岩佐の挑戦を受諾。

■ツインゲート統一タッグ選手権試合
[王者]YAMATO、○サイバー・コング(4分1秒 片エビ固め)スペル・シーサー、シーサーBOY●[挑戦者]
※第5代王者が3度目の防衛に成功

▼1・17 岐阜
■ストーカー市川10周年記念試合
●“ハリウッド”ストーカー市川、m.c.KZ.(12分32秒 HIMEI)ドン・フジイ○、横須賀享


▼1・18 大阪府立体育館
■第3試合
堀口元気、サイバー・コング、○YAMATO(13分30秒 ギャラリア→片エビ固め)横須賀享●、スペル・シーサー、A・W・森

 タイフーン解散以後、ハザード軍に執拗に狙われている横須賀享を斎藤了が救出。斎了はB×Bハルクも仲間に誘う事を示唆。

■第4試合 吉野正人復帰戦
土井成樹、○吉野正人(11分10秒 ライトニングスパイラル→エビ固め)鷹木信悟、戸澤陽●

■第5試合 敗者ユニット追放マッチ
○Gamma(12分56秒 ジャックナイフ式エビ固め)神田裕之●

 敗れて全員から暴行を受ける神田を同期の新井健一郎が救出。
新井がそのままリアル・ハザードに加入。勝ったGammaが逆に追放に。

■第6試合 オープン・ザ・トライアングルゲート選手権
[王者]○望月成晃、マグニチュード岸和田、ドン・フジイ(15分51秒 脳天カカト落とし→体固め)B×Bハルク、谷嵜なおき、m.c.KZ.●[挑戦者]
※第21代王者が3度目の防衛に成功

 他、アンソニーとサイバー・コングの抗争が激化。

▼1・23 後楽園ホール
■セミファイナル
B×Bハルク、●谷嵜なおき(11分19秒 アンクルホールド)望月成晃、○金本浩二(新日本プロレス)

 昨年の武勇伝の流れから金本が本隊に参戦。ここから7月の神戸ワールドへの流れが。

■ノーロープマッチ
○YAMATO(25分19秒 胴締めスリーパー→TKO)鷹木信悟●

▼1・25 『BATTLE OF TOKYO 2009』新木場
■トーナメント優勝決定戦
○KAGETORA(10分51秒 片エビ固め)戸澤陽

 KING OF GATEに出場できなかった選手たちによる1DAYトーナメント。
KAGETORAはそのままリアル・ハザードに加入。吉野の持つブレイブゲートに挑戦表明。
【他の参加選手】忍、PAC、野橋真実、m.c.KZ.、シーサーBOY、K-ness.


◆DDT ++++++++++++++++++++++

▼1・4 『新春!!新木場エキスポ2009』
■メインイベント
飯伏幸太、○ケニー・オメガ(18分10秒 クロイツ・ラス)HARASHIMA、大鷲透、阿部行洋●

■閉会試合〜午後3時までアイアンマンマッチ
×高木三四郎(2分48秒 新木場の塔の怒りで中断)中澤マイケル×
■時間無制限1本勝負
○新木場の塔Aパーツ、Bパーツ(11分9秒 新木場の進歩と調和→体固め)高木三四郎、中澤マイケル●

 大家健太郎氏が新木場の塔建設も、開場時には完成せず。
も、メイン後の閉会試合後のアイアンマンマッチで、新木場の塔AパーツとBパーツが高木&マイケルを倒し、両国大会成功のお墨付きに。

▼1・11 『新北京プロレス JapanTour2009 in SHINJUKU FACE』
■第四試合 中国・加拿大友好親善特別試合 無制限一本勝負
●ロングリバー黄河(中国)(2分15秒 晴天の霹靂)ケニー・オメガ(カナダ)●

 オメガが命からがら逃げ込んだところは新北京プロレス映像班の一室。そこには黄河と同じ体格の人がブルーバック撮影をしていて…。

▼1・19 『明治大学戸崎肇教授国際交通論講義』明治大学御茶ノ水校舎リバティータワー内リバティーホール1013教室
■戸崎肇教授明治大学最終講義記念特別試合
○飯伏幸太、美月凛音
(9分14秒 ジャーマン・スープレックス・ホールド)
高木三四郎、マサ高梨●

 通称『キャンパスプロレス』。

▼1・24 『Dramatic 2009 Special』新木場
■スクランブルインザハウスマッチ
○男色ディーノ(7分51秒 男色ドライバー)●中澤マイケル

 中澤マイケル邸でファイト。最後にマイケルが逃げ込んだ車が爆発。

■第5試合 DDTエクストリーム選手権試合 テーブルクラッシュルール(時間無制限3本勝負)
[王者]●高木三四郎(10分27秒 テーブルクラッシュ)○星誕期[挑戦者]
※第8代新王者誕生

 爆発に巻き込まれたマイケルがまさかの生還。その唐突な衝撃により大社長が王座陥落。

■CMLL認定KO-Dタッグ選手権試合
[王者]●HARASHIMA、大鷲透(23分13秒 体固め)飯伏幸太、ケニー・オメガ○[挑戦者]
※第28代王者誕生

 二人同時のファイヤーバードスプラッシュの『ゴールデンシャワー』を初披露。ゴールデンラバーズが初のタイトル挑戦で戴冠。
この試合後、HARASHIMA選手は山ごもり修行へ。


◆マッスル ++++++++++++++++++++++

■1・3 『マッスルハウス7〜第1回新春ニューイヤータッグフェスティバル2009〜』
 DDTの両国進出にあたりマッスル坂井が演出に専念するため、本興行を「坂井引退興行」に。
NOAHの青木篤志が男色ディーノとタッグ結成。
鶴見亜門が坂井のテンションを上げるために呼び込んだのは、大仁田厚。
大仁田との一騎打ちにより、毎月29日をマッスルの日に。
以後、大会なり、SAMURAIの番組等で、マッスルを展開。


◆大日本プロレス ++++++++++++++++++++++

▼1・2 『年始めデスマッチ』後楽園ホール
■セミファイナル タッグマッチ
●関本大介、マンモス佐々木(14分52秒 ラリアット→片エビ固め)佐々木義人○、石川晋也

 タッグ王者からピンフォール。後にタッグ王座挑戦へ。

■メインイベント 蛍光灯タッグデスマッチ
●宮本裕向、佐々木貴(19分42秒 ドラゴンスプラッシュ on the 蛍光灯→片エビ固め)伊東竜二○、石川修司

 デスマッチ王者宮本が戴冠後初のデスマッチでいきなり黒星。

▼1・22 『勝手に横浜開港150周年記念大会1』横浜赤レンガ倉庫
■シングルマッチ
●関本大介(16分48秒 サムソンクラッチ)獣神サンダー・ライガー○
ライガー「凄いや。ああいう技でないと(3カウント)獲れない、あいつから。」

▼1・28 MEN'S CLUB興行『New Men's Club “Men's Clubへの道”』新宿FACE
■メンズクラブ最強タッグ決定戦4WAY
○飯伏幸大、円華
(18分7秒 フェニックス・スプラッシュ)
MEN'S・テイオー、●忍
※残り二組は、大石真翔&旭志織、ツトム・オースギ&ヘラクレス千賀

 デスマッチ団体以外に興行としてイメージを広げるため、テイオー“姐さん”に強引に開催をこぎつけた。


◆ハッスル ++++++++++++++++++++++

▼1月20日会見
ボノちゃんが“ボノくん”に改名。ハッスル軍正式加入。

▼1・29 『ハッスル・ツアー2009〜1.29 in KORAKUEN〜』
■第1ハッスル
○レイ大原(9分50秒 トケ・エスパルダ)KUSHIDA●

 KUSHIDAが通算3連敗。次はUWAのベルト(大原)と髪の毛(KUHIDA)をかけた闘いへ。

■セミハッスル
モンスターHG、○ニセHG(10分28秒 反則)アラン黒木、RG●

 昨年末にモンスター化したHGが初後楽園ホール降臨。ニセとディープな口づけをかわす。

■メインハッスル
“モンスターK”川田利明、アンジョー司令長官、小路二等兵、青鬼蜘蛛、X(ザ・ゴールデン・カップス4号=あーちゃん)
(21分53秒 ボノくんフリップ)
ボノくん、天龍源一郎、越中詩郎、TAJIRI、X(ナットーマン)

 メイン後、高田総統劇場でボノくんの弟分のあーちゃんがモンスター軍に加入。
劇場中、高田総統が膝をついて倒れる。


◆みちのく ++++++++++++++++++++++

▼1・17 『闘い初め2009』岩手・矢巾
■M-12〜東北ジュニアヘビー級王座次期挑戦者決定時間差バトルロイヤル
○ラッセ(28分32秒 オーバーザトップロープ)南野タケシ●

 ラッセが3・14矢巾でタイトル挑戦決定

▼1・18 仙台
■東北タッグ&UWA世界タッグ両選手権試合
[UWAタッグ王者]○佐藤秀、佐藤恵(25分45秒 エビ固め)グレート・サスケ、義経●[東北タッグ王者]
※佐藤兄弟がUWA初防衛、第12代東北タッグ王者に

 この結果により、九龍が東北のベルト独占。


◆K−DOJO ++++++++++++++++++++++

▼1・3 『K-DREAME'09』千葉Blue Field
■第5試合 インディペンデント・ワールド・ジュニアヘビー級選手権試合
[王者]○大石真翔(16分53秒 直伝トルネードクラッチ)野橋真実●[挑戦者]
※第9代王者が5度目の防衛に成功

■第6試合 タッグマッチ
真霜拳號、●滝澤大志(20分50秒 体固め)鈴木みのる○、佐藤光留

 真霜と鈴木が初遭遇。

▼1・10 『CLUB-K 3000』
■タッグマッチ
滝澤大志、●ヒロ・トウナイ(17分1秒 デスバレーボム→片エビ固め)柏大五郎、稲松三郎○

 稲松三郎が牙騎鱗を離脱。Ωの新メンバーに。

▼1・31 『CLUB-K SUPER kick』
■第4試合 バンビ vs サスケ完全決着戦 シングルマッチ 時間無制限一本勝負
○バンビ(7分2秒 TKO)ザ・グレート・サスケ●

 「手を触れずに倒す」とサスケ。サスケvocalのセパラドスで苦しめるも、最後はムチで滅多打ち。セコンドのタオル投入により敗北。
今後はバンビ様の下僕として“あらゆるスケジュールより付き人業務優先”に。

■第6試合 タッグマッチ
○TAKAみちのく、JOE、YOSHIYA
(17分54秒 スーパーポンプブーツ→体固め)
真霜拳號、●関根龍一、X= HARASHIMA(DDT)

 DDTのHARASHIMAが千葉籠り修行に。

■第7試合 インディペント・ワールド・ジュニアヘビー級選手権試合
[王者]○大石真翔(27分7秒 直伝トルネードクラッチ)●旭志織[挑戦者]
※第9代王者が6度目の防衛成功

 物凄い大評価を受けた一戦。Kが誇る名タッグの直接対決。残念ながらノーTV。


◆IWAジャパン ++++++++++++++++++++++

▼1・12 『1月大会』新宿FACE
■カベジェラ・コントラ・ケムクジャラ
[IWA軍]○松田慶三、維新力(9分15秒 片エビ固め)ビッグフット●、雪男[UMA軍]
※IWA軍が負けたら維新力が髪の毛、UMA軍が負けたらビッグフットが体毛を剃る。

 敗れたビッグフットの代わりに、ハル・ミヤコ女史が髪の毛を断髪。
15周年記念大会で浅野社長との対戦を要求。


◆アパッチプロレス軍 ++++++++++++++++++++++

▼1・15 新木場大会
■アパッチ式デスマッチ
○佐々木貴(19分24秒 片エビ固め)葛西純●

 この大会から親会社無しの新体制による独自興行スタート。


◆ドラディション ++++++++++++++++++++++

▼1・29 『DRADITION NEW YEAR FIGHT 2009』
■シングルマッチ
○藤波辰爾(14分17秒 足4の字固め)関本大介●


◆リキプロ ++++++++++++++++++++++

▼1・10 『LOCK UP 新宿大会』
■WEWヘビー級選手権試合
[王者]○石井智宏(17分27秒 片エビ固め)金村キンタロー●[挑戦者]
※第6代王者が2度目の防衛に成功


◆男子 その他 ++++++++++++++++++++++

▼1・24 ハヤブサプロデュース興行 Fiesta del"HAYABUSA"『PHOENIX』新宿FACE
■第1試合
○フライングキッド市原(5分40秒 ファルコンアロー→片エビ固め)超電戦士バトレンジャー●
■第2試合
○パンディータ2009、○ザ・ターボマン(7分28秒 コックローチ吹きかけ→Wフォール)ザ・コックローチIII●、ザ・コックローチIV●
■第3試合
●リッキー・フジ、大矢剛功(15分54秒 29歳→体固め)マンモス佐々木○、GOEMON
■第4試合
鷹木信悟、●戸澤陽(23分35秒 スライディングD→片エビ固め)田中将斗○、黒田哲広
■メーンイベント
ハヤブサ・キッド(ドラゴン・キッド)、○ダークサイド・ハヤブサ(PAC)、H(B×Bハルク)
(16分15秒 フェニックス・スプラッシュ→片エビ固め
闘龍、NOSAWA論外、●MAZADA

 ドラゴンゲート全面協力のもと開催。元FMWの懐かしい面々も参戦。

▼グラン浜田が新団体『MWF』旗揚げ。
4・5大阪IMPホールで旗揚げ興行。大阪を拠点に月一のペースで開催。


◆NEO ++++++++++++++++++++++

▼1・11 北沢タウンホール『NEO STAGE 09』
■トーナメント1回戦
●タニーマウス(10分26秒 エビ固め)松尾永遠○、○夏樹たいよう(12分19秒 モモ☆ラッチ)江本敦子●、○田村欣子(15分14秒 片エビ固め)栗原あゆみ●、○井上京子(15分26秒 エビ固め)華名●
▼1・18 トーナメント2回戦
○井上京子(8分59秒 エビ固め)木村響子●、●松尾永遠(7分23秒 片エビ固め)松本浩代○、○三田英津子(14分38秒 体固め)夏樹☆たいよう●、●田村欣子(16分14秒 体固め)宮崎有妃○


◆JWP ++++++++++++++++++++++

▼1・25 『Osaka Pure Fire!!2』大阪・デルフィンアリーナ(当時)
■JWP認定タッグ&デイリースポーツ女子タッグ両選手権試合
[2冠王者]●植松寿絵&輝優優(18分16秒 片エビ固め)蹴射斗○、堀田祐美子[挑戦者]
※第30代JWPタッグ王者&第3代デイリースポーツ女子タッグ王者誕生


◆OZアカデミー ++++++++++++++++++++++

▼1・11 『THE WIZARD OF OZ 2009』新宿FACE
■OZアカデミー認定無差別級選手権試合(時間無制限1本勝負)
[王者]●カルロス天野(16分10秒 首固め)尾崎魔弓○[挑戦者]
※王者が3度目の防衛に失敗。第3代王者誕生


◆LLPW ++++++++++++++++++++++

▼1・18 『新春初夢紀行2009 始まりの巻』後楽園ホール
遠藤美月社長へ堀田祐美子が強烈な批判。


◆アイスリボン ++++++++++++++++++++++

 埼玉県蕨市に道場「イサミレッスル武闘館」を設立。


◆センダイガールズ ++++++++++++++++++++++

 ティラノサウルス奥田が退団。その後はMAKEHEN所属に。新リングネームは羽沙羅(バサラ)。
▼1・25 『タイヤハウスBEST杯ニューイヤー1DAYトーナメント』
■決勝戦
○里村明衣子(12分14秒 体固め)水波綾●


◆女子プロレス その他 ++++++++++++++++++++++
▼1・4 堀田祐美子自主興行『デビュー25周年記念興行〜暴走Z魂』新宿FACE
■第一試合 シングルマッチ おい勝ったぞ!私を忘れてるんじゃねぞ!(30分1本勝負)
●阿部幸江(12分36秒 テキサス・クローバー・ホールド)闘獣牙Leon○
■第二試合 ミゼットプロレス もう二度と見られない、今日が見納め 全女名物!!ミゼットプロレス(10分1本勝負)
●Mr.ブッタマン(5分5秒 体固め)プリティ太田○
■第三試合 コスプレマッチ 最強ヒールコスプレマッチ(時間無制限1本勝負)
ダンプ松本(サソリ)、ブル中野(伊藤薫)
(3分51秒 ダイビングギロチンドロップ→体固め)
●北斗晶(堀田祐美子)、堀田祐美子(脇澤美穂)
■第四試合 タッグマッチ カベは越えるものではない、ブチ壊せ!!(30分1本勝負)
井上貴子、○伊藤薫(16分22秒 体固め)佐藤綾子●、夏樹☆たいよう
■第五試合 タッグマッチ 下田美馬指名マッチ〜健在の証明〜(60分3本勝負)
豊田魔波、下田美馬(2−1)華名、中島安里紗
1:○豊田(2分37秒 ジャパニーズオーシャンスープレックスホールド)中島●、2:○華名(2分56秒 片エビ固め)下田●、3:○下田(9分55秒 変形エビ固め)華名●
■第六試合 堀田祐美子デビュー25周年記念試合 暴走!暴走!暴走!暴走!暴走!全女暴走!私かお前かっ!いざ出陣!!(60分1本勝負)
○高橋奈苗(16分24秒 片エビ固め)堀田祐美子●

 大会の締めには北島三郎さんも登場。

▼1・10 パッション・レッド興行『1PASSION』板橋グリーンホール
■紅きこと情熱の如し
○高橋奈苗、夏樹☆たいよう、華名
(20分4秒 片エビ固め)
里村明衣子、水波綾、DASH・チサコ

■華名情熱マイロードGO!マイル
△華名(15分時間切れ引き分け)松本浩代△
 5番勝負がスタート。


■その他のニュース ++++++++++++++++++++++
ジャイアント馬場さん、没後10年(1月31日)
J-SportsのWWE放送の3週間のタイムラグが3月から10日に短縮決定。


↓お時間があれば、エルボードロップ風にポチッとお願いいたします。
人気ブログランキングへ
JUGEMテーマ:プロレス


| からし | 2009 プロレス界まとめ | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
2009/12/02 3:30 PM posted by: スナフキンベイベー
団体も多くなり1月だけでもすごい量になりますね。お疲れ様です。

KENTA×鼓太郎戦は個人的にはベストバウトってくらい会場で興奮しましたね〜。
2009/12/02 8:49 PM posted by: からし(管理人)
>スナフキンベイベーさん
そうなんですよねぇ。
こういう時に、他団体時代となっている現状を恨んだりしてます(笑)

KENTAvs鼓太郎はTV観戦でしたが、悪に覚醒した鼓太郎選手にイライラしつつも、好内容に拍手してしまいましたね〜。
是非とも東スポ大賞にノミネートしてほしい一戦ですね。
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。