無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
【プロレス】09年プロレス界を“ざっと”振り返ってみよう。5月編
 5月です。
ゴールデンウイークがあるということで物凄い興行が固まってますw
打ち込んでいった感じ、2ヶ月分くらいあったような感覚(汗)

私はというと、長い田舎プロレスファンですが、後楽園ホールをはじめ、新木場1stリング、武道館に初参戦!!
いやぁ〜、幸せでした(笑)
もちろん、来年も行きますよ〜(≧皿≦)

記憶に残る興行としては、新日本5・6での中西さんIWGP初戴冠を生で体感できた事!
大の男が一人で涙してました(^w^;
あとは、三沢さんの最後の武道館での雄姿を目にできたのが…。
これが最後のハズではなかったのにぁ…。
まさかこれから一ヶ月後にあんなことが起こるなんて…。

そして新日本の後楽園ホール2デイズはとても素晴らしかった!
中西さんの初戴冠には客席で本気で泣いてました(汗)

Iジャの世界はやっぱり素晴らしい。

そして女子プロレスではさくらえみさんの存在にすごく救われた印象があります。
奈苗選手が大きな異常が残ったりしなくて本当に良かった。

それでは怒涛の5月です!


◆新日本プロレス ++++++++++++++++++++++

▼5・3 福岡国際センター『レスリングどんたく2009』
■タッグマッチ
○中邑真輔、矢野通(11分32秒 ランドスライド→片エビ固め)真壁刀義、本間朋晃●
■タッグマッチ
○獣神サンダー・ライガー、CIMA(13分3秒 CTB→体固め)タイガーマスク、金本浩二●
■天山広吉復帰戦 〜IWGPタッグ王座次期挑戦者決定戦〜
●天山広吉、小島聡(18分44秒 ガンスタン→エビ固め)ジャイアント・バーナード、“ザ・マシンガン”カール・アンダーソン●
■ドッグカラーチェーンデスマッチ
○永田裕志(20分7秒 KO勝ち)飯塚高史●
■IWGPヘビー級選手権試合
[王者]○棚橋弘至(29分39秒 ハイフライフロー→片エビ固め)後藤洋央紀●[挑戦者]
※第50代王者が3度目の防衛に成功

▼5・5 後楽園ホール『Divergence』
■スペシャルタッグマッチ
後藤洋央紀、●岡田かずちか(16分20秒 オリンピック予選スラム→体固め)杉浦貴○、青木篤志(NOAH)

 1・4からの対抗戦続編。試合後、杉浦が後藤との一騎打ちを要求。青木は6月開催のベスト・オブ・ザ・スーパージュニア参戦表明。

■スペシャルタッグマッチ NJPW vs NOAH & DDT Battle Intentions
棚橋弘至、●金本浩二(20分25秒 レフェリーストップ)森嶋猛(NOAH)○、飯伏幸太(DDT)

 ミスティコが豚インフルエンザの影響で来日できず欠場に。
変更カードに森嶋&飯伏組が組まれ、大盛り上がりに。
飯伏は待望の新日本初参戦。試合後に6月開催のベスト・オブ・ザ・スーパージュニア参戦表明。

▼5・6 後楽園ホール『Dissidence』
■IWGPジュニア選手権試合
[王者]○タイガーマスク(10分12秒 デストロイスープレックス)ブラックタイガー●[挑戦者]
※王者が3度目の防衛に成功
■スペシャルシングルマッチ Rule of Dissidence
○後藤洋央紀(11分33秒 昇龍結界)大森隆男●
■フォールズカウント・エニウェアマッチ
○井上亘(24分31秒 北側ステージ上でのオラシオンフレイムonチェアー)石井智宏●

 長かった抗争物語、ひとまず決着。

■IWGPヘビー級選手権
[王者]●棚橋弘至(21分41秒 ジャーマン・スープレックス・ホールド)中西学○[挑戦者]
※第51代新王者誕生

 まさかまさかの王座交代劇に後楽園ホール大爆発と感動の涙。

▼5・30 後楽園ホール『Circuit 2009 BEST OF THE SUPER Jr.XVI〜The Hard Luck Soldiers〜開幕戦』
【Aブロック】タイガーマスク、AKIRA、ミラノコレクションA.T.、プリンス・デヴィット、ブラック・タイガー、邪道、青木篤志(NOAH)
【Bブロック】獣神サンダー・ライガー、金本浩二、田口隆祐、タイチ、菊地毅(NOAH)、飯伏幸太(DDT)、YAMATO(DRAGON GATE)
■Bブロック公式戦
○金本浩二[2点](14分18秒 アンクルホールド)飯伏幸太●[0点]

▼5・31 水戸
■Bブロック公式戦
菊池毅(9分18秒 片エビ固め)金本浩二●

 菊池が予想外の快進撃をみせる。


◆全日本プロレス ++++++++++++++++++++++

▼5・15 新宿FACE『全日本プロレス×腐男塾 腐ァイティングライブ 2009 勝つんだ!』
■ファイナル腐ァイティング 〜腐男塾vsブラック・ブードゥー・マーダーズ〜
○青明寺浦正、爆露マンwithカズ・ハヤシ(5分20秒 凶器攻撃→反則)TARU、クライシス●withブラック・ジャジィ 
■延長戦 6人タッグマッチ
○青明寺浦正、爆露マン、カズ・ハヤシ(7分54秒 ブルートルネード→片エビ固め)TARU、クライシス●、ヘイト

▼5・17 『RISE UP TOUR 2009 開幕戦』
■河野真幸 全日本プロレス復帰戦
武藤敬司、○河野真幸(25分29秒 雪崩式腕ひしぎ逆十字固め)小島聡●、諏訪魔

▼5・30 愛知県体育館
■6人タッグマッチ
武藤敬司、○曙、浜亮太(12分21秒 片エビ固め)TARU、ゾディアック、ジョー・ドーリング●
■シングルマッチ
○諏訪魔(13分32秒 体固め)河野真幸●
■世界ジュニアヘビー級選手権試合
[王者]○カズ・ハヤシ(25分30秒 パワープラント→片エビ固め)歳三●[挑戦者]
※王者が2度目の防衛に成功
■三冠ヘビー級選手権試合
[王者]○高山善廣(22分59秒 エベレストジャーマンSH)鈴木みのる●[挑戦者]
※第39代王者が初防衛に成功


◆NOAH ++++++++++++++++++++++

▼5・6 日本武道館『グローバル・タッグリーグ戦'09 最終戦』
■タッグマッチ
○KENTA、石森太二(6分49秒 go2sleep→片エビ固め)中嶋勝彦、起田高志●

 試合後、黒覆面がKENTAを襲撃。マスクを脱ぐと正体はリッキー・マルビン。
KENTAは疑惑の目を向けていた石森と仲直りの握手をするも、石森も欲を出し3WAYタイトルマッチの流れになったところをジョー樋口管理委員長が制止。
日を改めてリッキー vs 石森の挑戦者決定戦をおこなう事に。

■タッグマッチ
獣神サンダー・ライガー、○金本浩二(15分25秒 アンクルホールド)金丸義信、平柳玄藩●

 平柳の暴言からライガー&金本が殴り込み。

■タッグマッチ
○小橋建太、伊藤旭彦(17分2秒 剛腕ラリアット→体固め)天山広吉、岡田かずちか●
■グローバルタッグ公式戦
○秋山準、谷口周平[3勝4敗=6点](5分0秒 秋山クラッチ)モハメド・ヨネ●、力皇猛[3勝2敗2分=8点]

 試合後、決勝進出を阻まれたディス・オベイが秋山を攻撃。小橋が救出に表れ、再合体を宣言。

■グローバルタッグ公式戦
三沢光晴、○潮崎豪[4勝2敗1分=9点](22分53秒 豪腕ラリアット→片エビ固め)森嶋猛●、佐々木健介[2勝2敗2分=8点]
※三沢&潮崎組が優勝

三沢「ぶっちゃけ、俺は何にもやってないんでね(苦笑)ご苦労さん。今日は飲み代はオレのおごりで」

▼5・17 ディファ有明『KENTAプロデュース興行 CROSS ROAD』
■第1試合
○小橋建太(5分59秒 剛腕ラリアット→体固め)平柳玄藩●
■第3試合
橋誠、齋藤彰俊、○井上雅央(17分6秒 前方回転エビ固めを切り返す)三沢光晴、志賀賢太郎、川畑輝鎮●
 三沢が橋選手の天狗の面をかぶる場面も。橋、雅央のお尻にグリグリw
■第4試合 3WAYマッチ
伊藤旭彦 vs 石森太二 vs 金丸義信
(2分57秒 ノーコンテスト)
■第5試合
金丸義信、○鈴木鼓太郎(9分34秒 ブルーディスティニー→片エビ固め)石森太二、伊藤旭彦●

当初は石森 vs 伊藤 vs 金丸の3WAYだったが、カードに入っていなかった鼓太郎が乱入。
プロデューサー・KENTAによりそのままタッグマッチに変更。も、試合後、石森を狙った鼓太郎のアッパー掌底が金丸に誤爆。
そのまま仲間割れを起こし、金丸が石森の肩をたたき引き上げる。
後に、金丸が石森と合体。

■第6試合
○潮崎豪(20分18秒 ムーンサルトプレス)谷口周平●
■第8試合
●KENTA(29分14秒 変形スターネスダストα→体固め)秋山準○

▼5・18 ディファ有明『SEMex DIFFER』
 NOAHファンクラブ会員と同伴者限定特別興行
■GHCジュニアヘビー級選手権次期挑戦者決定戦
●石森太二(27分1秒 変形背骨折り→エビ固め)リッキー・マルビン○
※リッキーが次期挑戦者に。石森がKENTAに反旗をひるがえす。
■第4試合
○三沢光晴(9分58秒 エメラルドフロウジョン→片エビ固め)青木篤志●

 三沢さん、最後のシングルマッチに…。

■タッグマッチ
小橋建太、潮崎豪(26分1秒 ゴーフラッシャー→片エビ固め)秋山準、谷口周平●


◆ZERO1 ++++++++++++++++++++++

▼5・9 大阪府立第2体育館『ZERO1 WRESLER'S』
■ZERO1 vs Spirits of B
○大谷晋二郎、日高郁人(17分16秒 片エビ固め)石川雄規●、稔
■ZERO1×DRAGON GATE〜スペシャルジェネレーションバトル
○田中将斗、望月成晃(20分35秒 ローリングエルボー→片エビ固め)崔領二●、鷹木信悟

▼5・24 『WRESTLER'S 3』
■WPF指名試合
○佐藤耕平(14分0秒 ジャーマンスープレックスホールド)KAMIKAZE●
 WPFから出場停止を受けていたKAMIKAZEが復帰。
■ZERO1 Scrambling Survivor1
○大谷晋二郎(16分12秒 スパイラルボム→エビ固め)藤田ミノル●
■ZERO1vsソウルコネクション〜NWAインターコンチネンタルタッグ選手権試合
[王者]○崔領二、浪口修(19分10秒 那智の滝→片エビ固め)大鷲透、菅原拓也●[挑戦者]
※王者組が初防衛に成功
■ZERO1 Scrambling Suvivor 2
○田中将斗(21分1秒 スライディングD→エビ固め)日高郁人●


◆DRAGON GATE ++++++++++++++++++++++

▼5・5 愛知県体育館『DEAD or ALIVE 2009』
■シングルマッチ
○B×Bハルク[ダークサイド・ハルク](16分44秒 TKO勝ち)YAMATO●
■4WAYマッチ
○吉野正人(18分47秒 TKO)鷹木信悟●
1:○吉野正人(9分42秒 片エビ固め)KAGETORA●
2:○吉野正人(12分45秒 スピードスター)サイバーコング●
■オープン・ザ・ツインゲート統一タッグ選手権3WAYマッチ
1:[王者]○横須賀享、Gamma(15分22秒 片エビ固め)新井健一郎、神田裕之●[挑戦者]
2:[王者]●横須賀享、Gamma(20分33秒 片エビ固め)斎藤了○、堀口元気[挑戦者]
※王者組が2度目の防衛に失敗、第7代王者が誕生
■オープン・ザ・ブレイブゲート選手権試合
[王者]○CIMA(26分37秒 メテオラ→エビ固め)ドラゴン・キッド●[挑戦者]
※第13代王者が初防衛に成功
■オープン・ザ・ドリームゲート選手権試合
[王者]○土井成樹(15分24秒 バカタレスライディングキック→片エビ固め)曙●[挑戦者]
※第10代王者が3度目の防衛に成功

 なりふり構わぬファイトで活路を見出す。

▼5・15 後楽園ホール『AGGRESSIVE GATE』
■オープン・ザ・お笑いゲート選手権試合
[王者]○アンソニー・W・森(6分17秒 エレガントーン→片エビ固め)菊タロー●[挑戦者]
※試合後ジャッジは菊タロー勝利、よって菊タローが新王者に
■シングルマッチ
○吉野正人(15分20秒 ソル・ナシエンテ改)サイバー・コング●
 試合後、吉野が土井の持つドリームゲートに挑戦表明。
■シングルマッチ
△ドン・フジイ(1分35秒 両者リングアウト)YAMATO△
■再試合
○ドン・フジイ(8分47秒 横入り式エビ固め)YAMATO●
■WARRIORS-5 vs KAMIKAZE vs リアルハザード サバイバルイエイミネーション3WAYマッチ
○KAMIKAZE]○鷹木信悟、ドラゴン・キッド、戸澤 陽、近野剣(31分11秒 パンピング・ボンバー→エビ固め)堀口元気、神田裕之、新井健一郎●、斎藤了[リアルハザード]
[WARRIORS-5]CIMA、Gamma、横須賀享、KAGETORA
※1人残りでKAMIKAZEの勝利

▼5・24 札幌
■シングルマッチ
○鷹木信悟(18分9秒 パンピングボンバー→抱え込み式エビ固め)YAMATO●
■オープン・ザ・トライアングルゲート選手権
[王者]CIMA、KAGETORA、○Gamma(23分54秒 雪崩式ツームストンパイルドライバー→片エビ固め)吉野正人●、B×Bハルク、PAC[挑戦者]
※王者組が初防衛に成功

▼5・29 大阪府立体育館第2競技場
■オープン・ザ・ドリームゲート次期挑戦者決定戦
○吉野正人(25分2秒 ソル・ナシエンテ改)Gamma●

▼5・30 神戸サンボーホール
■オープン・ザ・ブレイブ・ゲート選手権試合
[王者]○CIMA(22分21秒 エビ固め)戸澤陽●[挑戦者]
※第13代王者が2度目の防衛に成功

▼5・31 神戸
■シングルマッチ
○鷹木信悟(5分19秒 片エビ固め)KAGETORA●


◆DDT ++++++++++++++++++++++

▼5・4 後楽園ホール『MAX BUMP 2009』
■第4試合 伊仏戦争最終戦 UWA世界6人タッグ選手権
[王者組]フランチェスコ・トーゴー、○アントーニオ本多、PIZAみちのく(10分35秒 首固め)●ルイ高梨14世、大森隆男、関本大介[挑戦者組]
※王者組が防衛に成功。高梨はDDT追放

 大森さんに“神”が降臨(笑)

■第5試合 KO−Dタッグ選手権試合
[王者組]飯伏幸太、○ケニー・オメガ(22分49秒 ゴールデンシャワー→体固め)●男色ディーノ、ヨシヒコ[挑戦者]
※第28代王者組が初防衛に成功

 動画サイトでも日本の向こう側まで大盛り上がりとなった一戦。ヨシヒコ旋風がここからはじまった。

■第6試合 KO−D無差別級選手権試合
[王者]●高木三四郎(21分41秒 蒼魔刀→片エビ固め)HARASHIMA○[挑戦者]
※第27代王者が6度目の防衛に失敗。HARASHIMAが第28代王者に

▼5・10 博多『レスリングとんこつ!2009』
■CMLL認定KO-Dタッグ選手権試合
[王者]飯伏幸太、●ケニー・オメガ(19分22秒 イタリアンドライバー→片エビ固め)F・トーゴー○、PIZAみちのく
※第29代新王者誕生

▼5・31 豊中『豊中ラブストーリー2009』
■KO-D無差別級選手権試合
[王者]○HARASHIMA(21分45秒 体固め)KUDO●[挑戦者]
※王者が初防衛に成功


◆マッスル ++++++++++++++++++++++

▼5・4 後楽園ホール『マッスルハウス8〜日墨友好数十周年記念大会 ツルティモドラゴマニア』
■ツルティモドラゴンジム生がプロライセンスを取得し日本逆上陸
■後楽園ホールがパチンコホールとして新装開店
■お客の見たいものを聞くため、一人目に選んだ人が偶然にも鈴木みのる
■メカマミーが現れみのると戦闘。ブラジルまで闘いが及ぶ。川でゴッチ式パイルドライバーパイルドライバーを決めて、メカマミー爆発
■鈴木みのるが右目をおさえながら生還。も、控室で右目がメカ化しているのが映り、興行終了。


◆健介オフィス ++++++++++++++++++++++

▼5・21 SHINJUKU FACE『Take The Chance Vol.2』
■タッグマッチ
望月成晃、○ザ・グレート・サスケ(21分11秒 片エビ固め)中嶋勝彦、エル・ブレイザー●
■起田高志“顔力”五番勝負 vsチャンピオン編その2
○ビリーケン・キッド(11分27秒 片エビ固め)起田高志[0勝2敗]

▼5・24 福島『Take The Dream Vol.8』
■6人タッグマッチ
○佐々木健介、起田高志、飯伏幸太(21分30秒 体固め)森嶋猛、リッキー・マルビン●、KAZMA


◆大日本プロレス ++++++++++++++++++++++

▼伊東竜二が欠場
5・9四日市大会にて背中を蛍光灯の破片にエグられ、手術を要する重症。
これにより、最侠タッグリーグ決勝は竹田&木高組が進出。

▼5・28 後楽園ホール『大日本最侠タッグリーグ戦 最終戦』
■ 第4試合 葛西純大日本復帰戦 ハードコア6人タッグマッチ
○葛西純、沼沢邪鬼、MASADA(15分33秒 パールハーバースプラッシュ)シャドウWX、アブドーラ小林、星野勘九郎●
■最侠タッグリーグ優勝決定戦&BJW認定タッグ王座決定戦〜4コーナー最侠デスタワーデスマッチ
宮本裕向、佐々木貴(30分時間切れ引き分け)竹田誠志、木高イサミ
■延長戦
○竹田誠志、木高イサミ(5分35秒 ドラゴンスープレックスホールド)宮本裕向●、佐々木貴
※竹田&木高組が初優勝。第26代王者に

 一度は途絶えた道をつなぎとめ、ヤングブラッドが栄冠を獲得。
その場で竹田はデスマッチ王者・宮本に挑戦表明。木高も佐々木にシングルマッチ要求。


◆大阪プロレス ++++++++++++++++++++++

▼5・16 大阪ミナミMoveOnアリーナ『SATURDAY NIGHT STORY』
■大阪プロレス選手権試合
[王者]○ビリーケン・キッド(23分2秒 片エビ固め)高井憲吾●[挑戦者]
※第15代王者が2度目の防衛に成功
■8人タッグマッチ
○タイガースマスク、ブラックバファロー、The Bodyguard、ヲロチ(9分41秒 不思議な第三惑星)秀吉、政宗、小峠篤司●、原田大輔
 ルード軍から「原田大輔が裏切り者」と宣言され、B&Gは日々揺れに揺れる。

▼5・20 後楽園ホール『大阪プロレス10周年記念興行〜天下統一2009〜』
■6人タッグマッチ
菊タロー、ミラクルマン、○松山勘十郎(11分53秒 山門→片エビ固め)くいしんぼう仮面●、えべっさん、アップルみゆき
■6人タッグマッチ
○火野裕士、大石真翔、旭志織(12分15秒 体固め)小峠篤司●、原田大輔、タダスケ
■タッグマッチ 30分1本勝負
望月成晃、○ドン・フジイ(13分47秒 ナイスジャーマン)秀吉、政宗●
■スペシャルシングルマッチ 60分1本勝負
○佐々木健介(6分8秒 ラリアット→体固め)The Bodyguard●
■大阪プロレスタッグ選手権 時間無制限1本勝負
[王者組]ザ・グレート・サスケ、●アジアン・クーガー(13分14秒 変形回転エビ固め)タイガースマスク○、ブラックバファロー[挑戦者]
※タイガースマスク組が第22代王者組に
■スペシャルシングルマッチ 時間無制限1本勝負
●ビリーケン・キッド(20分43秒 ダイビング・セントーン→片エビ固め)ディック東郷○
 大阪王者、東郷に2連敗。



◆ハッスル ++++++++++++++++++++++

▼5・4 横浜『ハッスルツアー2009』
○マグナムTOKYO(16分20秒 踏みつけ式体固め)モンスターHG●
 シングル3連戦はマグナムの全勝。
■6人タッグマッチ
○ボノくん、越中詩郎、RG(12分10秒 体固め)C・L・ケイド、R・ボナパルト、フランソワーズ●
 ボノくんがフランソワーズのお色気攻撃を克服。フランソワーズは08年1月のLLPW以来の試合。

▼5・23 埼玉『ハッスルツアー2009〜5・23 in SAITAMA』
■6人タッグマッチ
○ボノくん、天龍源一郎、越中詩郎(13分36秒 片エビ固め)川田利明、アン・ジョー司令長官●、モンスターHG
 天龍が3ケ月ぶりに復帰。
■タッグマッチ
○マグナムTOKYO、TAJIRI(13分36秒 片エビ固め)カウボーイ・ランス・ケイド、レネ・ボナパルト●

▼5・27 後楽園ホール『ハッスルツアー2009〜5・27 in KOURAKUEN〜』
■タッグマッチ
○越中詩郎、KG(6分11秒 ロメロスペシャル)レイ大原、赤鬼蜘蛛●
 KGが大原の持つNWAインターナショナルジュニア王座に挑戦表明。
■シングルマッチ
○坂田亘(10分42秒 片エビ固め)小路二等兵●
 坂田が小路に共闘を呼びかける
○川田利明(5分19秒 体固め)ボノくん●
■タッグマッチ
○マグナムTOKYO、TAJIRI(12分43秒 エビ固め)カウボーイ・ランス・ケイド、レネ・ボナパルト●


◆みちのく ++++++++++++++++++++++

▼5・16 岩手『西口プロレス東北乗っ取りツアー2009』
■シングルマッチ
○フジタ“Jr"ハヤト(7分23秒 ヘルム→体固め)日向寺塁●
■タッグマッチ
○ハチミツ真也、三沢が光晴(11分23秒 片エビ固め)ユダンハンセン●、ジャイアント小馬場
■シングルマッチ
○ザ・グレート・サスケ(12分45秒 エビ固め)アントニオ小猪木●
■タッグマッチ
新崎人生、○男盛(9分52秒 反則勝ち)ラブセクシーローズ●、ラブセクシーヤング

▼5・31 沖縄・デルフィンアリーナ国際通り『沖縄大会』
■みちのくプロレス vs 沖縄プロレス
ザ・グレート・サスケ、○新崎人生、野橋真実(19分20秒 片エビ固め)シーサー王、カンムリワシ用高、めんそ〜れ親父●
■シングルマッチ
○フジタ“Jr"ハヤト(12分47秒 片エビ固め)気仙沼二郎●


◆K−DOJO ++++++++++++++++++++++

▼5・2千葉Blue Field『GWSP6』
■K-METAL LEAGUE’09公式戦/15分一本勝負
【参加選手】関根龍一、河上隆一、ランディ拓也、ヒロ・トウナイ、白波佑助
■6人タッグマッチ
○TAKAみちのく、JOE、ケニー・オメガ(14分32秒 みちのくドライバー侠体固め)大石真翔●、旭詩織、ヘイト

▼5・3
■タッグマッチ
真霜拳號、○KAZMA(20分18秒 片エビ固め)鈴木みのる、佐藤光留●

▼5・4
■タッグマッチ
火野裕士、●稲松三郎(17分24秒 スライディングD→片エビ固め)大谷晋二郎、田中将斗○

▼5・5
■シングルマッチ
●KAZMA(10分3秒 アックスボンバー→片エビ固め)大森隆男○
■6人タッグマッチ
火野裕士、○バンビ、さすけ(13分36秒 火野がさすけをリフトアップして山縣の上に叩きつける→体固め)TAKAみちのく、JOE、山縣優●

▼5・6 『CLUB-K SUPER necessary...』
■K-METAL LEAGUE’09決勝戦
○ランディ拓也(13分46秒 ランディフェイス)ヒロ・トウナイ●
※ランディが通算2度目の優勝
■KAIENTAI DOJO認定WEWハードコアタッグ選手権試合
[王者]YOSHIYA、●H.C.K狐次郎(18分7秒 火を付けたレガースでバズソーキック→片エビ固め)バラモン・シュウ、バラモン・ケイ○[挑戦者]
※第23代王者が2度目の防衛に失敗、第24代新王者が誕生
■CHAMPION OF STRONGEST-K選手権試合
[王者]○TAKAみちのく(19分12秒 ジャストフェースロック2006)大石真翔●[挑戦者]
※第8代王者が初防衛成功


◆IWAジャパン ++++++++++++++++++++++

▼5・24 新宿FACE『IWA JAPANプロレス15周年記念興行』
■第1試合 IWA世界ジュニア選手権次期挑戦者決定戦
○末吉利啓(9分18秒 リバースタイバードライバー→片エビ固め)西山秀紘
※特別レフリー=ザ・グレート・カブキ
■第2試合 IWAレジェンドキャラクター大集合!
○ウルトラセブン、タイガー・ジェット・シンジュク with MAYA(11分59秒 卍固め)河童小僧、ヘルアントマシン● with 杏仁師範
※特別レフリー=チョコボール向井
■第3試合 13年ぶりのシングル対決!
○さくらえみ(7分17秒 ミサイルキック→片エビ固め)市来貴代子●
■第4試合 IWA浅野ジャパン VS UMA軍団最終決戦
ビッグフット、雪男、○ハル・ミヤコ(4分32秒 ターザン後藤のヘッドバット→踏みつけ式体固め)維新力、浅野起州●、ジェイソン・ザ・テリブル
※特別立会人=山口敏太郎
■第5試合 IWA名物男女混合ミックストタッグマッチ
○ジャガー横田、矢野啓太(13分43秒 卍固め)ミス・モンゴル●、神威
■第6試合 IWAジュニアベストマッチ
○アジアン・クーガー(15分56秒 クーガーロック2号)グレート・タケル●
※特別レフリー=マーティー浅見
■第7試合 旗揚げ15周年記念特別試合〜IWAの現在、過去、そして未来〜
○松田慶三、TAJIRI、小部卓真(15分27秒 ランニングラリアット)ブラックバファロー、シャドウWX、三宅綾●
※特別立会人=スティーブ・ウィリアムス

 Iジャらしい明るく楽しく胡散臭い(?)賑やかな興行に。


◆アパッチプロレス軍 ++++++++++++++++++++++

▼5・22 新木場1stリング
■葛西純復帰戦!アパッチプロレス軍VSバラモン兄弟〜凶器持ち込み自由アパッチ式イリミネーション6人タッグデスマッチ
佐々木貴、葛西純、竹田誠志(3−2)バラモンシュウ、バラモンケイ、Ken45°
※一人残りでアパッチ軍の勝利

 試合後、“招かれざる客”金村キンタローが乱入。
08年1月に不祥事を起こして以来初の突然の乱入にアパッチ勢は強烈な拒否反応。
ハッピーエンドに泥を塗られる。


◆ドラディション ++++++++++++++++++++++

▼5・14 SHINJUKU FACE『Dream Impact』
■6人タッグマッチ
○藤波辰爾、長州力、初代タイガーマスク(10分18秒 ドラゴンスリーパー)グラン浜田●、青柳政司、ヒロ斎藤


◆男子 その他 ++++++++++++++++++++++

▼5・3 愛知『SGP 15周年記念大会』
■タッグマッチ
×ザ・グレート・サスケ、ウルトラマンロビン(27分30秒 無効試合)佐藤秀、佐藤恵×

 フリーマーケット会場で宇宙大戦争。

▼5・9 東京・ミズノフットサルプラザ味の素スタジアム『コラソンプロレスin調布』
■第2試合
高木三四郎、○JOE(12分49秒 シュウの和田京平レフェリーへのワーム攻撃)バラモンシュウ●、バラモンケイ

 京平さんが口にワームをつっこまれる(汗)

■第5試合
○永田裕志(10分31秒 逆エビ固め)田村和宏●

▼5・29 JCBホール『キン肉マニア2009』
■超人6人タッグトーナメント準決勝
○ロビンマスク、ウォーズマン、中西学(7分30秒 リバースタワーブリッジ)バッファローマン、モンゴルマン●、大森隆男
カナディアンマン、○スペシャルマン、永田裕志(7分49秒 横入り式エビ固め)ブロッケンJr、ウルフマン●、男色ディーノ
■超人6人タッグトーナメント決勝戦
○カナディアンマン、スペシャルマン、永田裕志(9分9秒 片エビ固め)アシュラマン、サンシャイン●、中西学
■スペシャルシングルマッチ
○キン肉マン(14分2秒 体固め)美濃輪育久●

▼5・29 新木場1stリング『新W★ING伝説1〜絆ーKIZUNAー〜』
■元祖W★INGスクランブルバンクハウスデスマッチ
○ミスター・ポーゴ、闘龍(15分48秒 失神KO)W★ING金村●、BADBOY非道

 伝説のW★INGが復活。

▼5・31 豊中『びっくりプロレス お前ら、見たらわかるやろ!6』
■シングルマッチ
○ディック東郷(10分44秒 ブレーンバスター→片エビ固め)菊タロー●
■スペシャルタッグマッチ
○飯伏幸太、中嶋勝彦(19分21秒 フェニックス・スプラッシュ→エビ固め)円華●、澤宗紀
■スペシャルシングルマッチ
○田中将斗(25分8秒 スライディングD→エビ固め)マグニチュード岸和田●

 岸和田はこの試合がきっかけでZERO1の夏の火祭りに出場。


◆NEO ++++++++++++++++++++++

▼5・5 後楽園ホール『MAY HISTORY 09』
■初代NEO認定ハイスピード王座決定戦 30分一本勝負
○夏樹☆たいよう(14分58秒 たいようちゃん☆スパニッシュフライ→体固め)Ray●
※夏樹が初代王者となる
■第5試合 松尾永遠引退試合
○宮崎有妃、タニー・マウス(14分29秒 ムーンサルトプレス→体固め)勇気彩、松尾永遠●

 最後まで笑顔で終わった松尾らしい引退試合。

■ハードコア・ルール
○木村響子、江本敦子、中川ともか(25分43秒 チェーン絞首刑→レフリーストップ)井上京子、松本浩代、三田英津子●
■NWA認定女子パシフィック&NEO認定シングル選手権
○田村欣子(15分5秒 マウントクック→エビ固め)さくらえみ●
※第21代王者さくらが初防衛に失敗。田村が第22代王者となる

 精神的にも難しいタイトルマッチを田村が乗り越える。
敗れたものの、さくらの姿勢も讃えられた名勝負に。

▼5・6 『春の板橋女子プロ祭り 最後の勝者』
■A型&AB型VSB型&O型 4vs4イリミネーションマッチ
○田村欣子、宮崎有妃、勇気彩、野崎渚[B型&O型](13分18秒 首固め)井上京子●、タニー・マウス、三田英津子、だいのぞみ[A型AB型]

▼5・24 ラゾーナ川崎『NEO CREATE』
■タッグマッチ
○三田英津子、タニー・マウス(14分21秒 元祖デスバレーボム→片エビ固め)木村響子、江本敦子●
 メキシコの下田美馬がサプライズ乱入。31日でのアマンドラ戦に向けての動き。

▼5・31 札幌『NEO STRONG HOLD IN JAPAN』
■特別試合〜ラスカチョvsアマンドラ〜ハードコアルール
木村響子、○江本敦子(29分17秒 片エビ固め)下田美馬、三田英津子●


◆JWP ++++++++++++++++++++++

▼5・3 板橋グリーンホール『春の板橋女子プロ祭り〜米KEOプロデュース・Thank you〜』
■スペシャルシングルマッチ
×闘獣牙Leon(8分0秒 江本&中川の乱入マスク剥ぎにより無効試合)木村響子×
■特別試合 時間無制限一本勝負
木村響子、○江本敦子、中川ともか(11分42秒 垂直落下式ブレーンバスター→片エビ固め)闘獣牙Leon、米山香織、ピンキー真由香●

▼5・24 ラゾーナ川崎『outbreak』
■タッグマッチ
春山香代子、○闘獣牙Leon(17分35秒 反則)木村響子、江本敦子●

 7・19でのタイトルマッチにむけ、春山と木村が激しくやりあう。

▼中島安里紗が5月31日づけで引退
 団体からの突然の発表。
ファンの前で別れを告げる事もなく、静かにマットから去る…。
ラストマッチは4・29博多での前村さき戦。
■前村さき引退ロード at JWP 20分1本勝負
○前村さき(11分8秒)ネバギバ)中島安里紗●


◆OZアカデミー ++++++++++++++++++++++

▼5・3 SHINJUKU FACE『OZ-real Emotion』
■OZアカデミー認定タッグ選手権試合
[王者]△永島千佳世、加藤園子(30分時間切れ引き分け)輝優優、AKINO△[挑戦者]
※第4代王者組が2度目の防衛に成功


◆LLPW ++++++++++++++++++++++

▼5・10 後楽園ホール『May Storm〜嵐闘激華〜』
■タッグマッチ
立野記代、ハーレー斉藤、○遠藤美月(20分30秒 反則勝ち)井上貴子、堀田祐美子●、豊田魔波

 堀田からの厳しい試練の前に今回も結果を残せず。遠藤がバックステージで涙ながらの社長辞任発言。


◆アイスリボン ++++++++++++++++++++++

▼5・4 『春の板橋女子プロ祭り』
○堀田祐美子(4分5秒 掌底→体固め)星ハム子
■ICE×60シングル選手権
[王者]○市来貴代子(9分5秒 ダイビング延髄ニー→体固め)真琴●[挑戦者]
※第2代王者が3度目の防衛に成功
■タッグマッチ
○さくらえみ、米山香織(17分11秒 2階からのニャンニャンプレス→エビ固め)牧場みのり●、石野由加莉


◆センダイガールズ ++++++++++++++++++++++

▼5・10 新潟『里村明衣子地元凱旋』
■第1試合
△石野由加莉(10分時間切れ引き分け)牧場みのり△
■第2試合
●悲恋(12分7秒 ハーフネルソンスープレックス)永島千佳世○
■第3試合
●水波綾(7分57秒 ダイビングフットスタンプ→体固め)ダイナマイト関西○
■第4試合
●仙台幸子、DASHチサコ(19分48秒 ヴァルキリースプラッシュ→体固め)尾崎魔弓、KAORU○
■第5試合 十度目の決戦
○里村明衣子(21分48秒 デスバレーボム→片エビ固め)アジャ・コング●


◆息吹 ++++++++++++++++++++++

▼5・4 板橋グリーンホール『春の板橋女子プロ祭り 息吹EXTRA〜road to hall〜』
 仙女との対抗戦。
○中川ともか(9分37秒 CRB)石野由加莉●
○Ray(11分59秒 ムーンサルトプレス)悲恋●
■シングルマッチ
△大畠美咲(20分時間切れ引き分け)DASHチサコ△
■延長戦
△大畠美咲(5分時間切れ引き分け)DASHチサコ△
 5・31後楽園ホール大会での松本浩代戦を懸けた一戦も決着つかず。
■タッグマッチ
○水波綾、仙台幸子(21分22秒 片エビ固め)松本浩代、エスイ●

▼5・31 後楽園ホール『第29回息吹〜4th Anniversary〜』
■第1試合
○大畠美咲(13分57秒 逆打ち→エビ固め)DASHチサコ●
※大畠がメインにて松本に挑戦
■JWP認定ジュニア&POP両選手権試合
[2冠王者]●松本浩代(18分53秒 雁之助クラッチ)大畠美咲○[挑戦者]
※王者が両タイトルの防衛に失敗、第17代JWPジュニア、第7代POP王者が誕生

■タッグマッチ
○里村明衣子、高橋奈苗(20分12秒 デスバレーボム→片エビ固め)Ray●、夏樹☆たいよう

 高橋は5・3板橋での欠場からの復帰戦。


◆女子プロレス その他 ++++++++++++++++++++++

▼5・2 新木場1stリング『レボルシオン・アマンドラ興行 R.A BAGUS!』
■シングルマッチ
●中川ともか(13分10秒 ペディグリー→エビ固め)GOEMON○
■2カウントフォールマッチ
○江本敦子(7分30秒 片エビ固め)栗原あゆみ
■ノーフォールマッチ
△江本敦子(10分時間切れ引き分け)AKINO△
■エニウェアハードコアルール
○アジャ・コング(18分0秒 垂直落下式ブレーンバスター・オン・ザ・デスク→体固め)江本敦子●
■蛍光灯スクリュータッグデスマッチ
●木村響子、宮本裕向(20分5秒 右脚with蛍光灯→体固め)佐々木貴○、竹田誠志

▼5・3 板橋グリーンホール『春の板橋女子プロ祭り〜パッションレッド興行 2PASSION』
■○里村明衣子、DASHチサコ、仙台幸子(20分45秒 デスバレーボム→片エビ固め)夏樹☆たいよう、華名、及川千尋●
■メイン NWA認定女子パシフィック&NEO認定シングル選手権負
[挑戦者]○さくらえみ(18分45秒 レフェリーストップ)●高橋奈苗[王者]
※さくらえみが王座奪取

 雪崩式回転エビ固めを喰らった奈苗選手が脳震盪、左肩を脱臼で救急車搬送。
そのままさくら選手が王者に。
これにより、高橋の5日のNEO後楽園ホール大会は欠場。世紀の一戦は延期。
NEOの後楽園ホール大会メインはさくらvs田村のタイトルマッチに。
ここからさくら、高橋、田村の3人による劇的なドラマが始まる。

▼5・5 『春の板橋女子プロ祭り チェリー興行 ファンタジーイリュージョン2』
■特別スペシャルシングルマッチ
○飯伏幸太(0分19秒 ミドルキック→体固め)真琴●
■再ファンタジー ハンディキャップマッチ 4カウントルール
○飯伏幸太(1分21秒 ブレーンバスター→片エビ固め)真琴●
■再々ファンタジー ハンディキャップマッチ 1カウントルール
○真琴(0分24秒 クロスボディー→体固め)飯伏幸太●
■スペシャル3WAYバナナ500本デスマッチ
○男色ディーノ(6分38秒 男色ドライバーonバナナinバナナ→漢固め)闘牛・空●
※もう一人は木村響子。牛がアイアンマンヘビーメタル級王座防衛に失敗、ディーノが第79代王者に
■シングルマッチ
○日向あずみ(13分36秒 みちのくドライバー侠片エビ固め)高梨マサ子●
■タッグマッチ
○チェリー、石川ジャイ子(14分51秒 春夜恋)アジャ・コング、植松寿絵●

▼5・6 『春の板橋女子プロ祭り 女王バチvol.3』
■女王バチルール
△及川千尋、佐藤綾子(30分時間切れ引き分け)華名、夏樹☆たいよう△


★お時間があれば、エルボードロップ風にポチッとお願いいたします。
人気ブログランキングへ
JUGEMテーマ:プロレス

| からし | 2009 プロレス界まとめ | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。