無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
【プロレス】09年プロレス界を“ざっと”振り返ってみよう。7月編
 7月です。

7月といえばDRAGON GATEでは恒例のビッグマッチ。
今年のメインは実に重い雰囲気で、本番まで緊張感が漂ってました。

全日本ではサヨウナラ、荒谷さん。
そして、大日本プロレスの建築現場デスマッチでは、またまた王者・宮本選手が竹田選手と伝説に残る名勝負を展開。
DDTでは飯伏選手と高木選手のワンマッチ興行も凄く記憶に残ってますし、みちのくプロレスではサスケさんが主役というのを十分に印象付ける大活躍。

そして、女子マットでは三田選手、日向選手が引退を発表。
そしてそして、元・全女の松永会長が亡くなったことにより、本当に大きな歴史が幕を閉じた印象を受けました…。



◆新日本プロレス ++++++++++++++++++++++

▼7・5 後楽園ホール『Circuit2009 NEW JAPAN SOUL』
○棚橋弘至、タイガーマスク(12分54秒 ハイフライフロー)井上亘●、金本浩二

 試合後、邪道&外道に呼び込まれた田中将斗が棚橋をKO。

■IWGP Jr.タッグ選手権試合
[王者]クリス・セイビン、●アレックス・シェリー(21分34秒 新型プリンスズスロウン→エビ固め)田口隆祐、プリンス・デヴィット○[挑戦者]
※第24代新王者誕生

▼7・20 北海道・月寒アルファコートドーム
■IWGPジュニアヘビー級選手権試合
[王者]○タイガーマスク(11分32秒 デストロイ・スープレックス・ホールド)金本浩二●[挑戦者]
※王者が4度目の防衛に成功
■IWGPジュニアタッグ選手権試合
[王者]○田口隆祐、プリンス・デヴィット(17分9秒 小包固め)ミラノコレクションA.T.●、タイチ[挑戦者]
※王者が初防衛に成功
■シングルマッチ
○真壁刀義(13分59秒 片エビ固め)矢野通●
■チェーンデスマッチ
○天山広吉(15分34秒 KO勝ち)飯塚高史●
■IWGPヘビー級選手権試合
[王者]○棚橋弘至(24分14秒 片エビ固め)杉浦貴●[挑戦者]
※王者が初防衛に成功


◆全日本プロレス ++++++++++++++++++++++

▼7・5 金沢『PWF馳浩会長プロデュース CROSS OVER'09 最終戦』
■世界ジュニアヘビー級選手権
[王者]カズ・ハヤシ(29分19秒 パワープラント→片エビ固め)MAZADA●[挑戦者]
※王者が3度目の防衛に成功

■世界タッグ選手権試合
[王者]○鈴木みのる、太陽ケア(26分48秒 ゴッチ式パイルドライバー→体固め)武藤敬司、河野真幸●[挑戦者]
※王者組が4度目の防衛に成功

 負傷をかかえるケアの左腕が徹底的に攻め込まれる。この一戦により、後に長期欠場へ。

▼7・26 後楽園ホール『2009 SUMMER ACTION SERIES〜ジュニアヘビー級リーグ戦〜開幕戦』
■荒谷望誉引退試合
○荒谷望誉、菊タロー(7分7秒 首固め)渕正信●、TAKAみちのく
 17年のレスラー人生に幕。
コーナー串ざし攻撃失敗5000回という前人未到の記録を達成。
■ジュニアヘビー級リーグ戦公式戦
【参加選手】カズ・ハヤシ、近藤修司、稔、KAI、大和ヒロシ、NOSAWA論外、MAZADA、スペル・クレイジー、ピーティー・ウイリアムス
○稔(19分10秒 片エビ固め)近藤修司●
○KAI(12分2秒 KAIクラッチ)カズ・ハヤシ


◆NOAH ++++++++++++++++++++++

▼7・4 ディファ有明でおこなわれたお別れ会に2万6千人のファンが並ぶ。

▼7・5 ディファ有明『選手会興行2009 NO PAIN NO GAIN』
■ザ・リーブ杯 12人参加ロイヤルランブル
○丸藤正道?(44分59秒 体固め)おしりかじり虫●
【退場順】井上雅央、泉田純至、川畑輝鎮、志賀賢太郎、本田多聞、菊地毅、佐野巧真、伊藤旭彦、マルビン、青木篤志、平柳玄藩、橋誠、おしりかじり虫
○谷口周平(10分10秒 変形バックドロップホールド)金丸義信●
○森嶋猛(14分50秒 バックドロップ→体固め)齋藤彰俊●
○杉浦貴(8分43秒 雪崩式オリンピック予選スラム→片エビ固め)石森太二●
○モハメド・ヨネ(8分46秒 キン肉バスター)丸藤正道?●
○力皇猛(11分24秒 無双→体固め)鈴木鼓太郎●
○潮崎豪(28分43秒 片エビ固め固め)KENTA●
 綱引きマッチにより、GHC王者同士の対決が実現。

▼NOAH新人事発表
代表取締役社長・田上明、取締役副社長・小橋建太、丸藤正道、常務取締役・早川久夫、取締役選手会長・森嶋猛、取締役営業部長・三井政司、監査役・樋口寛治

▼百田光雄が辞表提出

▼7・12 後楽園ホール『第3回日テレ杯争奪ジュニア・ヘビー級タッグリーグ戦〜開幕戦』
【Aブロック】KENTA&石森太二、平柳玄藩&菊タロー、ブライアン・ダニエルソン&ロデリック・ストロング、青木篤志&飯伏幸太
【Bブロック】金丸義信&鈴木鼓太郎、菊地毅&伊藤旭彦、中嶋勝彦&宮原健斗、リッキー・マルビン&エディ・エドワーズ

■Aブロック公式戦
●KENTA、石森太二[1敗=0点](21分11秒 腕ひしぎ逆十字)青木篤志○、飯伏幸太
 この勝利でが後にGHCジュニアタイトルマッチへつながった。
■Bブロック公式戦
中嶋勝彦、▲宮原健斗[1点](30分時間切れ引き分け)金丸義信、鈴木鼓太郎▲[1点]

▼7・15 盛岡
■タッグマッチ
森嶋猛、○佐々木健介(15分10秒 ノーザンライトボム→体固め)小橋建太、井上雅央●
 試合後、雅央が小橋の白GHCに挑戦表明。後日、7・21に決定。
 
▼7・21 秋田
■グローバル・ハードコア・クラウン無差別級選手権試合
[王者]○小橋建太(15分54秒 レフェリーストップ)井上雅央●[挑戦者]
※王者が初防衛に成功

 試合中、雅央が左股股関節後方脱臼で長期欠場へ。

▼7・25 JCBホール『第3回日テレ杯争奪ジュニア・ヘビー級タッグリーグ戦 最終戦』
■谷口周平“驀進十番勝負”第5戦 45分1本勝負
●谷口周平(16分3秒 剛腕ラリアット→片エビ固め)潮崎豪○
■Jr.ヘビー級タッグリーグ戦決勝トーナメント 時間無制限1本勝
[Bブロック1位]○金丸義信、鈴木鼓太郎(19分28秒 タッチアウト→片エビ固め)KENTA、石森太二●[Aブロック2位]
[Aブロック]青木篤志、○飯伏幸太(13分39秒 フェニックススプラッシュ)リッキー・マルビン、エディ・エドワーズ●[Bブロック2位]
 KENTAと石森が発展的タッグ解消。
■Jr.ヘビー級タッグリーグ戦 優勝決定戦 時間無制限1本勝負
金丸義信、○鈴木鼓太郎(19分49秒 タイガードライバー→エビ固め)青木篤志●、飯伏幸太
※金丸&鼓太郎組が優勝

▼7月26日 石森太二が『セントラル・ジャパン・ボディビルディング・チャンピオンシップス』準優勝


◆ZERO1 ++++++++++++++++++++++

▼7・1 新宿FACE『WRESTLER'S 4』
■昨年引退した高西翔太の復帰を発表。
■火祭り査定試合
KAMIKAZE、●澤宗紀(17分11秒 ラストライド→エビ固め)マグニチュード岸和田○、不動力也
■The Pride ‘B’ 2nd
〇日高郁人(10分54秒 野良犬ハイキック)臼田勝美●
■Seize the Advance!
○大谷晋二郎(17分25秒 スパイラルボム→エビ固め)佐藤耕平●
■世界ヘビー級選手権試合
[王者]●崔領二(21分27秒 スライディングD→片エビ固め)田中将斗○[挑戦者]
※田中将斗が第5代王者に

▼7・9 新木場1stリング『ZERO1 WRESTLER'S〜火祭り出場者決定トーナメント』
■トーナメント1回戦
○不動力也(6分15秒 片エビ固め)斎藤謙●
○植田使徒(4分2秒 片エビ固め)浪口修●
○澤宗紀(7分36秒 片エビ固め)石川晋也●
○KAMIKAZE(6分30秒 片エビ固め)小幡優作●
■トーナメント2回戦
○植田使徒(8分15秒 片エビ固め)不動力也●
○KAMIKAZE(8分28秒 片エビ固め)澤宗紀●
■トーナメント決勝戦
○植田使徒(4分42秒 エビ固め)KAMIKAZE●
※植田が火祭り出場

▼7・16 宇都宮『ZERO1 WRESTLER'S』
■NWAインターコンチネンタルタッグ選手権試合
[王者]崔領二、●浪口修(22分2秒 神風ドライバー→体固め)佐藤耕平、KAMIKAZE○[挑戦者]
※第22代新王者組誕生

▼7・25 後楽園ホール『WRESTLER'S GRANDPRIX 2009 火祭り 開幕戦』
【Aブロック】大谷晋二郎、佐藤耕平、日高郁人、曙、植田使徒
【Bブロック】田中将斗(3年連続覇者)、崔領二、関本大介、黒田哲広、マグニチュード岸和田、

■火祭り公式戦
○佐藤耕平[2点](15分12秒 SSD→エビ固め)日高郁人●[0点]
○田中将斗[2点](16分12秒 スライディングD→片エビ固め)黒田哲広●[0点]
○大谷晋二郎[2点](16分20秒 ミサイルキック→片エビ固め)曙●[0点]
●崔領二[2点](20分33秒 ジャーマン・スープレックス・ホールド)関本大介○[2点]


◆DRAGON GATE ++++++++++++++++++++++

▼7・3 dB神戸『LIVE GATE 2009』
■6人タッグマッチ
鷹木信悟、○YAMATO、戸澤陽(20分46秒 ギャラリア→片エビ固め)堀口元気、斎藤了、新井健一郎●

 YAMATOが正式にKAMIKAZEに加入。

▼7・8 新木場1stリング『WARRIORS-5自主興行・一丁目ワッショイ!ワッショイ!!』
■第0試合 スーパースペシャルダークマッチ“ハリウッド"ストーカー市川暴走十番勝負第9戦
○ウルトラマンロビン(7分11秒 ドクカラス・スペシャル)“ハリウッド”ストーカー市川●
■第1試合 リッキー・フジスペシャルライブ
(3分56秒 怪人ロックキラーの乱入により無効試合)
■スペシャルシングルマッチ 時間無制限一本勝負
○リッキー・フジ(3分20秒 9999→片エビ固め)怪人ロックキラー●
■タッグマッチ
横須賀享、○KAGETORA(15分45秒 一騎当千→片エビ固め)南野タケシ、卍丸●
■6人タッグマッチ
CIMA、Gamma、グレート・サスケ(13分30秒 ラムジャム→片エビ固め)谷嵜なおき●、大石真翔、旭詩織 with バンビ

▼7・10 後楽園ホール『RAINBOW GATE』
■シングルマッチ
○横須賀享(15分55秒 夢限→エビ固め)斎藤了●
■シングルマッチ
×YAMATO(19分14秒 無効試合)サイバー・コング×
※両軍のセコンド乱入
■6人タッグマッチ
○CIMA、Gamma、KAGETORA(27分10秒 ホルヘクラッチ)土井成樹●、吉野正人、B×Bハルク

▼7・19 神戸ワールド記念ホール『KOBEプロレス・フェスティバル2009』
■“ハリウッド"ストーカー市川 暴走十番勝負・最終戦
●“ハリウッド"ストーカー市川(2分34秒 体固め)アブドーラ・ザ・ブッチャー○
■シングルマッチ
●谷嵜なおき(7分54秒 雪崩式CDJ→体固め)Kzy○
■オープン・ザ・トライアングルゲート王座次期挑戦者チーム決定戦
●Gamma、横須賀享、KAGETORA(13分2秒 体固め)望月成晃、ドン・フジイ、曙○
■オープン・ザ・トライアングルゲート選手権試合
[王者]吉野正人、B×Bハルク、○PAC(17分13秒 360°シューティングスタープレス)ドラゴン・キッド、岩佐拓、戸澤陽●[挑戦者]
※王者組が防衛に成功
■オープン・ザ・ツインゲート統一タッグ選手権試合
[王者]○堀口元気、斎藤了(22分2秒 逆さ押さえ込み)鷹木信悟、YAMATO●[挑戦者]
※王者組が3度目の防衛に成功
■オープン・ザ・ドリームゲート&オープン・ザ・ブレイブゲート ダブル選手権試合
[ドリームゲート王者]○土井成樹(29分49秒 マスキュラーボム)CIMA● [ブレイブゲート王者]
※土井がブレイブ王者に。5度目のドリームゲート王座の防衛に成功

 10周年記念大会。土井が“時代の針”を戻そうとしたCIMAから王座を死守。
試合後、若い選手達の目標となる事を望んでブレイブゲートは返上

▼7・26 新木場1stリング『武勇伝・甦』
■タッグマッチ
○稔、KAGETORA(16分27秒 ミノルスペシャル)フジタ“Jr"ハヤト、南野たけし●
■タッグマッチ
○Gamma、k-ness.(10分38秒 ガンマスペシャル→体固め)グラン浜田、超神龍●
■時間無制限一本勝負
△望月成晃(21分21秒 両者KO)中嶋勝彦△

▼7・25(現地時間) DRAGON GATE USA旗揚げ


◆DDT ++++++++++++++++++++++

▼7・10 新木場1stリング『高木三四郎vs飯伏幸太ワンマッチ興行』
■KO−D無差別級挑戦者決定トーナメント決勝戦 時間無制限1本勝負
●高木三四郎(Aブロック代表)(31分53秒 フェニックス・スプラッシュ→片エビ固め)飯伏幸太(Bブロック代表)○
※飯伏が8・23両国大会メーンイベントでのKO−D無差別級選手権への挑戦権を獲得

▼7・19 新宿FACE『What are you doing 2009』
■プレ・アイアンマンヘビーメタル級選手権試合〜両国アイアンマンヘビーメタル級選手権試合責任者決定戦5thスレットマッチ
参加選手:高木三四郎、大鷲透、松永智充、マサ高梨、佐藤光留
○マサ高梨(6分51秒 ジャックナイフ式エビ固め)松永智充●
※高梨が50票の投票権獲得→松永に投票
■大中華統一四川流無差別級王座戦東京編
[王者]●趙雲子龍(9分33秒 フットスリーパー)男色ディーノ○[挑戦者]
※ディーノが第4824代王者に
 試合後、ディーノが8冠戦はマサ高梨とやることを発表。
■シングルマッチ
○HARASHIMA(16分3秒 蒼魔刀→エビ固め)長井満也●
■KO-D無差別級選手権試合
[王者]○HARASHIMA(4分26秒 蒼魔刀→片エビ固め)矢郷良明●[挑戦者]
※王者が2度目の防衛に成功
 矢郷さんが遂に挑戦権を行使。
■三四郎集会
先月、乱入をしたサスケから謝罪VTRがきた、と上映するも内容は遠隔ヒーリングによる洗脳。
高木社長はまんまとかかってしまし、両国でのシングルマッチを宣言。


◆健介オフィス ++++++++++++++++++++++

▼7・6 新宿FACE『Take The Chance vol.3〜背水の陣〜』
■起田高志“顔力”5番勝負vsチャンピオン編
●起田高志(12分55秒 蒼魔刀→片エビ固め)HARASHIMA○

■キャプテンフォールイリミネーションマッチ
○中嶋勝彦(c)、宮原健斗、沖本摩幸(30分17秒 回転エビ固め)望月成晃(c)●、k-ness.、スペル・シーサー
1:○シーサー(20分32秒 ヨシタニニック)沖本
2:○k-ness.(23分29秒 青き光)宮原
3:○中嶋(26分0秒 変形式輝固め)シーサー●

▼7・11 健介オフィス道場『Take The Future〜ホームタウンマッチ』
■シングルマッチ
○中嶋勝彦(20分4秒 ハイキック→体固め)宮原健斗


◆ドラディション ++++++++++++++++++++++

▼7・23 SHINJUKU FACE『DREAM IMPACT』
藤波辰爾、○長州力、初代タイガーマスク(11分32秒 片エビ固め)藤原喜明、グラン浜田、ヒロ斎藤●


◆大日本プロレス ++++++++++++++++++++++

▼7・1 横浜赤レンガ Dダッシュ『1DAYトーナメント』
■決勝戦
○竹田誠志(6分26秒 ジャーマンスープレックスホールド)石川晋也●
※竹田が初優勝

▼7・2 新宿FACE『MAGプレゼンツ SURVIVOR 生き残れ!』
■シングルマッチ
●関本大介(19分21秒 ラストライド→体固め)マグニチュード岸和田○

▼7・12 横浜文化体育館
■ラダーデスマッチ
○佐々木貴(15分44秒 右足withラダー→片エビ固め)木高イサミ●
■蛍光灯&有刺鉄線ダブルボード6人タッグデスマッチ
○葛西純、“黒天使”沼澤邪鬼、アブドーラ小林(14分41秒 蛍光灯ボード上へのパールハーバースプラッシュ)伊東竜二、シャドウWX、星野勘九郎●
■6人タッグマッチ
藤波辰爾、○関本大介、岡林裕二(18分9秒 ジャーマン・スープレックス・ホールド)ヒロ斎藤、佐々木義人、石川晋也●
■BJW認定デスマッチ選手権試合 〜廣島大治組プレゼンツ高所作業につき立体足場建築現場デスマッチ one night carnival again〜
[王者]○宮本裕向(22分9秒 立体足場からのムーンサルトプレス)竹田誠志●[挑戦者]
※王者が初防衛に成功

▼7・27 後楽園ホール大会
■“KKKデスマッチ”(剣山、蛍光灯、カリビアンスタイル・ボブワイヤー)
●アブドーラ・小林(15分36秒 パールハーバースプラッシュwith蛍光灯&剣山→体固め)葛西純○

■BJW認定タッグ選手権試合
●竹田誠志、木高イサミ(15分36秒 ダイビング・ボディプレス→片エビ固め)関本大介、岡林裕二○
※第27代新王者誕生
■蛍光灯200本 凶器持込みタッグデスマッチ
○宮本裕向、佐々木貴(18分52秒 ラダーからのムーンサルトプレスwith蛍光灯→片エビ固め)伊東竜二、“黒天使”沼澤邪鬼●

 試合後、宮本、竹田、木高がデスマッチ新世代宣言。


◆大阪プロレス ++++++++++++++++++++++

▼7・18
■大阪プロレスタッグ選手権
[王者]●タイガースマスク、ブラックバファロー(27分31秒 零式刀狩)秀吉○、政宗[挑戦者]
※王者組が初防衛に失敗、第23代王者誕生

▼7・25 大阪ミナミMoveOnアリーナ
■敗者髪切りマッチ
○タダスケ(7分42秒 アウトキャスト→片エビ固め)小峠篤司●
※小峠が坊主に。
■大阪プロレス選手権
[王者]●ビリーケン・キッド(22分1秒 片エビ固め)ディック東郷○[挑戦者]
※王者が3度目の防衛に失敗、第16代王者となる

 東郷がバファロー、タイガースが東郷に“LOV”復活を打診。
難色を示したが、「次の防衛で100万。その次は200万。その次は400万」という賞金を倍々する条件を提示。
大阪プロレス壊滅を目論む最悪軍団が条件をのんだことにより正式に復活へ。


◆ハッスル ++++++++++++++++++++++

▼7・5 福岡国際センター『ハッスルツアー2009〜7・5 in FUKUOKA』
■タッグマッチ
○HG、RG(13分16秒 エビ固め)ザ・モンスター℃●、ニセHG
■ハッスル・アルマゲドン・サバイバー 高田モンスター軍vsハッスル軍
○川田利明(7分4秒 ストレッチプラム)天龍源一郎●
○川田利明(7分36秒 エビ固め)TAJIRI●
●川田利明(3分6秒 エビ固め)越中詩郎○
○レイ大原(6分51秒 デビル・レイ)越中詩郎●
●レイ大原(0分42秒 体固め)ボノくん○
△アン・ジョー司令長官(4分31秒 両者リングアウト)ボノくん△
●アルマ(4分27秒 前方回転エビ固め)マグナムTOKYO○
○ゲドン(3分48秒 体固め)マグナムTOKYO●
■モンスター軍の暴挙により再試合
●ゲドン(2分39秒 体固め)マグナムTOKYO○
※マグナムの一人残りでハッスル軍勝利。

▼7・26 両国国技館『ハッスルエイド2009』
■タッグマッチ
○グレート・ボノ、天龍源一郎(7分56秒 体固め)アルマ、ゲドン●
 数日前から眠っていたボノくんが覚醒。試合後、魔界へ旅だった。
■タッグマッチ
HG、○RG(7分35秒 殊勲の体固め)A・ザ・ブッチャー、タイガー・ジェット・シン●
■メインハッスル
○マグナムTOKYO(7分58秒 AVスタープレス→エビ固め)エスペランサー・ザ・ゴッド●

 試合後、高田総統とマグナムが共闘宣言。
も、そこにキングRIKIが現れ、“紅のバックファイヤー”で総統を葬る。

▼7・30 後楽園ホール『ハッスル・ツアー2009〜7.30 in KORAKUEN〜』
■第1部 モンスター軍主催興行
■第1ハッスル
○レネ・デュプリー(4分35秒 ダイビングゲドン)アルマ●
■第2ハッスル
×アブドーラ・ザーブッチャー(5分18秒 両者反則)タイガー・ジェット・シン×
■ハッスル軍主催興行
■セミハッスル
越中詩郎、○KG(10分49秒 エビ固め)天龍源一郎、RG●
■メインハッスル
○TAJIRI(16分25秒 バズソーキック→体固め)HG●

 メイン後、モンスター軍、ハッスル軍ともに解散。
これまでのハッスルを一度リセット。


◆みちのく ++++++++++++++++++++++

▼7・5 宮城『ザ・グレート・サスケ20周年突入ツアー』
■タッグマッチ
○ザ・グレート・サスケ、TAKAみちのく(20分34秒 片エビ固め)フジタ“Jr"ハヤト、野橋真実●

▼7・11 秋田
■○ザ・グレート・サスケ、グラン浜田、Men'sテイオー(8分28秒 サンダーファイヤーパワーボム→エビ固め)野橋真実、大間まぐ狼、ken45°●[挑戦者]
 試合後、ニャジロウ(秋田での有名なマスコット猫)と戯れる。

▼7・12 岩手
○ザ・グレート・サスケ、新崎人生、ディック東郷(18分0秒 ラムジャム→片エビ固め)フジタ“Jr”ハヤト、野橋真実、佐藤秀●
 途中で野橋とハヤトが空中分解。


◆K−DOJO ++++++++++++++++++++++

▼7・4 千葉BlueField『CLUB-K3000 STRONGESTーK'09』
■STRONGEST-K’09トーナメント二回戦
○旭志織(12分11秒 ジャックナイフ固め)YOSHIYA●
○柏大五郎(19分47秒 柏クラッチ3)真霜拳號●

▼7・12 千葉BlueField『CLUB-K SUPER another』
■UWA世界ミドル級選手権試合
[王者]○Quiet storm(10分41秒 ダイビングエルボードロップ→片エビ固め)房総ボーイ雷斗●[挑戦者]
※第47代王者が4度目の防衛に成功
■STRONGEST-K’09トーナメント決勝戦
○旭志織(22分41秒 片エビ固め)柏大五郎●
※旭が初優勝

▼7・18
■シングルマッチ
●大石真翔(5分10秒 AXボンバー→体固め) KAZMA○

 試合後も暴行を加えるKAZMA。真霜が止めにはいるも険悪な雰囲気に。モンスタープラントに亀裂発生。


◆IWAジャパン ++++++++++++++++++++++

▼7・19 SHINJUKU FACE『15周年記念第2回興行』
■市来・元川初タッグ結成!第3のUMA“モンゴルの殺人ミミズ”デスワーム(♀)女子プロレスデビュー戦
○市来貴代子、さくらえみ(11分31秒 ダイビング延髄ニードロップ→体固め)デスワーム(♀)、真琴●
■IWA浅野ジャパンvs後藤&UMA連合軍総力戦
○維新力、浅野起州withハル・ミナミ(15分1秒 ラリアット→片エビ固め)ターザン後藤、ビッグフット、雪男●withハル・ミヤコ
 ハル・ミナミはハル・ミヤコの実の姉(兄?)。
■殺人医師スティーブ・ウイリアムス復帰戦
○スティーブ・ウイリアムス(3分28秒 アバラッシュホールド→片エビ固め)ヘル・アント・マシン2号●
 ウイリアムスは2004年3月以来の試合。
試合後、10・25での引退試合を発表。(しかし、後に癌の再発により延長)
■IWA世界ジュニアヘビー級選手権試合
[王者]○グレート・タケル(14分26秒 ファイアーバードスプラッシュ)アジアン・クーガー●[挑戦者]
※王者が3度目の防衛に成功
■IWA世界ヘビー級王者決定戦
●松田慶三(17分5秒 首固め)ブラックバファロー○
※バファローが第6代王者となる


◆沖縄プロレス ++++++++++++++++++++++

▼7・5 沖縄デルフィンアリーナ『旗揚げ1周年記念大会』
■沖縄プロレス初代王者決定トーナメント決勝戦
○怪人ハブ男(25分28秒 究極波布空爆)シーサー王●


◆男子 その他 ++++++++++++++++++++++

▼7・4 新木場1stリング『マスクド・スーパースター降臨』
■タッグマッチ
○マスクド・スーパースター、スーパー・ストロング・マシーン(12分1秒 体固め)タイガーマスク、ミステル・カカオ●

▼7・9 新宿FACE『NOSAWA BOM-BA-YE 5 〜論外ONE NIGHT STAND〜』
■NGF世界ヘビー級選手権
○ブレット菊ハート(10分19秒 シャープシューター)ショーンアントニオ本多マイケルズ●
■KING OF GORILLA
○橋誠(11分3秒 ゴリラーマンドライバー→片エビ固め)入江茂弘●
 橋が勝つも、一番のゴリラはレフェリー・松井氏に
■ルチャリブレ〜スーパースター列伝〜LJLLチャンピオン王座決定戦
●DINASTIA(8分52秒 エビ固め)KONAMY○
■第4試合 新宿名勝負〜数え歌〜
−佐藤光留(6分5秒 無効試合※久保田ウォリアーズの乱入)吉川祐太−
■ハードコア3WAYマッチ
紫雷美央、○紫雷イオ(14分18秒 バラモン・シュウのイス攻撃→片エビ固め)ヤス久保田●、ヒデ久保田、バラモン・シュウ、バラモン・ケイ
■CRAZY WORLD
○スペルクレイジー(10分40秒 エビ固め)ザ・グレート・サスケ●、ウルティモ・ドラゴン
■セミファイナル〜クラッシュギャルズ25周年メモリアルマッチ 3本勝負
○長与みのる(鈴木みのる)、ライオネス高山(高山善廣)(2−1)ダンプ菊(菊タロー)●、ブル坂井(マッスル坂井)
1:○みのる(3分9秒 回転エビ固め)ダンプ●
2:○ダンプ(4分53秒 体固め)みのる●
3:○高山(8分9秒 足4の字固め)
■メーンイベント〜東京愚連隊再武装
○NOSAWA論外、MAZADA、藤田ミノル(23分33秒 超高校級ラ・マヒストラル)CIMA、Gamma、KAGETORA●

▼7・7 日本武道館『WWE SMACK DOWN & ECW LIVE』
■ECW選手権 トリプルスレットマッチ
[王者]○トミードリーマー(10分48秒 片エビ固め)ジャック・スワガー●、クリスチャン[挑戦者]
※第37代王者が防衛に成功
■インターコンチネンタル選手権試合
[王者]○レイ・ミステリオ(25分41秒 片エビ固め)クリス・ジェリコ●[挑戦者]
※第124代王者が防衛に成功
▼7・8
■ECWタッグマッチ
トミードリーマー、○クリスチャン(14分55秒 片エビ固め)マーク・ヘンリー、ジャック・スワガー●
■ハイフライヤーマッチ
○レイ・ミステリオ(16分41秒 片エビ固め)エヴァン・ボーン●
■シングルマッチ
○クリス・ジェリコ(16分21秒 ウォールズ・オブ・ジェリコ)リッキー・スティムボート●
■世界ヘビー級選手権〜エクストリームルールズ〜
[王者]○CMパンク(25分32秒 片エビ固め)ジェフ・ハーディ●[挑戦者]
※第31代王者が初防衛に成功


◆NEO ++++++++++++++++++++++

▼7・5 後楽園ホール『SUMMER STAMPEDE 09』
■ミッドサマー・タッグトーナメント8一回戦(15分一本勝負)
○栗原あゆみ、華名(12分22秒 ライガーボムを切り返してのエビ固め)井上京子、松本浩代●
○風香、田村欣子(11分22秒 ドールF→体固め)牧場みのり、勇気彩●
○タニー・マウス、宮崎有妃(9分50秒 ダブルアームT→体固め)木村響子、江本敦子●
○さくらえみ、高橋奈苗(14分5秒 モモ☆ラッチを切り返してのエビ固め)Ray、夏樹☆たいよう●
■ミッドサマー・タッグトーナメント8準決勝 時間無制限一本勝負
○田村欣子、風香(7分9秒 エルボーバット→体固め)栗原あゆみ、華名●
○さくらえみ、高橋奈苗(0分45秒、ラ・マヒストラル)宮崎有妃、タニー・マウス●
■ミッドサマー・タッグトーナメント決勝戦 時間無制限一本勝負
○高橋奈苗、さくらえみ(16分25秒 ナナラッカ→片エビ固め)風香、田村欣子●
奈苗&さくら組が優勝。

 菜苗&さくらは3試合すべて違うコスチュームでも魅せた。

■シングルマッチ 10分1本勝負
○三田英津子(7分16秒 元祖デスバレー・ボム→片エビ固め)真琴●
 三田が11月の後楽園ホール大会での引退を発表。

▼7・25 板橋『サマーナイト・ファイヤー09』
■シングルマッチ
○高橋奈苗(18分19秒 片エビ固め)三田英津子●
■ハイスピード選手権試合
[王者]○夏樹☆たいよう(12分6秒 モモ☆ラッチ)紫雷イオ●[挑戦者]
※初代王者が初防衛に成功
■6人タッグマッチ
タニー・マウス、○宮崎有妃、真琴(19分30秒 外道クラッチ)木村響子、江本敦子、中川ともか●


◆JWP ++++++++++++++++++++++

▼日向あずみが12・27後楽園ホール大会での引退を発表。

▼7・19 後楽園ホール『PURE-SLAM2009』
■JWP認定ジュニア&POP両選手権試合30分1本勝負
[王者]○大畠美咲(8分47秒、花マルどっかん→体固め)ピンキー真由香●[挑戦者]
※第17代JWPジュニア王者&第7代POP王者が2度目の防衛に成功。
■スーパーヒール2nd Bout〜スペシャルタッグマッチ 30分1本勝負
KAZUKI、○スーパーヒール植松寿絵(15分52秒、サソリクランプ→片エビ固め)阿部幸江●、輝優優
■Best Of Pure-Wrestling 30分1本勝負
○日向あずみ(15分26秒、ダイビング延髄ニー・アタック→片エビ固め)闘獣牙Leon●
■JWP認定無差別級選手権試合60分1本勝負
[王者]○春山香代子(20分5秒、キーンハンマー→片エビ固め)木村響子●[挑戦者]
※第13代王者が6度目の防衛に成功。

 木村が2階バルコニーからのダイビングフットスタンプを敢行。
春山は防衛を果たすもろっ骨を負傷。


◆OZアカデミー ++++++++++++++++++++++

▼7・12 新宿FACE『OZ-antiheroine』
■OZアカデミー認定タッグ選手権試合
[王者]○尾崎魔弓、KAORU(15分0秒 反則勝ち)輝優優●、AKINO[挑戦者]
※王者が初防衛に成功

 レフェリーのブラインドをつき、ダウンした輝の手に血糊がベッタリと付いた鉄パイプを握らせ、自身の額にもベッタリと塗りたくりダウン。
気づいたレフェリーが事態の重さを感じ取り、“まんまと”反則勝ち。
抗議をする加藤園子に対し、8・2で加藤&永島のみが変則的に髪の毛をかけられてのタイトルマッチへ。


◆息吹 ++++++++++++++++++++++

▼7・12 SHINJUKU FACE『第30回息吹』
■松本浩代デビュー3周年記念試合
○日向あずみ(19分0秒 みちのくドライバー侠エビ固め)松本浩代●
■JWP認定ジュニア&POP選手権試合
[王者]○大畠美咲(18分23秒 花マルどっかん→体固め)紫雷イオ●[挑戦者]
※王者が防衛に成功


◆女子プロレス その他 ++++++++++++++++++++++

▼7月11日 元全日本女子プロレス会長・松永高司さんが死去。享年73歳


★エルボードロップ風にポチッとお願いいたします。
人気ブログランキングへ

JUGEMテーマ:プロレス

| からし | 2009 プロレス界まとめ | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
2009/12/07 5:05 AM posted by: 新台狙い
パチ打ちに行っても10回中7回は負けてシャレんなってなかったけど 別のバ イ ト始めたら負けても気にしなくなったわwwwww ってか逆に投資出来る金が増えたおかげでむしろ勝てるようになったしwwww 朝一中 出 し 報 酬ゲットしてそのままパチ屋に並ぶ俺って鬼