無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
【DRAGON GATE】世代の主張は様々に交差して。いよいよ明日! 12・25後楽園ホール
 いよいと明日は今年最後のビッグマッチ!
それを控え、昨日は今年最後の後楽園ホール大会がありましたね。

クリスマスなのに新世代軍の間には所々に溝が見え始めてます…。

おくればせながら、チェックチェック。

++++++++++++++++++++++
■金網6WAY戦を前に新たな因縁が勃発=DRAGON GATE
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/headlines/20091226-00000000-spnavi_ot-fight.html
(スポナビ)


▼12・25 後楽園ホール『THE GATE OF GENERATION 最終戦』

■第0試合 超神龍試練の五十番勝負第30戦
○超神龍[1勝28敗1分](5分36秒 逆片エビ固め)琴香●


 あ、超神龍がようやく1勝ゲットしてる。

■第1試合 6人タッグマッチ
望月成晃、○ドン・フジイ、スペル・シーサー(12分4秒 雪崩式ノド輪エルボー→片エビ固め)堀口元気、新井健一郎●、NOSAWA論外


 フジイさんが勝ち星をゲットも、望月選手ともにシーサーの活躍をべた褒め。
そして、27日福岡大会のトライアングルゲート戦の勝利を宣言。
望月「あいつらの世代に一言たいことあるから」
その内容はメイン後に…。

 モバイルサイトで内容をチェックしましたが、k-ness.選手が入ったことによりハザード軍が以前のような“妙にイライラさせてくれる人たち”じゃなくて、妙に好感が持てる感じになってきてる。
堀口さんも昔ながらの頭髪ネタが光ってたようですし(笑)
それが良いか悪いかは見ている“皆様方それぞれ”、というのはどんな時にも言えることなんですけど、今の流れはより強くそう言える状況になっている感じがする。
まぁ、私が昔から見続けていて、第2世代と言っている選手たちの苦労も頑張りも知ってて、心の底から憎めないって情もあるのかもしれませんが。
基本的に“名バイプレイヤー”なんて言われ続けてきた人たちですから。
おおいにベテランも喰ってもらって、今一度存在感を光らせて欲しい、って。

 ふと思いましたけど、今の流れって、キャラクター云々じゃなくて、私たち一人ひとりが「いつからDRAGON GATEを見続けてきたか」ってのも大きく影響してるかも。
私なんて年齢でいえば思いっきり新世代軍なんですけど、闘龍門JAPAN時代から見続けているため、応援している比率はベテラン、並びに第2世代よりになってるのが正直なトコロ。
「これからの歴史も期待したい。でも、ベテランなめんな!」って。
ただ、私の気持ちがこうなったのも今回の流れの発端、つまり土井ちゃんが放った最初の一言からのもっていき方が「…」と感じた部分も大きいからかもしれませんけど(汗)

■第2試合
○戸澤陽(8分14秒 ジャーマンスープレックスホールド)KAGETORA●


 世代闘争の波に置いてけぼりにされ、妙に元気のないKAGETORAを戸澤選手が発破をかける。
試合中にも大声で「元気出せ!」、「どうした!?悔しくねえのかよ!返してきてくれよ!」
も、結果は戸澤選手がイマイチ満足できない勝利をゲット。

戸澤「最近元気ないんとちゃいますか?こんなんじゃプロ失格やぞ!去年のBATLE OF TOKYOの優勝者やろ!今は世代闘争に話題持ってかれてるかも知んないけど、1年でこんなんやったら生き残っていけへんぞ!また一回戦で気合入れなおしてやりますんで、俺とやりましょうよ」
KAGETORA「俺にも俺の考えがあるんだよ。一回戦で当たりたいだと?俺はどうしてもやりたい選手がいるんだよ


今年同様、来年1・19新木場1stリングにて再び開催されるワンナイトーナメントの『BATLE OF TOKYO』。
KAGETORA選手のやりたい選手?はてさて。
代わりにKAGETORA選手が用意した選手は、現在みちのくの九龍の一員として活躍するken45°
説明するまでもなく彼も闘龍門X世代。
また一人、DRAGON GATEのリングに帰ってくる。

戸澤「何がken45°じゃ。45度も90度も一緒じゃ!俺はいつでも360度ハイテンションじゃ!」

戸澤選手にとってはそりゃ大差ないかもしれませんが、45度と90度はかなり違うと思います(汗)
っていうか、名前の角度はそういう意味じゃないと思います(汗)

KAGETORA「全然試合に集中できない。今WARRIORS-5問題、色々ありますけど、俺なりの答えを福岡でだしたいと思います」

ウォリアーズはもはや解体に近い状態と見てもいいんでしょうか…。

■第3試合
神田裕之、○Kzy(10分16秒 スカイデ・スクールボーイ)土井成樹、谷嵜なおき●


 福岡でのブレイブゲート前哨戦はKzyが勝利。
試合後もバックステージで大乱闘。休憩時にもリングになだれ込んだとかσ(^w^;)

■第4試合
○CIMA、Gamma(18分34秒 シュバイン→片エビ固め)YAMATO、シーサーBOY●


 シュバインで勝利ってもの凄く久しぶりに見た気がします。
長い因縁が続くYAMATOとCIMAがこの日もバチバチ火花を散らしてますね。
その間でイイようにペースを握られ続けたシーサーが奮戦も、撃沈。

YAMATO「CIMA、これで終わったと思うんじゃねえぞ。27日、ツインゲート戦、仮にお前らがとろうが俺らが防衛しようが関係ないんだよ。本当に見たいのはタッグなんかじゃないよな?」
CIMA「確かにオレも明後日のツインゲート戦がどうなろうがお前みたいな奴とそれで終りと思ってへんわ。ベルトの先があるならガンガン乗らせてもらうぞ。明後日で終わらす気ないんならあと何が残っとんねん?」
YAMATO「オレとお前はもう2年近くやってんのか。そろそろ正真正銘の決着つけようじゃねえか!」


このやりとりのあと、八木本部長が来月1・20後楽園大会でのシングルマッチを決定!
ついに因縁に終止符か!?

▼バックステージ
CIMA「俺のこと気に入らんかったら潰したらええ。でもな一つだけ言うとくぞ。今日のは話にならんぞ。言うのは簡単や。WORLD-1、お前らもベテランからしたら話にならん。KAMIKAZEしか見てへんぞ。KAMIKAZEの次に見てるのが第2世代。あいつらも来年からやるしかないんちゃうの?オレが何でこのシングルのんだかって言ったらな、KAMIKAZEの中でアイツしか勝負にならんのよ。客の期待以上の事をしてプロレスラーや。
タッグのベルトはどうでもいいとか言ってたけど、俺らはどうでもよくないよね。何やっても獲りにいくから。オレはYAMATOとシングルやるけど、こっちのタッグの方が大事やから」

YAMATO「明後日の防衛戦あるけど、さっき関係ないって言ったのは、彼らは僕らにとって“通過点に過ぎない。踏み台にしかならない存在”。そういう意味です。だから27日は防衛することが大前提。1・20のシングルマッチ。この抗争は嫌だけど2年近く続いてますけど、ハッキリ言って組まれるのも嫌だし、試合もしたくない。顔も合わせたくない。そういう相手ですよ。視界に入れないようにしてきましたけど、そろそろ目障りなんで排除しようかなと。
ベテラン勢は俺らじゃ商売にならないとか色々言ってますけど、SUPER J-CUPに参加して感じたことは、商売になる以前に彼らが梶をとったのであればDRAGON GATEはプロレスでなくなる。お笑いでOK。中にはそういう部分もあっていいと思うけど、OKだったらアンタらプロレスやってる必要ないじゃん。ただ、お笑いやるにしても腕がないから。そんなに甘くないよ、お笑いだって。そこは言わせてもらいます」


CIMA選手、Gamma選手がやってるのは“お笑い”。痛烈。
そういう楽しい部分を出していくのも大事だとは思いますけど、今のGammaさんとのやりとりはそこが行き過ぎてるって事か…。
お客さんを満足させる。その一つの手段ではありますが、ね。
CIMA選手も決して全てがそうではなくて、結果ありきでやっているのも伝わってはきますが、YAMATO選手の言いたいことも分かる。

 明後日、CIMA選手は2年連続のツインゲート。
昨年は復帰戦ということでライガーさんと共に挑戦しましたが、YAMATO選手から悪夢のKO。
今年はどうなる?

■第5試合 特別試合
○菅原拓也(17分43秒 十三不塔2連発→片エビ固め)鷹木信悟●


 がっちゃんが鷹木選手を撃破して、27日の土井成樹戦に向け名デモンストレーション。
十三不塔は場外でも決めているようで、勝利したとはいえ、ちょっと出しすぎでない??
余裕の現れということでしょうか。

菅原「全然たいしたことないじゃん。会社に守られてヌクヌク育ってるからこんなレベルなんだよ。前王者がこんなもんじゃ現王者はもっと大したこと無いんだろうな。セカンド土井、ベルト賭けるなんてしょうもないこと言うんじゃねえぞ。実力のみで倒してやるからな」
土井「なんでお前ごときにタイトル賭けろとか言わなあかんねん。全然スタミナないやんけ。オレについてこれるか?最後のビッグマッチで足引っ張んなよ。お前が今日勝った鷹木信悟はDRAGON GATEで一番情けないヤツや。一緒にすんな。明後日はタイトルもかかってない、メインでもない、久々に暴走マッスル全開でいかせてもらうからな」


 明後日は土井選手が王者になってからは初めてメインじゃないビッグマッチなんですね。
初めて気づいた(汗)
そういや、金網戦がありますからねwお恥ずかしいww

なお、菅原選手は1月のワンナイトトーナメントにも参戦表明。
全開はまだDRAGON GATEに上がったばかりだったKAGETORA選手が優勝。
今回は菅原選手がそんな感じの優勝候補筆頭にあがる?

鷹木「DRAGON GATEの看板背負って『絶対許さん』とか言っておいて負けてんだから。情けねえな。ただな、CIMAや望月、周りからどんなに批判されようがオレはオレを信じるよ。自分の道を突き進むよ。それがおじいさんからもらった言葉“我道驀進”だ。信じてたら絶対に道は開ける」
YAMATO「大丈夫っすか?明後日のタイトルマッチ。あんなショボイ奴に負けて。別に責めてる訳じゃないっすよ」
鷹木「お前、リングの上で聞いてたぞ。タイトルマッチはどうでもいいっていうような事言ってたじゃねえかよ。お前がそうやって自分かってな事をするなら、オレも自分勝手にいくぞ。知らんぞ」


YAMATO選手と鷹木選手の間にも不穏なものが…。

■第6試合 スペシャル6人タッグマッチ
横須賀享、MAZADA、○k-ness.(21分7秒 ダークネスバスター→片エビ固め)ドラゴン・キッド、吉野正人●、B×Bハルク


 k-ness.さんが久々にダークネスバスターで勝利!!
うわぁ〜、懐かしい!!一度でいいので、昔のマスクに戻ってくださいw

試合はキッドが享選手の持っていたパウダーを奪い取り、その隙に吉野選手がk-ness.選手を羽交い絞めに。
そこにパウダーを見舞うも、かわされ吉野選手に誤爆。そこから敗戦。

吉野「テメエ、何やってんじゃ!何が誤解じゃ!オレとハルクがどんだけ助けた?それに比べて最後は何や!このクソチビ!」
キッド「お前がしっかり持ってないからこうなったんだよ!大体負けたお前がとやかく言うんじゃねえよ!ハルク、こんな負けっぱなしの奴よりオレと組もうぜ]
ハルクがソバットで拒否
ハルク「ふざけてんのか?そら吉野さんキレるわ。吉野さんと組むに決まってんだろ。明後日の福岡、アンタ抜けたいんだったら勝手に一人で頑張ってくれ」
キッド「なんでKAMIKAZEは誰もついてねえんだよ!あいつらが悪いのか?普通つくだろ?」


キッド選手が金網戦で何か変わりそうな予感…。
KAMIKAZEからも完全に孤立。
バックステージでは「本当にとんでもないことが起こる」と。
もういっそ、今までの全てをひっくり返すような変貌を遂げちゃってもいい機会かもしれません。

そんなキッドにバックステージではk-ness.さんが助け舟?
k-ness.「キッドこっちに入れちゃう?」
横須賀「あの負のオーラはこっちにきちゃマズイ」


信じてたのに〜!!!(笑)

k-ness.「これが新しく生まれ変わったリアル・ハザードの形だ。このままの勢いで明後日の金網も俺達が制して全部持っていってやるからな」
望月「なんだ第2世代って。所詮、おまえらなんか新世代軍にもベテラン軍にも入れなかった余り物の集まりじゃねえか。なんだ絆って。絆なんて言う奴にヒールなんかできねえよな。なんだったら来年からモチフジでヒールやったろうか?
おまえらがどれだけ覚悟あるのか、来月のホールで確かめてやるよ。俺らは3人用意する。お前らも3人選んどけ」


これにて第2世代とベテランの抗争、開幕。
準備をととのえ、開戦は来月のホールから。
望月さんの言葉でリアル・ハザードが“ヒール”ってのはもう一気に薄れてしまった感がしますね。

そんな望月さんは久々のヒール復帰発言も。
そんなモッチーのヒールターンといえば、悪冠一色で失敗した過去が。
ここまで愛されつづけたベテランとして、これから凶悪なイメージを再構築するのは本当に難儀なのは経験済みですね(汗)
WWEでもそういうターンの失敗例はいくつもあったなぁ〜、と。
とはいえ、望月さんですから、普通のヒールとはまた違った意地悪さを出してくるんじゃないかと。

k-ness.「とにかく俺らは金網はステップだよ。低い階段。オレがマスクとっても知ってるよ、みたいな。
オレがこのタイミングでわざわざ第一線に復帰したってことは理由は一つしかない。ケガは完治した。完全体に戻ったから自信満々にトップ戦線に乗り込んできたんだ。オレは元々弱い人間じゃねえんだ。それを邪魔するケガってものがあったから戻ってきた。実力はなんらかわらねえ。ケガが有るか無いかだけ。そうなるとハンデがあるのはアイツらだろ。年齢は若返らない。ケガは治るんだよ。そのハンデは一生埋まらねえ」

横須賀「俺らガンガン行こうよ。新世代とかベテランとか俺らナメられてるから。いくしかないよ」


ケガは治るが年齢は若返らない。
おっしゃるとおりで(汗)
第2世代の逆襲。
個人的には堀口選手のエル・ヌメロ・ウノ以来のインパクトを希望(^^;
あの時は感動したなぁ〜。懐かしい…。

 という事で、いよいよ明日!!
今年は昨年以上に混沌具合が凄まじい…。

★エルボードロップ風にポチッとお願いいたします。
人気ブログランキングへ
JUGEMテーマ:プロレス


| からし | DRAGON GATE | comments(2) | trackbacks(1) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
2009/12/27 3:33 PM posted by: セクシーターザン
生観戦しましたよ♪

いやぁ〜何だかもうね…サイドストーリーが色々臭過ぎたんですよ…(笑)

娘が『学芸会の劇見てるみたいだね』と辛辣な言葉放ってました(爆)

試合はどれも最高だっただけにサイドの臭さが余計鼻に付きました(>_<)

今日は一体全体どうなるのでしょうか?
2009/12/27 10:50 PM posted by: からし(管理人)
>セクシーターザンさん
娘さん、なんとも手厳しい(汗)
ただ、その臭さが今までの流れよりかは、いつもよりかはいく分か流れがわかりやすくなってる気がします。良いか悪いかは別として(^^;
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://kimagure-guda.jugem.jp/trackback/1775
2012/07/07 1:02 PM posted by: 恋愛コラムリーダー 〜Love Column Reader〜
夏といえば海。デートで海水浴に出かけることもあります。夏にしか体験できない貴重なデートで、彼氏を落胆させるような行動はとりたくないもの。そこで、『スゴレン』男性読者に聞いた「『なんで来たの?』と男性に呆れられる海デートでの振る舞い」を紹介します。