無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
【NEO】 初夢、霧散。 NEO大阪大会を観戦してきました。その2【女子プロ】
 1・17NEO大阪大会観戦レポその2です。

++++++++++++++++++++++
■第4試合 30分1本勝負
○井上京子(14分3秒 パワーボム→エビ固め)勇気彩●


 大阪出身の勇気選手がNEOの巨頭に挑戦。
4-1
手前の広田さんは今回完全無視でお願いします(汗)
なんだかますます元気美佐恵さんに似てきたな。

4-2
ロックアップから力比べ。勇気選手もNEOでは貴重な大型ファイターですが、京子さんもさすがに大きい。
懐の深さがそのまま体のサイズとして滲み出てます。

グラウンドの攻防。
すると、勇気選手が優勢に。
STFでは京子選手を大いに苦しませていました。
長い時間とらえ続けるも、京子選手はロープブレイクで何とか脱出。

そこからは再びスタンドでの勝負に。
こうなると京子さんは本当に強い。
ブレーンバスターに挑むも、なかなか持ち上げられず。
後ろにまわりジャーマンにトライ。も、これまたなかなか投げられず。
京子「投げてみろ!!」
敵からのエール。
それでも最後には何とか投げることに成功しましたが、最後は京子選手のラリアットでひっくり返り、ド迫力のパワーボムで勝負あり。
まだまだ御大の壁は高い。
それでも京子さんを苦しめた場面を作れていましたから、あとは力なり、引き出しなり。
次はそこから何段も駆け上がって、白星を。

▼バックステージ
勇気「今年は京子さんとベルトを獲りたい。」

おぉう、そう来たか。
新たなモンスタータッグ誕生か?
となると、松本浩代選手とのタッグは解消となるの?
それとも、すでに終了してた??

■第5試合 新年初夢、2009年ベストバウト独占トリオ結成
さくらえみ、●田村欣子、高橋奈苗(21分58秒 ビッグブーツ→片エビ固め)木村響子○、江本敦子、中川ともか


 さてきた新春初夢メインイベント。
リングの調整もおわり準備完了。
あとは入場を待つばかり。

m-1
リングサイドでは広田選手も携帯片手にセコンド準備完了。
…ん??携帯??
こら広田、なんばしょっとねww

そして鳴り響くNEOの王者のテーマ、「ギャラクシーエクスプレス」。

出てこない。

なかなか出てこない…。

テーマ曲、終わりそうなんですけど?何事??
もしかしたらゲート裏あたりでもう襲われてる?とか思いましたが、ベルトを体に一杯巻いてようやく登場。
王者は焦らない。さすがです。
悠々とリングを一周。
そしてコーナーに登り、いつもどおりに水吹きのアクション。
m-2
関係ないですけど、ガウンが着物調の方って多いよね。

そして、次にさくらえみ選手入場。
よっ!MVP!
鮮やかなオレンジ色のガウン。田村様と顔を合わせ、お互いが笑み。
最後に高橋奈苗選手が入場。
ようやく主役の3人が揃い、リングサイドのカメラマンの前で3ショット。
m-3
トミーさん、ちょっとwwww
ナナラッカさんが見えないwww
後日、週プロモバイルにはしっかりといい画像がUPされていました。
きっと週プロでもいい写真が掲載されることでしょう。
m-4

そしてアマンドラも入場。
m-5

6人がそろってそれぞれコール。
それが終わるや、ゴングがなる前にアマンドラが速攻で襲いかかる!
いきなり場外なだれ込んでの乱戦に。
危ない!危ないぞ、コレ(汗)

ようやくリングに戻るや、さくら選手が攻め込まれる展開。
田村選手、高橋選手のフォローも入るが、アマンドラの猛攻の前になかなか抜け出せす。
ただ、さくらさん。
不思議なことなんですが、やられていても何だか明るさというか、絶望感をそこまで感じさせなかった。
まだまだ序盤でもありましたし、口から出るリアクションや、アクション的なものもあったかもしれませんが、フラフラしながらも次の流れへのシフトチェンジが上手というか。
なんと説明したらいいか難しいところですが、これが“さくらえみ”って感じなのかな?と。
安心感、凄い。
本人は凄くキツイのでしょうがw
一番印象に残ったのは木村選手から執拗に頬を引っ張られる場面w
m-6
どんなに鍛えようが、“捻る”って行為は誰に対しても等しく痛いんですよねw
漫画『範馬刃牙』でそんな場面が描かれてた気がするw

中盤にさしかかるとMVPトリオも揃っての攻撃を繰り出すなど、見せ場を続々と。
連続の場外へのプランチャも飛び出し、ヤンヤの大喝采。
どれも華やか。
まさに初夢。

しかし終盤、再び場外へ。
ここから様相が一変。
アマンドラが椅子を使い田村選手が流血!
そしてその勢いのままにリング内でもやりたい放題。
しまいにはチェーンを取り出し、田村選手の首に巻き付け、戦慄の絞首刑!!
木村選手自ら引き上げ、KOは何とか免れましたが、首にチェーンを巻かれたままのバックドロップで追い打ち。
そこに中川選手の「唸れ豪腕」、江本選手のシャイニング・ウィザードで畳み掛け、最後に木村選手のビッグブーツで3カウント。

チェーンを武器に堂々たる猛攻撃。
木村響子は女子マットの真壁刀義か(汗)

初夢、散る。
新春、ハッピーな感じで終わるかと思いきや、まさかまさかのバッドエンド。

そして木村選手がマイク。
木村「なにがMVPだ。2009年はもう終わったんだよ!さくら、オマエ、小学生相手に商売すんのはやめろ。田村、オマエはワガママだよな〜。そんなオマエにタッグのベルトは似合わない。だから私らがいただく。中川、オマエも欲しいよな!」
中川「もちろん!私が何がむかつくって、栗原、オマエがベルト持ってることが一番ムカつくんだよ!!」


これに栗原選手が怒りを押えきれず大乱闘開始。
セコンド陣も総出で分ける。

意気揚々と引き上げるアマンドラ。
入場ゲート付近で観客の一人と一悶着あったようで。
ヒートアップ。昭和の新日本か(汗)
m-7

2010年、NEOの10周年記念イヤーは波乱のスタート。
このまま3月の川崎大会まではこのメインのようなハードな展開をメインストリートとして続くのかも。
うむむ…。これは予想外。私自身も考えが甘かった。
美味しいカードをそのまま味合わせない。
それを逆に自分たちのモノに。

よくよく振り返ってみると、昨年のGWに東京遠征した際、初日に見た板橋でのJWP興行もアマンドラがメインを締めブーイングを浴び、その翌日のNEO後楽園ホール大会でもアマンドラが三田英津子選手をチェーンでの絞首刑でKO。
そしてこの日も、インパクトを残したのはアマンドラ。

もしかして、私、アマンドラ旋風を手伝ってる???
(↑完全な思い込み)

嫌いじゃいですけど、な〜んか不思議な気分σ(^_^;)

 と、いう感じでNEO観戦終了!
大会後、売店の賑わいを感じたり、広田選手の掃除の邪魔をしたりと、なんだかんだ最後まで楽しめました。
直前まで結構ギリギリなスケジュールでしたが、なんとか片付けて来た甲斐がありました。
やっぱ生観戦最高。
大阪ミナミMoveOnアリーナ、最高。

来月20日にはアイスリボンが来るようですし、その前の祝日11日には大阪府立で大阪プロがビッグマッチ。
理想は両方行きたいwあくまで、理想w
3月にはDDTも。
これも要チェックしております。
はてさて、どうなりますか?
その時に考えようw

長いグダグダな観戦記にお付き合いいただき、ありがとうございました。

お疲れ様でした!

★エルボードロップ風にポチッとお願いいたします。
人気ブログランキングへ
JUGEMテーマ:プロレス


| からし | 女子プロ | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。