無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
【プロレス】09年プロレス界を“ざっと”振り返ってみよう。11月編その1
 すいません。今日はやり残していたことの穴埋めです(汗)

今更どれだけ需要があるかは分かりませんが、中途半端に残しとくわけにもいきませんので、特に大きなネタのない今日UPさせていただきますw
2010年になってもう一月も終わろうというこの時期に、09年のまとめ、11月です(苦笑)
12月も24日(日)までの間にUPして、スッキリしとこうと思います。
この遅れてUPする事で、懐かしさも少しますんじゃない?
なんて、苦しい言い訳をしておきますw

ちょっとバタバタしながらまとめたものなので、もしかしたら色々抜けている可能性大。
気がついたことがあれば情報をいただければ、と思います。

 さて、この11月、週刊プロレスが1500号突破!
おめでたい!記念号は特別企画も一杯で読み応えがありましたね。
私も2000号まで欠かさず読み続けたいと思います。

◆新日本プロレス ++++++++++++++++++++++

▼11・1 後楽園ホール『Circuit2009 NEW JAPAN TRUTH 〜G1 TAG LEAGUE〜最終戦』
■G1 TAG LEAGUE 準決勝戦
○ジャイアント・バーナード、"ザ・マシンガン"カール・アンダーソン[Bブロック1位](11分31秒 マジックキラー→片エビ固め)中西学●、大森隆男[Aブロック2位]
田口隆祐、○プリンス・デヴィット[Bブロック2位](9分39秒 エビ固め)矢野通●、中邑真輔[Aブロック1位]
■G1 TAG LEAGUE 優勝決定戦
ジャイアント・バーナード、○"ザ・マシンガン"カール・アンダーソン(16分1秒 マジックキラー→エビ固め)田口隆祐、プリンス・デヴィット●
※バーナード&アンダーソン組が優勝

■ライガーが12・22&23にて、「SUPER J-CUP 5th STAGE」開催を発表
■TAJIRIが乱入。棚橋選手を挑発。
■全試合終了後、飯塚が真壁を襲撃テロ。
 興行終了後、真壁が駐車場で飯塚に対しコメントを出し、接待に向かうため菅林社長のBMWに乗りこんだ際、金属バットを持った飯塚が襲撃!
フロントガラスをたたき割り、真壁を引きずり出し、血祭りに。
運転席に乗っていた菅林社長もガラスの破片の被害に。

▼11・8 両国国技館『DESTRUCTION'09』
■シングルマッチ
●岡田かずちか(9分3秒 ラ・マヒストラル)TAJIRI○
 TAJIRIと邪道、外道と結託。
■IWGP Jr.ヘビー級選手権試合
[王者]●ミスティコ(12分01秒 変型アームロック)タイガーマスク○[挑戦者]
※タイガーが第58代王者に
■IWGPタッグ選手権試合
[王者]ブラザー・レイ、ブラザー・ディーボン(15分42秒 両者リングアウト)ジャイアント・バーナード、"ザ・マシンガン"カール・アンダーソン[挑戦者]
※王者組が初防衛に成功 
■スペシャルシングルマッチ DESTRUCTION AWAKING!!
●後藤洋央紀(14分28秒 スライディングD→片エビ固め)田中将斗○
■チェーンデスマッチ DESTRUCTION BURST!!
○真壁刀義(16分55秒 KO)飯塚高史●
※チェーンのみ公認凶器として認められる。
※3カウント、場外カウント、ロープエスケープ無し。勝敗はギブアップ、KO、TKOによってのみ決定
■IWGPヘビー級選手権試合
[王者]○中邑真輔(22分47秒 ボマイェ→片エビ固め)棚橋弘至●[挑戦者]
※王者が初防衛に成功

▼11・22 栃木『Circuit2009 NEW JAPAN ALIVE 開幕戦』
■青義軍 vs CHAOSイリミネーションマッチ
永田裕志、●井上亘、S・S・マシン、平澤光秀(20分3秒 エビ固め)中邑真輔○、矢野通、ジャイアント・バーナード、“ザ・マシンガン"カール・アンダーソン
■タッグマッチ
○棚橋弘至、後藤洋央紀(14分8秒 片エビ固め)蝶野正洋、AKIRA●

▼11・23 後楽園ホール
■タッグマッチ
○棚橋弘至、後藤洋央紀(17分44秒 ハイフライフロー→片エビ固め)TAJIRI●、田中将斗
 棚橋がTAJIRIから直接ピンフォール。
も、「愛してま〜す」で興行をシメている横で菅林社長にグリーンミスト。
■青義軍 VS CHAOS シングル4番勝負
○S・S・マシン(5分4秒 反則)飯塚高史●
●平澤光秀(5分39秒 鬼殺し→片エビ固め)矢野通○
●井上亘(12分5秒 ボマイェ→エビ固め)中邑真輔○
○永田裕志(13分56秒 バックドロップホールド)石井智宏●

▼11・27 鳥取産業体育館『Circuit2009 NEW JAPAN ALIVE』
■8人タッグマッチ
○蝶野正洋、ブラックバファロー、AKIRA、獣神サンダー・ライガー(14分44秒 シャイニング・ケンカキック→片エビ固め)後藤洋央紀、金本浩二、タイチ●、タイガーマスク
 地元出身のバファローが特別参戦


◆全日本プロレス ++++++++++++++++++++++

▼11・20 台北『2009プロレスLOV in Taiwan』
■第10試合 台湾カップ〜ワンデートーナメント決勝戦
○諏訪魔(24分23秒 ラストライド→体固め)西村修●
※諏訪魔が初優勝

▼11・21 台北『2009プロレスLOV in Taiwan 2009世界最強タッグ決定リーグ戦 開幕戦』
■第4試合 公式リーグ戦
○諏訪魔、河野真幸[2点](12分50秒 ラストライド→体固め)高山善廣、NOASAWA論外[0点]
■第5試合 公式リーグ戦
○小島聡、ゾディアック[2点](18分50秒 ラリアット→体固め)太陽ケア●、鈴木みのる[0点]
■第6試合 公式リーグ戦
○武藤敬司、船木誠勝[2点](13分42秒 シャイニング・ウィザード→体固め)TARU●、ジョー・ドーリング[0点]

 今年も台湾で興行開催。二日間にわたり激闘を披露。
2日目には最強タッグリーグ開幕。
海外での開催、開幕は勿論、史上初。

【参加チーム】
武藤敬司&船木誠勝、小島聡&ゾディアック、諏訪魔&河野真幸、西村修&真田聖也、長州力&征矢学、
曙&浜亮太、太陽ケア&鈴木みのる、高山善廣&NOSAWA論外、TARU&ジョー・ドーリング

▼11・26 愛知
■タッグマッチ
○太陽ケア、鈴木みのる(12分48秒 片エビ固め)諏訪魔、カズ・ハヤシ●
 鈴木が「全日本本体にスパイがいる」と発言。「イニシャルは“K”」


◆NOAH ++++++++++++++++++++++

▼11・19 後楽園ホール『Winter Navig.'09 開幕戦』
■松永が来場、丸藤P興行12・23有明で彰俊と引退試合
 デスマッチ界に名を残し、その世界からは引退をしていた“Mr.デンジャー”が高校時代からの親友とのプロレス引退試合を興行前に要求。
田上社長も快諾。丸藤興行にて実現決定。
■谷口周平“驀進”十番勝負第7戦
●谷口周平(13分3秒 無双→体固め)力皇猛○
■タッグマッチ
杉浦貴、○バイソン・スミス(18分28秒 雪崩式バイソンテニエル→片エビ固め)潮崎豪●、齋藤彰俊
 GHC王者・潮崎が12・6でぶつかる杉浦との前哨戦で、杉浦…のパートナーに敗れる波乱。

▼11・21 大阪府立体育館第2競技場
 秋山凖が体調不良により、以降のシリーズを全戦欠場。
予定されていた12・6武道館のタッグタイトル挑戦も白紙に。代わりにヨネ&力皇が挑戦者に立候補。

▼11・22 下関
■第4試合
潮崎豪、○齋藤彰俊(14分52秒 スイクルデス→片エビ固め)エディ・エドワーズ●、クリス・ヒーロー
 齋藤が左目眼窩底骨折で以後の大会を欠場。12月末に復帰。

▼11・23 博多スターレーン『Winter Navig.'09』
■シングルマッチ
○杉浦貴(15分46秒 オリンピック予選スラム→片エビ固め)バイソン・スミス●
■シングルマッチ
○モハメド・ヨネ(8分58秒 片エビ固め)田上明●

▼11・24 福岡
■グローバルハードコアクラウン無差別級選手権試合
[王者]○小橋建太(13分22秒 体固め)相島勇人●[挑戦者]
※王者が4度目の防衛に成功

▼11・28 広島グリーンアリーナ『Winter Navig.'09』
 三沢さんが亡くなった会場に再び。
■シングルマッチ
○森嶋猛(13分13秒 バックドロップ→片エビ固め)力皇猛●
■特別試合
○潮崎豪、小橋建太、谷口周平(23分59秒 ゴーフラッシャー→片エビ固め)佐々木健介、杉浦貴、バイソン・スミス●


◆ZERO1 ++++++++++++++++++++++

▼11・3 島根・益田『ZERO1 WRESTLER'S〜益田市出身・日高郁人凱旋試合』
■女子タッグマッチ
○高橋奈苗、夏樹☆たいよう(21分55秒 エビ固め)豊田真奈美、藤本つかさ●
■スペシャルシングルマッチ
●日高郁人(20分20秒 スライディングD→体固め)田中将斗○
 同じく島根県出身の豊田、キックボクサーの寺戸伸近も出場。

▼11・19 新木場『天下一ジュニアトーナメント2009〜Grant me my wish!〜 開幕戦』
■天下一トーナメント1回戦
○菅原拓也(12分14秒 十三不塔→片エビ固め)戸澤陽●
○フジタ“Jr”ハヤト(17分49秒 ヘルム→片エビ固め)澤宗紀●

▼11・29 後楽園ホール
■天下一ジュニアトーナメント2回戦
○プリンス・デヴィット(7分24秒 ダイビング・フットスタンプ→片エビ固め)菅原拓也●
○サンジェイ・ダット(11分2秒 ムーンサルト・フットスタンプ→エビ固め)藤田ミノル●
○フジタ"Jr"ハヤト(10分24秒 ヘルム→片エビ固め)大原はじめ●
○日高郁人(11分2秒 高津川)マグニチュード岸和田●
■天下一ジュニアトーナメント準決勝
○プリンス・デヴィット(11分37秒 プリンスズウロウン→片エビ固め)サンジェイ・ダット●
○日高郁人(13分25秒 野良犬ハイキック→エビ固め)フジタ"Jr"ハヤト●
■メインイベント 天下一ジュニアトーナメント決勝戦
○日高郁人(20分17秒 石見銀山→エビ固め)プリンス・デヴィット●
※日高が初優勝、第9代インターナショナルジュニアヘビー級王者に

優勝者・日高の願いは「師匠・フナキさんとタッグを組んでZERO1で試合をしたい」


◆DRAGON GATE ++++++++++++++++++++++

▼11・6 後楽園ホール『CROWN GATE〜開幕戦〜』
■6人タッグマッチ
○マグニチュード岸和田、Gamma、KAGETORA(16分13秒 ラストライド→エビ固め)望月成晃、ドン・フジイ、スペル・シーサー●
 Gammaが予告していた“X”は岸和田兄さん。
も、岸和田は望月&フジイに対し全く怒っておらず、試合後、Gamma&CIMA含め共闘。世代闘争戦線へ。
■8人タッグマッチ
○土井成樹、吉野正人、B×Bハルク、琴香(21分20秒 バカタレスライディングキック→片エビ固め)堀口元気●、斎藤了、Dr.マッスル、MAZADA

 試合後、望月らベテラン組と大舌戦。KAMIKAZEの鷹木、YAMATO、戸澤もWORLD-1と共にベテラン組に噛みつく。
12・3後楽園大会でのなにわ式イリミネーションマッチが決定も、ベテラン軍は一人足りず。
そこで望月が呼び込んだのは、5年前に解雇されていた元・悪冠一色の菅原拓也!

▼11・8 サンドーム福井『CROWN GATE』
■6人タッグマッチ
CIMA、Gamma、○アブドーラ・ザ・ブッチャー(10分55秒 体固め)望月成晃、ドン・フジイ、スペル・シーサー●
■オープン・ザ・ブレイブゲート選手権試合
[王者]○谷嵜なおき(13分52秒 インプラント→エビ固め)戸澤陽●[挑戦者]
※王者が2度目の防衛に成功
■オープン・ザ・ツインゲート統一タッグ選手権試合〜ハードコアルール
[王者]○鷹木信悟、YAMATO(24分8秒 椅子の上へのSTAY DREAM→エビ固め)神田裕之、新井健一郎●[挑戦者]
※王者が2度目の防衛に成功

▼11・11 神戸『LIVE GATE 2009』
■第2試合 超神龍試練の五十番勝負第22戦
○YAMATO(8分58秒 アンクルホールド)超神龍●[0勝21敗1分]
 試合後、YAMATOがSUPER J-CUP出場に名乗り
■シングルマッチ
○斎藤了(14分2秒 パウダー攻撃の誤爆から体固め)横須賀享●
 試合後、横須賀がDr.マッスルと退場。
WARRIORS-5との間に不協和音?

▼11・23 大阪府立体育館第一競技場『THE GATE OF DESTINY 2009』
■超神龍・試練の50番勝負第25戦
●超神龍(2分19秒 夢限→体固め)横須賀享○
 勝利後もCIMA&Gammaとの勝ち名乗りも拒否し、速攻でバックステージへ。
■タッグマッチ
○吉野正人、ドラゴン・キッド(15分30秒 レフェリー暴行による反則勝ち)斎藤了●、MAZADA
 勝利も納得いかず、Dr.マッスルをいれて来月の福岡国際センターでの金網でカベジェラ・マスカラ戦が決定。
■オープン・ザ・ブレイブゲート選手権試合(3WAYマッチ)
[王者]○谷嵜なおき(11分17秒 インプラント→エビ固め)KAGETORA●
1:○KAGETORA(6分4秒 影縫い)戸澤陽●
※王者が3度目の防衛に成功
■6人タッグマッチ
○CIMA、Gamma、マグニチュード岸和田(13分28秒 メテオラ→エビ固め)神田裕之●、堀口元気、Dr.マッスル
■オープン・ザ・ツインゲート選手権試合
[王者]△鷹木信悟、YAMATO(25分15秒 両者KOにより引分け)望月成晃△、ドン・フジイ
※王者組が3度目の防衛に成功
■オープン・ザ・ドリームゲート選手権試合
[王者]○土井成樹(27分2秒 マスキュラーボム→エビ固め)B×Bハルク●[挑戦者]
※王者が7度目の防衛に成功
 試合後、花道でハルクを斎了とDr.マッスルが襲撃。
マッスルが得意げに鼻のあたりまでマスクを上げ、後ろを向くと全てとり、その後頭部があらわに。その姿は横須賀に酷似。

▼11・28 新木場1stリング『武勇伝・甦』
■シングルマッチ
○ディック東郷(17分17秒 ダイビング・セントーン→片エビ固め)K-ness.●
■タッグマッチ
藤田ミノル、○菅原拓也(17分55秒 十三不塔→片エビ固め)望月成晃、アンソニー・W・森●
 アンソニーと菅原が5年を経て和解。

▼11・28(現地時間) 米・フィラデルフィア『Open The Freedom Gate』
■オープン・ザ・フリーダムゲート王座決定戦4WAYマッチ
CIMA vs YAMATO vs B×Bハルク vs グラン・アクマ
1:○YAMATO(5分13秒 片エビ固め)CIMA●
2:B×Bハルク(11分28秒 片エビ固め)グラン・アクマ●
3:B×Bハルク(15分54秒 片エビ固め)YAMATO●
※ハルクが初代フリーダムゲート王者に


◆健介オフィス ++++++++++++++++++++++

▼11・7 熊谷市民体育館『Take The Dream Vol.11』
■シングルマッチ
○臼田勝美(7分33秒 踏みつけ式体固め)梶原彗●
 当初別カードだった臼田が、カード変更への怒りとして梶原を痛めつける。
試合中にも07年から欠場していたボスの村上一成がリングサイドで観戦。試合後にはリング上で大暴れ。
健介を呼び出し、カード変更に対し報復を宣言。
■セミファイナル 起田高志“顔力”五番勝負VS巨漢編
●起田高志 (1分3秒 ボディプレス→体固め)吉江豊○
 起田が膝靭帯損傷を抱えたまま挑むも玉砕。以後、欠場に。
■GHCタッグ選手権試合
[王者]○森嶋猛、佐々木健介(28分45秒 バックドロップ→片エビ固め)潮崎豪●、齋藤彰俊[挑戦者]
※王者組が初防衛に成功

▼11・17 健介オフィス道場『Take The Future』
■タッグマッチ
○佐々木健介、なまずマン(17分19秒 体固め)菊タロー、梶原彗●


◆DDT ++++++++++++++++++++++

▼11・3 銀座ベノア『GINZA NOW〜11・3〜』
■8人タッグマッチ
高木三四郎、●ポイズン澤田JULIE、MIKAMI、タノムサク鳥羽(9分14秒 片エビ固め)石井慧介○、谷口智一、伊橋剛太、高尾蒼馬
 ヤングドラマ杯優勝の石井が澤田に勝利したことで、12月に行われる福岡での路上プロレスに参戦表明。合わせてタッグ王者・ヤス&KUDOに挑戦表明。ベルトHUNTER×HUNTERに加入。

▼11・7 猪木酒場新宿店『週刊プロレス1500号記念まつり スペシャルシングルマッチin酒場』
■DDT提供試合〜酒場プロレス
○飯伏幸太(16分56秒 ジャーマンスープレックスホールド)中澤マイケル●
 酒場の中で路上プロレス専門家の二人がプロレス。もちろん、ノーリング。

▼11・15 SHINJUKU FACE『God Bless DDT 2009』
■次期KO-D無差別級王座挑戦者決定ブランド対抗ロイヤルランブル〜完全決着ルール
○石川修司[ユニオン](13分33秒 エビ固め)タノムサク鳥羽●[ハードヒット]
※石川が飯伏幸太へ挑戦決定

■CMLL認定KO-Dタッグ選手権
[王者]○KUDO、ヤス・ウラノ(20分33秒 片エビ固め)男色ディーノ、石井慧介●[挑戦者]
※王者が3度目の防衛に成功

▼11・29 後楽園ホール『DDT SPpecial 2009』
■マッスル坂井がDDT再入団
■第1試合 YAGOプロレス内ブランド『RAW IS YAGO』提供衛星生中継
矢郷良明(試合継続中)高木三四郎
■BOYZ提供試合
大石真翔、○円華、佐々木大輔(7分46秒 ランヘェイ)ツトム・オースギ、木高イサミ、高尾蒼馬●
■ハードヒット提供試合
○長井満也&佐々木恭介(10分55秒 陸牙→TKO勝ち)タノムサク鳥羽、澤田“マレンコ”篤男●
■YAGOプロレス内ブランド『RAW IS YAGO』提供衛星生中継
○矢郷良明(8分5秒 電気風呂の中に落とされ感電死)高木三四郎●
■クルーザーゲーム提供試合
○MIKAMI(5分2秒 スライディング式スク〜ルボーイ)ヘラクレス千賀●
■矢郷さん、ロッカーに閉じ込められる
■監獄島プレゼンツ運営権が欲しければ、殺せ!10人バトルロイヤル
○中澤マイケル[矢郷第三帝国軍代表](10分3秒 爆死)村田晴郎●[DDTドラマティックファンタジア代表]
■新北京提供試合
○曹磨刀、元大老、安浦野(拾二分三拾八秒 蒼魔刀→体固め)趙雲子龍●、Dragon-Achooooo、周瑜公瑾
■矢郷さん、繭を作って孵化
■UWA世界6人タッグ選手権試合
[王者]●アントーニオ本多、PIZAみちのく、F・トーゴー(14分36秒 腕ひしぎ十字固め)男色ディーノ、マサ高梨、佐藤光留○[挑戦者]
※王者組が第36代新防衛に失敗。第36代新王者誕生
■第8試合 KO-D無差別級選手権試合
[王者]●飯伏幸太(21分40秒 クロスアーム式スプラッシュマウンテン→エビ固め)石川修司○[挑戦者]
※王者が3度目の防衛に失敗。石川が第30代王者になる
■エンディング ヤゴラ孵化
 怒りのロングリバー黄河が日本上陸。ヤゴラが向かうも呆気なく潰される


◆ユニオン ++++++++++++++++++++++

▼11・6 新木場1stRING『ユニオン4周年記念大会』
■広田さくらが復帰を発表
広田「私はプロレスを引退していたのですが、またプロレスをやりたくなりDDTさんで練習をさせてもらっていました。そしてこの度ゴーサインをいただいたので復帰となります。また広田さくらというレスラーを楽しんでいただけたらと思います」

■薔薇1000本タッグデスマッチ
○石川修司、木高イサミ(25分22秒 スプラッシュマウンテン→エビ固め)佐々木恭介●、竹田誠志

++++++++++++++++++++++

その2「大日本〜女子プロ」編に続きます
http://kimagure-guda.jugem.jp/?eid=1823


★エルボードロップ風にポチッとお願いいたします。
人気ブログランキングへ
JUGEMテーマ:プロレス


| からし | 2009 プロレス界まとめ | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。