無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
【大阪プロ】2・11大阪ハリケーンレポその1 
 遅ればせながら、昨日の大阪プロレス年に一度のビッグマッチを観戦してきました!
そのレポをアップします

++++++++++++++++++++++
▼2・11 大阪府立体育館第一競技場『大阪ハリケーン2010』
http://www.osaka-prowres.com/result/?p=476(大阪プロレスHP 試合結果)

 今回はプロレスファンではありますが「大阪プロレスはTV中継も一度も見たことがない」という友人を誘い参加。
プロレスファンではありますが、1年前に結婚してからはそこまで見る機会にも恵まれなかったという彼。
久々のプロレス関心に快くついて来てくれました。
そんな友人だけに、どんな反応があるのかも楽しみに。

そして開場時間になり入場。
売店に人が沢山。
中でも一際集まっていたのが、さすがのレジェンド・ブッチャーさん。
プロレス会場でフォークを販売し、サインも入って記念撮影もする方多数。
このフォークはどんな高級ブランドよりも豪華です。
さすがに「これで私を差してください」なんて言った人はいないかw

そしてディック東郷選手も売店で座ってるだけでオーラが凄かった(汗)
その眼光は何キロ先の標的も打ち抜く。

興行開始30分前になにやら大阪のアーティストの方のミニライブや、可愛いお子さん達のダンスの披露も。
その最後には激励に来ていた現在ヘビー級のプロボクサーとして頑張っておられるゼウス選手も登場!
一緒に写真撮影。


そして、社長さんの挨拶があり、遂に興行開始!
この大阪ハリケーン2010のオープニングVTR開始!
このVTRを制作された方がYOU TUBEにUPされていました。
これを見て、試合開始前の胸の高鳴りの疑似体験をどうぞ。

■大阪ハリケーン2010オープニングVTR


■タッグマッチ
ペロ、●タコヤキーダー(9分31秒 フライングソーセージ→片エビ固め)入江茂弘○、三原一晃


 見た目は可愛くてもそのファイトは超闘犬・ペロがパワーを発揮。
さすが、元大阪タッグ王者経験者。
見た目とファイトの豪快さが吊り合わないのよ(汗)
それがいいギャップとなって、友人の関心もひきまくりでした。

入江&三原選手も大きな体で迫力あるプロレスを披露。
見た目はなんだか兄弟みたいw
後ろ姿も似ていたのにはひっそりと笑ってしまったw
あと、三原選手は1年前に見たときより体が鍛えられててよかった。
男は黙ってワンショルダー!!
(↑友人がツボにハマった名キャッチフレーズ)

This is プロレスリングという迫力もお手本も見せた第1試合。
大阪生観戦歴は過去3回という私ですが、大阪プロレスは第1試合がいい仕事をする団体というイメージがあります。

■女子プロレス提供試合
GAMI、○桜花由美[プロレスリングWAVE](10分43秒 タイガースープレックスホールド)アップルみゆき●、華名


 華名選手以外は初めて生で拝見。
桜花選手は想像以上に長伸で驚く。

GAMIさんのメガホンは体の一部。
使い方もタイミングも叩いた時の音の大きさもバッチリ。
会場が沸きに沸きましたね〜。
そして、中盤にはアップル選手を捉えロープ渡りも披露。
…も、その時リング中央では華名選手と桜花選手が激しい打撃戦。

交互にロープワークを行い強烈な一撃を喰らわせていくも、当然、ロープ上に立っているGAMIさんにはいい迷惑。
勿論、派手に落下w
それを見た桜花選手が「ゴメ〜ン」と言いながら見せていた表情が印象的でした。

桜花選手の長い脚は本当に素晴らしい武器だと痛感。
高山善廣選手のような良い意味で足癖の悪さをドンドン身につけていっても面白いと思いました。
友人も一番声を上げていたのは桜花選手の動きでした。
派手な動きはないけれど、高さを感じさせる投げを披露。
見た目、内容でも初見の人を惹きつけるものが確かにあるんですね。

ここ最近ではOZの尾崎魔弓選手からしつこく尾崎軍への勧誘を受け、それを拒み続けて、と注目も集まっています。
そこを上手く活かし、女子プロ内でもう一つ上の舞台、ステップアップに繋げてほしいです。

試合後にはGAMIさんがマイク。

GAMI「まいど〜!今日は女子プロレスを代表してこんな大きい会場に呼んでいただきました。今の不景気の迷走している状態で、女子プロレスがこんな大きな箱でできることが皆無なので嬉しかったです。3月21日に大坂で女子プロレスの団体を旗揚げします。なので皆さん。大阪から日本の元気を取り戻しましょう。ちなみに、3月20、21、22日と弁天町で女子プロ祭りがあります。お時間のある人は見に来てください。今日はありがとうございました」

ここでテーマ曲が鳴り響くも、GAMIさんがあわててSTOP THE ミュージック。

何事かと思いきや、「ほな、サイナラ」を言う前に鳴らされたようでw
うん。そこ大事ですね。

桜花&アップル&華名選手が女子プロレスを見せ、GAMIさんが独特の世界で楽しさも披露。
1カードで2度美味しかった感じでした。

■第3試合 スペシャル6人タッグマッチ
○越中詩郎、菊タロー、救世忍者乱丸(13分5秒 パワーボム→エビ固め)松山勘十郎、くいしんぼう仮面、えべっさん●


 鳴り響く『SAMURAI』にのって越中組が登場。
白い袴が今日も光ってるって!!

先にリングインした菊タロー選手は携帯片手にカメラで激写。試合前のコール時に生ツイッター更新。
i-Phonらしきものをイジッていたので「もしかして?」と、私もタイムラインをチェックしてみたらやっぱりww
写真付きで投稿されていましたw

===========================
▼ツイッター 菊タロー選手
https://twitter.com/kikutarochan

大阪プロレスのリング上なう
3:55 PM Feb 11th

アホ3人。今から試合開始です。
3:57 PM Feb 11th

============================

リング上の風景が手のひらの中に。
凄い時代になったもんだ(汗)

そして花束を持った6人の女性の皆様(一人だけ綾波レイコスプレ)
選手一人一人に花束贈呈…かと思いきや、みんな越中さんに。
5選手みんながズッコケて、一斉に抗議開始ww
勘十郎選手なんて物凄い勢いで声を挙げてたw

ピンぼけ(汗)
越中さん、ご満悦。

そして試合開始。
いきなり、菊タローさんとくいしんぼう仮面の対決から!!
私と友人、狂喜乱舞。

何だかんだ言っても、やっぱり菊さんとくいしんぼうの絡みはプロレス界の宝。

 越中さんの大阪上陸は、なぜか周りのメンバーが非常にユニークな面々。
っていっても、ハッスルで新境地を開拓してからはこういう手のお仕事も「ドンドン組めって!」とばかりに大ハシャギの姿勢を発揮されてますね。
全日本のF-1では、過去の越中詩郎伝説を全て無かったことにする勢いでしたしw
ただ、この試合では「ガンガンハジける」というのではなく、あくまで大御所としてドッシリ構えて、周りがその存在感に対抗していく様相に。

勘十郎選手も意識しまくりでヒップアタックを先に披露。越中さん、少しムッとする。
そしてリングイン。えべっさんを投げ飛ばし、ハッスル。
そして、菊タローさんが“今が旬”のドラゴンリングイン!!
それをしたら、やっぱりすぐさまくいしんぼうの攻撃が綺麗にヒット。

そして、大阪ではお馴染み、くいしんぼう仮面による「思わず飛んじゃう欽ちゃんジャンプ」のムーブも、越中さんは訳がわからないのか付き合わず。
みんなが2回トライしても「?」な表情を浮かべる越中さんに、菊さんが「お願いですから(汗)」とお願い。
3回目にしてようやく飛んでくれましたw
その時は会場から大拍手。

その盛り上がりそのままに、勘十郎ファンにはお馴染み『一対一のビンタ合戦』開幕。
今日の相手は乱丸さん。
お馴染みの流れで、勘十郎選手のビンタは事ごとく防がれ、逆に強烈な一撃をくらい続けるw
さすがに「このやろう!」と大きな一撃を放とうとした瞬間、乱丸さんが「忍法、金縛り!!」
吉野レフェリーも含め、みんな「時が止まった」状態に。
その間に、吉野レフェリーを自分の位置に動かし、安全確保した乱丸さん。
「そして時は動き出す!」とばかりに忍術を解いた瞬間、勘十郎のビンタが吉野レフェリーに!!

と、思いきや、吉野レフェリーがブロック!逆に凄いスイングスピードで倍返し!!
思いもよらない事態とダメージに悶絶する勘十郎選手。
本人の苦しみとは正反対に、場内はヤンヤの大爆笑ww

そして、ここからは大阪お笑いプロレスではお馴染みの“まとめて逆エビ固め”を越中さんが決め、みんな円状に同時に倒れてのカウント2!もしっかり参加。
段々と順応してきたところで、勘十郎選手の『愛しの乱れ髪』の餌食に。
そこにえべっさんがヒップアタックも全然効かず、逆に本家の強烈なケツ!
追い打ちでダイビングヒップの大サービスもくらいノックダウン。
最後は強烈な侍パワーボムで3カウント。

勝ち名乗りをあげ、菊タロー選手がマイク。
ちょっと待った仕草も見せる越中さんにマイクを渡し、「大阪の皆さん、ありがとうございました!!」と締めのご挨拶。

途中の演説ブレーンバスターでは「大阪プロレスお笑い王者なのに、さっぱり呼ばれなくなってしまいました」とお嘆きだった菊さん。
そういえば、DRAGON GATEのお笑いゲートの王者って今も保持したままでしたっけ??

腹筋崩壊するんじゃないかと思うくらいバカ笑いしてしまいました。
試合終了までおそらく、腹筋500回くらいは鍛えられたなw

あと、菊さんの武藤敬司ムーブが冗談抜きで似すぎなので笑うって感じじゃなくて、見入ってしまうw

■第4試合 タッグマッチ
○タイガースマスク、ブラックバファロー(12分47秒 マスク剥ぎ→反則)Gamma、スペル・シーサー●


 この日、メインと同じくらい注目をしていた第4試合。前半戦のメインイベント。
「一切絡む気はない」というCIMA選手を引きずり出し、リング上で土下座をさせるために絶対に負けられない一戦。

そんなCIMA選手と打って変わって前に出てきたのは、久々に大阪プロのリングに帰ってきたことになるGamma選手。
なんと、スペル・デルフィンのマスクを頭に被り入場。


デルフィンポーズをやったり、試合開始早々にデルフィンクラッチをやったりと、やりたい放題。

感情的に向かっていくバファロー選手に対し、Gamma選手は空かすようにして、バファさんと大阪プロファンの感情を逆撫で。
むかっとくるけど、この辺の心理戦はGamma選手にとってはお手の物。
DRAGON GATEのハザード時代もこんな感じだったなぁ〜。
まさにそれを思い出させるように、汚水攻撃や顔面へのヨダレの擦りつけもその当時のままに大ブーイング。
ただ、2階南側のDRAGON GATEサポーターからは大ガンマコールも。

そして、ある意味でトバッチリを受けた形のシーサー選手はいつも通りに。
しかし、徐々にDRAGON GATEではなかなか見たことがない“悪”の一面を解禁。
荒々しいアクションも見せ、なかなか新鮮。

序盤から押される展開の大阪プロレス組。
しかし、タイガース選手が打点の高いドロップキックの連発で流れを取り戻し、徐々に押し返していく。
バファさんも気合のラリアットを連打で歓声を起こしていく。

しかし、いい流れでロープに走った際、Gamma選手が背後からイス攻撃!
そのチャンスを活かし、シーサーがタイガースにヨシタニック爆裂!
あわや3カウントもバファさんがカットに間に合い危機一髪。
も、シーサーがタイガースマスク選手のマスクの紐を一気に剥ぎ取る暴挙に!!
攻め寄るレフェリーもGamma選手が突き飛ばし、反則裁定、大ブーイング!!

Gamma選手がムーブオンアリーナに乱入したその日、シーサーと勘違いしていたと聞いて怒りを表したバファさん。
それをなだめたタイガース選手。
あくまで自分は冷静にバファさんを抑え、「これに勝てば次につながるでしょ」とおっしゃっていましたが、まさか、当日は自分がこんな目に合うとは…。
この日までの流れ的には先に書いたように「とばっちり」とも言えるような立場ででしたが、そのシーサー選手が毒牙を出した。
考えてみれば、現在のDRAGON GATEマットではシーサー選手が絶好調。
決してなめて見ていたわけではないですが、ここでも存在感を示した形に。

理性の糸が切れたかのように、素顔のまま突っかかっていくタイガース!
セコンドがタオルをかぶせようとするも、関係なしに殴りかかろうとする。

Gamma「大阪プロレス、こんな事で反則負けになっちゃうのか。やっぱり大阪プロレスはよ、デパートの屋上のぬいぐるみショーなんだよ。大体、お前らみたいな下々のレスラーがDRAGON GATEと試合しようなんて100万年早いんだ。お前らよく聞け。俺様の独断で、DRAGON GATEは大阪プロレスには一切でない。連中とも試合はしない。分かったか。どうしてもっていうなら、上の連中は出せないけど、スペル・シーサーくらいはいつでも貸してやるぞ。ねえ、SAITOさん。いい意味で言ったんですよ。」

くぅ・・・。悔しい。
DRAGON GATEの二人が去り、怒り狂ったタイガース選手を下げ、バファロー選手がリング上で謝罪。

バファロー「すみませんでした!DRAGON GATEとの喧嘩はこれで終わらせません。今日はすみませんでした!」

ぬぐぅ…。
そして、バックステージでも怒りの収まらないタイガース選手がバファロー選手と共にコメントを出しているGamma&シーサーの前で口論に。

Gamma「DRAGON GATEの超満員札止めの府立に乱入してきたんだよ。それでオレがお返しに。CIMAは相手にしないから、オレはどうでもよかったけどムカついたからよ。さっきも言ったけど、DRAGON GATEは今後一切大阪プロレスとは関わらない」
シーサー「こんなんで終われるか!タイガース、なめやがってよ!」
タイガース「俺達がそっちに行ってやる!」
シーサー「いつでもこい!いつでもいいぞ!!Gamma、CIMAお前らがキッカケ作ったんだろ!オレが相手してやるから、今度DRAGON GATEのリングに上がって来い!」
Gamma「相手しなくていいですよ」
シーサー「うるさい、オラ!」


シーサーが殺る気に。
今度はタイガース&バファローがDRAGON GATEに乗り込み、まずはシーサーという可能性が?
もう何でもいい。
“CIMA”に辿り着く、引きずりだすためにはどんな機会でもいかして。
何ともスッキリしない形で思いもよらぬ遠回りする羽目になってしまいましたが、「やられたらやり返す」。
これが闘いか。

個人的には他の大阪の選手であがってくる選手もいるかなぁ・・・と思ったんだけど。
まだ後半戦の試合もあったから、って事で自己消化しておこう。


 ここで休憩に。
売店には越中さんもいた。
これまた大人気。物尻、じゃなくて物腰低い紳士でした。
売店では「サイン、やってやるって!!」とかはさすがに言わないかw


続く!

★エルボードロップ風にポチッとお願いいたします。
人気ブログランキングへ
JUGEMテーマ:プロレス


| からし | 大阪プロレス | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。