無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
【ハッスル】大豆な時期にまたまた参上。
 復活しても粘り強く?

++++++++++++++++++++++
■「ナットーマンとして、奴から送り込まれる刺客とやってやる!」
坂田“ハッスル”亘、ついに伝説のヒーローを解禁へ!!

http://www.hustlehustle.com/free/news/?id=1271401583
(ハッスル HP)
坂田「“黒の中村カントク”? まったく、時代を逆行するにも程があるだろう。それに去年のハッスルの状況を俺ひとりの責任にされるのはお門違いも甚だしい。
イベントのハード面を妨害されたり、裏から手を回されてZERO1が協力してくれなくなったら、俺にはなす術もない。奴は何を仕掛けてくるかわからないし、後ろに控えているという人物も見当がつかない。本当にそんな後ろ盾がいるのか?
奴の目論見を粉々に打ち砕くには、『俺こそがハッスル!』ということを4月30日後楽園ホールでファンの皆さんに認めてもらうこと、そして奴からの刺客を迎え撃って叩きのめすしかないと思う。奴の望み通り、俺はナットーマンとして、奴から送り込まれる刺客とやってやる」

++++++++++++++++++++++

久々に愛すべきキャラが復活。

このリリースに至るまでの流れを簡単に。
------------------------
1:坂田がハッスル再開を宣言。第2弾リリースにより4・30後楽園ホール大会発表
■「俺はこれからもハッスルするぞ!」
坂田亘、たったひとりでハッスル再始動を表明!!(2月12日)

http://www.hustlehustle.com/free/news/?id=1265964036

2:黒の中村監督が坂田を痛烈批判。
■「坂田にハッスルできるわけがない!」
黒の中村カントクが坂田を徹底糾弾!!(4月13日)

http://www.hustlehustle.com/free/news/?id=1271156297
中村監督「坂田のことは絶対に許さない!坂田にハッスルできるわけがない!
私自身は山口社長には物凄く感謝しています。ただし、坂田に対しては何一つありませんし、彼にハッスルというイベントができるとはまったく思っていない。申し訳ないですけど、4・30はこちらで仕切らせてもらいます。
僕は既に数百人のレスラーと契約している状態にあります。
坂田は自分が試合に出られると思っていますが出しません。まず、彼は、ナットーマンで試合をしてもらいます。
実は、私のバックには坂田も口が聞けないようなある人物が控えている」


3:坂田がナットーマンでの出撃を宣言
(今日)
------------------------

 中村さんは復活ハッスルを全面バックアップするFOSのお偉いさん。
前ハッスルでは一時期ハッスル軍の“監督”としてリングサイド等でハッスラーを支えたり、時には島田二等兵とやりあってたりと奮闘していたお方。
そんな方が坂田さんに対し痛烈に叫弾。
というか、中村さんがこうやってまた出てくることは予想外だったわけで(苦笑)

なんだか、坂田さんが最初の会見の時に「以前のハッスルをマネしようとか、復活させようとかは考えていません」と言っていたのですが、何だか、あの頃の流れみたいになってないか(汗)
まぁ、いいか。
ナットーマンで闘う。
ただ、以前のナットーマンはお世辞にも決して強いヒーローでは無かったのですが、今回ははたして?
姿はナットーマンだけど、ファイトは坂田亘?
強いナットーマンってのはちょっと想像できないんだけど。

ハッスルも一度は腐って…ってのは言い方が悪いか(汗)
時間が経って発酵して、いい味わいになっていたらいいんだけど。
現時点ではまだちょっとこの展開の“受け取り方”に困惑しております。
まぁ、いいか。いつも通り楽しんじゃえばw

4月11日のZERO1・靖国大会で坂田さん自身が足を運び、越中さんに参戦を希望。
越中さんも「やってやるって!」と返答。
さすがに“ケツ親父”じゃないよねσ(^_^;)

★私は納豆が苦手です(いらない情報)
よろしければ、ポチッとお願いいたします。

人気ブログランキングへ
JUGEMテーマ:プロレス


| からし | ハッスル | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://kimagure-guda.jugem.jp/trackback/1942