無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
【SMASH】“大物ベテラン”は千両役者
 かねてからTAJIRIさんがほのめかしていたSMASH3から継続参戦される“大物ベテラン選手”。

その正体が本日の会見で判明。

それはAKIRA選手!!

++++++++++++++++++++++
■AKIRA参戦「自分の役割を全うしたい」/SMASH会見
(週プロモバイル)
TAJIRI「SMASH全体の底上げ、パワーアップを図るためにスポーティーで大人のかっこよさを持つAKIRAさんはSMASHにピッタリくる。旗揚げ前から僕の中ではAKIRAさんのことを考えていた。また、パーソナルトレーナーでもある僕の先生として、ボクも含めて鍛え直してもらいたいと思っています」
AKIRA「TAJIRIさんなら日本版WWEを実現できると思うし、ボクも希望に満ちてワクワクしている状態。TAJIRIさんの世界観には可能性を感じるし、今のマニアだけのプロレスを突き抜けてみんなが乗っかってくれるんじゃないかと思う。プロデューサーのTAJIRIさんをまるっきり信用して、自分の役割を全うしたい」

++++++++++++++++++++++
 この会見はYOU STREAMでの生中継され、誰でも視聴可能でした。

ただの参戦選手ではなく、SMASH全体のプロレスラー、プレイヤーとしてクオリティ向上のために打診。
いうなれば、SMASHの先生という感じでしょうか。

TAJIRIさんは旗揚げ前から参加希望を考えていたそう。
新日本を中心に活躍し、同時に役者さんもつとめられ、表現生かして武器にする選手。
まさにリングの上の“千両役者”。
そんなAKIRAさんがSMASHに、そしてTAJIRIさんが惚れ込んだというのも、なんだか納得。
上手く言葉には出来なんですけど(汗)

そんな心強い方が合流しての初のSMASHは今月29日。
++++++++++++++++++++++
▼5・29 新宿FACE『SMASH 3』
http://www.smashxsmash.jp/card.html
(SMASH HP)

■第1試合
AKIRA vs ゴーレム・ナイト

■第2試合
小路晃、朱里、児玉ユースケ vs キム・ナンプン、Mentallo、リン・バイロン

■第3試合
大原はじめ vs ジェシカ・ラブ(FCF)

■セミファイナル FCFチャンピオンシップ
[王者]ヴァレンタイン(FCF) vs TAJIRI[挑戦者]

■メインイベント
KUSHIDA vs プリンス・デビット(新日本プロレス)

++++++++++++++++++++++
カードにはデヴィット選手、Mentallo選手以外は初上陸の外国人選手。
それだけにどんな試合になるの?という予測も不可。
ただ、どの選手もTAJIRIさん自らが「素晴らしい!」と参戦を決めた方たちばかり。
まさに“予想外”からくる新鮮なインパクトや驚きを純粋に味わえる。
この美味しさはSMASHならではじゃないかと。

AKIRA選手の相手となるゴーレム・ナイト選手はイスラエル・エルサレム出身。
現在はカナダを主戦場とする選手。
名前からも連想できるように凄い巨体とパワーがうりとのこと。

キム・ナンプン選手は韓国から。
WWAという団体を主戦場にする選手で、大きな体に凶器もしようするヒールだそうですが、ラジオDJ、IT系フリーライター、UFCの韓国語解説もつとめられるという多彩な方なのだそう。
なんだか、そのプロフィールだけでも物凄い注目しちゃうw

個人的に楽しみなのはジェシカ・ラブ。
TAJIRIさんのBLOGでも毎回写真が掲載され、あわせてUPされている文章からもどれだけ惚れているかが伝わります。
-------------------------
▼TAJIRI選手のBLOGより11日を抜粋
http://www.japanesebuzzsaw.com/archives/1655

-------------------------
フィンランドからやってくるあまりにも美しい「空飛ぶ“オカマ“」。

そんなジェシカ選手の相手を務めるのは大原はじめ選手。
カードが発表となった後、こんな想いをBLOGに
--------------------
▼5・8『トラウマ1』
http://www.diamondblog.jp/hajime_ohara/?p=1149

オカマに偏見はないがいろいろ 嫌な思い出がある
わざわざ北欧、フィンランドから来なくても…
メキシコではなぜか
オカマに縁があった

試合のたびに
トラウマになるような事をされた… しかもなぜかコリセオにアレナメヒコと
週1くらいのペースでやつとの試合で組まれ大観衆の前で唇を奪われ続けた (ときには股間も…)
(中略)
なぜ自分なんだろうか?
TAJIRIさんはなぜオカマとやらせようと思ったんだろうか?

身動きとれなくされて
舌なめずりしながら
這いつくばって迫ってくるマクシモ…
もう思い出しただけで気分わるくなってきた… あれはもう
バイオハザードに出てくるリッカーを超えた怪物だね…

-----------------------

そんな経験が豊富だからこその大抜擢なんじゃないでしょうか(汗)
ここは何とかトラウマをはねのけ、開き直って思いっきりジェシカちゃんとぶつかっていただきたい。

技の技術だけでなく、会場全体に伝わる華のある“プロレス”ができる大原選手だからこそ、こちらの想像力もかきたてられるってもんです。
期待!

そしてKUSHIDA選手はデヴィット選手とのシングルのあとにスーパージュニア!
いい結果を出して、新日本の桧舞台でも素晴らしい活躍を期待したいっす。

★エルボードロップ風にポチッとお願いいたします。
人気ブログランキングへ
JUGEMテーマ:プロレス


| からし | SMASH | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。