無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
【NOAH】おかえりKENTA選手!珠玉の一戦、どうなった? 6・6後楽園ホール
 さてさて、今日のNOAHはどうなった!?

この日の大会の模様はG+にて8日の夜放送。
まぁ、なんと言いますか…ツイッターやmixiやってればネタバレ回避は不可能ってもんですねw
特にツイッターw
便利な半面、こういう時の弊害の大きさっていったらないですねw

ですので、ネタバレ回避派は以後、充分にご注意を!
BLOGのトップページから覗いてくださっている皆様には、一応ここで区切っておきますので、↓の次ページへの入り口をクリックしないようご注意ください。

あ、ちなみに来場予告していたIGFの澤田選手は先にUPしていたようにいつぞやの新日本両国大会同様に入り口で門前払いをくらい追い返されたようww
■澤田さん、やってきた!!…が!?
http://kimagure-guda.jugem.jp/?eid=2027

一応、更新した後も急遽襲撃にやってくるかも?と、心構えはしていましたが、本当に何にもないってww
なに、この動き、定例化したいのかしらw

なお、各試合の詳しい内容は『カクトウログ』さんが詳細レポを。
ありがたいです。
-------------------------------
■カクトウログさん『KENTAが待望の復帰戦、丸藤正道と激突〜6・6ノア後楽園ホール大会、速報観戦記まとめ』
http://kakutolog.cocolog-nifty.com/kakuto/

-------------------------------
++++++++++++++++++++++
▼6・6 後楽園ホール『Navig. with Breeze'10最終戦』
二階の立ち見も一杯!!
2100人、文句なしの超満員リリース!

■第6試合 KENTA復帰戦/GHCジュニアヘビー級選手権次期挑戦者決定戦(時間無制限一本勝負)
○丸藤正道(26分51秒 タイガーフロウジョン→エビ固め)KENTA●


 KENTA選手が遂に復帰!
相手はこれまで「顔を合わせればどれもベストバウト」。
相手はプロレス界でもトップの一大ブランド、名前が並ぶだけで期待感MAXとなる丸藤選手!
このカードがリリースされてからチケットが飛ぶように売れたとききます。
大KENTAコールで迎え入れられ、たくさんの紙テープで会場のお客さんから「お帰り」の祝福。
ツイッターのタイムラインを追わせていただきましたが、やはりみなさんの書き込みのテンションが高いw
いいなぁ〜、いいなぁ〜!
こればっかは8日の放送を待つのみです(*/□\*)

制したのは丸藤選手。
現在、IWGP Jrを腰に、大いに新日本を振り回し、ジュニアの価値を大いに高めている文字通りのジュニア界の中心。
そう簡単に波は譲らないということですか。
勝利した後に「ようクソ野郎…おかえり」
その強烈な言葉と共に、現在上昇気流に乗るNOAH Jrがまた新たな再加速スタート!
リングに帰ってくるだけでこれだけ盛り上がれる、盛り上がりを生むKENTA選手。
改めて、やっぱ凄い!!

丸藤「まずはとりあえず今日はおめでとう。久々の対決だったけどキツイ。最高だ。さいつが何と言おうとオレは最高のレスラーだと思ってる。試合前は挑戦のきっかけだと思ってたけどすっ飛んだよ。
膝狙いも前から言ってるようにリングにあがったら容赦しない。オレなりに他の連中にできない膝の攻め方を研究してるし。あいつもそういう攻め方を研究してるし。アイツもそういう気持ちできた。顔面蹴ってきたし。
オレは9ヶ月休んでたけどアイツは半年。同じような状況とは信じられないよ。あいつの悪い口には賛成できないけど、ああいう奴がいないと面白くない。あいつとこれから組むのか戦うのか分からないけど。しかし、キツイね。復帰戦って気持ちは全くなかった。ホントはKENTAコール一色に染めたかった。オレを応援してくれる人には悪いけどね。
タイガーフロージョンってKENTAが知らない技で決めたけどそういう点でもオレが有利だし。アイツが120%の体調じゃないってのもポイントだったね。そうじゃなくても勝てるって言いたいけど。
これでGHCジュニア挑戦も決まったけど、文句ねえだろ。金丸義信に聞いてくれ。文句ねえだろ?最高のジュニアをみせます。
丸藤vsKENTAは切り札カードだったけど、金丸とKENTA、それに鼓太郎も帰ってきたらそうなると思う。NOAHの強みはそこだし、色んなジュニアが見せられると思う。他団体のベルトも持ってるから減らず口叩く奴がいたらたたきのめす。
GHCジュニア戦は10周年興行のできれば一発目でやって欲しい。少しでも早くオレの腰に戻ってくるようにね。仮にとれば2冠。凄くねえ?色んなものに挑戦して人が成しえなかったことをやっていきたいです」

KENTA「KENTAコールはありがたかったですね。こんなに素晴らしいお客さん達の前で復帰できたことは最高です。GHCジュニア王者と戦いたかったのもありますけど、まだ甘かったのかな?と。ベルト目指してやっていきます。
待ってくれている人がこれだけいるという事。こんなに心強いことはないですね。改めて同じ空間で感じられて本当にありがたいです。
もちろんベルトは諦めていない。そこが目標になっていくと思う。第一の目標になってくると思うんで、またしっかりとコンディションを整えて休むことが無いようにしっかりやっていきたいと思います。
試合中は案の定膝を攻めてきたんで。でもそれは想定内だったんで。次の試合まで少し空くんでしっかりケアしてまたいい状態で次に臨めるようにしたいです。
今日来てくれた人もコレなくてどこかで結果を待ってくれている人も本当に皆さんのおかげでここまでこれました。これからドンドンいい試合をして返していきたいと思います。楽しみにしていてください。
 今日は本当にお客さんの声援に助けられた部分がかなり多かったんで。でも自分としては100%の状態で復帰戦を迎えたつもりでいるんで。今日やってみて感覚も思ったよりも鈍っていなかったし。
『クソ野郎…おかえり』という声は聞こえました。基本的に考え方は分からないんですけど、そこはあの人なりのエールとしてありがたく受け止めて次は倒したいと思います。
久々のリング、前の試合が終わってすぐお客さんが声援を送ってくれたんで、あれで吹っ切れました。もういくしかないと背中を押されました。
休んでいる間一番つらかったのはやっぱり試合を休んだこと。NOAHのジュニアが上手く回っていない事に対してただ黙ってみていなきゃいけない。何も出来なかった事、ですかね。こうやって戻ってこれたんでまた中心目指して一試合一試合やっていこうと思います」


敗れたKENTA選手。
実現して当然だった金丸選手との一戦が叶わなくなってしまいましたが、ここからどう話題を提供していくのか。
その動きが気になりますね。ここから10周年記念大会というビッグマッチも控えています。
さぁ、NOAHきってのヤンチャさん、どうする、どう動く?

何はともあれ、おかえりなさい!!

■第7試合 GHCタッグ選手権試合
[王者]○バイソン・スミス、キース・ウォーカー(27分43秒 バイソンテニエル→片エビ固め)杉浦貴、谷口周平●[挑戦者]
※王者組が初防衛に成功


 あぁ!谷口選手、届かなかったかぁ…。
杉浦さんも谷口選手も場外での猛攻を受け流血。
そんな中でも、杉浦さんと谷口選手は咆哮をあげながら怒涛のファイト!
この辺、本当によく似てるなぁ〜と思います。
そして終盤、この日まで猛威をふるってきた新型ジャーマン炸裂!
もカットにあい、最後の最後、最強外人コンビの怒涛のラッシュ、ウォーカー選手からかつて何度か欠場の憂き目にあってしまったラリアットをくらい、パワーボムからのバイソンテニエルでKO。
これはくやしぃ〜!!!

バイソン「出だしで勢い良くでていったけど、ジャーマンを何度かくらってペースを狂わされた。右手の感覚がなくなってきたよ。
調印式で彼を過小評価していたけど、強いハートのあるイイレスラーだ。満足いく独走は出来なかったが勝ちは勝ち。次やるときは完全勝利したいね。
相手が流血することによって戦闘機能は低下するんだが、彼らは流血する度に強くなっていった。それが誤算だった。
外国人タッグ王者が初防衛に成功したのは初めて?誇りに思うね。これはスタートライン。これからも防衛していきたい」

キース「彼は頑張ったと思う。次は誰でも構わない。誰でもかかってこい。
このベルトを持っていることを誇りに思っている。今、俺たちの時代だということだ」


敗れはしましたが、バイソンさん&キース選手からも最大の賛辞。
あまりのダメージに肩を担がれながら退場したという谷口選手の背中へ惜しみない拍手がおくられたそうですが、結果は無念。
しかし、これでまた一つステップを、階段をあがったと思いたい。
年齢を考えればあまりゆっくりできないという部分もあるのかもしれませんが、焦って足踏み自爆という前のような悪いパターンを引きづらないように。

しかし、やっぱ残念!!
でも、バイソンさん、キース選手が非常に紳士なだけに憎めないw
バイソンさん、大好きなんですよ、ほんとマジで(汗)
クソ〜!いつまでも高い壁でいて〜!

▼その他の試合--------------------
■GHCタッグ選手権試合公開調印式
バイソン「タニグチはナーバスになってるんじゃないか?」
谷口「(棒読み気味に)アイキャンノットスピークイングリッシュ」


あまりの棒読み具合だったからかは分かりませんがw王者組が激怒し、フォトセッションもなく終了w
谷口選手、先制攻撃華麗に成功かw

■第1試合
田上明、○平柳玄藩(11分48秒 玄藩クラッチ)ジェイソン・ジョーンズ●、井上雅央


 この輪の中に放り込まれたジェイソンさんσ(^_^;)

■第2試合
○石森太二、リッキー・マルビン(11分33秒 メキシカンロール)宮原健斗●、佐野巧真


■第3試合
○モハメド・ヨネ(5分50秒 キン肉バスター→片エビ固め)ボビー・フィッシュ●

ヨネ「新日本への殴り込みを前に試運転にちょうどいい。イキのいいフィッシュを一本釣りしましたよ。」
誰がうまいこと言えとw

■第4試合
秋山準、○小川良成(11分56秒 変形横入り式回転エビ固め)本田多聞●、金丸義信


 多聞さん、久しぶりのNOAH。

■第5試合
齋藤彰俊、高山善廣、○吉江豊(13分33秒 ダイビングボディプレス→体固め)起田高志●、森嶋猛、佐々木健介


 NOAH参戦以来ずっと要求してきた“デカイ奴”との対戦。
散々焦らされ、もう待てないとばかりにこの日本人を目の前にマイク。
吉江選手が試合後に森嶋選手との一騎打ちを要求。
森嶋選手もそれを受け入れ、近々実現決定!!

★エルボードロップ風にポチッとお願いいたします。
人気ブログランキングへ
JUGEMテーマ:プロレス


| からし | NOAH | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。