無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
【大阪×ドラゲー】開戦!くいちゃん奮戦! 6・18喧嘩祭りその2
 さて、試合開始ですよ。
正直、声を張り上げて応援してたりと、かなりハイな状態だったので、肝心の内容に関しては記憶からトンじゃってますw
なのでスイマセン。若干、画像で逃げてますm(_ _)m

++++++++++++++++++++++
▼6・18 京セラドーム大阪・9Fスカイホール『阪神プロレス喧嘩祭り!〜大阪プロレスVSDRAGON GATE全面対抗戦〜』
全5試合全て時間無制限一本勝負!!
■第1試合
◯小峠篤司、原田大輔、タコヤキーダー(15分24秒 ムーンサルトプレス→片エビ固め)マーク・ハスキンス、アンソニー・W・森、苫小牧卓也●


 レフェリーは大阪プロの吉野さん。
まずはドラゲーチームから入場。
続いて大阪サイドの元UWA6人タッグトリオ。
大阪側からは大量の紙テープが。
これ以後の試合も、大阪のファンからはたくさん紙テープが舞っていました。

入場式同様に小峠選手の目が殺気立ち、原田選手も何か頼もしいオーラ満点。
タコヤキーダー選手も負け時と前へ前へ。正直、実績面で見てもこの3人が負ける気がしなかった。

まずは睨み合い。

原田 vs 苫小牧でスタート。
ここは原田選手が厚い体でウエルカム状態。

タコヤキーダーとアンソニーの“王子”対決。

大阪の6人がペースを放さず、苫小牧選手を中心に揃って攻め立てる場面も何度か。

中盤、体の厚い苫小牧と原田選手が正面から張りあう場面も。
苫小牧選手、若いわりにマジで体厚い。

しかし、優ったのはやはり原田。
その分、ハスキンス選手、アンソニー選手がフォロー。
場外へのダイブ、小峠&タコヤキを同時に決めるジャベも見せ反撃。

最後は大阪トリオの連携が決まり、小峠選手のトラースキックがズバリ。
苫小牧選手も粘るが、間髪入れずのムーンサルトプレスで大阪が一勝目をGET!!

原田選手が手を掲げれば客席も応える。
ライブハウス・スカイホールへようこそ。

勝ち名乗り。


アンソニー「向こうは一応元王者チームですからね。充分じゃないですか。卓也とかハスキンスの実力に対して向こうが思ったよりできたかなという感じです。向こうは完成されている分、1対2か、2対3か、こっちは初めて組んだんでね。まぁこの後は間違いないと思うんで。逆にハンデっていう。卓也もデビューして間もないけど心強かったです」
苫小牧「今日の試合はCIMAさんにいかせてくださいとアピールしたチャンスで絶対に勝ってやると言う気持ちでいったんですけど、最終的には自分の力不足です」


■第2試合
◯秀吉、政宗(16分22秒 刀狩り)スペル・シーサー、シーサーBOY●


 今度のレフェリーはドラゲーの八木さん。
覆面武道会。

シーサーズは怒りの赤。

この一戦。戦国チームがなんともイキイキ。
余裕も随分と見えた。連携も冴え、相手で遊ぶ余裕も。

圧倒的な“パワー”!

時には表情もつくり、シーサーズで“遊んでいた”政宗選手。
なんというか物凄くアメリカチック。

舌を出しながらアンクル。余裕綽々。

シュバインの型でBOYを抱えた政宗を秀吉がチョークスラムのように投げ落とす豪快な合体技でほぼ勝負有り。

最後は秀吉選手が刀狩りでギブアップを奪い勝利。
結果的には完勝!!
大阪プロレスが2連勝。
シーサー「コンビネーションの差だね。シーサーズで組むのは二月以来だもん。毎日組んでいいる奴らには勝てねえ。これからBOYが本格的に調子を取り戻したらもう一回やってやるぞ」

■第3試合
アジアン・クーガー、●くいしんぼう仮面(11分39秒 ツイスター→体固め)望月成晃◯、ドン・フジイ


 当初の予定ではクーガー&ミラクルマンという組み合わせでしたが、ビリー選手とのタイトルマッチでミラクルマン選手が負傷。
かわりにユニーク軍団の怒らせたら怖い、我らがくいしんぼう仮面が参戦!
まずはモチフジが登場。
フジイさんはこの日も元気。いつでもコンディションばっちり。

テーマ曲は望月選手の「傷だらけの栄光」。
正直、「モーッチー!!」って叫びたかった自分がいます(汗)

そしてくいちゃん&クーガーさん。
最初はクーガーさんのテーマ曲も、ワンフレーズ終わる頃にリングサイドに到着するとあとはくいちゃん待ち。
そんなくいちゃんはいつも通り大阪ファンとお菓子と「OK」ポーズの交換会w

ありがたや、チョコも振りまきながら悠々と。
そんな中、当然、モチフジは待たされるw

イライライライライラ・・・w

ようやくリングに来るといつも通りコーナーで昼寝。
そこに紙テープの束が布団のように覆いかぶさる。本当に寝ないでねw

ようやくゴング。
先発は望月 vs くいしんぼう。
も、望月選手はクーガー選手を要求。くいちゃんを無視。
くいちゃんはくいちゃんで「くいしんぼう!!チャチャチャ!」とお客さんとコミニケーション。
そしていつも通り、くいちゃんがゆる〜くロックアップにいくも、当然、望月選手はつきあわず。
何度か「相手にならん」とばかりに突き話すと、ついにくいちゃんがプッツン。

強烈な張り手!!!
“キラーモード”にスイッチON。一気に加速。
ドロップキック、ケブラーダで先制攻撃に成功。

代わったクーガー選手もフジイ選手と激しいチョップ合戦で開戦、
そこから入れ替わり立ち代り、大熱狂。
フジイ選手の強烈なチョップにも耐える。

しかし、くいちゃんも必死に食い下がる!!強烈なカウンターアタックで何度も何度も反撃!

クーガー選手が場外でダウンした二人の上に椅子を敷き詰めトペ・アトミコ発射!
ムチャルチャをくらわせると、何と、くいちゃんもおなじくムーンサルトを発射!!!
くいしんぼう式ムチャルチャで大熱狂を生む!!

しかし、モチフジは強かった!
リングに戻るや、終盤に大反撃開始。
望月選手の凶器のような蹴り、フジイ選手のパワーが徐々にくいちゃんを追い詰め、最後は強烈無比なツイスターで勝負あり。

すぐさま上がってきた原田、小峠、えべっさんを蹴散らすモチフジ。余裕の勝ち名乗り。


普段はやんやと喜ぶところですが、この日ばかりは凄く悔しい!!
更には、ゴング後にくいしんぼう仮面のマスクに手をかける始末!!
どんだけアウトレイジなんだ。
力強すぎます。驚異の40代にくいちゃんがのされてしまった…。

望月「ここまでよもやの2連敗。想像つかなかったね」
フジイ「でも俺らはプレッシャーにならなかったね」
望月「ヤバイなんて気持ちはこれっぽっちもなかった。うちのお客さんの溜飲を下げてやるかっていう、それだけだよ。くいしんぼう仮面?張り手が痛かったくらいだよ」
フジイ「あんな奴が出てる時点で駒が無いってことちゃう?」
望月「俺らは軽くあしらっちゃった。どこに何の差があるかってことだよ。大阪のファンも大阪のレスラーと一緒。余裕がねえんだよ。余裕がねえからいきり立っちゃってよ。最後はCIMAとWARRIORSがやってくれると思うから」


キーッ(;`皿´)

 ここで休憩へ。
ここまで2対1。全てはビリーさんとLOV、そしてドラゲーはWARRIORSの面々に託す。

この休憩に入って改めて気づいたけど、本当にこの会場は暑いww
声を出している間は全く気にならなかったけど、シャツがグッショグショww
しかし、休憩があければまたもやエライテンションになってましたw

続く!

★エルボードロップ風にポチッとお願いいたします。
人気ブログランキングへ
JUGEMテーマ:プロレス


| からし | 2010大阪vsDRAGON GATE喧嘩祭り | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。