無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
【大阪×ドラゲー】ビリー撃沈…バファ&タイガースに託す!! 6・18喧嘩祭りその3
 後半戦!!
全ては彼らに!

++++++++++++++++++++++
▼6・18 京セラドーム大阪・9Fスカイホール『阪神プロレス喧嘩祭り!〜大阪プロレスVSDRAGON GATE全面対抗戦〜』
■第4試合 LOV vs WARRIORSイリミネーションマッチ
タイガースマスク、ブラックバファロー、タダスケ、The bodyguad(3−4)Gamma、ドラゴン・キッド、堀口元気、斎藤了
1:○The Bodyguard(14分0秒 OTR)斎藤了●
2:○ドラゴン・キッド(14分58秒 バイブル)The Bodyguard●
3:○タイガースマスク(16分41秒 OTR)ドラゴン・キッド●
4:○Gamma(17分17秒 キドクラッチ)タダスケ●
5:○ブラックバファロー(18分20秒 ラリアット→エビ固め)Gamma●
6:○堀口元気(21分53秒 バックスライド・フロム・ヘブン)ブラックバファロー●
7:○堀口元気(23分31秒 バックスライド・フロム・ヘブン)タイガースマスク●
※堀口元気の一人残りでWARRIORSの勝利


 まずはWARRIORSが登場。賑やか!!

Gamma選手は大阪ハリケーンの時同様にデルフィンマスクを。おちょくってます。でもその人、いまは沖縄…。

そして大阪プロレスのルードユニットLOVが登場!
「20世紀狂詩曲」が鳴り響きまずはタダスケ、ボディガー選手が登場。
「喝!!」はもちろん、大合唱!!この日に限っては「勝!!!」かな?
しかし、なかなかバファロー&タイガースが出てこない。
入場口の裏でなにか気合でも入れあっていたんだろうか。
苛立つWARRIORSをそのままに、遅れて登場。この喧嘩祭りの開催まで展開を進めてきた二人。当然、大声援。
最終的にはテーマ曲がフルに流れるという、くいちゃん以上のゴージャスな登場に。
「喝!」が計3回w
でも気持ちよかった。

そしてようやく揃い踏み。
各選手がコールされる。わたくし、この試合で初めて紙テープを投げました。
興行開催前に「バファローさんの時にお願いできますか?」と渡されまして。意外と綺麗に飛ばすの難しかったw
ノーコンピッチャーですいませんw

そして選手コールが終わると同時に一斉に襲いかかり場外へ!
客席にも戦火が広がる大乱戦。
凄い感情の渦が全体を包んでいるよう。
隙あらば「ウーッ!」をきめるウォリアーズを背後から蹴飛ばす。

タダスケ、奮戦。マライサの連携をあびるも本当、頼もしい。

場外で鬼となるバファさん。

勘十郎さんも一緒にファイト。

タダスケ、堀口選手の後ろ髪をガチでつかんで何度も放り投げるww

堀口選手は髪の毛をつかんで投げられるという女子プロ独特のムーブを一番やられているよねw

Gamma選手の汚水攻撃。

この時、何人の観客が「その水をくれ!」と思っていたかw
絶賛、館内気温上昇中。
水を大切に!!地球上の真水の量は0.2%らしんだぞ!(男色先生・談)

そして頼もしいといったら、忘れちゃいけないこの御方!!

ボディ兄さん!!もう肉体が凶器!!惚れる!サバ折りされたい(笑)
キッドが真正面から弾かれる状況は鳥肌が。

驚愕のパワーで斎了選手も驚きの表情。
直後にGamma選手の誤爆をさそってオーバー・ザ・トップロープで斎了を脱落させる。
が、その後、キッドのバイブルでまさかの3カウント!!
筋肉獣はテクニカルな丸め込みとかに弱い…。
怒りのボディ兄さんは馬乗りになってキッドを攻撃も、これにはドラゲーサイドから大ブーイングを浴びる。
が、大阪サイドは更に盛り上がってたw

ここから徐々に脱落者が続く展開に。
両軍共に連携も加速していく。
LOVのトリプル攻撃。

キッド選手の「盛り上がれー!」からの2階建てフランケン。
が、声援がすごすぎて肝心の決めセリフ、大阪サイドにはまったく聞こえず。
ドラゲーサイドは聞こえたのかな?

このあと、619でタイガース選手に追撃を狙うもかわされ、スワンダイブで追撃を狙ったところを落とされ退場。

続いてタダスケ選手がGamma選手を狙うも、アルゼンチンバックブリーカーをねらったところでこれは技ありのキドクラッチで3カウント!!
ここでキドクラッチ!!!完全に予想外の技に、コチラもタダスケ選手も驚愕の表情。

Gamma選手は続けてバファロー選手を標的に。
トラースキックからのアックスボンバーでバファさん、一回転!!
ガンマスペシャルも炸裂し万事休すも、カウント中のレフェリーの足をタダスケ選手がひっぱって阻止。グッジョブ!
さらにGamma選手がロープに走ったところ、場外からタイガース選手が椅子で一撃!
さらにバファさんが豪快なラリアットで一閃!Gamma選手退場へ。


リング内は大阪がバファさん&タイガースという名コンビに対し、WARRIORSは堀口元気ただ一人。
圧倒的不利の状況。

大阪サイドからは「あと一人!!」の大合唱。
大阪サイドからは「H・A・G・E!!」のエール。
客席も戦う!
順番に堀口選手を弱らせていく二人。
が、今現在“神に愛されている男”を侮ってはならなかった…。
続いてバファロー選手のラリアット、タイガース選手の垂直落下式ブレーンバスターもカウント2でキックアウト。
ここを耐えたことで神が力を!
LOV全員からトレイン攻撃を浴びる直前、グッタリする堀口選手。

最後、タイガース選手が向かおうとしてところでレフェリーの八木さんが阻止。
その八木さんを蹴っ飛ばしたタイガース選手。
怒りの八木レフェリーがラリアットでお返し!!!!
その隙をつき、バファローのラリアットを回避した堀口選手の神に愛されたバックスライドが見事に決まり、バファロー退場!!!
やんやのドラゲーサイド、怒りの声をあげる大阪サイド!!

これでタイガースと堀口のシングルに。
ここからは退場したメンバーも介入しあう。途中、斎了のバケツ攻撃が堀口選手に誤爆し、決まったか!?と思われる場面もあったが、それを耐え抜き、満月の夜をかわしての急所蹴りから再び神の逆さ押さえ込みが決まり大逆転勝利!!

一気になだれ込む両陣営。
しかし、結果はかわらない…
WARRIORSが勝ち名乗り。

あと一歩で、悔しい敗戦。
現在、神に愛された男の大逆転。堀口元気一人に全て持っていかれたような敗北感…。

これで戦績は2勝2敗のイーブン。
全てはメインの大阪プロレス選手権へ!!
頼んだぞ、ビリーさん!!!

■第5試合 大阪プロレス選手権
[王者]●ビリーケン・キッド(17分43秒 メテオラ→エビ固め)CIMA○[挑戦者]
※王者が3度目の防衛に失敗、第18代新王者誕生


 まずはCIMA選手の入場。そして王者。
歓声が凄いのと、気合が上がりすぎてまともにテーマ曲も聞こえないw

結末はこの二人に委ねられた。
 
記念撮影では両陣営ともに全選手がリングに上がって。総力戦。

そしてゴング。
大阪サイドはCIMAの一挙手一投足に大ブーイング。
まずはロックアップから。が、そのつなぎ目で喧嘩腰をみせ、ヒートをかっていく。

部隊が場外にうつれば、セコンド陣も介入し、とんでもないカオスな空間に。
大阪サイドの客席中央付近は修羅場になってた(汗)

リングに戻ると得意のムーブの応酬に。
トカレフ、ビリケーンドライバー、ヴィーナス、コウモリ吊り落とし。
どの瞬間に決まるか分からない緊張感。
一生懸命に声を届けるしかない!!

しかし、正直な感覚をいうと、やはりCIMAというのは厄介な存在。
ヒートを浴びれば浴びるほどその空気を利用して厄介になっていく…。
攻めているようでも消えないその不安感。
ビリーさんも奮戦。強力な技を仕掛けるも、どこかCIMA選手の冷静さは消すことが出来なかった。

最後はメテオラを被弾。

ビリーさん、撃沈…。

素直な感想。
CIMAに完敗。
試合後のあの余裕のコメント。荒れていない呼吸。
バファさんの言葉を借りるなら、完全にビリー選手がいかれてしまった…。
クソーー!!
悔しい!!悔しい!!

でも責める気持ちはまったくない。
むしろ、本当にあそこまで異様ともいえる空気の中、全てを背負って頑張ってくれた。
悔しいけれど、本当に「ありがとう!」という気持ちを込めて最後のエールを。

リング上には両団体の選手が睨み合い。
その中央にはCIMAとブラックバファロー。

ベルトを大阪プロ・阪上会長からCIMAへ…が、CIMAは受け取らず苫小牧選手に…。
そして吉野レフェリーに水をぶっかけ蹴飛ばす。なんということをっ!

CIMA「何が言いたいんや、武田鉄矢くん?これが大阪プロレス最高峰のベルト、ビリーケンキッドが持ってるベルトか。こんなんやったらストーカー市川とやってるほうがしんどいな。おい、誰でもいいぞ。ここにきてる客でもいいぞ。このCIMAからベルトをとれると思う奴いたらしゃしゃりでてこいや!」
バファロー「大阪プロレス対DRAGON GATE、3勝2敗でDRAGON GATEの勝利か…大阪プロレスのチャンピオン…ビリーケンキッドがDRAGON GATEのCIMAにイカれた!…悔しいに決まってんだろ!」
CIMA「あの長髪の奴が悔しいやて。でもな、オマエら嬉しくないよな。CIMAが勝つなんてなんて当たり前やから。どうする、大将?」
バファロー「オレが挑戦を表明する!ブレイブのチャンピオン、タイガースがいくまでもねえ。オレが挑戦を表明する!!」
CIMA「誰でもこいや。道頓堀、コイツが行っていいのか?コイツがCIMAに勝てるんか?自分のとこのファンの支持集めてこいや。誰が来ても構わんからな。何でか分かるか?それは後で教えたるわ」


悔しさで声を詰まらせながら言葉を出したバファさん。
正直、あまりよく聞こえませんでした…。それだけに悔しさが本当に伝わってくる。
ファンの支持?
もちろん、私的にはもうバファさんに任せた!!お願い!!

そしてマイクは堀口選手へ。
セミでの結果を受け当然、タイガース選手へ。

姿勢をただし、声色を渋く変えてスマートに要求…が、それが腹立つwいつもなら最高に面白いのにw
堀口「一つ提案があるんですけど、もう一つDRAGON GATEのベルトを預けてる奴がいたよな?あ!ブレイブのチャンピオン、さっきオレに負けたタイガースじゃねえか!オマエの相手はこの俺だ。オイ、タイガース。オマエの美しい声を聞かせてくれよ」
タイガース「(声色を確かめながら)あー。えー。オマエが挑戦者か?だったらオレは凄いラッキーじゃねえか!!だったらオレはまだこのベルトを持っていられるってことだな。おい、CIMA、勘違いすんな!うちのエースはビリー違うぞ。このオレや。俺にシングル勝ってから言え」
堀口「よーし、じゃあオマエが勝ったら俺が大阪のエースになってやるよ。喜べ。世界のHAGEが大阪プロのエースになるんだぞ。いつがいい?どこでもいいよ」


タイガースさん、カッケー。なんかこのマイクで少し救われた気がする。
でも、ビリーさんの奮闘を忘れちゃダメよ。
2年前、ディック東郷という外敵に敗れ、自身の存在という思いリスクを背負、半年以上という時間をかけてハリケーンで取り戻した栄冠。
まさに努力とガッツのかたまり。
これ以上重たいものを背負わせるには酷だったこの日までの闘い。
そんな選手だけにCIMAの言葉が悔しくてたまらない。

そして悔しさで一杯の中、大阪勢は引き上げる。
横を通り過ぎていく選手ひとりひとりの表情がいたたまれない…。
自分、花道の真横でしたからスッゴイ辛かった…。

CIMA「改めて全面対抗戦はDRAGON GATEの勝利だ!ちょっとまて、東にいてる奴ら(大阪ファン)、いつまで俺のケツ見とんのじゃコラ。一人づつ金払え。まぁとはいってもここまでシビれるマイクは大阪プロレスじゃきけんやろうから最後までちゃんと聞いとけ。
堀口、どこでも誰とでもやってやるよな?このベルト、獲るには獲ったけどビリーケンキッド、顔じゃないな。オイ、オマエら、やる前から分かってるやろ?ビリーとCIMAがやったらどっちが勝つと思ってる?せーの!(DRAGON GATE側からCIMA!!)何でか分かるか?オマエら、俺誰やと思ってるんや?俺CIMAやぞ!ビリーみたいな三流、五流の野郎に負けるか、コラ!
まぁよ、我々DRAGON GATEは神戸だけやないぞ。神戸はプライオリティーだけど、大阪も含めてDRAGON GATEのホームグラウンドや。DRAGON GATEはまだまだ前進していくんや。道頓堀の生ごみ野郎が来るんやったら何回でも受けてたったるけど、結果は一緒や。最後に勝つのはDRAGON GATEや。西側のオマエら、今日は胸はって近くでオイシイお酒でも飲んで最高のDRAGON GATEを語ってくれや!」


引き上げる大阪勢の前でDRAGON GATEサイドの観客と勝ち名乗り。
そして、大阪プロレスのベルトをゴミ袋に入れアピール。
客席と一緒に記念撮影。
その後、サイン会へ。エレベーターを待ちながらその光景を眺める…。ぐう。

バファロー「正直、完敗です。とっかかりはCIMAが大阪プロレスを茶化したコメントして、俺とタイガースがかみついて。今、うちのチャンピオンがいかれて。ブラックバファロー、命かけてCIMAをたたきのめしてみせます」
タイガース「別に負けたっていってもどっちが上っていうのはリングに立った時点で分かりますよ。負けてやった感じですか。最後のCIMA対ビリー、ビリーに勝ったところで偉そうにされても。大阪プロレスっていったら自分でありバファロー。本当の勝負はこれから。堀口元気?楽勝ですよ。シングルマッチだったらごまかしきかないですからね。僕は今日はとられてやったって感じです。
堀口元気に負けると思います?片手で勝てますよ。正直。客を盛り上げんでよかったら片手で勝てます。楽勝っす。バファローがCIMAを倒すんで、僕は堀口元気で遊びます。ボディガーとシングルやる勇気のある奴なんていないでしょ、向こうには。ハハハ。全然ダメージないですよ」


タイガースさんはバックステージのポスターの堀口選手の顔にサングラスのいたずら書きをし、バファさんはCIMAにつばを。
今度はリング上で頼もしい姿を見たい!!

 さて、そのタイトルマッチですが、本日リリースが。
---------------
▼7・3 大阪ミナミMoveOnアリーナ
■オープン・ザ・ブレイブ・ゲート選手権試合
[王者]タイガースマスク vs 堀口元気[挑戦者]

▼7・9 大阪ミナミMoveOnアリーナ
■大阪プロレス選手権

[王者]CIMA vs ブラックバファロー[挑戦者]

---------------

ぐはぁ!!!土曜と平日!!!!
行けない(泣)
もう祈るしかない!!!
バファさん、タイガースさん、本当にお願い!!!

 さて、重ねがさね書きますが、この日の雰囲気は本当に最高だった!
熱がぶつかり合う会場。
久々に翌日、声がかれてましたwww
ここまで必死に声をあげたのっていつ以来だろう?
それくらい。

なんというか、昨年5月に東京遠征をした時に観戦した新日本プロレスとNOAHとの対抗戦の熱。
あれを感じたとき、なんて異常で熱いんだ!と思いましたが、この日はそれに負けてなかった。
人数的にもこっちが少ないんですけど、あの時以上の大熱狂を体感。
あの日、会場にいたみなさんと燃え上がれたことに心から感謝。

そして、お互いのメンツをかけて戦った両団体の選手にも拍手。
ただ、大阪プロ、次は負けないよ(`皿´)

闘いはまだ続く!
人数的なハンデ?関係ないね!
大阪プロはドンドンいくぜ!!

ビリーさん、本当にありがとう!
ここから、気持ち新たにノビノビと、そして、いつか倍返しでいきましょう!

本当にお疲れ様でした!


なお、この大会は7月上旬にDVDで発売決定!!

買う!!絶対に買う!!!

★エルボードロップ風にポチッとお願いいたします。
人気ブログランキングへ
JUGEMテーマ:プロレス


| からし | 2010大阪vsDRAGON GATE喧嘩祭り | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。