無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
【全日本】ジュニアリーグ開幕/KENZOショック!! 7・25後楽園ホール
 さてさて、全日本でもジュニアのお祭りが開幕したわけですが、何ともビックリな人がお帰りになったようですよ!

++++++++++++++++++++++
▼7・25 後楽園ホール『2010 SUMMER ACTION SERIES 開幕戦』

■第1試合 2010ジュニアヘビー級リーグ戦Aブロック公式戦
○スペル・クレイジー[1勝=2点](7分38秒 その場飛びムーンサルトプレス→片エビ固め)アントニオ・トーマス負け[1敗=0点]


■第2試合 2010ジュニアヘビー級リーグ戦Bブロック公式戦
○BUSHI[1勝=2点](4分49秒 マスク剥ぎ&暴行により反則)MAZADA●[1敗=0点]


 MAZADA選手は黒字に赤のラインでデザインされたマスクマンに!

■第3試合 2010ジュニアヘビー級リーグ戦Aブロック公式戦
○佐藤光留[1勝=2点](8分42秒 投げっぱなしジャーマン→エビ固め)大和ヒロシ●[1敗=0点]


 佐藤選手は入場前にメイド服を脱ぎ捨て登場。
大和選手は近藤選手のような菌のメッシュをいれていたそう。
佐藤「すげー予想通り!これなんすよ!これがデッド・オア・アライブ。このやりとりが楽しかった!でも勝ってサイコーっす。嵐が来る前って警戒するじゃないですか。だからガチガチに警戒していった。凄い予想通りだった。メジャーのパワーはすげえ。でももっとすげー高いレベルを想定してた。予想通りだったけど、予想以上ではなかった。そう思えたのはオレが命をかけてリングに上がってきた結果だと思ってるんで。リーグ戦、ぜってー勝つ!」

ひかるん、このリーグ戦でまた一つ大きく評価がかわるか!?

■第4試合 西村修復帰戦!
TARU、ヘイト、○レネ・デュプリ(11分30秒 ブードゥーボトム→エビ固め)西村修、渕正信、中之上靖文●


 参議院選挙を残念ながら落選した西村さんが久々に登場。
試合後、TARUさんから「落選したようなヤツはやっぱりいらん」とVM勧誘を諦めたマイクがでたようですが、そんな事は関係なしと、西村さんが久々の大演説。
生い立ちから社会制度の問題にまで突っ込んだ5分をこえるあまりに長い演説をおこない、内田取締役から“強制終了”がかかってしまったようww
会場の空気が気になりますが、はたから見てたら実に面白いww
なんか、“説法”、“演説”という文字を見るだけで西村さんが帰ってきたんだーと実感www

■第5試合 2010ジュニアヘビー級リーグ戦Bブロック公式戦
○TAKAみちのく[1勝=2点](8分55秒 ジャストフェースロック)KAI●[1敗=0点]


■第6試合 2010ジュニアヘビー級リーグ戦Bブロック公式戦
○ジミー・ヤン[1勝=2点](6分52秒 ヤンタイム式ボディアタック→片エビ固め)近藤修司●[1敗=0点]


 久々にジミーちゃんきたぁぁぁぁ!!
いきなり近ちゃんを撃破!!
ヤン「I'm back!長い間こられなかったしジャパニーズ・ガールズも久々(笑)この長い間でジュニアも変化したね。その中でリーグ戦もやることになってお互いがまたクロスした。当然優勝!」
近藤「ジミー・ヤンは甘くなかった。仕方ない。アメリカのプロレスになれてないから。強くないけど巧いね」

近ちゃんのやりづらさが短い言葉ながら伝わるようです

■第7試合 2010ジュニアヘビー級リーグ戦Aブロック公式戦
○稔[1勝=2点](15分3秒 変形フェースバスター→片エビ固め)カズ・ハヤシ●[1敗=0点]


 稔選手にはTARUさんが椅子を渡してアシストしたりと、手段を選ばない勝ちにこだわった勝負。
最後は新技で勝利。

 さらに、事件はこの試合後に…。
TARUさんが予告していた新戦力を投入。
解説席についていた武藤さんをドクロのマスクマンが襲撃!!
額を割り、流血させると、テーブルに乗せてボディプレス葬!!!
TARUさんにうながされ、マスクをぬぐと正体は“鈴木健想”!!!
メキシコから帰ってきたのかΣ(◎A◎!?
狙いは武藤社長…ではなく、グレート・ムタだということ…。
これは本当にビックリ。

健想「サバイバルをしにきた。毎月銀行にお金が振り込まれる日本の奴らとは違う。アジア人ナンバーワンは俺だと証明しに一人サバイバルにきた。世界に負けたら終わりというつもりでやってきた。新日本で生まれたムタなんかに負けない。今は俺の時代。以上」

いやはや、なんとも自信たっぷり。
長くメキシコはAAAでトップでやってきたこれまで。
ついに日本で爆発か?
あと、VMにはWWEでタッグ王者を共に巻いたレネ・デュプリがいます。
もしかしたらタッグのベルトに目をむけているかもしれませんね…。

■第8試合 超党派vs新世代 全面対決!
○諏訪魔、河野真幸、真田聖也、浜亮太(20分5秒 ラストライド→体固め)鈴木みのる●、船木誠勝、太陽ケア、曙


 諏訪魔選手が鈴木みのる選手を撃破!!
事前に挑戦表明をだしていた諏訪魔さん。しかし、王者は全く相手にせず「新世代は負けたら解散、超世代は勝ったヤツと三冠戦」とコメントを出していましたが、結果は相手にしてなかった諏訪魔選手に!!
序盤は厳しい戦況になったようですが、それをひっくり返すビッグインパクト。
新世代戦士それぞれの得意技を立て続けに被弾し、最後に諏訪魔選手がラリアットからラストライドで最高の宣戦布告。
これには鈴木選手も「両国でてめえの挑戦受けてやるよ!」と受諾表明!
自分…というよりは新世代軍のチームワーク、絆が挑戦を引き寄せた印象をうけます。

更に、来シリーズには海外遠征に行っていた征矢学選手が帰国するということも。
新世代軍に上昇気流がきた?

★エルボードロップ風にポチッとお願いいたします。
人気ブログランキングへ
JUGEMテーマ:プロレス


| からし | 全日本 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。