無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
【NOAH】Jrタッグリーグ最終戦!練習生からメインイベンターへ! 10・30後楽園ホール
 NOAHジュニアタッグリーグがついに最終戦!
チェックしなきゃ!

時間の関係上、さらっとw

++++++++++++++++++++++
▼10・30 後楽園ホール『Autumn Navig.2010〜日テレG+Presents 第4回日テレ杯争奪ジュニアヘビー級タッグリーグ戦 最終戦』
(スポーツナビ)

■第2試合
○中嶋勝彦、梶原慧、リッキー・マルビン、石森太二(8分40秒 顔面への回し蹴り→片エビ固め)小峠篤司、原田大輔、ヤス・ウラノ、剣舞●


 惜しくも決勝トーナメントに残れなかったチームがわかれてのカード。
NOAH主戦場 vs 他団体組。

ウラノ「インディの選手は体もきっちりしたものを持ってないし、才能もセンスもスタート時点で違う。その中でも僕らはいろんな手を使って勝ちを目指して戦っているんだってのをノアファンに分かっていただけたらな、と。
こういう事言うことじゃないかもしれないけど、大阪プロレス、みちのくプロレスと一緒に戦えたのは気持ちが良かったです。剣舞が足を引っ張りましたが(笑)、剣舞じゃなきゃ勝てたんじゃない?」

小峠「リーグ戦はピリピリしたけど楽しめました。まだまだ自分たちは若いんで、来年も呼んでもらえるように一年間頑張りますんで。よかったらノアファンも僕たちを支持してもらえれば。ノアのリングは最高でした。ありがとうございました」
原田「いろんな経験も積めました。でも自分自身まだやり残したことがあるなと感じました。もっともっと上がりたいんで、ノアの選手とも戦いたいんで。あとこのリーグ戦でどれだけインパクトを残せたかなって。悔しいですね。もっとお客さんが喜ぶような試合をしたかったんで。相手に関してはキャリアのある凄い人がいっぱいいたんで、自分を奮い立たせられなかったのが今回は残念でした。全部勉強になりました。
石森&マルビンは一回負けてるんで、今日借りを返したいなって思ってたんですけど、中嶋選手とも機会があれば。そんなこと言ったらないと思うんで自分からどんどん動いていきたいです」

剣舞「中嶋選手に負けるのは二回目なんで悔しいですね。他団体のリーグ戦で結果出せなくて二回もフォールとられたんでいつかどこかで借りを返せたらいいなと思います。
自分の個性は残したつもりなんで、ノアのリングで頑張ってきたんだぞっていうのをみちのくプロレスで結果出せるように頑張りたいですね」


■日テレ杯争奪ジュニアヘビー級タッグリーグ戦決勝トーナメント
[Aブロック1位]○KENTA、青木篤志(9分21秒 go 2 sleep→片エビ固め)エクストリーム・タイガー、ジャック・エバンス●[Bブロック2位]

[Aブロック2位]○エディ・エドワーズ、ロデリック・ストロング(11分21秒 逆十字固めを丸め込んで→エビ固め)小川良成●、鈴木鼓太郎[Bブロック1位]


 残ったのはNOAH参戦チームの中でも本命に上げられることが多かった2チームと、外人タッグ!
そして、多くの期待を集めていた小川&鼓太郎組が敗戦!!
小川選手の待望の行動開始も、結果は残念ながらついてこず。
一気に浮上くるかとおもったんですけどね〜

■第5試合
○佐々木健介(12分25秒 ラリアット→片エビ固め)谷口周平●


 つい最近にも組まれていたような?
今回は健介さんがキングバスターも解禁しての勝利だそう。

■第6試合
○ザ・グレート・サスケ、ディック東郷(14分31秒 セグウェイ→片エビ固め)金丸義信、平柳玄藩●


 サスケ&東郷がNOAHのリングで見られるなんて!!!
そして玄藩選手とサスケさんの邂逅!!
玄藩選手は当然のようにマスクに手をかけ、サスケさんは玄藩先生の顔の皮をはぎにかかったらしいww

サスケ「俺達の歴史の方が長いんだよ、ノアさんよりも。兄弟、これからもNOAHさんにあがってやろうじゃないか。いいか、N・O・A・H!!ノア!これからも上がるぜ、チェケラッチョ!」
東郷「あの即席タッグのように短命なタッグじゃないから。長いんだよ、歴史が。NOAHのマットでサスケさんと組んで勝利できたのは本当に嬉しいです」

金丸「結果的には良くなかったけど、これで平柳がどう動くか。最初から優勝にこだわってたわけじゃないし、コイツに経験を積ませたい意味合いが強かったし。オレも秋山さんと組んで色々と学んだことがあったし。今回のリーグ戦をきっかけにどう変わるか。
サスケ&東郷とはもっとじっくりやりたかったけど、伊達にキャリアを積んでないなって。今のサスケさんの姿は知らなかったんで、ああいう感じなんだと(笑)」
玄藩「自分も普通の人間なんで欲が出てきた。決勝トーナメントにいきたかったっすね。リーグ戦で気づいたこと。鈴木には気をつけろってことですね。リーダーも長らく鈴木に利用されて…かわいそうだよ!」


 平柳さん…最初の言葉で止めときゃいいのに(汗)

■第7試合
潮崎豪、杉浦貴、○モハメド・ヨネ(21分59秒 筋肉バスター→片エビ固め)高山善廣、佐野巧真、井上雅央●


 ディスオベイと鼓太郎&小川組との間で揺れる潮崎選手。
この日はヨネさんと組むことに。連携も悪くなかったよう。

しかし、試合後、小川&鼓太郎選手がリング上に登場。
握手を求めるヨネさんに潮崎選手が応えたそうですが、直後に豪腕!
潮崎&小川&鼓太郎トリオだ誕生!!

リングに大の字で倒れたヨネさん…
あぁ、ヨネさん・・・どこへ行く(汗)

潮崎「こっちのほうが面白くなるでしょ。最初はタッグを探すつもりだったんですけどね。これからが面白くなる。それを望んであのラリアットですよ。
三沢さんと組んでいた人、付き人、そういう意味では息はあっていると思うんで。それにオレが加われば面白くなる。そういう気持ちももって、自分らのものをだしていく」

ヨネ「はっきり言ってちょっと呆然としてますね。あれだけ悲しいラリアット、初めてくらいましたよ…。あいつの面白いと思った道なら仕方ないですよ。」


■第8試合 日テレ杯争奪ジュニアヘビー級タッグリーグ戦優勝決定戦
[Aブロック1位]KENTA、○青木篤志(28分1秒 アサルトポイント)エディ・エドワーズ●、ロデリック・ストロング[Bブロック2位]
※KENTA&青木組が優勝


 青木選手がとったー!!
KENTA「このツアー、自分自身あまり調子が上がらなくて、でもそれを頼もしすぎるくらいカバーしてくれてありがたいです。
とりあえず優勝できてよかった。でもこの先があるんでまだ安心せず次を見て。エディに勝ってやり返せたのは良かったですけど、いい選手になりましたね。それを倒したから自信になります。
優勝したんで、ジュニアのタッグベルトを一発でとって盛り上げていきたいと思います」

青木「タッグリーグは通過点ではないかと思います。ここは頂点ではないし、ベルトを巻くまでというのがあるので。本当にココは落としてはいけない。早希を見ているんで素直に嬉しいですけど、まだまだ気持ちは緩めないです。
トロフィーをもらってプロレス入る前を含めて一番嬉しい勝ちかもしれないんでそういう意味では嬉しかったですね。
厳しいところもあったけど、やればやるほどすごい選手だなって感じるんですけど。エディが練習生だった頃、オレも同じ練習生として練習してたからそういう意味で負けたくなかったし、彼も成長したのが分かる。意地でしたね。
次は今NOAHに無いジュニアタッグのベルトを取り戻しにいかないと前には進めないんで」


 最後の舞台で元教え子のエディ選手と対峙できたってのはKENTA選手も嬉しそうですねー・

 次はもちろん新日本プロレスの金本&タイガーの元へ!
金本のアニキはなにかと青木選手にもくるならこいと言っていましたし、最高の勲章を土産に、いざベルト奪還作戦!!
時は来た!

----------------
 それにしても今回のタッグリーグは毎日結果を見るのが楽しみだったなぁ〜。
NOAH内タッグでも小川さんの本格参戦をはじめ引き込まれたし、さらに他団体からも多くの選手がやってきたのが楽しかった!
真面目な(失礼)サスケさんではありましたが、しょしょでみせるいつもの姿はさすがの一言でしたw

私的には大阪プロの桃の青春タッグに注目していました。
残念ながら最終結果はふるいませんでしたが、初日の白星をはじめ、各大会でも映像を見る限りはけっして悪い内容ではなかった。
あともう一歩という場面も何度かみえた印象でしたし、もっともっとこういう大きな戦い、一戦一戦での成長を続けていって、来年もチャンスがあれば。いや、作っていきましょう!

★エルボードロップ風にポチッとお願いいたします。
人気ブログランキングへ
JUGEMテーマ:プロレス


| からし | NOAH | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。