無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
2010年のプロレス界をザッとふりかえろう。6月編その1
 6月!!!
ますはいつもどおりその1から。
新日本、全日本、NOAH、ZERO1、DRAGON GATE、大阪プロレス、DDT、ユニオン
でございます。

まず驚いたのは小橋建太選手の結婚!!!
「プロレスと結婚した男」とも例えられた小橋さん。何かあれば秋山選手にそこを突かれていましたが遂に!!

DDTでは両国大会へむけ動きがどんどんすすんでいますが、あわせてKO−Dタッグも福岡での唐人町プロレスと、廃墟プロレスで話題を提供。

 そして私的には大阪プロレスとDRAGON GATEの全面対抗戦興行『阪神プロレス喧嘩祭り』!!
客席も大阪プロレスファン、DRAGON GATEファンを東西に完全に分ける特別仕様。
私は大阪プロレスを応援する側として会場に行きましたが、あの会場の熱気、殺気は本当に凄まじかった!
あそこまで熱があり、全身に大汗をかきながら大声で叫びつくした興行はいまだかつて経験がありませんでした。
大阪プロレスファンにとって結果は残念でしたが、あの空間を味わえたのは一プロレスファンとして一生忘れないと思います。
本当に凄まじかった!
二団体共催の興行ということで、別カテゴリーとして単独で掲載させていただきました。

では6月編、いってみよー!!



◆新日本プロレス ++++++++++++++++++++++

▼6・6 メキシコシティ・アレナ・メヒコ『シン・サリーダ』
■カベジェラ・コントラ・カベジェラ 時間無制限3本勝負
○マキシモ(2−1)タイチ●


▼6・13 後楽園ホール『BEST OF THE SUPER Jr.XVII 最終戦』
■BEST OF THE SUPER Jr.スペシャルシングルマッチ
○矢野通(2分57秒 鬼殺し→片エビ固め)KUSHIDA●
■BEST OF THE SUPER Jr. 準決勝戦
[Aブロック2位]○プリンス・デヴィット(6分56秒 ブラディ・サンデー→エビ固め)石森太二●[Bブロック1位]
[Aブロック1位]○飯伏幸太(10分14秒 ファイアーバードスプラッシュ→エビ固め)田口隆祐●[Bブロック2位]
■BEST OF THE SUPER Jr.スペシャルタッグマッチ
○デイビー・リチャーズ、ラ・ソンブラ(10分57秒 腕ひしぎ逆十字)吉橋伸雄●、獣神サンダー・ライガー
■BEST OF THE SUPER Jr.スペシャルタッグマッチ
○ケニー・オメガ、タマ・トンガ(8分32秒 クロイツ・ラス)AKIRA●、金本浩二
■G・B・H&新日本&青義軍 vs CHAOS スペシャル10人タッグマッチ
○棚橋弘至、井上亘、永田裕志、後藤洋央紀、真壁刀義(17分29秒 ハイフライフロー→片エビ固め)飯塚高史●、内藤哲也、高橋裕次郎、石井智宏、矢野通
■BEST OF THE SUPER Jr. 決勝戦
○プリンス・デヴィット(14分34秒 ブラディ・サンデー→エビ固め)飯伏幸太●
プリンス・デヴィットがBEST OF THE SUPER Jr.17を制覇

 好勝負となるも、試合中に飯伏が左肩を脱臼。飯伏にとっては悔いの残る結果に。
なお、このシリーズ中からYOU TUBEの専門チャンネルにて短時間で試合をUPする対応の速さが話題を呼ぶ。

■6月16日から吉橋伸雄がCMLLへ無期限の武者修行へ

▼6・19 大阪府立体育館第一競技場『DOMINION 6.19』
■G・B・H vs NOAH スペシャルシングルマッチ
○モハメド・ヨネ(8分58秒 キン肉バスター→エビ固め)本間朋晃●
■中邑真輔復帰戦
○中邑真輔(4分41秒 ボマイェ→)ダニエル・ピューダー●
■スペシャルシングルマッチ
○後藤洋央紀(13分39秒 昇天・改→体固め)田中将斗●
■IWGPタッグ選手権試合 3WAYマッチ イリミネーションルール
[王者]永田裕志、●井上亘(18分24秒 ガンスタン→片エビ固め)ジャイアント・バーナード、カール・アンダーソン○
※もう一組は高橋裕二郎、内藤哲也
※バーナード、アンダーソン組が第57代王者となる 
■IWGP Jrヘビー級選手権試合
[王者]●丸藤正道(20分20秒 雪崩式ブラディーサンデー→体固め)プリンス・デヴィット○[挑戦者]
※第60代新王者誕生

 これまで新日ジュニア戦士を撃破してきた難攻不落の王者をスーパージュニア覇者であり“最後の希望”デヴィットが遂に撃破。
■スペシャルシングルマッチ ルーザー・ボールド・ルール
○棚橋弘至(12分54秒 回転十字架固め)矢野通●

 敗者髪切りマッチを棚橋が制するも、飯塚が乱入し棚橋をKO。
髪を切られそうになるもTAJIRIが救出
まさかの合体へ。
■IWGPヘビー選手権試合
[王者]○真壁刀義(20分40秒 キングコングニードロップ→体固め)潮崎豪●[挑戦者]
※王者が初防衛に成功

 当初は力皇猛が挑戦予定だったが、 頸椎ヘルニアによる欠場により潮崎が挑戦者に。
試合後、真壁がベルトを新日本に取り戻したデヴィットを呼び出し祝福。二人でハッピーエンドを演出。

▼6・28 ディファ有明『J SPORTS CROWN 〜無差別級6人タッグトーナメント〜 』 
■JPORTS CROWN無差別級6人タッグトーナメント1回戦
中西学、金本浩二、●エル・サムライ(12分17秒 ブラディ・サンデー→エビ固め)後藤洋央紀、プリンス・デヴィット○、田口隆祐
※後藤&アポロ55組が2回戦へ進出
永田裕志、井上亘、●平澤光秀(12分13秒 ジャックナイフ式エビ固め)内藤哲也○、高橋裕次郎、ディック東郷
※NO LIMIT&東郷組が2回戦へ進出
○真壁刀義、本間朋晃、オースチン・クリード(13分50秒 コーナー最上段からのキングコングニードロップ→体固め)本田多聞、滋賀賢太郎、橋誠●
※GBH&クリード組が2回戦へ進出
棚橋弘至、○TAJIRI、KUSHIDA(12分38秒 バズソーキック→片エビ固め)矢野通、飯塚高史、外道●
※棚橋&SMASHコンビが2回戦へ進出


▼6・29 ディファ有明『J SPORTS CROWN 〜無差別級6人タッグトーナメント〜 』
■6人タッグマッチ
永田裕志、井上亘、●平澤光秀(14分0秒 グラウンドコブラツイスト)本田多聞、滋賀賢太郎○、橋誠
■JPORTS CROWN無差別級6人タッグトーナメント2回戦
スーパー・ストロング・マシン、●トンガ・S・マシン、ピンク・S・マシン(9分57秒 どどん→片エビ固め)後藤洋央紀、プリンス・デビット、田口隆祐○
※アポロ55&後藤組が準決勝進出
○高橋裕次郎、内藤哲也、ディック東郷(14分43秒 ダイビングギロチンドロップ→体固め)ジャイアント・バーナード、“ザ・マシンガン"カール・アンダーソン、キング・ファレ●
※NO LIMIT&東郷組が準決勝進出
○棚橋弘至、TAJIRI、KUSHIDA(13分30秒 ハイフライフロー→体固め)長州力、AKIRA●、タイチ
※棚橋&TAJIRI&KUSHIDA組が準決勝進出
中邑真輔、○田中将斗、石井智宏(15分22秒 スライディングD→片エビ固め)真壁刀義●、本間朋晃、オースチン・クリード
※CHAOS組が準決勝進出


▼6・30 ディファ有明『J SPORTS CROWN 〜無差別級6人タッグトーナメント〜最終戦』
■6人タッグマッチ
エル・サムライ、金本浩二、○中西学(10分55秒 アルゼンチンバックブリーカー)スーパー・ストロング・マシン、トンガ・S・マシン●、ピンク・S・マシン

 金本「おい、オマエ吉江だろ?」
■JPORTS CROWN無差別級6人タッグトーナメント準決勝戦
○後藤洋央紀、プリンス・デヴィット、田口隆祐(10分23秒 昇天・改→体固め)高橋裕次郎、内藤哲也●、ディック東郷
※後藤、デヴィット、田口組が決勝進出
○棚橋弘至、TAJIRI、KUSHIDA(12分9秒 回転十字架固め)中邑真輔、田中将斗、石井智宏●
※棚橋、TAJIRI、KUSHIDA組が決勝進出
■JPORTS CROWN無差別級6人タッグトーナメント決勝戦
後藤洋央紀、田口隆祐、○プリンス・デヴィット(13分59秒 ブラディサンデー→片エビ固め)棚橋弘至、TAJIRI、KUSHIDA●
※後藤、田口、デヴィット組が優勝



◆全日本プロレス ++++++++++++++++++++++

▼6・20 後楽園ホール『CROSS OVER 2010 開幕戦』
■シングルマッチ
○曙(6分43秒 体固め)浜亮太●

 袂を分かった元SMOPの二人のシングル。
■タッグマッチ
○ビッグ・ダディ・ブードゥー、MAZADA(8分40秒 体固め)船木誠勝、BUSHI●

 東京愚連隊を離脱しブードゥーに加入したMAZADAが初登場
■敗者チームキャプテン髪切りマッチ
○近藤修司(c)、大和ヒロシ、アントニオ・トーマス(9分46秒 片エビ固め)ヘイト(c)●、TARU、稔

 “ブードゥーの風紀委員”ヘイトが近藤の髪を狙う争いの決着戦となるかと思いきや、まだまだ続くことに。
「次に髪の毛をかけるのは稔」と勝手に宣言され、第2戦へ。近藤サイドは大和が髪を賭けることに.
TARU「ヘイト先輩の言うことは絶対」
■6人タッグマッチ
鈴木みのる、太陽ケア、○TAKAみちのく(23分45秒 ディックキラー)諏訪魔、河野真幸、カズ・ハヤシ●

 河野が三冠王者・鈴木に挑戦表明も、鈴木はまったく相手にせず。
以降、今シリーズ中で河野は鈴木に迫り続ける。
TAKAはカズの世界ジュニア、諏訪魔はケアの持つ世界タッグ王座前哨戦。

▼6・26 山梨・富士急ハイランドホール
■タッグマッチ
鈴木みのる、○船木誠勝(16分42秒 体固め)真田聖也、KAI●

 試合後、河野が鈴木を襲撃。


◆NOAH ++++++++++++++++++++++

▼6・6 後楽園ホール『Navig. with Breeze'10最終戦』
■IGF・澤田敦士が会場におとずれるも門前払いをくらう
■6人タッグマッチ
齋藤彰俊、高山善廣、○吉江豊(13分33秒 ダイビングボディプレス→体固め)起田高志●、森嶋猛、佐々木健介
■GHCタッグ選手権試合
[王者]○バイソン・スミス、キース・ウォーカー(27分43秒 バイソンテニエル→片エビ固め)杉浦貴、谷口周平●[挑戦者]
※王者組が初防衛に成功

 敗れるも谷口の大奮闘に会場が沸いた。
■KENTA復帰戦/GHCジュニアヘビー級選手権次期挑戦者決定戦
○丸藤正道(26分51秒 タイガーフロウジョン→エビ固め)KENTA●

 KENTAが待望の復帰。期待感を示す2100人超満員をリリース。
もはやNOAH、プロレス業界の一大ブランド。

▼6・8 メキシコシティ・パラシオ・デ・ロス・デポルテス『TRIPLEMANIA 18』
■AAA世界タッグ選手権試合4WAYタッグイリミネーションマッチ
[王者]潮崎豪&青木篤志 vs J・ストーム&R・ルード vs J・リーダー&N・E・ミジョナリオ vs S・キング&∪・グラディアドール[挑戦者]
○S・キング(13分15秒 体固め)J・ストーム●
※王者組が初防衛に失敗、第7代新王者誕生


▼6・13 ディファ有明『Return to Port'10』
■シングルマッチ
△リッキー・マルビン(15分時間切れ引き分け)石森太二△
■タッグマッチ
○田上明、志賀賢太郎(12分1秒 首固め)川畑輝鎮、起田高志●
■タッグマッチ
金丸義信、●平柳玄藩(14分17秒 変形原爆固め)青木篤志、谷口周平○
■タッグマッチ
○齋藤彰俊、井上雅央(17分34秒 スイクルデス→片エビ固め)佐野巧真、相島勇人●
■タッグマッチ
杉浦貴、●本田多聞(17分24秒 ノーザンライトボム→片エビ固め)佐々木健介○、森嶋猛
■6人タッグマッチ
高山善廣、鈴木みのる、○KENTA(16分53秒 go 2 sleep→片エビ固め)モハメド・ヨネ、池田大介、橋誠●
■メモリアルマッチ
秋山準、●小川良成(21分34秒 豪腕ラリアット→片エビ固め)潮崎豪○、丸藤正道

 故・三沢光晴さんの一周忌大会。
池田大輔も久々のNOAH登場。

▼6・26 ディファ有明『Summer Navig.'10 part.1 ラッシャー木村 追悼興行』
■タッグマッチ
丸藤正道、小川良成(12分39秒 タッチアウト→片エビ固め)金丸義信、平柳玄藩●

 丸藤が掟破りのタッチアウトでGHC Jr王者を挑発。
■タッグマッチ
森嶋猛、●谷口周平(14分23秒 バイソンテニエル→片エビ固め)バイソン・スミス○、吉江豊

 森嶋vs吉江のシングルマッチへの機運高まる。
■シングルマッチ
○秋山準(8分57秒 首固め)キース・ウォーカー●
■GHC Jrタッグ選手権試合
[王者]○石森太二、リッキー・マルビン(16分35秒 450°スプラッシュ)NOSAWA論外●、FUJITA[挑戦者]
※王者組が初防衛に成功
■タッグマッチ
潮崎豪、●青木篤志(22分45秒 ハイフライフロー→体固め)棚橋弘至○、田口隆祐

 新日本 vs NOAH。この日は新日本のエースがNOAHのリングで「愛してま〜す!」
■タッグマッチ
杉浦貴、●モハメド・ヨネ、KENTA(23分44秒 エベレストジャーマンスープレックスホールト)高山善廣○、佐々木健介、中嶋勝彦


■6月21日、小橋建太が歌手・みずき舞さんとの結婚を発表


◆ZERO1 ++++++++++++++++++++++

▼6・10 新宿FACE『ZERO1 WRESTLER'S 12』
■Road to 火祭り〜Full Swing
○田中将斗(11分29秒 体固め)澤宗紀●
■Road to 火祭り〜Ready to the Sword
△崔領二(30分時間切れ引き分け)関本大介△
■WEWタッグ選手権試合
[王者]○佐藤耕平、KAMIKAZE(18分20秒 ジャイアント・マヒストラル)FUJITA●、NOSAWA論外[挑戦者]
※第9代王者が4度目の防衛に成功
■NWAインターコンチネンタルタッグ選手権
[王者]大谷晋二郎、○曙(11分15秒 スクールボーイをかえしてのエビ固め)日高郁人●、FUNAKI[挑戦者]
※第24代王者が2度目の防衛に成功

 絶対に返せないスクールボーイとして話題に。

▼6・20 ツッキードーム
■WEWタッグ選手権試合
[王者]佐藤耕平、○KAMIKAZE(17分42秒 ムーンサルトプレス→体固め)豊臣太郎、柴山貴哉●[挑戦者]
※王者組が5度目の防衛に成功
■6人タッグマッチ
大谷晋二郎、○曙、崔リョウジ(21分37秒 大噴火)田中将斗、金村キンタロー、藤田ミノル●


▼6・28 新木場1stリング『プロレス熱血時代〜第4話〜』
■ツイートタッグマッチ
○日高郁人、さくらえみ(13分7秒 首固め)内田祥一●、バンビ

 話題となったツイートマッチ第2弾。発起人の日高と、前回体験したさくらがタッグ。
相手は“プロレスラーで最初にツイッターを始めたレスラー”内田と、“ツイッターの女王“ツイッターのバンビが相手。
試合開始となってもさくらが会場に到着せず、現在の場所や日高へのエールや無茶な要求などをツイートで報告。
日高が一人で踏ん張るも苦しい展開となるが、さくらが何とか到着。スーツケースで内田に一撃してからの勝利。
さくらは一方的にツイートマッチの卒業を宣言。
■澤宗紀の新木場探偵団
○関本大介(15分3秒 ジャーマンスープレックスホールド)澤宗紀●
■Mr.X&XXの兄弟狩り
×Mr.X、Mr.XX(4分37秒 全員でレフェリー暴行→無効試合)バラモンシュウ、バラモンケイ×
■再試合 マスカラ・コントラ・カベジェラ
△Mr.X、Mr.XX(10分12秒 両軍リングアウト)バラモンシュウ、バラモンケイ△

 Mr.X兄弟は「観光ビザがきれた」ため帰国へ。
■大谷晋二郎の熱血プロレスセミナー
○大谷晋二郎(10分44秒 投げっぱなしドラゴンスープレックス→体固め)佐野直●



◆DRAGON GATE ++++++++++++++++++++++

▼6・3 メキシコ・アレナ・ナウカルパン『IWRG』
■メキシコ vs 日本8人タッグマッチ
シーマ・ノブナガ、NOSAWA、TOZAWA、ケンゾー・スズキ(2−1)ガト・エベレティ、ベネノ、マスカラ・アニョ・2000Jr、パンテーラ
▼6・4
■6人タッグマッチ
CIMA、NOSAWA、TOZAWA(2−1)レイ・クリメン、セブルトゥレロ、テリー2000

▼6・6
■IWRG世界ウエルター級選手権試合
[王者]●ドクトル・セレブロ(1−2)CIMA○[挑戦者]
※CIMAが新王者に

 DRAGON GATE勢がメキシコ遠征。TOZAWA(戸澤陽)も同行。

▼6・10 後楽園ホール『THE GATE OF MAXIMUM』
■ドラゴン・キッドおっぱいタッチ争奪マッチ
土井成樹、○PAC、マーク・ハスキンス(11分42秒 360°シューティングスタープレス)ドラゴン・キッド、斎藤了、橋誠●
■タッグマッチ
○吉野正人、B×Bハルク(11分30秒 ライトニングスパイラル→エビ固め)菅原拓也、Kzy●

 試合中、菅原がインプラントを決めるという意味深な行動。
■シングルマッチ
○k-ness.(11分59秒 ダークネスバスター→片エビ固め)谷嵜なおき●
■シングルマッチ
○横須賀享(15分32秒 ジャンボの勝ち!固め)サイバー・コング●
■オープン・ザ・トライアングルゲート選手権試合
[王者]CIMA、Gamma、○堀口元気(21分53秒 バックスライド・フロム・ヘブン)YAMATO、鷹木信悟、KAGETORA●[挑戦者]
※27代王者が初防衛に成功

■DRAGON GATEがホリプロとマネージメント提携

YAMATO、B×Bハルク、琴香が契約を結び、芸能活動もしていくことに。

▼6・13 神戸サンボーホール『THE GATE OF MAXIMUM』
■タッグマッチ
○望月成晃、ドン・フジイ(13分27秒 裏ツイスター→片エビ固め)横須賀享、k-ness.●

 モチフジを相手に7・11神戸ワールド大会でのツインゲート防衛戦が決定。
■B×Bハルクファイナルダンス
土井成樹、○B×Bハルク、PAC(16分55秒 フェニックススプラッシュ→片エビ固め)YAMATO、鷹木信悟、サイバー・コング●

 7・11神戸ワールド大会でのハルクvs鷹木の一戦が敗者髪切りマッチに決定。
■オープン・ザ・ドリームゲート王座次期挑戦者決定戦
○吉野正人(19分38秒 ライトニングスパイラル→エビ固め)菅原拓也●

 7・11神戸ワールドのメインがYAMATO vs 吉野正人のドリームゲート戦に決定。

▼6・20 博多スターレーン
■スペシャル・シングルマッチ
○B×Bハルク(20分11秒 フェニックス・スプラッシュ→片エビ固め)横須賀享●
■タッグマッチ
○YAMATO、KAGETORA(16分5秒 ギャラリア→片エビ固め)吉野正人●、マーク・ハスキンス
■オープン・ザ・トライアングルゲート選手権試合
[王者]CIMA、Gamma、●堀口元気(22分34秒 インプラント→エビ固め)土井成樹、谷嵜なおき○、PAC[挑戦者]
※土井組が第28代王者に

 結果に納得のいかないWARRIORS。吉野の提案により6・24での再戦が決定。

▼6・24 関西テレビなんでもアリーナ『スタジオマッチVol.3』
■モチフジ vs クネスカシングル2連戦
○ドン・フジイ(8分38秒 フライングボディーシザースドロップ→体固め)k-ness.●
○望月成晃(17分34秒 裏ツイスター→片エビ固め)横須賀享●

 ツインゲート戦をふまえた前哨戦はモチフジが2連勝。
■オープン・ザ・トライアングルゲート選手権試合
[王者]土井成樹、●PAC、谷嵜なおき(18分15秒 バックスライド・フロム・ヘブン)CIMA、Gamma、堀口元気○[挑戦者]
※王者が初防衛に失敗、第29代新王者誕生

 WARRIORSがタイトル奪取も喜びもつかの間、大阪プロレスのタイガースマスク、ブラックバファロー、The Bodyguardが襲撃
年間最大のビッグマッチ・神戸ワールド記念ホールでのタイトルマッチが決定。
■スペシャルタッグマッチ
吉野正人、○B×Bハルク(22分42秒 ファーストフラッシュ→片エビ固め)YAMATO、鷹木信悟●



◆大阪プロレス ++++++++++++++++++++++

▼6・5 大阪ミナミMoveOnアリーナ『モアエボリューションシリーズ第8戦』
■HAYATA試練の7番勝負 最終戦
○小峠篤司(8分35秒 テキサスクローバーホールド)HAYATA●

 0勝7敗で全戦終了も奮闘が認められ、晴れてレギュラーに。
■シングルマッチ
○タコヤキーダー(6分36秒 エビ固め)松山勘十郎●

 お笑いなしのシリアスファイト。好勝負に。
■6人タッグマッチ
原田大輔、秀吉、○政宗、ザ・グレート・タケル(14分8秒 飛びつき式首固め)タイガースマスク、ブラックバファロー、The Bodyguard、タダスケ●

 一部で話題の“忍ザイル”初披露。
■3WAYマッチ
○くいしんぼう仮面(8分26秒 くいしんぼう開運クラッチ)ヲロチ●
※もう一人はえべっさん
■タッグマッチ
○ビリーケン・キッド、ユタカ(16分7秒 変形エビ固め)ミラクルマン●、アジアン・クーガー


▼6・6 大阪ミナミMoveOnアリーナ『モアエボリューションシリーズ最終戦』
■6人タッグマッチ
秀吉、アジアン・クーガー、●HAYATA(10分10秒 垂直落下式ブレーンバスター→片エビ固め)タイガースマスク○、ブラックバファロー、タダスケ
■UWA世界6人タッグ選手権試合 時間無制限1本勝負
[王者]小峠篤司、原田大輔、●タコヤキーダー(18分46秒 タイガー・スープレックス・ホールド)くいしんぼう仮面、えべっさん、松山勘十郎○
※王者が2度目の防衛に失敗。松山、えべっさん、くいしんぼうが新王者となる。

 ユニーク軍団がベルト奪取。
勘十郎「お笑いレスラーは、本当は強いんです!!」
■大阪プロレス選手権試合 時間無制限1本勝負
[王者]○ビリーケン・キッド(22分32秒 ベルティゴ→片エビ固め)ミラクルマン●
※王者が2度目の防衛に成功

 ビリーがDRAGON GATE・CIMAとの一騎打ちにベルトをかけると宣言。

▼6・12 大阪ミナミMoveOnアリーナ『大阪タッグフェスティバル2010』
【Aブロック】小峠篤司&原田大輔、ビリーケン・キッド&ユタカ、ヲロチ&タダスケ、望月成晃&ドン・フジイ
【Bブロック】秀吉&政宗、アジアン・クーガー&えべっさん、タイガースマスク&ブラックバファロー、高井憲吾&入江茂弘
■UWA世界6人タッグ選手権試合
[王者]●松山勘十郎、くいしんぼう仮面、えべっさん(14分18秒 サスケだましセグウェイ→片エビ固め)NOSAWA論外、MAZADA、FUJITA○[挑戦者]
※王者組が初防衛に失敗、東京愚連隊が新王者に。
■大阪タッグフェスティバル2010 Aブロック公式戦
ビリーケン・キッド、●ユタカ[1敗=0点](4分24秒 アウトキャスト→体固め)ヲロチ、タダスケ○[1勝=2点]
●小峠篤司、原田大輔[1敗=0点](15分15秒 ツイスター→体固め)望月成晃○、ドン・フジイ[1勝=2点]

 試合後、モチフジが桃の青春を挑発すると、試合後、タダスケ&ヲロチが強襲。
タダスケ「明日、俺たちがお前らをぶっ潰してやる!ドラゲとの抗争だったらベビーもルードも関係ねぇ!」

▼6・13
■テッド・タナベ1周忌6人タッグマッチ
○ビリーケン・キッド、くいしんぼう仮面、ユタカ(13分55秒 コウモリ吊り落とし→片エビ固め)原田大輔、松山勘十郎●、救世忍者乱丸
■大阪タッグフェスティバル2010 Aブロック公式戦 
望月成晃、○ドン・フジイ(5分12秒 HIMEI)ヲロチ、タダスケ●
■大阪タッグフェスティバル2010 Bブロック公式戦
秀吉、政宗[1分=1点](30分00秒時間切れ引き分け)アジアン・クーガー、えべっさん[1分=1点]


▼6・26 大阪ミナミMoveOnアリーナ『大阪タッグフェスティバル2010 第5戦』
■「大阪タッグフェスティバル2010」公式戦
アジアン・クーガー、●えべっさん(12分56秒 でらホフバスター→片エビ固め)高井憲悟○、入江茂弘
※リーグ最終成績 高井&入江[1勝2敗=2点]クーガー&えべっさん[2敗1分=1点]
○小峠篤司、原田大輔(12分31秒 マグザム→片エビ固め)ヲロチ●、タダスケ
※リーグ最終成績 小峠&原田[2勝1敗=4点]ヲロチ&タダスケ[1勝2敗=2点]
ビリーケン・キッド、●ユタカ(9分42秒 HIMEI)望月成晃、ドン・フジイ○
※リーグ最終成績 ビリー&ユタカ[3敗=0点}望月&フジイ[3勝=6点]

望月成晃&ドン・フジイがAブロック1位突破。決勝進出。
秀吉、○政宗(25分50秒 骨喰)タイガースマスク●、ブラックバファロー
※リーグ最終成績 秀吉&政宗[2勝1分=5点]タイガースマスク&ブラックバファロー[2勝1敗=4点]

秀吉&政宗がBブロック1位突破。決勝進出。

▼6・27 松下IMPホール『大阪タッグフェスティバル2010〜優勝決定戦』
■大阪プロレスお笑い選手権 大阪名物世界一選手権 時間無制限1本勝負
[王者]●くいしんぼう仮面(14分11秒 忍法まるめこみの術)救世忍者乱丸○[挑戦者]
※乱丸が新王者となる

 試合後、松山勘十郎が登場。「お笑いベルト保持者がどれだけ大変か思い知らせてやる!次の防衛戦に挑戦表明させてもらう!」と挑戦表明。乱丸は軽いノリで「いいよ」と解答。
■「大阪タッグフェスティバル2010」優勝決定戦 時間無制限1本勝負
●秀吉、政宗(22分28秒 真・最強ハイキック→片エビ固め)望月成晃○、ドン・フジイ
※望月&フジイ組大阪タッグフェスティバル2010優勝

 決勝戦は進行中の大阪プロレスvsDRAGON GATEの形に。
望月&フジイが現大阪プロレスタッグ王者・小峠&原田を挑発。
王者が防衛戦を受けて立つことに。

◆大阪プロレス×DRAGON GATE ++++++++++++++++++++

▼6・18 京セラドーム大阪・9Fスカイホール『阪神プロレス喧嘩祭り!〜大阪プロレスVSDRAGON GATE全面対抗戦〜』
全試合時間無制限一本勝負の完全決着戦
■6人タッグマッチ
◯小峠篤司、原田大輔、タコヤキーダー(15分24秒 ムーンサルトプレス→片エビ固め)マーク・ハスキンス、アンソニー・W・森、苫小牧卓也●
■タッグマッチ
◯秀吉、政宗(16分22秒 刀狩り)スペル・シーサー、シーサーBOY●
■タッグマッチ
アジアン・クーガー、●くいしんぼう仮面(11分39秒 ツイスター→体固め)望月成晃◯、ドン・フジイ
■LOV vs WARRIORSイリミネーションマッチ
タイガースマスク、ブラックバファロー、タダスケ、The bodyguad(3−4)Gamma、ドラゴン・キッド、堀口元気、斎藤了
1:○The Bodyguard(14分0秒 OTR)斎藤了●
2:○ドラゴン・キッド(14分58秒 バイブル)The Bodyguard●
3:○タイガースマスク(16分41秒 OTR)ドラゴン・キッド●
4:○Gamma(17分17秒 キドクラッチ)タダスケ●
5:○ブラックバファロー(18分20秒 ラリアット→エビ固め)Gamma●
6:○堀口元気(21分53秒 バックスライド・フロム・ヘブン)ブラックバファロー●
7:○堀口元気(23分31秒 バックスライド・フロム・ヘブン)タイガースマスク●
※堀口元気の一人残りでWARRIORSの勝利
■大阪プロレス選手権
[王者]●ビリーケン・キッド(17分43秒 メテオラ→エビ固め)CIMA○[挑戦者]
※王者が3度目の防衛に失敗、第18代新王者誕生

 最終結果、3−2でDRAGON GATEが勝利。
そして大阪プロレスのベルトがDRAGON GATE流出。
ブラックバファローがその場で挑戦に名乗り。
タイガースの持つブレイブには堀口元気が挑戦表明。


◆DDT ++++++++++++++++++++++

▼6・3 新木場1stリング『時の流れに身をまかせin新木場』

■タッグマッチ
○ヤゴー・アズナブル、DJニラ(8分50秒 ジャブロー→片エビ固め)高木三四郎●、星誕期

 ヤゴー公国軍から巨大MAとして勧誘をうけていた星誕期がヤゴウ公国軍に加入。
なお、“アブ・ノーマル”中澤マイケルが「犬のように扱われた」とヤゴウ公国軍から寝返る。
■タッグマッチ
アントーニオ本多、○ヤス・ウラノ(10分32秒 体固め)Mr.ストロベリー、マッスル坂井●

 坂井が日本海6人タッグマッチのベルトをもっていたことを思い出し、両国へ向けて復活させることに。
あわせてO.K.Revolutionと03年以来となるMr.ストロベリーが復活。
■6人タッグマッチ
○男色ディーノ、佐藤光留、石井慧介(17分47秒 痔ろうクラッチ)HARASHIMA、大鷲透、阿部行洋●


▼6・13 後楽園ホール『What are you doing? 2010』
■7・11両国にて丸藤 vs 飯伏が決定
■ノータッチルール
ポイズン澤田JULIE、○MIKAMI、タノムサク鳥羽、佐々木大輔(7分0秒 450°スプラッシュ)松永智充、阿部行洋、入江茂弘、高尾蒼真●
■シングルマッチ
○ヤゴー・アズナブル(5分23秒 ジャブロー→片エビ固め)中澤マイケル●

 ヤゴーに不要宣告されたマイケルが復讐に挑むもMAホシタンゴが戦線投入され撃沈。
7・11両国では高木&澤の元KO−Dタッグコンビに「チケットを300枚売る」という条件付きで協力してもらうことに。
■UWA世界6人タッグ選手権試合
[王者]NOSAWA論外、●MAZADA、FUJITA(8分51秒 ロープに足をひっかけてのエビ固め)佐藤光留、石井慧介、ヨシヒコ○[挑戦者]
※王者が初防衛に失敗、第41代新王者誕生
■ベスト・オブ・ザ・スーパーどインディー
1:飯伏幸太、○ケニー・オメガ(2分5秒 波動拳→片エビ固め)有山いいとも!●、前田明日
2:○飯伏幸太、ケニー・オメガ(1分35秒 ジャーマンスープレックスホールド)ブルアーマーTAKUYA、ドラ・スポルティオ●
3:飯伏幸太、○ケニー・オメガ(2分10秒 ハイキック→体固め)軍団ひとり●、キム・ヨッチャン
4:○飯伏幸太、ケニー・オメガ(2分43秒 丸め込み)グレート・カイザー●、高木三四郎
5:●飯伏幸太、●ケニー・オメガ(3分2秒 オーバーザトップロープ)りほ○、ミスター6号○
■6人タッグマッチ
KUDO、ヤス・ウラノ、○アントーニオ本多(6分34秒 首固め)Mrストロベリー、マッスル坂井●、O.K.Revolution
■日本海認定世界6人タッグ選手権試合
[王者]Mr.ストロベリー、●マッスル坂井、O.K.Revolution(39秒 首固め)ケニー・オメガ○、りほ、ミスター6号[挑戦者]
※王者組が初防衛に失敗、第2代王者誕生

 両国大会でのトリプルタッグ選手権・佐藤光留、石井慧介、ヨシヒコvsアントン、KUDO、ヤス vs ケニー&りほ&ミスター6号が決定。
■休憩中、ポイズン澤田JULIEと中西学が合体。両国大会出陣へ
■タッグマッチ
○HARASHIMA、大鷲透(18分46秒 スワンダイブ式蒼魔刀→片エビ固め)ディック東郷、男色ディーノ
■KO−D無差別級選手権試合
[王者]○関本大介(22分4秒 ラリアット→片エビ固め)石川修司●[挑戦者]
※王者が4度目の防衛に成功


▼6・23 新木場1stリング『NONーFIX〜6・23〜』
■タッグマッチ
○ヤゴー・アズナブル、巨大MAホシタンゴ(7分19秒 ジャブロー→片エビ固め)アントーニオ本多、高尾蒼馬●
■シングルマッチ
○ディック東郷(9分15秒 クロスフェースロック)安部行洋●
■7・25両国大会次期KO−Dタッグ挑戦者決定ガントレット入場順決定5WAYマッチ
MIKAMI vs 大鷲透 vs P・澤田JULIE vs 松永智充 vs マッスル坂井
1:○P・澤田JULIE(0分55秒 首固め)マッスル坂井●
2:○MIKAMI(6分1秒 スク〜ルボ〜イ)マッスル坂井●
3:○大鷲透(6分15秒 横入り式エビ固め)マッスル坂井●
4:○マッスル坂井(7分0秒 片エビ固め)松永光弘●
※【入場順】松永&鶴見、坂井&ハチミツ、大鷲&安部、MIKAMI&鳥羽、澤田&中西
■6人タッグマッチ
男色ディーノ、○佐藤光留、石井慧介(13分54秒 アキレス腱固め)タノムサク鳥羽、佐々木大輔、入江茂弘●
■シングルマッチ
○HARASHIMA(14分46秒 腕ひしぎ逆十字固め)ヤス・ウラノ●
■特別試合 ノーロープ三面指定凶器マッチ
高木三四郎(記録なし)中澤マイケル
※三面に設置されたテーブルを先に3つ破壊したほうの勝ち。敗者は両国大会での肛門爆破をおこなう。


 記録なしではあるが、当然、マイケルに。7・7新木場大会での予行練習が発表されるも、突如、ヤゴウ公国軍が襲来。
“謎のエースパイロットX”がトラースキック。その正体はGENTAROにそっくりなアナベル・タロー


◆ユニオン ++++++++++++++++++++++

▼6・13 アイスリボン道場『リッキーフジ・ロックフェスティバル』
■クリップラークロスフェース・ロックンロール
×諸橋晴也(7分20秒 なんじゃこりゃあ→無効試合)妻木洋夫×
■ダイヤモンドだねあぁいくつかの場面
○宮崎有妃(8分46秒 外道クラッチ)チェリー●
■16ビートバトル
○MIKAMI、木高イサミ(12分27秒 片エビ固め)宮本裕向、THE101●
■ロックンロールDEドレミファ・ドン
○さくらえみ(10分57秒 坂本冬美の「夜桜お七」)石川修司●
■マインドをオープンしてカムトゥゲザーするサムシング。
○円華、DJニラ(8分20秒 リッキー・フジの乱入→反則勝ち)A・YAZAWA●
■ロックンロール&エイベックスタッグデスマッチ
○リッキー・フジ、A・YAZAWA(9分43秒 9999→片エビ固め)DJニラ●、円華

▼6・20 愛知・SportivaArena『ユニオンの野望 武将風雲録名古屋版』
■無関係な2人と双子
○ヒデ久保田、ヤス久保田(8分23秒 首固め)726●、円華
■どっちが強いか決めたらええんや
○佐々木恭介(7分33秒 10tパンチ→体固め)妻木洋夫●
■業ーカルマー
×チェリー(6分50秒 ダダ、ガッツ星人の乱入→無効試合)ウルトラマンロビン×
■特別試合
○ウルトラマンロビン、宇宙銀河戦士ソフィア(5分23秒 クロスボディアタック→片エビ固め)ダダ●、ガッツ星人
■ライオンを夢見た男の戦い
○エル・サムライ(14分5秒 チキンウイングアームロック)諸橋晴也●
■ユニオン前線名古屋入り
○石川修司(13分7秒 スプラッシュマウンテン→エビ固め)木高イサミ●

 ユニオン初の名古屋大会大成功。

++++++++++++++++++++++

ではその2に続きます!!
http://kimagure-guda.jugem.jp/?eid=2215

★エルボードロップ風にポチッとお願いいたします。
人気ブログランキングへ
JUGEMテーマ:プロレス

| からし | 2010 プロレス界まとめ | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。