無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
2010年のプロレス界をザッとふりかえろう。8月編その1
 2010年8月!
信じられないくらいの酷暑が僕らを襲うも、その暑さがプロレス界をさらに狂わせた…じゃなくて波にのらせたかたくさん面白いことがありましたねー。 

 新日本では真夏の祭典、風物詩G1クライマックス!!
小島聡選手が新日本所属以外のレスラーとしては初のG1制覇という快挙達成!
(公式戦は容量&文字数制限の関係上割愛させていただきました。
すいません。詳しいカードなどは超詳細レポでおなじみ公式ページを参考に)
全日本では帰ってきたジミーちゃんが大爆発!やってるやってるー!
諏訪魔選手が待望の三冠王者に再戴冠!!

真夏の聖剣は熱き男の元に!
菊池毅選手は「爆発!!」し始めます(笑)
DRAGON GATEでは前代未聞の珍事を誘発w
大阪では新勢力が誕生。
DDTではマッスル坂井選手が驚きの引退発表。
そして真霜選手がまさかの襲名!?

今年も色々あった暑い8月。
では、いってみましょう。

◆新日本プロレス ++++++++++++++++++++++

▼8・13(現地時間) メキシコ『CMLL』
■Por el Campeonato Universal (時間無制限3本勝負)
○獣神サンダーライガー[第2ブロック勝者](2−1)ラ・ソンブラ[第1ブロック勝者]●
※ライガーが第2代カンペオン・ウニベルサル(ユニバーサル王者=チャンピオンの中のチャンピオン、世界を超えた宇宙規模のチャンピオン)に

 メキシコ版G1クライマックスを制する快挙達成。

▼8・14 両国国技館『Powered by HEIWA G1 CLIMAX XX 〜20th Anniversary〜』
■Aブロック公式戦
○真壁刀義[4勝2敗=8点](10分52秒 体固め)中西学●[4勝2敗=8点]
○プリンス・デヴィット[4勝2敗=8点](11分35秒 エビ固め)棚橋弘至[3勝2敗1分=7点]●
■Bブロック公式戦
○中邑真輔[4勝2敗=8点](16分45秒 片エビ固め)小島聡●[4勝2敗=8点]
○潮崎豪[4勝2敗=8点](17分52秒 片エビ固め)後藤洋央紀●[4勝2敗=8点]


▼8・15 両国国技館『Powered by HEIWA G1 CLIMAX XX 〜20th Anniversary〜最終戦』
■G1 CLIMAX Aブロック公式戦
○矢野通[4勝3敗=8点](7分26秒 鏡割り→エビ固め)プリンス・デビット●[4勝3敗=8点]
●中西学[4勝3敗=8点](10分52秒 前方回転エビ固め)内藤哲也○[3勝3敗1分=6点] 
●真壁刀義[4勝3敗=8点](11分58秒 ジャパニーズレッグロールクラッチホールド)棚橋弘至○[4勝2敗1分=8点]
※棚橋が決勝進出 
■G1 CLIMAX Bブロック公式戦
●永田裕志[4勝3敗=8点](5分28秒 ムーンサルトプレス→片エビ固め)高橋裕次郎○[2勝5敗=4点] 
△中邑真輔[4勝2敗1分=9点](30分時間切れ引き分け)潮崎豪△[4勝2敗1分=9点] 
●後藤洋央紀[4勝3敗=8点](12分09秒 ラリアット→片エビ固め)小島聡○ [3勝2敗=9点]
※小島が決勝進出
■G1 CLIMAXスペシャル6人タッグマッチ
●AKIRA、S・Sマシン、長州力(8分17秒 飛びつき回転腕折り固め)タイガーマスク●、川田利明、天龍源一郎 
■G1 CLIMAX優勝決定戦 時間無制限一本勝負
●棚橋弘至[Aブロック1位](21分25秒 ラリアット→片エビ固め)小島聡○[Bブロック1位]
※小島聡が『G1 CLIMAX』初優勝

 新日本所属以外のレスラーとしては初のG1制覇という快挙達成。
後に、この最終戦がプロレス業界初の3D映画として上映へ。

▼8・24 新木場1stリング『NEVER.1』
■高橋広夢デビュー戦
○三上恭佑(8分28秒 逆エビ固め)高橋広夢●
■シングルマッチ
○滝澤大志(11分23秒 ムーンサルトプレス→体固め)キング・ファレ●
■タッグマッチ
○田口隆祐、タイチ(10分50秒 どどん→片エビ固め)田村和宏●、児玉ユースケ
■シングルマッチ
○石井智宏(11分1秒 片エビ固め)浪口修●
■タッグマッチ
○高橋裕次郎、内藤哲也(18分4秒 ジャーマンスープレックスホールド)円華、忍●

 他団体選手も含めた新日本の若手育成を目的とする新プロジェクト開始。


◆全日本プロレス ++++++++++++++++++++++

▼8・1 富山『2010 SUMMER ACTION SERIES』
■タッグマッチ
○船木誠勝、佐藤光留(12分16秒 バックドロップ→体固め)TARU、ヘイト●
■6人タッグマッチ
諏訪魔、浜亮太、○KAI(22分47秒 片エビ固め)鈴木みのる、曙、TAKAみちのく●

 鈴木が新世代軍の旗をへし折る。

▼8・5 香川
■6人タッグマッチ
鈴木みのる、○船木誠勝、佐藤光留(24分2秒 体固め)諏訪魔、真田聖也、KAI●


▼8・8 博多スターレーン『2010 SUMMER ACTION SERIES 最終戦』
■6人タッグマッチ
カズ・ハヤシ、○TAKAみちのく(15分28秒 みちのくドライバー侠片エビ固め)佐藤光留●、近藤修司
■餃子の王将presents 2010ジュニアヘビー級リーグ戦優勝決定トーナメント1回戦
[Bブロック1位]○KAI(8分54秒 スプラッシュプランチャ→片エビ固め)大和ヒロシ●[Aブロック2位]
[Bブロック2位]○ジミー・ヤン(10分57秒 ヤンタイム→片エビ固め)稔●[Aブロック1位]
■餃子の王将presents 2010ジュニアヘビー級リーグ戦優勝決定戦
○ジミー・ヤン(13分6秒 ヤンタイム式ボディアタック→片エビ固め)KAI●
ジミー・ヤンが初優勝

 ヤンが8・29両国大会でカズとのジュニア王座に挑戦。

■歳三(土方隆司)が退団

▼8・15 後楽園ホール
■征矢学凱旋試合
○征矢学(10分59秒 垂直落下式ブレーンバスター→片エビ固め)西村修●

 カナダ修行より帰国。
■マスカラ・コントラ・マスカラ
○BUSHI(11分41秒 ヘッドシザース式エビ固め)MAZADA●

 マスクを剥がされるも、坊主頭になっていなければならないはずのMAZADAの髪はフサフサのまま。
マスカラ・コントラ・カベジェラの再戦へ。
■6人タッグマッチ
TARU、○KENSO、レネ・デュプリ(11分45秒 片エビ固め)近藤修司●、真田聖也、浜亮太

 KENSO全日本デビュー戦。
試合後、ムタがKENSOを強襲。
■シングルマッチ
○曙(5分1秒 ダイビングボディプレス)ビッグ・ダディ・ブードゥー●
■タッグマッチ
○諏訪魔、河野真幸(30分2秒 ラストライド→体固め)鈴木みのる、船木誠勝●

 両国ダブル前哨戦。
鈴木が新世代軍の旗を再び破り捨てる。

▼8・29 両国国技館『2010プロレスLOVE in 両国 Vol.10』
■シングルマッチ
○船木誠勝(13分9秒 ハイキック→レフェリーストップ)河野真幸● 
■アジアタッグ選手権試合
[王者]●TARU、ビッグ・ダディ・ブードゥー(22分40秒 垂直落下式デスバレーボム→片エビ固め)征矢学○、真田聖也[挑戦者]
※第84代新王者誕生

 若きタッグチームが待望のタイトル戴冠。
のちの二人は「es(エス)」というタッグチーム名に。
■スペシャルシングルマッチ〜TLCルール
●グレート・ムタ(10分30秒 スピアーからのダブルニードロップ→片エビ固め)KENSO○

 武藤の欠場とあわせ行方をくらませていたムタが復活。
KEONSOが「アジア一のレスラーをオレ」という主張を弾き返す役者の違いを魅せつける。
■世界ジュニアヘビー級選手権試合
[王者]○カズ・ハヤシ(18分30秒 パワープラント→片エビ固め)ジミー・ヤン●[挑戦者]
※王者が14度目の防衛に成功

 WCW時代から苦楽を共にしてきた盟友とのタイトルマッチ。
ヤンはジュニアリーグ戦を制しての挑戦。
■三冠ヘビー級選手権試合
[王者]●鈴木みのる(44分24秒 バックドロップホールド)諏訪魔○[挑戦者]
※第43代新王者誕生

 諏訪魔が新時代をつくるため待望となった2度目の戴冠。
試合後、即座に船木誠勝が挑戦表明の姿勢。が、この日は答えを保留。

■船木が契約更改。全日本に“入団”へ
 昨年の両国大会からちょうど1年。正式に所属選手に。


◆NOAH ++++++++++++++++++++++

▼8・4 ディファ有明『プロレスリング・ノア設立10周年記念〜10YEARS AFTER〜』
■小島聡が来場

 大阪に続き、東京でも挨拶。リング上から挨拶しているところに背後からモハメド・ヨネが襲撃。
■タッグマッチ
○高山善廣、佐野巧真(3分10秒 エベレストジャーマンスープレックスホールド)秋山準、小川良成●
 盪海旗揚げ戦以来となる“白”のコスチュームで登場。
■特別試合タッグマッチ
杉浦貴、KENTA(2−1)森嶋猛、潮崎豪
1:●杉浦(0分55秒 バックドロップ→片エビ固め)森嶋○
2:○杉浦(18分3秒 オリンピック予選スラム→片エビ固め)潮崎●
3:○杉浦(オリンピック予選スラム2連発→片エビ固め)森嶋●

 10年前の旗揚げ戦と同様のタッグマッチがメイン。勝利したタッグが翌日にシングルマッチとして対戦。
一本目で王者・杉浦がまさかの秒殺。
しかし杉浦&KENTAが勝利し、翌5日のメインは杉浦対KENTAに。

▼8・5 ディファ有明
■谷口周平“驀進十番勝負”第10戦
○秋山準(17分53秒 体固め)谷口周平●
※0勝10敗で全戦終了
■タッグマッチ
○潮崎豪、高山善廣(18分43秒 体固め)金丸義信、井上雅央●
■シングルマッチ
○杉浦貴(26分36秒 アンクルホールド)KENTA●

 10年前はリングに上がっていなかった二人がメインで激戦を展開。

▼8・22 有明コロシアム『プロレスリング・ノア創立10周年記念 第3弾〜NEW NAVIGATION'10 in Tokyo〜』
■シングルマッチ
○KENTA(12分35秒 go 2 sleep→片エビ固め)青木篤志●

 試合後、KENTAが青木にタッグ結成をアピール。
さらに解説席にいた鈴木鼓太郎を挑発。
28日の鼓太郎の復帰戦がKENTAとのシングルマッチに。
■スペシャルシングルマッチ
○佐々木健介(12分4秒 ノーザンライトボム→体固め)谷口周平●
■GHCジュニアヘビー級タッグ選手権試合
[王者]石森太二、●リッキー・マルビン(21分27秒 投げっぱなしタイガースープレックス→エビ固め)金本浩二○、タイガーマスク[挑戦者]
※王者が3度目の防衛に失敗、第12代新王者誕生

 GHCジュニアタッグが新日本に流出
■スペシャルシングルマッチ
●モハメド・ヨネ(11分50秒 ラリアット→体固め)小島聡○

 当初は丸藤との対戦が望まれたが負傷欠場によりヨネが名乗り。
以後、小島のNOAH参戦は停止状態。
■スペシャルシングルマッチ
○潮崎豪(19分8秒 変形ゴーフラッシャー→エビ固め)中邑真輔●

 新日本G1クライマックスでの引き分けからの決着戦。
■GHCヘビー級選手権試合
[王者]杉浦貴(25分25秒 雪崩式オリンピック予選スラム→片エビ固め)秋山準●[挑戦者]
※王者が4度目の防衛に成功

 NOAH旗揚げ時の主役だった秋山と10周年記念大会の主役の杉浦がタイトルマッチ。

▼8・28 後楽園ホール『NEW DEPARTURE 2010』
■NEW DEPARTURE 2010スペシャルタッグマッチ
杉浦貴、●谷口周平(19分38秒 ゴーフラッシャー→体固め)森嶋猛、潮崎豪○
■鈴木鼓太郎復帰戦
●鈴木鼓太郎(26分53秒 go 2 sleep→体固め)KENTA○
■GHCジュニアヘビー級タッグ選手権試合
[王者]金本浩二、○タイガーマスク(21分25秒 タイガースープレックスホールド)金丸義信、平柳玄藩●[挑戦者]
※王者組が初防衛に成功

 王者組が解説席の丸藤を挑発。
さらにKENTA、青木篤志が現れ、丸藤&KENTAがともにパートナーに青木を指名。
しかし、丸藤はまだ欠場中ということで「復帰を待っていられない」とKENTAと合体。


◆ZERO1 ++++++++++++++++++++++

▼8・4 後楽園ホール『火祭り'10 決勝戦』
■タッグマッチ『New Strong Style』
佐藤耕平、○関本大介(20分10秒 ジャーマンスープレックスホールド)崔領二●、吉江豊
■Take off for DRAGON BALLS 6人タッグマッチ
●日高郁人、FUNAKI、澤宗紀(16分50秒 猛毒波布空爆→片エビ固め)菅原拓也、藤田ミノル、怪人ハブ男○

 沖縄プロレスのハブ男が参戦。
強力な実力を見せつけ日高を撃破。以後、強力な敵として何度もやり合うことに。
■第10回火祭り決勝戦
[Aブロック代表]○大谷晋二郎(22分38秒 スパイラルボム→エビ固め)田中将斗●[Bブロック代表]
大谷が5年ぶり4度目の制覇

 試合後、ビッグ村上がリングサイドに。無言で大谷とにらみ合ったのちに会場を去る。



◆DRAGON GATE ++++++++++++++++++++++

▼8・5 後楽園ホール『東京中日スポーツ杯SummerAdventure Tag League 検
■タッグマッチ
菊池毅、○橋誠(10分49秒 天誅カラス落とし→体固め)超神龍、苫小牧卓也●

 奇妙奇天烈な行動をする菊地にCIMAが突っ込む。
次回後楽園ホールでベテラン軍と対決へ。
■タッグマッチ
○新崎人生、X=石原輝政(10分58秒 念仏パワーボム→エビ固め)神田裕之、新井健一郎●

 この日限り、ハルクは本名、+人生のような白装束で試合へ。
神戸ワールドで鷹木に敗れ坊主となったハルクを人生が導く。
人生「ハルクはハルクのまま、スタイルに迷わず、これからもハルクで突き進め」

▼8・14 神戸サンボーホール『Adveture Tag League 検
■オープン・ザ・ブレイブゲート選手権試合
[王者]●タイガースマスク(18分27秒 ソル・ナシエンテ)吉野正人○[挑戦者]
※王者が5度目の防衛に失敗、第19代王者誕生も返上

 ブレイブ選手権ながら、大阪王者とドリームゲート王者の対決という両団体の頂上対決に。
この一戦で吉野がブレイブ奪還。大阪とDRAGON GATEの対抗戦も終結という形に。
その場で返上されたベルトは後日王者決定トーナメントを行うことに。

▼8・22 津・メッセウイングみえ『東京中日スポーツ杯 Summer Adventure Tag League 検船疋鵝Ε侫献こ旋興行〜』
■○獣神サンダー・マサアキ(11秒 垂直落下式ブレーンバスター→体固め)ストーカー・マサヒロ●
■再試合
○獣神サンダー・マサアキ(6分30秒 ライガーボム→エビ固め)ストーカー・マサヒロ●

 望月選手のライガーコスが話題に(笑)
【望月選手BLOGより『正体は?』】
■タッグマッチ
CIMA、○ドン・フジイ(15分20秒 ナイスジャーマン)神田裕之●、Kzy

 久々にクレイジーMAXのテーマ曲で登場。
■22人参加時間差バトルロイヤル〜サバイバルゲート〜
○堀口元気(23分51秒 バックスライドフロムヘブン)Kzy●
※退場順=フジイ、望月、ハルク、PAC、YAMATO、鷹木、CIMA、しゃちほこマシーン、吉野、土井、KAGE、Gamma、斎了、谷嵜、正岡大介、ハスキンス、市川、サイバー・コング、横須賀、神田、Kzy


▼8・24 後楽園ホール『東京中日スポーツ杯 Summer Adventure Tag League 検〆能戦』
■6人タッグマッチ
泉田純至、菊池毅、○橋誠(15分8秒 高尾山固め)CIMA、Gamma●、望月成晃

 元NOAHトリオが自分たちのテーマ曲と間違えて、休憩終わりのBGMで入場してくるという珍事件発生
そして試合後、菊地が特異のキャラクターを爆発。
CIMAらがバカ負けする勢い。
■Summer Adventure Tag League 現犒莨
[Aブロック2位]吉野正人、○土井成樹(10分38秒 光の輪を切り返してのエビ固め)横須賀享、k-ness.●[Aブロック1位]
[Bブロック1位]○堀口元気、斎藤了(14分18秒 バックスライドフロムヘブン)鷹木信悟、YAMATO●[Bブロック2位]
■Summer Adventure Tag League 戸ゾ〃萃蠕
○吉野正人、土井成樹(19分16秒 ライトニング・スパイラル→片エビ固め)堀口元気●、斎藤了
※土井吉が2年ぶり3度目の優勝

 4度のタッグリーグで3度の優勝。
DRAGON GATEの「タッグチーム」の象徴をさらに印象づける結果に。
堀口は賞金による「植毛」の夢が敗れた(汗)

▼8・29 博多スターレーン『STORM GATE』
■6人タッグマッチ
○吉野正人、土井成樹、B×Bハルク(17分37秒 ソル・ナシエンテ)CIMA●、斎藤了、望月成晃

 試合後、なかなか現れないドリームゲート挑戦者に吉野が『吉野クジ』での挑戦者を決定。
最初に引き当てたのは斎藤了。
■オープン・ザ・ブレイブゲート王座決定トーナメント1回戦・Aブロック
●堀口元気(片エビ固め)PAC○
●Gamma(2分15秒 影縫)KAGETORA○
■オープン・ザ・ブレイブゲート王座決定トーナメント1回戦・Bブロック
●谷嵜なおき(5分52秒 韻波句徒→片エビ固め)Kzy○
○横須賀享(4分45秒 無限→片エビ固め)スペル・シーサー●
■オープン・ザ・ブレイブゲート王座決定トーナメント準決勝・Aブロック
○PAC(12分20秒 シューティングスタープレス)KAGETORA●
○横須賀享(9分48秒 ジャンボの勝ち!→片エビ固め)Kzy●
■オープン・ザ・ブレイブゲート王座決定戦トーナメント決勝
○PAC(22分15秒 シューティングスタープレス→抱え込み式エビ固め)横須賀享●
※PACが第20代新王者に



◆大阪プロレス ++++++++++++++++++++++

▼8・1 姫路みなとドーム『ミラクルハリケーン2010』
■タッグマッチ
“兜王”ビートル、○アジアン・クーガー(10分28秒 クーガーロック2号)原田大輔、ユタカ●
■6人タッグマッチ
タイガースマスク、ブラックバファロー、○松本浩代(16分14秒 バックドロップ→片エビ固め)菊タロー、松山勘十郎●、乱丸
■スペシャル6人タッグマッチ。
○藤波辰爾、○ジャガー横田、○ミラクルマン(11分42秒 3者同時ギブアップ)くいしんぼう仮面●、姫路ジョー●、ラ・千姫●

 藤波が大阪プロレス初登場。男女混合タッグも初の体験。

▼8・7 大阪ミナミMoveOnアリーナ『サマーハクションシリーズ2』
■タッグマッチ
政宗、●くいしんぼう仮面(10分30秒 ラクルストレッチ69号)ミラクルマン○、えべっさん

 ミラクルマンがくいしんぼうに28日でのお笑い選手権挑戦を表明。
くいしんぼうが勝った暁にはミラクルのバンド『キックアウト』を『C'z』に変更してくいしんぼうがメインボーカルとなることに。
■アルティメット・スパイダーJr復帰戦
●アルティメット・スパイダーJr、小峠篤司、原田大輔(13分31秒満月の夜→体固め)タイガースマスク○、ブラックバファロー、タダスケ

 スパイダーが10ヶ月ぶりの復帰。
■大阪プロレス選手権時期挑戦者決定戦
○アジアン・クーガー(17分36秒 キド・クラッチ)ヲロチ●
※もう一人は秀吉


▼8・8
■6人タッグマッチ
ツバサ、政宗、○原田大輔(15分25秒 片山ジャーマン・スープレックス・ホールド)タイガースマスク、ヲロチ●、タダスケ

 タイガースの誤爆から決着。
試合後にヲロチへ罵声を浴びせるタイガース。LOVに亀裂が?

▼8・11 サンシビック尼崎『尼崎商店街プロレス』
■シングルマッチ
○小峠篤司(7分54秒 ムーンサルトプレス→エビ固め)タコヤキーダー●
■シングルマッチ
●くいしんぼう仮面(6分36秒 ソノダ・スープレックス・ホールド)えべっさん○
■タッグマッチ
○関本大介、河上隆一(15分40秒 ジャーマンスープレックスホールド)原田大輔、アルティメット・スパイダーJr● 
■6人タッグマッチ
アジアン・クーガー、○めでタイガーマスク、救世忍者乱丸(13分23秒 尼崎中央3丁目商店街スプラッシュ→片エビ固め)ミラクルマン、ラミレス勘十郎●、クロマティみゆき

 メインは阪神vs巨人。
USTで生中継もされた。

▼8・19
■タッグマッチ
○小峠篤司、○原田大輔(11分52秒 ハーフハッチスプラッシュ)ミラクルマン●、くいしんぼう仮面

 試合後ミラクルマンが「8月28日のタイトルマッチ、くいしんぼうが勝ったらいろいろ条件ついてるけど、俺が勝ったときの条件ないやんけ!俺が勝ったらリング上で歌わせてもらう!」と宣言。
■6人タッグマッチ
アジアン・クーガー、秀吉、●アルティメット・スパイダーJr(16分7秒 悪魔組曲二短調→片エビ固め)タイガースマスク○、The Bodyguard、ヲロチ

 試合中、ヲロチがタイガースをかばい、タダスケからの呼びかけもあってタイガースとヲロチが仲直り。も…月末にまさかの…。

▼8・20 後楽園ホール『サマーハクションシリーズ2』
■6人タッグマッチ
藤田峰雄、アルティメット・スパイダーJr、●HAYATA(9分0秒 満月の夜→片エビ固め)タイガースマスク○、ブラックバファロー、タダスケ
■タッグマッチ
秀吉、○政宗(13分5秒 雷切→片エビ固め)佐々木義人、塚本拓海●
■タッグマッチ
●冨宅飛駈、救世忍者乱丸(10分25秒 マウントパンチ→ギブアップ)華名○、川崎亜沙美
■スペシャルラダーマッチ
アジアン・クーガー、●ミラクルマン(12分0秒 片エビ固め)ザ・グレート・サスケ○、MIKAMI
■スペシャルタッグマッチ
○リッキー・マルビン、石森太二(13分38秒 サンタマリア→片エビ固め)小峠篤司●、原田大輔

 GHCジュニアタッグ王者に肉薄。ここからNOAHジュニアタッグリーグ参戦へつながる。
■スペシャル6人タッグマッチ
○佐々木健介、くいしんぼう仮面、えべっさん(21分12秒 ノーザンライトボム→片エビ固め)菊タロー、松山勘十郎●、タコヤキーダー


▼8・25 大阪ミナミMoveOnアリーナ『大阪夏祭りプロレス』
■6人タッグマッチ
タイガースマスク、ブラックバファロー、○紫雷イオ(11分46秒 横入り式エビ固め)小峠篤司、松山勘十郎●、紫雷美央

 紫雷姉妹がメキシコ遠征前の最後の大阪プロレス参戦。
イオがLOVの一員に!?

▼8・28 大阪府立体育会館第2競技場『サマーハクションシリーズ2最終戦』
■6人タッグマッチ
ツバサ、藤田峰雄、●ユタカ(11分23秒 片山ジャーマン・スープレックス・ホールド)小峠篤司、原田大輔○、タコヤキーダー
■シングルマッチ
●カブキキッド(8分29秒 鬼風車→片エビ固め)ヲロチ○
■6人タッグマッチ
菊タロー、えべっさん、○アップルみゆき(15分13秒 エビ固め)冨宅飛駈●、松山勘十郎、救世忍者乱丸
■スペシャル6人タッグマッチ
○長州力、秀吉、政宗(10分4秒 リキラリアット→体固め)ブラックバファロー、The Bodyguard、タダスケ●
■大阪プロレスお笑い選手権試合
[王者]●くいしんぼう仮面(12分46秒 ミラクルツイスター→片エビ固め)ミラクルマン○[挑戦者]
※王者が2度目の防衛に失敗、第6代新王者誕生
■大阪プロレス選手権試合
[王者]●タイガースマスク(19分21秒 スカイカナールホールド)アジアン・クーガー○[挑戦者]
※王者が初防衛に失敗。アジアン・クーガーが第20代王者となる

 試合中、LOVの仲間であるヲロチがタイガースにBOX攻撃。
クーガーと衝撃の合体を果たし王座交代。
さらにThe Bodyguardも加わり、新勢力が誕生。

▼8・29『帰ってきたホリデーパラダイス』
■大阪プロレスバトルロイヤル選手権試合 時間無制限1本勝負
[王者]○えべっさん(11分0秒 エビ固め)政宗●[挑戦者]
【退場順】ミラクルマン、ユタカ、ミラクルマン、タコヤキーダー、ミラクルマン、原田大輔、小峠篤司、ミラクルマン&くいしんぼう仮面、救世忍者乱丸、松山勘十郎



◆DDT ++++++++++++++++++++++

▼8・3 新木場1stリング『闘うビアガーデン2010〜ベルトハンター×ハンターDAY』
■マサ高梨マッチメーク試合〜ファーストブラッドマッチ〜
○佐々木大輔(11分54秒 イスの上へのダイビングヘッドバット→ファーストブラッド)諸橋晴也●
■佐藤光留マッチメーク試合〜佐藤光留凱旋試合「ああ中休み、ああ中休み、中休み」
×金本光留、中澤マイケルズ(13分41秒 無効試合)高木三四郎、入江茂弘×
※変態團の行為が行き過ぎたため
■男色ディーノマッチメーク試合〜5試合同時シングルマッチ
△ブラックバファロー(14分56秒 同時フォール)タイガースマスク△
※勝者は松井レフェリー
○ディック東郷(17分59秒 ダイビングセントーン→片エビ固め)ヤス・ウラノ●
○マッスル坂井(18分2秒 東郷のダイビングセントーン→体固め)アントーニオ本多●
○大鷲透(18分5秒 東郷のダイビングセントーン→片エビ固め)ヘラクレス千賀●
○KUDO(18分25秒 ジャックナイフ式エビ固め)男色ディーノ●
■シングルマッチ
○ヨシヒコ(14分4秒 輪廻転生)石井慧介●

 ヨシヒコのこれまでの試合でのベストバウトという声も。
マッスル坂井が10月6日をもって引退と発表
 実家の金型工場を継ぐため、10・6後楽園ホールでのマッスル最終興行が最後に。

▼8・4 新木場1stリング『闘うビアガーデン2010〜高木三四郎監修NEOマシンガンズDAY』
※特別リングアナが田村欣子
■タッグマッチ
勇気彩、○入江茂弘(13分56秒 体固め)野崎渚、高尾蒼馬●
■シングルマッチ
×タニー・マウスのそっくりさん[松永智充](4分47秒 無効試合)田村欣子のそっくりさん[平田一喜]

 リングアナの田村様があまりに酷いありさまに強制ストップ。
松永と平田は二代目タニー・マウス、二代目田村欣子を襲名して来年やっていくことを「ケッテー!」した。
■シングルマッチ
▲植松寿絵(9分42秒 両者KO)アントーニオ本多▲

 これまで30年にわたり抗争を繰り広げてきた両者。250勝250敗で迎えた501戦目。
植松の「あらゆる生き物を締め落としてきたヘッドロック」とアントンの「背骨を破壊し続けてきたボディースラム」を両者がそれぞれくらい戦闘不能に。
■タッグマッチ
○宮崎有妃、タニー・マウス(13分18秒 片エビ固め)チェリー、チェリーおばさん[高木三四郎]●

 試合後、宮崎が高木にシングルマッチを要望。高木も了承し決定。

▼8・5 新木場1stリング『闘うビアガーデン2010〜ディザスターBOX DAY』
■安部行洋ディザスターBOX入り査定試合
バラモンシュウ、○バラモンケイ(12分8秒 首固め)安部行洋●
■HARASHIMAマッチメイク試合
○HERO!、桃鷲透(11分53秒 HERO!スプラッシュ)大鷲透[男色ディーノ]●、ダークサイドHERO!
■大鷲マッチメイク試合〜SM地獄ランバージャック
魔ッスル坂井、○タノムサク鳥羽、ランジェリー武藤(10分37秒 右ストレート→片エビ固め)中澤魔イケル●、ミストレス1号、ミストレス2号

 場外に落ちるとSM嬢二人が調教をおこなう。
■タッグマッチ
大鷲透、○安部行洋(17分45秒 阿部☆自演☆乙☆クラッチ)HARASHIMA、石井慧介●

 大鷲「阿部、おまえなんか弟子でもなんでもない。オマエは今から仲間だ」

▼8・6 新木場1stリング『闘うビアガーデン2010〜ケニー&マイケルDAY』
■ウィナーステイ・ルーザーリーブ・ビアガーデン3WAYマッチ
○タノムサク鳥羽(9分34秒 体固め)アントーニオ本多●、三和太●
■中澤キャンプ場プロレス
ケニー・オメガ、○中澤マイケル(21分22秒 エビ固め)紫雷美央、紫雷イオ●

 中澤「テントを立ててくれるゲスト」として呼び込まれた紫雷姉妹。
「カウント2で身につけているものを一つ外す。カウント3、ギブアップで生まれたままの姿になる」という変態ルールをこの日初めて聞く。
ローションも使われたりと使ったりと器用に試合をこなすも敗北。
しかしダチョウ倶楽部方式の「私が脱ぐ!」「オレが脱ぐ!」「じゃぁオレが…」「どうぞどうぞ」でマイケルが全裸に。
■叩いてかぶってジャンケンポン
○木高イサミ(14分58秒 片エビ固め)安部行洋●

 運ばれてくる公認凶器で「叩いてかぶってジャンケンポン」。アツアツのおでんや有刺鉄線バット、阿部のエヴァグッズなどが運ばれる。
■エニウェアスペシャルタッグマッチ
○プリンス・トーゴー、アントーニオ“ザ・ドラゴン”本多 with アラモアナ(18分6秒 片エビ固め)ケニー・オメガ、中澤マイケル●
■再試合〜エニウェアスペシャル6人タッグマッチ
○ケニー・オメガ、中澤マイケル、イブシヒコ(4分56秒 クロイツラス)プリンス・トーゴー、アントーニオ“ザ・ドラゴン”本多、キング・アラモアナ

 飯伏モードのヨシヒコ“イブシヒコ”が会場内外とわず大暴れ。
ケニー「オツカレチンコー」

▼8・7 新木場1stリング『闘うビアガーデン2010〜変態大社長DAY』
■高木大社長の連絡ミスで星誕期が欠場。小笠原先生が代打出場
■逃げちゃダメだ!!2010
[某メジャー団体を逃げた元練習生]○石井慧介(6分57秒 片エビ固め)スパーク青木[某格闘技団体を逃げた元練習生]●
■キックボクシングルール・エキシビジョン・パンチドランカーマッチ(2分3ラウンド)
△タノムサク鳥羽(2R引き分け)紅闘志也△
■異業種世界一決定タッグマッチ
○小笠原和彦[空手世界一]、ばってん多摩川[お笑い世界一](12分34秒 顔面蹴り→片エビ固め)美月凛音[ホスト世界一]●、島本宗薫[ラーメン世界一]
■CMLL認定KO−Dタッグ選手権エニウェアフォールマッチ
[王者]○高木三四郎、澤宗紀(15分11秒 片エビ固め)超超大物X=越中詩郎、超超小物X=マンモス半田●[挑戦者]
※第31代王者が12度目の防衛に成功


▼8・8 新木場1stリング『闘うビアガーデン2010最終日〜DDT本戦』
■中澤マイケルがCEO剥奪。29日後楽園で新GM決定へ
■タッグマッチ
○高木三四郎、中澤マンモス(6分15秒 外道クラッチ)MIKAMI、タノムサク鳥羽●

 29日後楽園でスーサイド・ボーイズ、越中&XでKO−Dタッグ3WAYマッチへ。
■時期KO−D無差別級選手権挑戦者決定トーナメント1回戦
○佐々木大輔(6分8秒 変形リバースDDT→片エビ固め)入江茂弘●
○石井慧介(6分42秒 片エビ固め)阿部★自演乙★行洋●
■8thスレットマッチ
○大鷲透(11分37秒 踏みつけ式体固め)美月凛音●
※残り6人は男色ディーノ、マッスル坂井、星誕期、松永智充、高尾蒼馬、平田一喜

 この試合により大鷲が「バラエティー班の班長」に。
■ビアガーデン名物!抽選6人タッグマッチ
ディック東郷、ケニー・オメガ、○HARASHIMA(19分52秒 蒼魔刀→エビ固め)ヤス・ウラノ、アントーニオ本多、KUDO
■次期KO−D無差別級選手権挑戦者決定トーナメント決勝戦
○佐々木大輔(14分8秒 片エビ固め)石井慧介●

 佐々木が29日後楽園大会でHARASHIMAに挑戦。

▼8・15 愛知・今池ガスホール『新狼牙風風拳! in 名古屋2010』
■6人タッグマッチ
○焼き鳥屋健さん、焼き鳥屋GENさん、焼き鳥屋鳥羽さん(10分38秒 炭火焼式ロメロスペシャル)高尾蒼馬、平田一喜●、彰人
■シングルマッチ
○ケニー・オメガ(11分23秒 クロイツラス→エビ固め)安部行洋●
■シングルマッチ
○高木三四郎(9分27秒 シットダウンひまわりボム→エビ固め)入江茂弘●
■シングルマッチ
○男色ディーノ(12分12秒 男色デストロイ→漢固め)石井慧介●
■シングルマッチ
△ヤス・ウラノ(20分時間切れ引き分け)佐々木大輔△
■6人タッグマッチ
ディック東郷、アントーニオ本多、○ミスター6号(12分40秒 片エビ固め)佐藤光留、マッスル坂井、ミスター南極6号●
■タッグマッチ
○HARASHIMA、大鷲透(16分14秒 蒼魔刀→エビ固め)MIKAMI、KUDO●


▼8・22 大阪ミナミMoveOnアリーナ『道頓堀ストーリー7』
■タッグマッチ
○佐藤光留、石井慧介(23秒 腕ひしぎ十字固め)大鷲透、塩田秀樹●
■再試合
○佐藤光留、石井慧介(11分9秒 腕ひしぎ十字固め)大鷲透、塩田秀樹●
■シングルマッチ
内田祥一(7分38秒 変形ジャックナイフ式エビ固め)安部行洋●
■マッスル提供コンタクトレンズ・レス・レスリングタッグマッチ
×マッスル坂井、男色ディーノ(8分30秒 没収試合)ヤス・ウラノ、藤岡典一×
※レフェリー暴行で全員反則
■タッグマッチ
高木三四郎、○入江茂弘(14分50秒 ダイビングテディベア)ケニー・オメガ、高尾蒼馬●
■タッグマッチ
ディック東郷、○佐々木大輔(16分45秒 NOW OR NEVER)HARASHIMA●、KUDO

 KO−D無差別級扇翔閃で佐々木が王者から新技で3カウント。
技名はSアリーナ出演時の視聴者からのFAXできまった。元ネタは北の国からの「やるならいましかねえ」。

▼8・29 後楽園ホール『夏休みの思い出2010』
■DDT総選挙中間発表
1位=男色ディーノ、2位=HARASHIMA、入江茂弘、4位=高木三四郎
■大鷲透プレゼンツDDT新GM決定ロイヤルランブル
○マッスル坂井[鶴見亜門](17分37秒 オーバーザートップロープ)大鷲透●[林督元リングドクター]
※坂井が優勝し鶴見亜門が新GMとなる。
※他参加選手[推薦GM候補]=安部行洋[アニメキング]、佐藤光留[安藤あいか]、星誕期[マサ高梨]、松永智充[佐藤正行週プロ編集長]、中澤マイケル[自分自身]
■スペシャルシングルマッチ
○ケニー・オメガ(15分10秒 クロイツラス→エビ固め)田口隆祐●

 セコンドにいたIWGP Jr王者のデヴィットを挑発。挑戦表明。
■CMLL認定KO−Dタッグ選手権トリプルスレットマッチ〜完全決着ルール
[王者]●高木三四郎、澤宗紀(13分55秒 漢固め)越中詩郎、男色ディーノ○[挑戦者]
※もう一組はMIAKMI&タノムサク鳥羽
※王者が13度目の防衛に失敗、第32代新王者誕生。

 タッグチーム名は「越中詩郎痔瘻」
■KO−D無差別級選手権試合
[王者]○HARASHIMA(20分42秒 蒼魔刀→片エビ固め)佐々木大輔●[挑戦者]
※第32代王者が初防衛に成功
 


◆ユニオン ++++++++++++++++++++++

▼8・8 新木場1stリング『ユニオンビアガーデン』
■真霜拳號が大家拳號襲名を拒否。
■ビアガーデン式ドロップキックルール
×チェリー(10分3秒 ブラックチェリーの乱入→無効試合)さくらえみ×

 りほ似のブラックチェリーがチェリーに宣戦布告。
■シングルマッチ
○矢野啓太(10分31秒 みやここクラッチ・イン・ザ・ハウス)木高イサミ●
■ロックンロールデスマッチ
○ケニー・オメガ(16分21秒 エビ固め)A.YAZAWA●
■6人タッグマッチ
石川修司、諸橋晴也、○真霜拳號(17分48秒 体固め)佐々木恭介、円華、入江茂弘●

 試合後、真霜がユニオン限定で“大家拳號”襲名


◆健介オフィス ++++++++++++++++++++++

▼8・29 埼玉・吉川市総合体育館『健介オフィス夏祭り』
■シングルマッチ
○ベアー福田(7分43秒 片エビ固め)西川潤●
■時間差バトルロイヤル
○なまずマン2号(19分23秒 なまずクラッチ)CHANGO●
【退場順】卍丸、菊タロー、豪、志賀、なまずマン1号、CHANGO
■シングルマッチ
○ビッグ村上(11分18秒 片エビ固め)起田高志●
■6人タッグマッチ
○ウルティモ・ドラゴン、宮原健斗、梶原慧(19分16秒 アサイDDT→体固め)NOSAWA論外●、FUJITA、南野タケシ
■タッグマッチ
○佐々木健介、中嶋勝彦(22分45秒 片エビ固め)森嶋猛、吉江豊●

 全試合終了後には特大の花火も打ち上げられた。


◆大日本プロレス ++++++++++++++++++++++

▼8・7 神奈川・六角橋商店街駐車場『六角橋商店街デスマッチ其の六〜あの悪夢が再び、大丈夫か六角橋!?』
■六角橋商店街1DAYパスポート争奪タッグマッチ
○大橋篤、橋本和樹(9分38秒 オースイ・スープレックスホールド)谷口裕一、塚本拓海●
※大阪大会のある8月8日のみ有効券だったので使用不可に
■第6回六角橋大会開催記念敗者タッグマッチ
葛西純、○沼澤邪鬼(c)(16分5秒 体固め)山川竜司●、アブドーラ小林(c)
■タッグマッチ
○関本大介、佐々木義人(11分11秒 ジャーマンスープレックスホールド)岡林裕二、河上隆一●
■蛍光灯6人タッグデスマッチ
伊東竜二、佐々木貴、○アブドーラ小林(14分47秒 体固め)シャドウWX、宮本裕向、星野勘九郎●

 今年も商店街会長のコレクションがボロボロに(汗)

▼8・8 大阪・鶴見緑地花博記念公園『045邪猿気違's“真昼の血闘”ファイヤーデスマッチ in OSAKA』
■有刺鉄線ボードタッグデスマッチ
○山川竜司、ジ・ウインガー(14分3秒 リバース・タイガードライバー→片エビ固め)シャドウWX、清水基嗣●
■河上隆一ヘビー級7番勝負第5戦
○マグニチュード岸和田(10分53秒 ラストライド→エビ固め)河上隆一●[0勝5敗]
■エニウェアフォールストリートファイト6人タッグデスマッチ
○関本大介、佐々木義人、南野タケシ(16分12秒 リングトラック上でのアルゼンチンバックブリーカー)佐々木貴、宮本裕向、星野勘九郎●
■ファイアータッグデスマッチ
葛西純、○沼澤邪鬼(18分17秒 GOD式パイルドライバー→体固め)伊東竜二、アブドーラ小林●


▼8・9 愛知・クラブダイヤモンドホール『Death Market Summer』
■蛍光灯&凶器持ち込みタッグデスマッチ
○石川修司、南野タケシ(17分40秒 スプラッシュマウンテン on the HELL→エビ固め)伊東竜二、星野勘九郎●
■有刺鉄線ボードタッグデスマッチ
シャドウWX、○ジ・ウインガー(18分0秒 ダイビングセントーン on the 有刺鉄線ボード→体固め)アブドーラ小林、山川竜司●
■BJW認定タッグ選手権月光闇討ちデスマッチ
[王者]葛西純、○沼澤邪鬼(18分27秒 GOD式パイルドライバー→片エビ固め)佐々木貴、宮本裕向●[挑戦者]
※第29代王者が初防衛に成功


▼8・29 後楽園ホール
■有刺鉄線ボード6人タッグデスマッチ
シャドウWX、○山川竜司、ジ・ウインガー(13分3秒 片エビ固め)葛西純、沼澤邪鬼、星野勘九郎

 この試合で使用された有刺鉄線ボードは週プロモバイル企画で当選された少年が作ったもの。
山川がようやくの勝ち星。
■タッグマッチ
○関本大介、マンモス佐々木(16分9秒 ジャーマンスープレックスホールド)佐々木義人、岡林裕二●
■蛍光灯6人タッグデスマッチ
伊東竜二、佐々木貴、○アブドーラ小林(21分19秒 ダイビングバカチンガーエルボーwith蛍光灯→片エビ固め)石川修司、宮本裕向●、木高イサミ

 デスマッチ王座挑戦をアピールする石川の前に小林が立ちはだかる。
次回後楽園ホール大会でのシングルマッチ決定


◆みちのく ++++++++++++++++++++++

▼8・28 新木場1stリング『東京大会第4弾』
■ハヤトが9・4矢巾での復帰を発表
■6人タッグマッチ
○グレートサスケ、新崎人生、気仙沼二郎(17分43秒 ラムジャム→片エビ固め)野橋太郎、佐藤秀、佐藤恵●

 九龍に対抗すべくサスケが投入した助っ人としてディック東郷が登場。
「九龍に龍の遺伝子があったようにオレにもみちのくの遺伝子があるんだよ!」
■東北タッグ選手権試合
[王者]○南野タケシ、大間まぐ狼(25分6秒 雪崩式デスバレーボム→片エビ固め)拳王、日向寺塁●[挑戦者]
※第14代王者が3度目の防衛に成功


==============================

ではその2に続きます。
http://kimagure-guda.jugem.jp/?eid=2220

★エルボードロップ風にポチッとお願いいたします。
人気ブログランキングへ

JUGEMテーマ:プロレス

| からし | 2010 プロレス界まとめ | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。