無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
2010年のプロレス界をザッとふりかえろう。8月編その2
 8月編その2!

まずはお知らせから。
9月編は土曜か日曜にUPを予定しています。
10月編、11月につきましてはまだ皆さまの記憶にも残る部分が多いと思いますので、プロレス大賞発表後にUPするかと思います。そのへんはご了承くださいませ。
ちと私の中で色々なものが同時に回せなくなってきまして(汗)
脳がメモリ不足にw

では改めまして8月編その2。

 K−DOJOでは火野選手が見事な返り咲き。
SMASHではスターバックがいぜん猛威をふるい、師弟対決では波動拳と昇竜拳がリングで炸裂!
WWEにてヨシ・タツ選手が涙の凱旋!
 そしてみちのくプロレスでは「いつもそこにいる」のが当たり前の光景だった石川カメラマンのお姿がもう見られないという衝撃の事実に涙を流しました…。
 さらには鬼軍曹・山本小鉄さんも。
新日本プロレスの中継での選手たちへの愛もたくさん感じられた解説。忘れません…。

 女子ではアイスリボンが対仙女にむけて炎をメラメラ。19時で初のタイトルマッチ。
OZではかつての名タッグが血で血を洗う熾烈な決着戦!

では、いってみましょう!

◆K−DOJO ++++++++++++++++++++++

▼8・7 千葉BlueField『CLUB-K3000』
■6人タッグマッチ
○HIROKI、真霜拳號、山縣優(18分08秒 足決め首固め)梶トマト、滝澤大志●、松雪真也
■時間差イリミネーション6人タッグマッチ
△KAZMA、柏大五郎、ヒロ・トウナイ(14分07秒 両者OTR)火野裕士△、旭志織、大石真翔
1:○KAZMA(7分30秒 OTR)大石●
2:○柏(7分45秒 匠蹴り→エビ固め)旭●
3:○火野(12分42秒 OTR)柏●
4:○火野(13分00秒 クローズライン→片エビ固め)トウナイ●
5:△KAZMA(14分07秒 両者OTR)火野△
※両チーム最後の1名が同時失格の為、引き分けに
■特別試合 6人タッグマッチ
○火野裕士、旭志織、大石真翔(3分59秒 Fucking BOMB→エビ固め)KAZMA、柏大五郎●、ヒロ・トウナイ


▼8・15 千葉ポートアリーナ『千葉発見伝!温故千新 〜ファイト!ファイト!千葉!2010』
■6人タッグマッチ
JOE、山縣優、○関根龍一(9分53秒 コンバイン→ギブアップ)MIYAWAKI、バンビ、松雪真也●
■タッグマッチ
柏大五郎、○ヒロ・トウナイ(8分03秒 滝落とし→片エビ固め)房総ボーイ雷斗●、ランディ拓也
■筑前りょう太千葉凱旋試合『帰ってきたバイ!』
TAKAみちのく、YOSHIYA、○筑前りょう太(13分41秒 とぶばい→エビ固め)稲松三郎●、旭志織、大石真翔

 現九州プロレス代表の筑前が凱旋。
■インディペンデント・ワールド・世界ジュニアヘビー級選手権試合
[王者]○マリーンズマスク(13分16秒 ハイフライバム→エビ固め)木高イサミ●[挑戦者]
※第11代王者が2度目の防衛に成功

 試合後、大阪プロレスのヲロチがタイガースマスクからの挑戦状を持って登場。
■STRONGEST-K TAG選手権試合
[王者]梶トマト、●滝澤大志(29分33秒 トランスレイヴ→エビ固め)HIROKI○、真霜拳號[挑戦者]
※第14代王者組が初防衛に失敗、第15代新王者誕生
■CHAMPION OF STRONGEST-K選手権試合
[王者]●KAZMA(25分38秒 世界一のジャーマンスープレックスホールド)火野裕士○[挑戦者]
※第9代王者が5度目の防衛に失敗、第10代新王者誕生


■KAZUMAが海外遠征を発表(21日)

▼8・29 千葉BlueField『SUMMER"Ω"NIGHT』
■チャンピオンvs前座のチャンピオン
○火野裕士(10分30秒 Fucking BOMB→体固め)関根龍一●
■まさかの対抗戦Ωナイトvsちばハッピープロレス
稲松三郎、●松雪真也、ken45°(13分50秒 ヨツカイドライバー→体固め)マリーンズマスク、○ヨツカイダー、茂原七夕7
■バンビの挑戦・ムチよさらば
○ヤス・ウラノ(8分36秒 エビ固め)バンビ●
■出てない杭を打つ
真霜拳號、○ばってん多摩川(12分01秒 アイダホ・ミネソタ・ミシシッピ・エルボー→体固め)大石真翔●、佐藤悠己
■UWA世界ミドル級選手権試合
[王者]○梶トマト(22分45秒 弓矢固め→ギブアップ)旭志織●[挑戦者]
※第50代王者が4度目の防衛に成功



◆SMASH ++++++++++++++++++++++

▼8・30 新宿FACE『SMASH.7』
■ワールドトライアウトマッチ
○AKIRA(7分58秒 ムササビプレス)ポール・トレイシー●

 ポールはプリンス・デヴィット推薦選手。
■シングルマッチ
●児玉ユースケ(7分27秒 ジャストフェースロック)TAKAみちのく○
■タッグマッチ
朱里、○リン・バイロン(11分36秒 ムーンサルトプレス)植松寿絵、中川ともか●

 カードに不満をもっていたリンはさっさと退場。その後、朱里がNEOの野崎渚を紹介。
そして華名が登場。マニフェストに対し異を表明していたJWP所属選手が現れ華名と一触即発。
■シングルマッチ
●Mentallo(17分30秒 クロイツラス)ケニー・オメガ○

 Mentalloはケニーの師匠でもあった。波動拳に対し昇竜拳も繰り出す。
■シングルマッチ
●KUSHIDA(13分20秒 パンプハンドルスラム→片エビ固め)ヘイモ・ユーコンセルカ○
■タッグマッチ
●TAJIRI、小路晃(9分17秒 パイルドライバー→体固め)スターバック○、大原はじめ

 FCF軍に加入した大原がスターバックとタッグで登場。
試合後、AKIRAがスターバックに一撃。次回大会での直接対決を要求。次回大会でタイトルマッチに。


◆ドラディション ++++++++++++++++++++++

▼8・3 新宿FACE『DREAM IMPACT 2010』
■ロブサンドルジデビュー戦
○倉島信行(7分20秒 腕ひしぎ十字固め)N・ロブサンドルジ●

 力士・旭天鵬の弟。
■6人タッグマッチ
ヒロ斉藤、○ベアー福田、沖本摩幸(17分39秒 体固め)南野タケシ、田島久丸、アミーゴ鈴木●
■シングルマッチ
○長井満也(16分10秒 陸牙→エビ固め)藤田峰雄●
■タッグマッチ
長州力、○初代タイガーマスク(10分13秒 後方回転足折り固め)藤波辰爾、ウルティモ・ドラゴン●



◆FREEDOMS ++++++++++++++++++++++

▼8・1 千葉BlueField『フリーダム!フリーダム!千葉』
■格闘技世界一決定戦
×大石真翔(3R1分55秒 小笠原先生の暴走→没収試合)小笠原和彦×
■タッグマッチ
○高岩竜一、火野裕士(20分40秒 デスバレーボム→片エビ固め)マンモス佐々木、矢野啓太●
■小鹿軍団遺恨清算マッチ
○GENTARO、YOSHIYA(16分9秒 エビ固め)バラモンシュウ、バラモンケイ●
■6人タッグマッチ
佐々木貴、○葛西純、ジ・ウインガー(18分56秒 パールハーバースプラッシュ→片エビ固め)マグニチュード岸和田、怨霊、アントーニオ本多●withグレート小鹿

 GENTAROが“完全に”正規軍離脱。

▼8・25 新木場1stリング『葛西純プロデュース興行 デスマッチトーナメント〜PAIN IN LIMIT 2010』
■トーナメント1回戦〜ストリートファイト有刺鉄線ボードデスマッチ
○GENTARO(18分44秒 ノーザンライトスープレックスホールド・オン・ザ・有刺鉄線ボード)神威●
■トーナメント1回戦〜スティール・オブ・ペインデスマッチ
○MAZADA(13分17秒 片エビ固め)佐々木貴●
■トーナメント1回戦〜エニウェアフォール・スクランブルバンクハウスデスマッチ
○稲松三郎(12分21秒 片エビ固め)ジ・ウインガー●

 前回覇者のウインガーが1回戦敗退。
■トーナメント1回戦〜ラダー&蛍光灯束デスマッチ
○葛西純(20分16秒 パールハーバースプラッシュ・オン・ザ・蛍光灯+ラダー)ザ・グレートサスケ●


▼8・26 新木場1stリング『葛西純プロデュース興行 デスマッチトーナメント〜PAIN IN LIMIT 2010』
■トーナメント準決勝〜剣山デスマッチ
○MASADA(13分30秒 スカルファッカーバスター・オン・ザ・チェア→片エビ固め)GENTARO●
■トーナメント準決勝〜画鋲デスマッチ
○葛西純(5分43秒 リバースタイガードライバー→片エビ固め)稲松三郎●
■トーナメント決勝戦〜ガラスボードデスマッチ
○MASADA(15分34秒 スカルファッカーバスター→片エビ固め)葛西純●
※MASADAが初優勝



◆天龍プロジェクト ++++++++++++++++++++++

▼8・25 新宿FACE『NEVER 50』
■シングルマッチ
○百田光雄(10分28秒 逆さ押さえ込み)折原昌夫●

 百田が61歳11カ月4日でリングに上がり、故ラッシャー木村さんの最年長出場記録を3カ月更新
NOAH・秋山準が登場し祝福。
■ミックストタッグマッチ
○井上京子、堀田祐美子(9分46秒 片エビ固め)澤宗紀、田島久丸●
■IJ選手権試合
[王者]○タイガーシャーク(14分10秒 シャーク・デス・バイ・ロック供烹硲稗劭錬烹鼻[挑戦者]
※第15代王者が3度目の防衛に成功
■天龍プロジェクト認定世界6人タッグ選手権試合
[王者]関本大介、後藤達俊、○天龍源一郎(14分26秒 ラリアット→片エビ固め)金村キンタロー、黒田哲広●、NOSAWA論外[挑戦者]
※初代王者が初防衛に成功

 金髪の天龍が登場。


◆メビウス ++++++++++++++++++++++

▼8・2 新宿FACE『・・W・・』
■シングルマッチ
○華名(14分14秒 アームロック)勇気彩●
■エル・メホール・デ・マスカラード選手権次期挑戦者決定トーナメント1回戦
○菊タロー(4分5秒 片エビ固め)ドクロマンズ2号●
○ヲロチ(9分0秒 マスク剥ぎ)ウルティモ・ドラゴン●
■IJ選手権試合
[王者]○タイガーシャーク(11分39秒 シャーク・デス・バイ・ロック供坊邯●[挑戦者]
※第15代王者が2度目の防衛に成功
■エル・メホール・デ・マスカラード選手権次期挑戦者決定トーナメント決勝戦
○菊タロー(12分43秒 シャイニング・菊ザード→片エビ固め)ヲロチ●
※菊タローが9・6新宿でエル・サムライに挑戦
■APEX OF TRIANGLE選手権試合
[王者]●折原昌夫、ディック東郷、ブオ・モチェロ(21分16秒 超高校級ラ・マヒストラル)NOSAWA論外○、黒田哲広、後藤達俊
※王者が2度目の防衛に失敗、第4代王者誕生



◆紅白プロレス合戦 ++++++++++++++++++++++

▼8・13 新木場1stリング『第13回紅白プロレス合戦』
■タッグマッチ
稲葉雅人、●西村賢吾(10分44秒 ニールキック→片エビ固め)石井慧介○、山田真弘
■タッグマッチ
○オオクワガタ小林、ジャッキー沼澤(10分55秒 ダイビング・バカチンガー・エルボードロップ→片エビ固め)大石真翔、CHANGO●
■スペシャルシングルマッチ
○葛西純(13分7秒 リバースタイガードライバー→体固め)アントーニオ本多●
■タッグマッチ
○藤田ミノル、政宗(17分53秒 サスケだましセグウェイ→片エビ固め)バナナ千賀●、マンゴー福田
■世界佐藤級選手権 佐藤家 vs 佐々木家全面対抗戦
[挑戦者]○佐々木大輔(15分5秒 ジャックナイフ式エビ固め)佐藤光留●[挑戦者]
※他参加選手はバラモンケイ(王者)、バラモンシュウ、佐々木貴、佐々木義人
※初代佐藤級王者が初防衛に失敗。佐々木大輔が初代佐々木級王者に認定
■6人タッグマッチ
[赤組]○TARU、ヘイト、稔(15分30秒 ラ・マヒストラル)大鷲透●、石川修司、ケニー・オメガ

 TARUが紅白プロレスを「黒赤プロレス」にしようとしていたところを、バラモン兄弟が男色ディーノをパートナーに迎撃に向かうことを宣言。
ヘイトがディーノに唇を奪われ失神。ディーノは稔をテーゲットに。


◆STYLE−E ++++++++++++++++++++++

▼8・21 西調布アリーナ『新木場目前!STYLE-E決起集会スペシャル』
■“玲央再デビュー戦〜絆が生んだ決意”
○ダイスケ(8分16秒 片エビ固め)玲央●
■これからが本番だぎゃ〜西調布VS名古屋・第2弾〜
○ヒデ久保田、ヤス久保田(9分6秒 片エビ固め)佐々木大輔、妻木洋夫●
■若き勇者達の下克上〜スタイルEフレッシュvs西調布MINORU組合
高尾蒼馬、○山田太郎、吉野達彦(15分56秒 片エビ固め)藤田MINORU、CHAN・MINORU●、アミーゴMINORU

試合後西調布MINORU組合は解散を宣言
■幻想!幻惑!現実!〜リングに潜む伊賀忍術〜
○スパーク青木、小部卓真(10分58秒 回転エビ固め)趙雲"骨"子龍●、猿飛恭介
■決起せよ!スタイルE!!〜新木場への挑戦状〜
○田村和宏、安部捨丸(18分02秒 タムラ〜ニャ現象パート3)柴田正人●、末吉利啓



◆WWE ++++++++++++++++++++++

▼8・20&21 両国国技館『WWE RAW presents サマースラムツアー2010』
▼20日
■SMACKDOWN vs RAW
○レイ・ミステリオ(13分22秒 片エビ固め)ザ・ミズ●
■タッグマッチ
ジョン・シーナ、ビッグショー(13分8秒 ダブルフォール)W・バレット、D・オタンガ●
■WWEタッグ選手権試合
[王者]DHスミス、○T・キッドwithナタリア(9分34秒 シャープシューター)マーク・ヘンリー、エヴァン・ボーン●[挑戦者]
※第6代王者が初防衛に成功
■WWEヘビー級選手権試合
[王者]●シェーマス(15分5秒 反則勝ち)ランディ・オートン○[挑戦者]
※規定により王座移動はなし
■シングルマッチ
○クリス・ジェリコ(25分0秒 ウォール・オブ・ジェリコ)ヨシ・タツ●

 ヨシ・タツが新日本07・11・20以来の日本凱旋。
クリス・ジェリコ自信がシングルマッチを望み実現したというカード。
敗れるも、会場中からの声援に感涙で応える。

▼21日
■WWEタッグ選手権試合
[王者]DHスミス、T・キッドwithナタリア(11分1秒 片エビ固め)ザ・ミズ、T・デビアス●withマリース[挑戦者]
※王者が防衛に成功
■SMACKDOWN vs RAW
○レイ・ミステリオ(14分0秒 ウラカン・ラナ)エヴァン・ボーン●
■シングルマッチ
○ランディ・オートン(9分26秒 片エビ固め)W・バレット●
■タッグマッチ
○ジョン・シーナ、ヨシ・タツ(23分36秒 アティテュード・アジャストメンt→片エビ固め)シェーマス、クリス・ジェリコ●



◆男子 自主興行、その他の情報 ++++++++++++++++++++++

▼8・10 新宿FACE『東京愚連隊自主興行 SUMMER WARS EPISODE III』
■新!新宿名勝負数え歌
●佐藤光留(14分52秒 みちのくドライバーII→片エビ固め)TAKAみちのく○
■浪口修再生
○田島久丸、南野たけし(14分57秒 ラリアット→片エビ固め)菅原拓也、浪口修●

 引退していた元ZERO1の浪口が復帰。
■鳥新星試練の一番勝負〜暗黒虎戦士編〜
○チキンボーイ(8分56秒 首固め)ブラックタイガー●
■真夏の歌舞伎町3WAYタッグマッチ
エル・サムライ、○「神風」(11分51秒 ムーンサルトプレス→片エビ固め)バラモンシュウ、バラモン・ケイ●
※もう1組はランジェリー武藤&チョーノ・サンシロー
■スペシャルタッグマッチ
○鈴木みのる、高山善廣(17分54秒 ゴッチ式パイルドライバー→体固め)金村キンタロー●、黒田哲広

 鈴木&盪海愚連隊興行撤退を宣言。が、次回大会にはブルーザ・ミノディ&タカン・ハンセンが参戦。
■東京愚連隊 vs ブードゥー・マーダーズ全面戦争
NOSAWA論外、FUJITA、●KIKUZAWA、マグニチュード東京(19分12秒 ラリアット→片エビ固め)MAZADA○、稔、ヘイト、歳三

 東京愚連隊を離脱しブードゥーマーダーズに加入したMAZADAとの決戦。


■プロレス初の電子書籍がリリース
 元週刊プロレス編集長の佐久間一彦氏が中心となって創刊。
8月26日リリースとなった第1弾は健介オフィスの「ドッカーン!マガジン」。以後、DRAGON GATE、SMASHの電子書籍と続いていく。

■ランス・ケイドが急死
 8月13日(現地時間)に自宅にて心不全で死去。享年30歳。
全日本・ブードゥー・マーダーズの一員として来日していたばかりでの訃報。

■山本小鉄さんが逝去
 8月28日午前6時42分に低酸素性脳症(ていさんそせいのうしょう)のため逝去。享年68歳。
“鬼軍曹”として知られ、星野勘太郎とのコンビ“ヤマハブラザーズ”として海外でも活躍。
現役引退後は新日本プロレス道場のコーチ、そして中継の解説としても活躍された。

■週刊プロレスカメラマン・石川一雄さんが逝去
 7月12日に他界されていたが生前のご本人からの「みんな忙しいから」という心配りのため、四十九日法要まではリリースが伏せられていた。
力道山時代からカメラマンとして活躍し昨今ではみちのくプロレスを中心に現役として現場に出続けて、その姿から「鉄人」と愛されていた。
享年75歳。



◆NEO ++++++++++++++++++++++

▼8・1 後楽園ホール『SUMMER STAMPEDE 2010』
■日米ストロングタッグバウト
○水波綾、ヘイリー・ヘイトレッド(9分55秒 ダイビングギロチンドロップ→片エビ固め)勇気彩、花月●
■岸和田ケンカ格闘家VS東京ヤンキー娘のタイマン対決
○川崎亜沙美(7分30秒 カカト落とし→片エビ固め)紫雷美央●

 先月の板橋大会で生まれた遺恨カード。
■サマー・デイドリーム・6ウイメンズ
○豊田真奈美、真琴、松本都(17分20秒 ジャパニーズオーシャンサイクロンスープレックスホールド)下田美馬、志田光●、藤本つかさ
■超技巧派3WAYマッチ2010
○宮崎有妃(10分28秒 二人まとめての外道クラッチ→ダブルフォール)植松寿絵●&さくらえみ●
■らあめん元&ラーメンきら星・スポンサードマッチ〜JWP認定無差別級選手権試合
[王者]○米山香織(15分20秒 米−ZOU)タニー・マウス●[挑戦者]
※第15代王者が初防衛に成功

 他団体選手との防衛戦ロード第一戦。
■野崎渚復帰戦
○朱里(5分25秒 腕固め)野崎渚●

 肩の脱臼のため長期欠場していた野崎の復帰戦。
蹴りやスリーパーを用いるファイトスタイルにガラッと変えて周囲を驚かせる。
試合後、マスコミ席で見ていたTAJIRIに師事。年の近い朱里とも公私共に名パートナーに。
■NEO認定タッグ選手権試合
[王者]田村欣子、○栗原あゆみ(22分39秒 変形裏投げ→体固め)華名、紫雷イオ●
※第12代王者が4度目の防衛に成功

 栗原が試合開始直後の場外へのプランチャで右膝を負傷。
まともに戦えないような圧倒的不利な状況に置かれながらも田村の好アシストもあり防衛。
試合後、栗原が最高防衛記録を出した際には田村に挑戦するとマイク。

▼8・7 板橋区立グリーンホール『BURNING NEO SPRIT IN SUMMER』
■シングルマッチ
○輝優優(11分17秒 ダイビング・ニードロップ→片エビ固め)花月●
■シングルマッチ
○広田さくら(13分59秒 ギブアップ)DJニラ●
■タッグマッチ
○松本浩代、大畠美咲(12分54秒 ダイビング・セントーン→片エビ固め)ヘイリー・ヘイトレッド、森居知子●
■タッグマッチ
○タニー・マウス、宮崎有妃(14分30秒 NEOマッスルスパーク)勇気彩、下野佐和子●
■シングルマッチ
○高橋奈苗(7分41秒、レフリーストップ)野崎渚●

 野崎が試合中に右肩を脱臼
■NWA認定女子パシフィック&NEO認定シングル選手権
[王者]○田村欣子(20分00秒 マウントクック→片エビ固め)水波綾●[挑戦者]
※第22代王者が5度目の防衛に成功

 前哨戦では勢いを見せていた水波だが、この日はその勢いがみられず。
田村「本当に私を潰しにかかってくれる選手がいない現状が悲しい」

▼8・29 東京キネマ倶楽部『熱帯夜2010』
■シングルマッチ
○倉垣翼(13分44秒 体固め)勇気彩●
■6人タッグマッチ
○紫雷イオ、紫雷美央、華名(16分6秒 体固め)川崎亜沙美、志田光●、野崎渚
■NEO認定タッグ選手権試合
[王者]○田村欣子、栗原あゆみ(23分11秒 片エビ固め)タニー・マウス、宮崎有妃●[挑戦者]
※第12代王者が5度目の防衛に成功

 タッグ王座連続防衛記録樹立
約束通りに栗原が試合後に田村に挑戦表明。
次期無差別級挑戦者は栗原に。


◆アイスリボン ++++++++++++++++++++++

▼8・7 板橋区立グリーンホール『アイスリボン板橋大会』
■シングルマッチ
○夏樹☆たいよう(9分32秒 逆エビ固め)帯広さやか●
■6人タッグイリミネーションマッチ 20分間
○みなみ飛香、りほ、つくし(1−0)さくらえみ、星ハム子、藤本つかさ●
1:○つくし(7分35秒 ジャックナイフ固め)星●
2:●りほ(9分50秒 エビ固め)藤本○
3:○つくし(11分54秒 タイガースープレックスホールド)藤本●
4:●つくし(13分10秒 エビ固め)さくら○
5:○みなみ(14分8秒 オーバーザトップロープ)さくら●
■インターナショナルリボンタッグ選手権
【王者】葛西純、●松本都(11分2秒 横入り式十字固め)木高イサミ、都宮ちい○[挑戦者]
※王者が2度目の防衛に失敗。第11代新王者誕生

 都宮とイサミで「マッドドッグス」
■タッグマッチ
○水波綾、花月(15分18秒 片エビ固め)真琴、志田光●

 仙女との対抗戦は仙女が完勝。試合後、仙女勢が痛烈なコメントをぶつける。
■シングルマッチ
○高橋奈苗(18分39秒 ラリアット→片エビ固め)しもうま和美●

 しもうま和美が12月での引退を発表
さくらが9月の後楽園ホール大会にて里村とのシングルを希望。
あわせて、里村以外の仙女選手との対抗戦も発表。

▼8・14 アイスリボン道場『アイスリボン 209』
■シングルマッチ
○高橋奈苗(6分34秒 ハイキック→レフェリーストップ)市井舞●

 シュートボクシング参戦を控えている高橋が格闘家では先輩の市井と対戦。
■タッグマッチ
みなみ飛香、夏樹☆たいよう、●真琴(17分51秒 ツカドーラ)志田光、藤本つかさ○、帯広さやか

 マッスル帯ーナスの好調が続く。

▼8・15 『アイスリボン 210』
■シングルマッチ
△さくらえみ(10分時間切れ引き分け)帯広さやか△
■スクエアリボン
○しもうま和美(6分43秒 女の執念)志田光●
○しもうま和美(10分30秒 女の執念)真琴●、藤本つかさ●、
※しもうま和美、一人残りで勝利

 仙女との対抗戦で名乗りを上げた4人による生き残り戦。
しもうまが3タテ。

▼8・18 『アイスリボン 211』
■シングルマッチ
○木高イサミ(9分5秒 チキンウイングアームロック)市井舞●
■タッグマッチ
米山香織、●帯広さやか(15分57秒 ラ・マヒストラル)さくらえみ○、真琴



◆19時女子プロレス ++++++++++++++++++++++

▼8・27 アイスリボン道場『19時女子プロレス・34』
■タッグマッチ
米山香織、●帯広さやか(9分57秒 逆エビ固めを切り替えしてのエビ固め)さくらえみ○、真琴
■ICE×60選手権試合
[王者]●みなみ飛香(8分21秒 掌底→片エビ固め)コマンドボリショイ○[挑戦者]
※第10代新王者誕生

 19時女子初のタイトルマッチは王者が防衛失敗。
予想以上の挑戦者の圧勝にみなみは涙をこらえきれず。
ボリショイはみなみを防衛戦の相手に指名。アイスリボン9・23後楽園ホール大会にて防衛戦決定。


◆JWP ++++++++++++++++++++++

▼8・7 八王子学園都市センター『レボリューション』
■夏女決定タッグトーナメント1回戦
○倉垣翼、ダイナマイト関西(13分17秒 メタルウイング→片エビ固め)佐藤綾子、小林華子●
○阿部幸江、アジャ・コング(9分53秒 片エビ固め)植松寿絵、KAZUKI●


▼8・15 大阪・アゼリア大正『レボリューション in 大阪〜プラム麻里子メモリアル〜』
■夏女決定タッグトーナメント準決勝
○Leon、花月(13分10秒 キャプチュードバスター→片エビ固め)阿部幸江●、アジャ・コング
米山香織、○コマンドボリショイ(12分13秒 ウラカン・ラナ)倉垣翼●、ダイナマイト・関西
■故プラム麻里子さんメモリアルスペシャル6人タッグマッチ
○春山香代子、尾崎魔弓、輝優優(14分18秒 ダイビングギロチンドロップ→片エビ固め)蹴射斗、KAZUKI●、カルロス天野
■夏女決定タッグトーナメント決勝戦 時間無制限1本勝負
○米山香織、コマンドボリショイ(13分26秒 ダイビング延髄ニードロップ→片エビ固め)Leon、花月●
※米山組が初優勝

 米山がマニフェストを発表。「次の無差別級挑戦者はさくらえみ」
超満員を約束…も、その後の動きはさくらの決意もあり想像以上に過酷な方向へ…。

▼8・29 東京キネマ倶楽部『レボリューション』
■タッグマッチ
○春山香代子、川崎亜沙美(12分18秒 片エビ固め)倉垣翼、蹴射斗●
■シングルマッチ
○KAZUKI(11分23秒 エビ固め)小林華子●

 本来ならばKAZUKIと阿部幸江のシングルだったが阿部の負傷でカード変更。
■タッグマッチ
○さくらえみ、みなみ飛香(13分24秒 ラ・マヒストラル)米山香織、コマンド・ボリショイ●

 JWP無差別級とICE×60王座のダブル前哨戦。
さくらが「米山革命が盛り上がっていないので自分がベルトを獲って他団体同士でタイトルマッチをやりたいと思った」と自ら動いていくことを宣言。


◆OZアカデミー ++++++++++++++++++++++

▼8・1 新宿FACE『X.X.X.』
■シングルマッチ
○輝優優(2分33秒 脇固め)小松奈央●
■タッグマッチ
○ダイナマイト関西、カルロス天野(17分52秒 スプラッシュマウンテン→エビ固め)AKINO、中川ともか●
■シングルマッチ
○豊田真奈美(13分26秒 ジャパニーズオーシャンクインビーボム→体固め)植松寿絵●
■タッグマッチ
アジャ・コング、○KAORU(11分30秒 ムーンサルトプレス)井上貴子、悲恋●

 尾崎がKAORUに「追放にふさわしいルールを用意する」と宣言。
■OZアカデミー認定タッグ選手権次期挑戦者決定戦
永島千佳世、○加藤園子(21分10秒 クーロンズゲート→片エビ固め)尾崎魔弓、桜花由美●
※永島&加藤が次期挑戦者に

 永島&加藤は22日後楽園ホール大会でベルトが取れなければコンビ解消をすると宣言。

▼8・15 大阪・アゼリア大正『プラムの花咲くOZの国2010』
■シングルマッチ
○井上貴子(7分33秒 オーロラスペシャル→体固め)小松奈央●
■タッグマッチ
桜花由美、●悲恋(14分31秒 ダイビングセントーン→片エビ固め)アジャコング、松本浩代○
■6人タッグマッチ
○永島千佳世、加藤園子、栗原あゆみ(21分4秒 裏四の字固め)輝優優、AKINO、中川ともか●
■シングルマッチ
○KAORU(12分58秒 ウラカンラナ→エビ固め)豊田真奈美●
■プラムの花咲くOZの国2010〜大阪メモリアルタッグマッチ〜
ダイナマイト関西、●カルロス天野(12分19秒 オザキック→片エビ固め)尾崎魔弓○、コマンドボリショイ


▼8・22 後楽園ホール『プラムの花咲くOZの国2010』
■来年8・21での横浜文化体育館大会が決定
■タッグマッチ
○中川ともか、松本浩代(9分49秒 唸れ剛腕→片エビ固め)DASHチサコ、仙台幸子●
■シングルマッチ
○栗原あゆみ(8分28秒 裏投げ)井上貴子●
■シングルマッチ
○ダイナマイト関西(7分40秒 スプラッシュマウンテン)桜花由美●
■タッグマッチ
○アジャ・コング、田村欣子(13分56秒 裏拳→片エビ固め)カルロス天野、豊田真奈美●
■OZアカデミー認定タッグ選手権
[王者]●AKINO、輝優優(22分39秒 片エビ固め)永島千佳世○、加藤園子[挑戦者]
※王者が初防衛に失敗、第11代新王者誕生
■THE WIZARD OF OZ〜OZアカデミー認定無差別級選手権試合〜ザ・ドレスアップワイルドファイト〜LAST WOMAN STANDING MATCH(時間無制限変則ルール)
[王者]○KAORU(26分21秒 蛍光灯殴打→KO勝ち)尾崎魔弓●[挑戦者]
※第8代王者が初防衛に成功

 ロープエスケープ、場外カウント無し、凶器の使用&セコンド介入可能、ギブアップをしても試合は続行。
3カウント後の10カウントで立ち上がれなかった場合に敗北となる。
更に「KAORUが負ければOZ追放、尾崎が負ければ尾崎軍追放」という条件の元におこなわれたタイトルマッチ。
両軍のセコンドもまきこんだ壮絶なハードコアマッチのすえ、KAORUが防衛に成功。
尾崎が追放となるも、尾崎は「勝手に決めてんじゃねー」と今後も上がっている。


◆WAVE ++++++++++++++++++++++

▼8・10 新木場1stリング『夏フェスタ'10〜Fire〜』
■Catch the WAVE ビジュアルテクニカルブロック・リーグ公式戦
△植松寿絵[4点](10分37秒 両者リングアウト)紫雷美央[2点]
※植松とGAMIが同点となり3位決定戦へ
■Catch the WAVE ライバルブロック・リーグ公式戦
○栗原あゆみ[6点](11分58秒 裏投げ→体固め)春日萌花●[1点]
※栗原がライバルブロック優勝
■Catch the WAVE ヤングブロック優勝決定戦〜3WAY〜
○水波綾 vs 紫雷イオ vs 大畠美咲
※水波がヤングブロック優勝
■Catch the WAVE ビジュアルテクニカルブロック3位決定戦
○GAMI(1分22秒 パー)植松寿絵●
※3位決定戦は最初はグーで始まるじゃんけん勝負
■Catch the WAVE ビジュアルテクニカルブロック優勝決定戦
○桜花由美(8分24秒 タイガー・スープレックス・ホールド)華名●
※桜花がビジュアルテクニカルブロック優勝
■各ブロック2位3位の6人による負け抜け勝ち残りサバイバルWAVE(オーバー・ザ・トップロープ採用)
○GAMI(8分15秒 オーバー・ザ・トップロープ)華名●
※GAMIが敗者復活


▼8・11 新木場1stリング『夏フェスタ'10〜Water〜』
■Catch the WAVE 2010〜波女優勝決定トーナメント準決勝
○栗原あゆみ[ライバルブロック優勝者](5分4秒 エビ固め)水波綾[ヤングブロック優勝者]
※栗原が決勝進出
○GAMI[敗者復活戦優勝者](9分53秒 ドラゴン・スープレックス・ホールド)桜花由美[ビジュアルテクニカルブロック優勝者)]●
※GAMIが決勝進出
■コミカルサバイバルWAVE〜植松寿絵監修コスチュームチェンジバトルロイヤル
○植松寿絵(17分17秒 外道クラッチ)チェリー●
【退場順】春日萌花、広田さくら、華名、紫雷美央&紫雷イオ、大畠美咲
■Catch the WAVE 2010〜波女優勝決定トーナメント決勝戦
○GAMI(16分29秒 アディオスアミーガ→片エビ固め)栗原あゆみ●
※GAMIが優勝。“波女”の称号および100万円獲得


▼8・29 新宿FACE『WAVE旗揚げ3周年大会〜Sail a way 4〜』
■アイドルWAVE
○春日萌花、チェリー(12分47秒 CHAKA×2)下野佐和子●、勇気彩
■エキシビションWAVE
△麗香、△葉千子(0−0)植松寿絵△、輝優優△
■ヤングWAVE〜紫雷姉妹メキシコ壮行試合〜
○大畠美咲、水波綾(11分14秒 花マルどっかん→片エビ固め)紫雷美央、紫雷イオ●
■レボルシオンWAVE〜木村響子復帰戦
○中川ともか(9分47秒 唸れ剛腕→片エビ固め)木村響子●

 無期限休業にはいっていた木村が復帰。
相手はアマンドラの盟友・中川。
■禁断のコミカルWAVE
○華名(14分59秒 ロシアンフック→体固め)広田さくら●

 広田のコスプレは高橋奈苗
昨年大晦日のNEOのバックステージを再現。
■レザクションWAVE
○里村明衣子(14分39秒 胴締めスリーパー→レフェリーストップ)桜花由美●
■チャレンジWAVE
○アジャ・コング(22分13秒 裏拳→体固め)GAMI●



◆伊藤道場 ++++++++++++++++++++++

▼8・8 新宿FACE『伊藤道場〜心〜第二十章』
■伊藤道場五周年記念試合〜前へ、そして未来へ〜
伊藤薫、○森居知子(20分56秒 片エビ固め)佐藤綾子●、小林華子


■12月26日に伊藤道場が解散を発表


◆女子プロレス 自主興行、その他の情報 ++++++++++++++++++++++

▼8・22 新木場1stリング『トリプルテイルズ自主興行 けもの祭り』
■タッグマッチ
○ヘイリー・ヘイトレット、羽沙羅(10分42秒 リストクラッチ式バックドロップ→片エビ固め)アップルみゆき●、勇気彩
■シングルマッチ
▲政宗(12分9秒 両者リングアウト)怨霊▲
■イケメン3WAY
●円華[未央選抜イケメン](9分52秒 サムソンクラッチ)黒田哲広[華名選抜イケメン]○
※もう一人はウルトラマンロビン[イオ選抜イケメン]
■恥ずかし固め VS セックスボンバー
○宮崎有妃(恥ずかし固め→レフェリーストップ)忍●
■6人タッグマッチ3本勝負
華名、紫雷美央、紫雷イオ(1−2)NOZAWA論外、FUJITA、KIKUZAWA(東京愚連隊)
1:○華名(14分55秒 スクールボーイ)KIKUZAWA●
2:○KIKUZAWA(26分13秒 ラストライド式ジャンピングパワーボム→)紫雷イオ●
3:○FUJITA(32分33秒 片エビ固め)紫雷美央●

 9月より紫雷姉妹がメキシコAAAに無期限遠征に行くことを発表。

===============

では、9月編で。
ご観覧ありがとうございました。

★エルボードロップ風にポチッとお願いいたします。
人気ブログランキングへ
JUGEMテーマ:プロレス


| からし | 2010 プロレス界まとめ | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
2010/12/02 8:21 AM posted by: セクシーターザン
最新スレに失礼します…

Gammaサマの言ってたあのお方って、札幌に現れるって言ってたしもしや…みちのく絡みならサスケ?岩手と近いですし…

意表を衝いて二年振りにGamma大王様が御降臨遊ばされるとか?(笑)
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。