無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
【NOAH】GHCの名のもとに。届け、ジョーさんへ! 12・5日本武道館
 今日は年内最後の武道館大会。
ジョー樋口さんへの追悼大会です。

G+では生中継がありましたので視聴。

丸藤さんの復帰戦にして、至高のカードである丸藤vsKENTA。
そして3大タイトルマッチと、今回も物凄い内容でした。

▼12・5 日本武道館『ジョー樋口追悼興行 Winter Navig.2010最終戦』
■タッグマッチ
田上明、●志賀賢太郎( ジャーマンスープレックスホールド)谷口周平○、石森太二


 社長と志賀さん。並ぶと∨シネマに出てきそうな感じ(汗)
まずは試合前にジョーさんへの10カウントゴング。アニキはジョーさんにむけてのポーズも。

■シングルマッチ
○青木篤志( アサルトポイント)デリリアス● 


 奇妙奇天烈デリリアス。
青木選手への紙テープを拾っては口に入れて食べるという奇行をいきなりw
そんなデリリアスにすかさず場外へ一旦エスケープする青木選手。
しかし青木選手も負けじとシャウトで対抗したりと、土俵につきあっていこうとするも、やはりデリリアスは一筋縄ではいかず。

見ごたえあるデリリアス。
見ごたえばっちりデリシャス・デリリアス。
本当に好きだなぁ〜w
一見さんの目にもしっかり引っかかる選手なんじゃないかと思います。

最後はスパイラルポセイドンからアサルトポイントで勝利。握手で両者がたたえ合う素晴らしい場面も。
青木選手はココでとまるわけにはいかない。

■6人タッグマッチ
○佐々木健介、中嶋勝彦、宮原健斗(13分19秒 ノーザンライトボム)齋藤彰俊、井上雅央●、リッキー・マルビン


 雅央さんはジョーさん追悼Tシャツで登場。
やはりこの日も雅央さんは揺ぎ無くw
自分からだけでなく、健介オフィス勢も積極的に参加。
ロープワークを強制的にさせられる様はまるで公開特訓のようw
健介さんとのマッチアップは仲間もタッチを拒否し雅央さんがやる気を出さざるおえない感じにw

雅央さんがひっこめば(笑)ぶつかり合いの展開に。
でも出てくれば、再び雅央ワールドw
健介さんも見事に入り込んでいたんだよなぁw

最後はノーザンライトで3カウント。
雅央さんを軸に非常に楽しい試合に。
健介オフィスの3人はジョーさんの献花台の元へ行き一礼して退場。

■タッグマッチ
●潮崎豪、小川良成( 反則)モハメドヨネ○、平柳玄藩


 潮崎がいきなりヨネを強襲して試合開始。
ヨネも悲しみのラリアットの屈辱をこの日でも晴らすべく玄藩とともに2対1の状況をつくる。
右肩にテーピングをほどこしている潮崎。
もちろん、そこを中心にいたぶられる展開。

玄藩がハサミを取り出し髪を切るという暴挙!!
これにキレた潮崎。
ヨネだけでなく、小川にもチョップで排除。
レフェリーも突き飛ばし反則裁定。

■丸藤正道復帰戦
●丸藤正道( go 2 sleep→片エビ固め)KENTA○


 ついに丸藤が復帰!!!昨年の12月に続き、今年も復帰戦。
ライバルと11度目のシングルマッチ。
シルバー&ブラックのコスで登場。

ゴングから全力疾走の牽制。
そこからKENTAが首攻めからペースを握る。

丸藤さん、苦しい状況も閃きが光るカウンターからペースを少しづつかえていく。
4年前にノドを痛打したケブラーダも発射!!!
不知火も決めるも、KENTAも負けず嫌いが発動。
逆さ吊りにしてのドロップキックから雪崩式のタイガースープレックス!!!
これにはさすがにヒヤリとするもすぐさま立ち上がってのキック。
丸藤さん、どこまで受けるんじゃ…。

トラースキックはカウント2。
タイガーフロージョンをgo 2 sleep、をさらに丸藤さんが切り替えし、さらにKENTAが卍固め。濃い!
さらに背中へのダイビングフットスタンプ。さらにタイガーはカウント2。

KENTAラッシュからラリアット。何往復も走ってのジャンピングニー、そして側頭部を蹴り倒すと丸藤も咆哮をあげて立ち上がる。
これに再び燃え上がったKENTAがランディー・オートンのパントから、go 2 sleepでカウント3!!

相変わらず素晴らしい…。
KENTA選手は何か一声かけて退場しようとするも、青木選手が呼び止めなにやらKENTA選手と話し合う。
これに青木選手は丸藤さんに声をかけ、丸藤さんと握手!!

青木「KENTA、おれ、後楽園で負けて明日にでもやりたいんだよ。タイトルマッチ。あんたやらないんだったら、丸藤さんと取り返す。だから、その時ちゃんと考えろよ」

おそらく、KENTA選手は来年当たりからGHCジュニアタッグの奪還を考えたいたのか。
だが青木選手は違った。
明日にでも取り返したい。
一日でも早く。
結果的には元鞘に戻ったのかもしれない。
しかし、そうしてまで動きたい気持ちは大事。
KENTA選手の気持ちもあるでしょうが、ここは青木選手の気持ちを汲んであげたい感じも。
青木選手はもっともっと前に進んでいかなきゃダメなんだ。

■GHCヘビー級次期挑戦者決定戦
●吉江豊( ラリアット→エビ固め)バイソン・スミス○


 身長のバイソン、厚みの吉江。
バイソンは重さで腰にダメージか。
コーナーに登ったバイソンを裏拳で迎撃。かなり危ない角度で場外へ落下していったバイソン選手。
少し心配でしたが、カウント20前に帰還。
その後も吉江選手が優勢に。
しかしバイソン先生には頼れる握力が。
アイアンクロースラムをコーナーから決め体力回復を図る。
ダイビングショルダータックルからボディスラムで投げると、カウンターのラリアット!
バイソンテニエルは逆にショルダートスで投げられ、コーナーに登った吉江をパワーボムで落とし、再び私大迫力のラリアットでカウント3!
次期挑戦者はバイソン!!
吉江選手は今回もチャンスと結果が指の隙間から…

■GHCジュニアヘビー級選手権試合
[王者]●金丸義信( タイガードライバー)鈴木鼓太郎○[挑戦者]
※王者が7度目の防衛に失敗。第20代新王者誕生 


 ここから3大GHC選手権開幕。
その前にジョー樋口さんへの追悼VTRが。
さぁ、ジョーさんに安心してもらおうぜ!!!
まずはジュニアだ!

レフェリーは和田京平さん!!!

ゴング後から大ラッシュ!
垂直落下式ブレーンバスター、ディープインパクトで首を集中的に!
ギリギリカウント2.9でキックアウト。
いきなりハラハラ!!
王者がそこから怒涛の攻撃。
花道から場外への断崖式の攻撃も。

鼓太郎も一手一手返していくが、自分のジャーマンで首がきつい。
ブルーディスティニーはカウント2。
タイガースープレックスはビーチブレイクのような形でカウンターをうけることに。
雪崩式ブレーンバスター、ラリアット、さらに垂直落下式!カウント2!
追い打ちのタッチアウトへむかうこの金丸ラッシュを回避すると、ツームストンからブルーディスティニー!!カウント2!
会場は一気に鼓太郎コール!
しかし王者も一筋縄ではいかない。
丸め込み合戦は京平さんも大変。

鼓太郎の1,2エルボーからローリングエルボーはカウント2。
そして高い高いタイガードライバーでカウント3!!
タメもバッチリ!!鼓太郎選手がGHC Jr新王者に!
見事なタイガードライバーでした!!!

最初から飛ばしっぱなしの一戦、強烈なラッシュを耐えぬいての素晴らしい結果。
このベルト姿、ジョーさんに、三沢さんに届けー!

■GHCタッグ選手権
[王者]○盪柿益◆∈缶邱真( エベレストジャーマンスープレックスホールド)クリス・ヒーロー、クラウディオ・カスタニョーリ●[挑戦者]
※第21第王者が2度目の防衛に成功 


 驚異の「196センチ」挑戦者組は新テーマ曲。
ボディチェック時にいきなり強襲。合体技で佐野さんを捉える!
序盤から徹底的に排除される盪海気鵝ここまで苦しい表情の帝王はなかなか見られなかったかもしれない。
しまいには鉄柱越えの宙返りプランチャ!!!
この瞬間、ツイッター上では「ヒーローすげぇ!」の文字が一気にならんだ!

帝王がようやくリングに入ると一気に反撃!吠える一場面も。気合満点!
しかし、カスタニョーリが豪快に投げるとフロントキックの応酬からリード。
雪崩式ブレーンバスターで帝王が投げられるとすかさずヒーローがムーンサルトで追撃!!
佐野があわててフォローにまわり、ソバットとニーリフトのコンビネーションからダイビングフットスタンプ!
しかし、すかさずヒーローのエルボーで佐野さん、排除!
エベレストを二人がかりで阻止すると、コンビネーションからカスタニョーリのリコラボム!!!これは佐野がカット!
しかし、追撃をカウンターのニーで迎撃されると帝王が逆襲の狼煙。
ニーパッドを外しての膝はカウント2。
帝王がカスタニョーリをフルネルソンスープレックスで投げ捨てると、エベレストジャーマンスープレックスホールドでカウント3!
2度目の防衛に成功!!

王者の方から挑戦者に握手を求め、熱いハグ。
高山さんの爽やかな表情が印象的。さすがにここまでの内容を魅せつけられては認めざるおえない。
勝負には負けたが、内容では圧勝だったといってもいいかも。
KOWタッグ、本当に素晴らしい。
強大な体格、そして内容共にもっともっと見ていたいタッグです!!

■GHCヘビー級選手権試合
[王者]○杉浦貴( オリンピック予選スラム→片エビ固め)森嶋猛●[挑戦者]
※第16代王者が7度目の防衛に成功 


 2010年最終シリーズ最後のメインイベント。さぁ、武道館を揺らせ!!
王者は時間をたっぷり使っての入場。
ガウンも何もなしにベルトとコスだけで歩いて来る杉さん、素敵。

ゴング後すぐに森嶋がラリアットで一閃!!危ういカウント2!
花道でもラリアット。

マットを剥がしたところでカウンターのフランケンシュタイナーでカウンターも、首を回すのが遅かったか、マイク越しでも凄い衝撃音が!!
杉浦さんがしばらく立ち上がれない…。
首のあたりを抑えている・・・その後の森嶋さんの追撃もなんとか投げ返し窮地は脱したが…
ハラハラが続く…。

さらに森嶋選手のパワーボムがすり抜けるような形で頭から落下。
杉浦さんが危ない…。

強烈なラリアットからバックドロップ!!!!これできまったかと思いきやカウント2!!
するとコーナーに登り、ムーンサルト!!
これは王者が寸前でかわして間一髪!!

コーナー下で座る森嶋に王者がエルボーでラッシュ。さらに走りこんでのニー。さらにオリンピック予選スラム!
も森嶋が立ち上がりラッシュからのラリアット!!!さらにジャーマンスープレックスホールドはカウント2!!
どこまでいく、この一戦!!!

杉浦が膝から張り手のラッシュラッシュ!!!さらに膝、膝、膝の3連弾!!!
さらにオリンピック予選スラム!!しかしカウント2!!
強烈な追い打ちの後頭部への蹴りも、カウント2!
さらにオリンピック予選スラムでカウント3!!!!!
ようやく決着!!

凄さ、そして怖さ…。
両方を見せられた闘い。命をかけた闘い…。
GHCとは、NOAHのタイトルマッチとは、杉浦政権とはここまで過酷なものなのか。
そんな想いを集約したような内容にただただ絶句…。
ものすごく過酷な内容でした。

杉浦「今日はね、この武道館でみんなと会えて嬉しい。最高です。ありがとう。レスラー冥利につきます。ありがとう。
今、このリングにオレがいます。森嶋さん、潮崎、丸藤、KENTA、金丸、今のNOAHを見てください!!
森嶋さんにはありがとう。挑戦者決まんなくて2転3転して、復帰あけて体調が悪くても組織のために名乗りをあげてくれて感謝してます。
防衛回数が三沢さんと並んだ?
嬉しいですけど前向かなきゃ。…うれしいよ!偉大な先輩に並べて!!

ジョーさん、見守っててくれると思ってましたんで、見てくれてて恥ずかしくない試合だったと思います。ずっと見守っててくれると思うんで。

本当にみんなに会えてうれしいです。今年あと3大会ですか?またみんなと逢えたら最高です。そしてまた来年、みんなと逢えたら最高です。
来年、NOAHにとってもみんなにとっても素晴らしい年であることを祈ってます。ありがとう!!」


 正直、3カウントが入った瞬間、終わってくれてホッとしました。
杉浦さん、森嶋さん共に、試合後が心配…。
心配…心配だけど、杉浦さんの言葉には逆に感謝したくなる。
ここまでやらなくてもいい。
でも、いつも凄いファイトをありがとう。検査や体調管理だけはほん…っとうにしっかりやってださい。
私も杉さんの言葉には今後も全力で応えていきたいから。

 お客さんの送り出しはジョーさんの愛した曲が流れ、追悼大会は幕。
ジョーさん、NOAHは、GHCは本当に凄いです。
これからも天国でGHCの威厳を、NOAHを見守っていてください。

メインはちょっとヒヤリとしましたが、大会を通して素晴らしい大会でした!!
以上、終わり!
お疲れ様でした!


★エルボードロップ風にポチッとお願いいたします。
人気ブログランキングへ
JUGEMテーマ:プロレス


| からし | NOAH | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。