無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
【ZERO1】新NWAレフェリーはまさかのアノ人!?「ジョン・ウー!!」
  今日のZERO1後楽園ホール大会、何やら気になる気になる動きが動きが!(某・双子のキャンプ場兄弟風)

++++++++++++++++++++++
▼2・17 後楽園ホール『GO FOR THE BIRTH』

■相方&相棒合体記念
日高郁人、○藤田ミノル、澤宗紀(18分3秒 サスケだましセグウェイ→片エビ固め)菅原拓也●、松井大二郎、ダイアモンド・コネリー


 ダイアモンド・コネリー選手はニック・プリモ選手と同様の合宿所生活中の若き財産。
主役はタイトル通りに相方&相棒タッグだけど、なにげに松井大二郎選手が混じってるってすごいっすね。
なんでもZERO1には足りないという「殺伐とした空気」を足しに来たのだとか。
どなたでもいいです。両国が近いですので、何としても盛り上げていただきますようお願いします!!

 ビックリしたのは試合後。
まずは日高選手が両国で闘う伊藤崇文選手を呼びこみ、インタージュニア戦を承諾。
そして藤田ミノル選手。
菅原選手にむかって、NWAライトタッグ戦を要求。
自身のパートナーは藤田峰雄!!

藤田ミノル「峰雄君はオレの従兄弟なんだよ」

嘘ぉ!?w親戚タッグですかw
この要求に菅原選手は拒否の姿勢、と。まぁ、わかる気がしますw

すると藤田ミノル選手が呼び込んだのはウルティモ・ドラゴン校長・・・・

かと思いきや、マスクを脱ぐとなんと SUWAさん だったとのこと!!!???

SUWAさん「菅原、さんざん飯食わせてやったってのによ」

なぜSUWAさんが!?
と思いきや、なんと『3人目のNWA公認レフェリー』なんだそう!
しっかりとNWA公認のTシャツも着ていらっしゃったようで、なんとも驚き!!
ジョー樋口さん亡き後に、SUWAさんが公認レフェリーになってたってこと!?
NOAHでのジョーさんとSUWAさんとの顔合わせの時のことを思い出すと、なんかスゲェw

そんなこんなでSUWAレフェリーが3・6両国大会でのNWA世界ライトウエイトタッグ選手権、菅原拓也&ハブ男 vs 藤田峰雄、藤田ミノル戦が決定!!!

マジかよww
怒らせたら怖いレフェリーが、またここに誕生(汗)
試合を校正するジョン・ウー、くるか!?

SUWAさんがプロレスの表舞台に出るのって随分と久しぶりですねぇ。
ご自身の店の興行『鮑開店1周年イベント』以来でしょうか?
http://kimagure-guda.jugem.jp/?eid=1511


■柿沼健太嵐の七番勝負再開戦!
○崔領二(11分21秒 那智の滝→片エビ固め)柿沼謙太●[0勝1敗]

 昨年、10番勝負の第一戦で骨折してしまい欠場を続けていたカッキーの復帰戦。
162日ぶりの復帰戦だそう。
そうか・・・そんな日数が経ってたんですねぇ。
ここから再び頑張って!!

■あいのり・ゴリラー凱旋記念試合
○藤田峰雄、ニック・プリモ(16分0秒 スワントーンボム→体固め)不動力也、横山佳和●

 横山選手が「あいのり2」に出演されているからこんなタイトルが付いてるんですねw
------------
■『あいのり2』HP
------------
ぶっちゃけ、全然知りませんでしたw
「あいのり1」自体も全然見たことないので(汗)
地上波ではなく、CSやPCの動画配信サイトでUPされていたんですね。

ニック・プリモ選手はZERO1の合宿所で修行中の若手さん。
父親がジ・アーチスト(プリンス・イヤウケア)というプロレスラーだったそう。
二世なんですね。



■タッグマッチ
佐藤耕平、●植田使徒(13分49秒 サモアンプレス→体固め)ズッファ○、ブッファ[ニューサモアンズ]

 ズッファとブッファ。
どうもラテン系のノリノリな選手のよう。ラジカセを担いで登場とか。
OH!YEAH!!メーン!!(精一杯のなりきり)

■スペシャルシングルマッチ
○田中将斗(17分11秒 スライディングD→片エビ固め)フジタ“Jr”ハヤト●

 またまたハヤト選手、会場を沸かせる大熱狂ファイトを展開したそう。
大物食いはまたまたならなかったものの、残すものは凄く大きいですねー。

田中「クソガキクソガキ言っとったけど、あんだけ気にせず顔面打って、危なかったよ。今もボーッとしとるし。頭ガンガンするね。オッサンの意地やで。
確かに凄いね。あれで本当に体重が乗ってきたら恐ろしいよ。キック一発でKOされるかもしれん。あいつスゲーよ。いつでもやらしてくれ。こっちも気分が若返る」

大 絶 賛 !

■ダブルメインイベント#1 世界ヘビー級選手権試合
[王者]○関本大介(21分19秒 ジャーマンスープレックスホールド)KAMIKAZE●[挑戦者]
※第9代王者が4度目の防衛に成功

 KAMIKAZEさん、またもビッグタイトルを前に散る・・・!
関本さんの強さ・・・今年も他団体でも十分に爆発中・・・。
昨年のインディー大賞および、ネットプロレス大賞MVPは伊達じゃない・・・。
ライブレスラー!

■ダブルメインイベント#2 シングルマッチ
○大谷晋二郎(16分20秒 スパイラルボム→エビ固め)佐藤光留●

 ダブルメインイベントと冠がついているとはいえ、先の世界ヘビー戦のあとにこのシングル。
ひかるんへの期待値が伺えますね。
佐藤選手はレガースも着用していない裸足スタイル。
これは飯伏さんとの対戦の時にもこんな感じでしたね。
あの時は前哨戦の時に「勝利という一つのものを得るためには、レガースという一つのものを捨てなければなかった」という事だったと思いますが、今回も勝利という2文字を近づけるためのものであったかな。

このカードがリリースされた際に佐藤選手は「3・6両国の高山戦を前に無難な相手と試合をしておこうという聞こえてくるようなカード」と不快感を表明していましたが、大谷さんは「まったくそんな事はない」と反論。
本番前にすれ違う思い。
その温度差がリング上で熱を生んだようで。
大谷さんは佐藤選手の健闘を讃えるも、佐藤選手は払いのけて退場したと。
ひかるん、DDTでの動きでも相当なかっこ良さが出てきましたが、コチラでも。
なんか今年はもっともっとプロレス界の中心になっていきそうな予感もします。

 試合後には客席にいた高山さんとにらみ合ったという大谷さん。

大谷「両国までもう20日もしかねえぞ!1日も無駄にせず両国国技館に向かっていきたいと思います。そして頑張ったヤツは絶対に勝利を掴むってことを僕は証明したいと思います。この時期に後楽園ホールに足を運んでくださった皆様が愛おしくて仕方がありません。皆様の裏切りを絶対に裏切ることなのない両国にしたいと思います!」

本当に、気がつけば両国まであとわずかですねぇ。
この日の後楽園ホールはコンパクトサイズでの興行ということで、それで両国は大丈夫なのか?という不安は少し感じましたが、大谷さんの熱さに期待をしたいですし、生観戦した元旦興行での試合の内容も決して悪いということはなく、名勝負も作りつづけてますから・・。
あとは初の両国という大舞台でみせるZERO1の名勝負への期待値に期待したい感じ。
改めて言いますけど、試合は凄いんですよ。ほんと。
この悩みは全日本プロレスでも似たように感じてるんですけどねぇ・・・。

はてさて、もう待ったなし!!
どうなるどうなる!?


人気ブログランキングへ
| からし | ZERO1 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。