無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
【全日本】春の祭典2日目! 4・9後楽園ホール
  チャンカー2日目!!

しかし、ビックリするニュースが!
なんとKENSO選手が前日のダメージからか、この日は欠場!!
なんでも前日の公式戦で脳震盪を起こし、残りの公式戦を欠場とのこと。
対戦予定だった選手は全て不戦勝扱い。
正直、残念。
いい所信表明もしていたのになぁ・・・。

武藤「控え室の様子を見たらダメージを負っているレスラーもいればピンピンしているレスラーもいる。ケンゾー(KENSOにいたっては欠場ですからね」

武藤さん・・・・KENSO(ケンソー)です(汗)

++++++++++++++++++++++
▼4・8 後楽園ホール『GAORA SPECIAL 2011 チャンピオン・カーニバル 第2戦』


■Aブロック公式戦
●浜亮太[2敗=0点]( ジャイアントニー)KONO○[1勝1敗=2点]

 KONOは場外で浜を蹂躙。
ためらいなく椅子で殴打。
しかしリングに戻るや重厚な打撃で浜がペースを戻す。
重いベイダーハンマーも!
KONOは膝とエルボーで喰らいつくが、打撃対決は浜のほうが優勢気味。
KONOのジャンピングニーも自ら巨体をぶつけていき弾き返す!!凄い場面!!

しかし浜の猛攻を耐えたKONO。
片膝をついた浜に背後からニーアタック!さらに正面からのニー2連発も、これはカウント2。
しかしコーナーからの距離の長い長いジャイアント二ーは返せず3カウント!!

 敗れたものの、浜ちゃんの肉圧な打撃が印象に残ったかな。
しかしKONOの終盤の膝ラッシュはなかなかに素晴らしいインパクトでした。


■Aブロック公式戦
○船木誠勝[1勝1敗=2点]( ハイキック→KO)大森隆男●[1勝1敗=2点]

武藤さん「たぶん会話も交わしたことのないくらい接点が無かった二人だと思うんだよね」

たしかに。

船木さんは前日の諏訪魔戦のダメージを感じさせない感じ。なんというタフ・・!
前日の諏訪魔戦同様にグラウンドで大森の腕にダメージを重ねる展開。
アックスボンバー封じか?
しかし大森の斧もなかなかにタフ。
オーソドックスなスタイルで船木のスタミナを奪っていく感じ。

しかし切り替えした船木が場外の大森にプランチャ!!!これは驚いた!
しかし大森も断崖式のアックスギロチンを狙う危ない状況。しかししかしロープを掴んで体勢を入れ替えた船木が逆にパワーボムを狙うも両者が場外に転げ落ちると、大森が不意打ちのアックスボンバー!!
リングに戻るとフルネルソンスープレックス二連発。
そこでアックスボンバーを再度狙うが船木が蹴りでカウンター。パワースラムからのフライングボディアタックはカウント2。

打撃の意地の張り合いから大森がフルネルソンバスターからのダイビングニーアタック!カウント2。
前→後ろから、更に前のアックスボンバーは、3発目にカウンターのハイキック!!
これでKO!!!

連打のアックスボンバーに対し、「一撃必殺」の切れ味で船木さんが勝利!


■タッグマッチ
征矢学、●大和ヒロシ()真田聖也○、KAI

 KENSO選手の欠場により急遽組まれたタッグマッチ!!

コーナーに控える真田選手に強烈にぶつかっていった征矢。
ジェラシーか?いいぞいいぞ!!
それに応えて真田と征矢に。元アジアタッグ王者のマッチアップ。
スピーディーな攻防で会場を沸かす。
KAIと大和の絡みも定番。
も、やはりKAIが前を走っている感じかな・・。
真田からも攻め立てられ喰らいつく姿が目立つ。

入り混じる攻防。
なかなかにスピーディーな展開で沸かす。
最後は真田が大和をドラゴンスープレックスで3カウント。
面白かった!

■Bブロック公式戦
●ジョー・ドーリング[2敗=0点]( )秋山準○[1勝1分=3点]

 これも全くの初カード!
ジョーは秋山を知らないであろうだけに、新鮮な闘い!

ゴングがなってもしばらく牽制を続ける二人。
そこからロックアップからのグラウンド。
セコンドのTARUもスリーパーにいちゃもん。そんなTARUに秋山が迫る場面もあったが、その隙をついたジョーがリフトアップからロープにギロチンスロー。
そのまま場外で蹂躙。
さらにエプロンからもリフトアップから鉄柵にギロチンスロー!!
ジョーが怖い!!

下から睨みつけて喰らいつく秋山。実に魅力的。
リングに戻ると大反撃。
ジャンピングニーからグラウンドネックロックで落としにかかる。
フィニッシュポーズからぶん投げるも、ジョーがカウンターのラリアット!!
スパインバスターで畳み掛けショートレンジラリアットからのデスバレーはカウント2!!
秋山が耐えると回転エビ固めから、更に巻き投げ固め?でカウント3!!
お見事!!

武藤「ただジョーの二敗はダメージがそんなにないんすわ。コレ以後のリーグ戦でかき回してくる可能性がある」

なるほど・・・!


■Bブロック公式戦
○太陽ケア[2勝=4点]( ハワイアンスマッシャー)鈴木みのる●[1勝1敗=2点]

 兄弟分対決!!
しかしココではそんなの関係なし!!リングに入るや睨み合いになる両者。

そしてゴング。
ケアは首狙い。鈴木は足狙い。
鈴木は厳しい表情を見せながら足を殺していく。ケアの首攻めが利いていたことの証明にもなってるのかな。
かなり鬼の表情。しかし、それでいて自由。

死んだように見えてもケアの足を殺していく姿は凄い!!
最後は怒涛の畳み掛けからハワイアンスマッシャーで3カウント!!
最後の流れが凄く秀逸!!


■Aブロック公式戦
●諏訪魔[1勝1敗=2点](バックドロップホールド)永田裕志●[2勝=4点]

 諏訪魔の右腕には大きなテーピング。
昨日のダメージが如実に。

お互いの意地の張り合い!!
京平さんのカットも我関せずの意地の張り合いが熱い!!!

場外に出ると永田さんのキラーモードが発動。
右腕に容赦のない蹴りをあてていく。諏訪魔の自爆も誘発し、永田さんの鬼がどんどんと厳しさをましていく。
リングに戻ると腕十字からのアームブリーカー。
しかし諏訪魔も強烈な張り手で応戦。
しかしスタミナに余裕があるのか、永田さんの攻めはとまらず。エクスプロイダーを狙うが諏訪魔も耐える。
そこからフロントスープレックス、アバラッシュホールドで反撃。
しかし右腕を抱える仕草が目立つ・・・!!!!

そこを見逃さない永田さん!!
待望の白目アームロック!!!!!!!!!会場だいばくはつ!w
武藤「これが噂の白目か!!でも背中しかみえねえ!!」www

コレを何とか耐えた諏訪魔。右腕でエルボーを打ち抜いていくが永田さんのビンタが痛い!
しかし右腕の痛みで重みがないなら手数で勝負!
そこからフロントキックの相打ちから永田のエクスプロイダー二連発!
しかし諏訪魔もジャーマン!!
さらにジャーマン二発目で応戦!!
さらにカウンターの左のラリアットがクリーンヒット!!すごいイイ一発!!

そこからバックドロップを狙うも永田が逃げ切れば諏訪魔がキャプチュードからのジャーマンはカウント2。
諏訪魔が一気に怒涛の猛攻。
そこからラストライドは永田が拒否!
永田の膝が強烈に顔面に刺さると、垂直落下式ブレーンバスター!そこからバックの取り合いの隙に永田の延髄蹴りからのバックドロップはカウント2,9!!
しかしハイキックからの綺麗なバックドロップホールドでカウント3!!

大激戦!!!!


永田「おれがMr.IWGP永田裕志!
おい全日本ファン、お前らの半端な声援じゃ三冠チャンピオンには届かんぞ!
じゃあ新日本プロレスファンの皆さん、いってみようか!3,2,1,ゼア!!!」


全日本の看板シリーズのメインの後に永田さんがマイクをとる・・・!

悔しいけど、カッコイイじゃねえか!!
これでAブロックは永田さんが4点で一人飛び出した!!

さぁ、明日以降どうなるか、楽しみ!!



JUGEMテーマ:プロレス 
| からし | 全日本 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。