無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
【OZアカデミー】ここは魔女の国! 4・29IMPホール大会レポその1
 さて、今回は先にUPした大阪プロレス終了後の夕方より開催された女子プロレス団体・OZアカデミーの観戦記を。
 わたくし、NEO、アイスリボンさんしか生観戦したことはありませんが、女子団体で一番気になっていた、見てみたかった団体さん。
GAEAから女子プロレスに触れた者ですので、あの頃見ていた選手がたくさんいらっしゃるというのもありますし、素直にGAORAで毎回放送を見ていることもありましたし。

これまで定期的に大阪で興行をおこなっているOZさんですが、これまで金曜、土曜など、個人的なスケジュールと合わないことが多かったこともあり、ようやく・・・!ようやく・・・!生で見ることができました!

 アイスやNEOが「若い選手達が熱い青春、情熱をぶつけあう香りがいっぱい!」という、比較的、どの選手も応援したくなるような感じの印象を感じているのですが、このOZは長く生き抜いてきた女の執念や感情が絡みあう、ちょっとアダルト、というか昼ドラ、というか、よりリアルな「女同士のリアルな憎しみあい」が濃く出されているという印象でしょうか。
それだけに、尾崎軍の絡みはどれもほんとに憎たらしい、というか、本気でカチン!とくるというかw
今回の大会で言えばセミの試合ですね。

それだけに、これまで観戦してきたアイスやNEOさんとはお客さんの層、感じも全く違う感じ。
(あくまでこの大会のみでの感想です。都内や回数を重ねるとまた違うかもしれませんが…)
私の周りをみてもあまりカメラを構えている人があまりいなかったような気が。
これはちょっと誇大すぎる例えかもしれませんが、感覚的には男子団体を見に来たような客席の感じもありました。
往なれた感じの空気。
あ、他の女子団体の居心地が悪いという意味では決してないので、そこは勘違いなされませんように(汗)

 ちょっと残念だったのがKAORU選手が新宿大会で負傷し、欠場となってしまっていたこと・・・。
お目当ての一人であったので・・・無念(T-T ) 
まぁ、また次の機会の楽しみが残ったというポジティブ思考で。

 なお、昼の大阪プロ興行では松本浩代選手が一足先に今大会のチラシ配り&チケット販売をしていました。
そういえば浩代選手は私が大阪プロの観戦記をmixiの方にUPするとほぼ毎回足あとをつけていただいている気が。
今回も入口付近で大阪プロの大会を楽しまれていたとのお話も聞きました。
浩代選手にもドンドン大阪プロに参戦してほしいなぁw



では、記憶力が悪いので撮影した写真を中心に(苦笑)、サササッっと観戦記いきまーす!

++++++++++++++++++++++ 
▼4・29 IMPホール『Heavenly days@大阪』


■6人タッグマッチ 30分1本勝負
加藤園子、○紫雷美央、紫雷イオ(18分5秒 紫閃光→片エビ固め)豊田真奈美、小松奈央●、悲恋

 尾崎軍が解散、アジャさんのマッチメイクにより正規軍に混ざるように尾崎郡のメンバーが組み込まれているのが今大会の注目点。
もちろん、そうそうスンナリ手を取りあうわけは無いですよね。
この第一試合は悲恋選手が豊田さん&小松選手の輪の中に。

とにかくこの試合は豊田さんが生き生き!!
アメリカでも大声援を生んだおなじみの「よっしゃいくぞー!!」からの鎌固め!!

イオさんが小松選手の背中でお転婆ダッシュして前に歩けば・・・
豊田さんが威嚇してイオさん、ビックリwww

尾崎軍…いや、前大会で解散扱いとなっただけに『元・尾崎軍』と書いたほうがいいでしょうね。その元・尾崎軍の悲恋選手。
不機嫌な美人さん。セコンドについていた西尾美香さんと一緒にやる気ゲージは常に0(汗)

そんな悲恋さんを加藤園子選手が元気に攻める。
DRAGON GATEの谷嵜なおき選手に似ているとずっと思っていたのですがどうでしょ?w

そんな加藤選手にいいようにされっぱなしじゃ女がすたる。
得意技のアンクルで大いに苦しめる!!
しかし加藤選手も長いキャリアを持つ選手。そうそうやられません!
豪快なジャーマン!!!!ブリッジもクラッチも素晴らしかったです!!
そんな劣勢も豊田さんが逆転すべく大暴れ。
しかし、紫雷の妹ちゃんが背後からのミサイルキック!
豊田さんのこの鉄人ポーズも代名詞の一つだと思っていますw

HAYATA選手・・・じゃなくて、紫雷のお姉ちゃん、美央さんは口でも存在感を発揮。
何かあればツッコミをいれたりしてて面白かったw
個人的ヒットシャウトは西尾美香さんに放った「オイ!そこのゴスロリ!!」
見たまんまwww
私的には妹さんよりお姉ちゃん派です(←どうでもいい)

しかし何度も言いますが、とにかく豊田さんが凄い!
何かあってもすぐに世界に持っていく!
存在感は世界レベルであるという事を証明した『元祖・飛翔天女』ぶりをいかんなく発揮!
体も大きいこともあって迫力も破壊力も抜群。
何度となくお客さんから驚きの声を誘っていました。
インパクトの初代、華麗さの二代目(アイスリボン・藤本つかさ選手)
技の一号、力の二号という仮面ライダーとは逆ですねw

一番若い小松選手も続く!!FLY HIGH!!
キャラの濃い先輩、実力派もいるメンバーの中で一生懸命。あと、素直w
他団体への参戦は少ない、というか記憶にないだけに、場数が踏めない分、永島選手や天野選手など、テクニシャンな先輩から多くのことを学んで大きくなっていってください!
小松選手が見られるのはOZだけ・・!?

最後は紫雷のお姉ちゃんの必殺・紫閃光がクリーンヒット!
これで3カウントで勝負あり。久々に紫閃光で試合が決まったのを見た、聞いた気がする。
いえーい!ザマーミロ!とばかりに豊田さんを挑発してたのが印象的w
悲恋選手はとっとと西尾さんと帰っちゃってました(汗)
その場にも長く居たくないという感じだったかなw


■シングルマッチ 30分1本勝負
○井上貴子(9分51秒 首固め)AKINO●

 つづく第二試合。
ベテラン二人のシングルマッチ。
最初の予想では打撃戦もみられるのかな?と予想していたのですが、これがいい意味で裏切られたww

AKINO選手。
女・鈴木みのると呼ばれていたことがありましたが、私的には日高郁人選手の方がかぶりますw

そして永遠のビジュアルファイター・井上貴子選手。
貴子さんは魔女(褒め言葉)。もちろん、相棒のスタンガンも手に。
WWEのHHHがハンマーとセットで思い出されるように、貴子さんとスタンガンは親友。
「バチバチバチ!!!」と電撃の音が会場に響く。初めて聞きましたが、本当に凄い音ですね(汗)

まずはロックアップからの牽制しあい。
そのさなか、貴子さんが“普通に”スタンガンを手にしそうになったのでAKINOさんが思わず
「オーイ!!!!何普通に使おうとしてんのよー!レフェリー!」と怒涛のツッコミww
これには会場もレフェリーも、貴子さんも笑いをこらえきれずw

このやりとりでこの試合がどんな感じになるのか分かった気がして、心のなかで構えていたものが一気に解けた感覚がしましたw

そして探り合いから貴子さんがコーナーに押し込まれると、このポーズ。
「STOP!STOP!」

でも踏むw

お返しに貴子さんも踏む。踏む。
もちろん、レフェリーは反則裁定。「1!2!3!・・・」

「フォー!!」
これをお客さんと3回くらいw
プロレスは5カウントまでは反則が許されるスポーツですw

さらに踏み踏み。
貴子さんは魔女(繰り返しますが褒め言葉です)

しかし貴子さん、その代償はあまりにも痛かった?w
AKINO「カメラを構えろー!!!!」
そのお言葉に甘えてパチリw

その怒りからか?貴子さんに火がついた?
一気にハードな打撃とテクニックの勝負に。
背後からのPKを後ろに手を回してそのままアンクルホールドへ移行するAKINOさん!
これは凄かった!!

一気に流れをもっていかれそうになった貴子さん。
ここで相棒投入!!
「バチバチ!!」とすごい音が鳴り響く中、必死に逃げ回るAKINOさん。

ここからはせめぎ合い!

貴子さんの代名詞・バックハンドブローを回避すると、
強烈なエルボー!!

しかしその後の追撃を上手く丸め込みで技ありの3カウント!!!

まさかの一瞬での結末に呆然とし、観客席に「2で返したよね!?」というアクション。
しかし、バッチリ3、入ってました。
悠然と去る勝者。その背中を悔しさと一緒に眺める敗者。
最後に3つ獲ったものが勝者。井上貴子マジック!!
AKINOさんのほうがテクニシャンというイメージがありましたが、この試合で貴子さんも実力を披露。
「ココだ」という所での仕掛けの速さは蹴りと同じで素早いですね。


 以上、ここでその1は終わり。
その2に続く!!


JUGEMテーマ:プロレス 
| からし | 女子プロ | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。