無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
【DDT】HE IS BACK! 妙技を味わえ・・・? 5・4後楽園ホールその2
 はい。東京遠征二日目、5・4DDT後楽園ホール大会観戦記その2ですよ。

++++++++++++++++++++++

■鶴見亜門流ロイヤルランブル(14人参加)
○石井慧介(19分23秒 オーバー・ザ・トップロープ)高尾蒼馬●
※退場順=松永智充、美月凛音、趙雲子龍、さくらえみ、平田一喜、タノムサク鳥羽、大石真翔、中澤マイケル、DJニラ、バラモンシュウ、バラモンケイ、スーパー・シット・マシン、高尾蒼馬

 最後まで残った勝者には鶴見亜門GMより素晴らしい特典が与えられるロイヤルランブル。
もちろん、オーバー・ザ・トップロープルールも適用されていますので、トップロープはデッドライン。電流がビリビリ流れてます(空想)

まずは美月選手 vs DJニラさんでスタート。
ニラ「オレの出場順が1番ってことは絶対に優勝できねえってことじゃねえか!」
とグチをこぼすw
いや、ニラさん。
ショーン・マイケルズやレイ・ミステリオ、クリス・ベノワさんはロイヤルランブルに1番で入場して優勝してレッスルマニアに行ったんですよ!
デビル・ジョーカーの恐ろしさ、ここでみせてやりましょうよ!w
このマイクの後に「マイク片付けとけ」と上から命令し、素直に片付けようとする美月さんを奇襲して開始。ひでぇ(汗)

3番目に登場したのは中澤“ザ・ロック”マイケル
本家に謝れw でもちょっと似てる気もするから嫌だw
ピープルズエルボーまでやってたしw

4番目はアイスリボンの総帥・さくらえみ選手。
マイケルといえばアイスリボン「出禁」の変態w
登場早々容赦なく襲撃するさくらさんwwひーw
しかしこの日の一番の目的は「マイケル滅殺」にあらず・・・。
この後、速攻で美月さんに抱きつきにむかうw
その後、他の選手からボッコボコに(汗)

5番目は松永智充選手。
マイケルがTバック姿になっているのはさくらさんとのやりとりで「熱く」なってしまったからです。 このド変態め・・・!w
マイケル&さくらさんを登場早々攻める松永さんでしたが、これまた速攻で丸め込まれて退場。お疲れさまでした(汗)


6番目に登場したバラモンシュウの攻撃をあび二人がダウン。
しかし美月さんがさくらさんを起こしてあげると、何故か仲良く愛の(?)ダンシングw
さくらさん、至福の時・・・?w

7番目に登場の平田一喜選手、マイケルに容赦なし。
8番目にやってきた鳥羽さんも見事な右フックでKO!!w

9番目は趙雲子龍さん。
入場早々に先の試合での大失態を深々とお詫びw
危なかったお客さんの前にも行って土下座(汗)
この後速攻でさくらさんのラ・マヒストラルで退場。
謝罪するためだけにきたような感じw

10番目にやってきた高尾蒼馬選手はすぐにリングインせずに客席&エプロンをウロウロ。
11番目にやってきた大石真翔選手がさくらさんにお帰りねがった感じ。
にゃー!!

12番目に石井慧介選手がやってきてマイケルをボッコボコの図
そんななかニラ先生はマイペースw
デビルジョーカー、戦況を手のひらで操るの図(ただ上手いこと潜んでるだけw)

12番目に登場はバラモンケイ・・・!
バラモン兄弟が揃ったことに・・・・!!
例えるならレッドギラスとブラックギラスが揃っちゃって、レオ兄さん大ピンチって感じ。
マイケルの「マイケル」にお告ゲル投下・・・・!
マイケルのマイケルがぁぁぁー!!(言いたいだけ)

そんなバラモンショックの中、大石さんも八つ墓村状態でマイケルのスピアをあびるの図。
全部マイケルのせいです。おそらく。たぶん。
しまいには墨汁ミストをあびるマイケル。
大石さんと仲良くご退場。

ニラさんも恐怖におののきロープの外へ・・。
どうやら双子だったのを知らなかった様子w
二人で一人。二身同体。手がつけられないバラモン兄弟。
だれかこのならず者をと止めてくれぇ〜

そんな中、自ら立ち上がったのニラさん・・・?
最初はビビりまくってエプロンで震えていたものの不意をついての「ロケットパ〜ンチ」w
かつて「魔神」と呼ばれたマシンもロケットパンチが必殺技だったと聞きます。
現代に蘇る「魔神」伝説。
しかし、今の世は己を必要としていないというのを理解していたのか、自ら火口へを沈むかのように場外へ・・・「アイル・ビー・バック」

13番目に登場したシット・マシンを石井選手が排除!
一緒に現れていた松永智充モデル?のシットマシンもご一緒にサヨウナラ。

残ったのは石井慧介 vs 高尾蒼馬!!!!!
ここからが本番とばかりにDDTの若き二人が一気に猛烈な攻防を開始!!
最後は強烈なドロップキックで石井選手の勝利!!!!

亜門さんからの優勝特典は「あるタイトルへの挑戦権」
そのタイトルをもつ王者というのは・・・・マサ高梨さん!!!!
バラモン兄弟、そしてさくらさんがメンバーにいたのは高梨さんと縁のあるメンバーだったからとのこと。
なんと6月の後楽園ホール大会にてマサ高梨復帰戦が決定!!!
「はっきり言ってこの欠場期間の1年間が長かったのか短かったのか、悲しかったのか何なのか、今、皆さんの前に出てきた事で吹っ飛びました。6月の復帰戦で石井がこのベルトに挑戦してくれることを凄く嬉しく思うけど、もう一度DDTのリングに挑戦するつもりで復帰戦を迎えたい。石井。俺の1年間のいろいろな気持ち、受け止めてくれ。」

この高梨さんのマイクに応えると返答した石井選手。
しかし即座に丸め込み3カウント・・・!
そう。このベルトは24時間、いついかなる状況でもレフェリーがいれば「そこが戦場」なアイアンマン・ヘビーメタル級!!!!!
新王者・石井慧介!!
■アイアンマン・ヘビーメタル級選手権
[王者]●マサ高梨(13時32分 首固め)石井慧介○[挑戦者]
※高梨が初防衛に失敗、石井が第843代王者誕生

これにはさすがの高梨さんも「1年間頑張ったのにあんまりだー!!」と大泣き(汗)
しかし、石井選手の足元にすがりついたところにローブローw
■アイアンマン・ヘビーメタル級選手権
[王者]●石井慧介(13時34分 首固め)マサ高梨○[挑戦者]
※石井が初防衛に失敗、高梨が第844代王者誕生
高梨「油断してんじゃねえよ!俺はな、感動の復帰戦とかそういう空気が大っきらいなんだよ!これからもDDTの最底辺を引っかき回してやるからな!今も昔もこれからもアイアンマンチャンピオンはこの俺、DDT史上最汁レスラー、マサ高梨だ!」

高梨さんらしいなぁ(笑)
「油断している者が悪い」
勝負の世界の非情さを全面に出された王座戦ですw
王者は依然として・・・このマサ高梨!!ザ・ワールド!!!
 2010年5月から長期欠場をしていた高梨さんが帰ってくる・・・!
DDTの主役を喰う名バイプレイヤー、いや、バイプレイヤーという千両役者、6月にマットに帰還!!
おかえりー!!!

■休憩前
 7月に行われるDDT両国大会。
これまで大物参戦選手として菊地毅選手、ボブ・サップと発表されてきましたが、この日発表された3人目はなんと『ゆずポン』こと、スターダム所属の愛川ゆず季選手!!
初めて生で見たー!かわいいー!w
そこにマイケルさんが登場。
こんなグラ(グラビア)レスラーを神聖なDDTのリングに上げるわけにはいかない!」
と、高木三四郎大社長をトラースキックで排除し、ゆずぽんに「おっぱい接待」を迫るも、強烈な『ゆずぽんキック』炸裂!!!
しかもヒールの靴ですよ(汗)
あぶねー!こえー!!!ww
ゆずポンは両国大会参戦にむけ一生懸命に頑張るとマイク。
いやぁ〜、目の保養できましたw
マイケル、乙w


【余談・大会後の思ひ出】
DDT後楽園ホール大会終了後、この大会を一緒に観戦させていただいた方とユニオンは観戦せずにエビスコ酒場で食事。
その後にBar・ドロップキックへお邪魔したところ、なんとスターダムのGMの風香さん、そして須佐エリ選手、岩谷麻優選手、夢(はるか)ちゃんがシークレットゲストスタッフとしていらっしゃいました・・・!
(夢ちゃんはお母様と一緒でした)
この日、後楽園ホールで愛川ゆず季さんを目することができて、そしてドロップキックで風香さん達と同じ場で楽しめたのは最高に運がよくて感激でございました・・!
東京、サイコー!!!
※ちなみに翌日にもドロキに遊びに行きましたw
こんな田舎者を楽しい空間に一緒に連れて行ってくださったプロレスクラスタの御三人様、本当にありがとうございましたm(_ _)m


 長くなったのでセミ&メインはその3へ。
ではでは〜。
| からし | DDT | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。