無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
【新日本】4強決定!!いざ、最終決戦! 6・8ディファ
 長かった今年のスーパージュニアも残り2戦!
最終戦直前のディファ大会もニアライブでした。

実況はNOAH中継でおなじみの塩野さん。珍しい!!
そしてゲスト解説は棚橋さん!!

++++++++++++++++++++++
▼6・8 ディファ有明『『BEST OF THE SUPER Jr. XVIII〜Bring it on! 第9戦』』

■Aブロック公式戦
○邪道[2勝6敗=4点](7分11秒 クロスフェースオブJADO)フジタ“Jr”ハヤト●[3勝5敗=6点]

 このシリーズ中、邪道さんがお尻をだすキャラになってしまったのが気になります(汗)
この試合でもバッチリw
いいんすか?w

しかし試合はバッチリ勝利を頂戴。
ハヤトくんと握手し、ハグで称える男前ぶりを披露。
兄者ー!

両選手共に準決勝進出はならず。
ハヤトくん、スタートダッシュは素晴らしいものを見せてくれてました。
二度目の挑戦も残念な結果でしたが、今回もお客さんの心をバッチリつかんだのは間違いのないところ。
またみちのくを引っ張り、一回り大きくなって来年、また!!


■Aブロック公式戦
●タイガーマスク[4勝4敗=8点](7分4秒 スモールパッケージホールド)タイチ○[2勝6敗=4点]

 この試合もこのシリーズ中猛威(?)をふるった「のらりくらり」ワールドでタイガーさんをイライラの世界へ。
マスクにも手をかける悪童ぶり。
タイガーさんのヒートを散々かい、容赦なに手をかけを剥ぎとりスモールパッケージホールドでまんまと逆転勝利!
さらにマスクも剥ぎとり大笑い。

棚橋さん「怖いところいったなぁ(汗)」
タイガー「オレにこんなこと(マスク剥ぎ)してどうなるか分かってんだろうなー!その前にレスラーやめろコラァッ!!」

ここまできたか。
タイチ君、いろんな意味でも完勝ですよw

タイチくんも予選含めガッツり注目を集め続けたなー。
結果うんぬん関係なしに。見たい選手になりました。


■Aブロック公式戦
○プリンス・デヴィット[7勝1敗=14点](7分22秒 ブラディサンデー→片エビ固め)金本浩二●[4勝4敗=8点]
※デヴィットがAブロック1位通過

 すでに準決勝通過をきめているデヴィット。あとは1位か2位か。
金本さんはゴング前から怒涛の打撃ラッシュで。
そのラッシュに怒りの火がついたか、リングしたからテーブルを取り出す珍しい姿もみせてました。
エキサイト。
ケニー戦を経て影響されちゃったのかしら?(苦笑)

最後はデヴィットが勝利。
立っているアニキの背中へのフットスタンプ、これで頭をリングにうちつけたあとにブラディサンデー。
効果は二倍。

アニキも健闘を讃え爽やかな笑顔と共に手を挙げる。
さすがスーパージュニアの神。
準決勝にあがれずも、バックステージでもやりきったという表情で素晴らしかったですねぇ。

そしてデヴィちゃんは1位通過!!
IWGP Jr王者として二連覇なるか!?


■Bブロック公式戦
●ケニー・オメガ[5勝3敗=10点](9分55秒 パワーボム→エビ固め)デイビー・リチャーズ○[6勝2敗=12点]
※リチャーズがAブロック2位通過

 両選手共に勝てば2位通過という一戦。
ケニーにも上がってほしいという心境でしたが、ここは開幕前からのデイビー推しとして、デイビー頑張れとみまもりました!

スタートから激しい蹴り足の飛び交うなか、デイビーがリング内から場外へブレーンバスターで投げるという荒業も披露!!
初めて見たよ(汗)

波動拳をハイキックでカウンター!!
しかしケニーも強烈に投げ返す一進一退。
ケニーが雪崩式を狙えば空中でデイビーが切り替えし豪快な雪崩式ジャーマン!!
一瞬の隙が命取りになる攻防に。
壮絶な読み合いの末、デイビーが強烈なラリアットからの垂直落下式ブレーンバスター、さらにパワーボムで3カウント!!!
最後のラッシュがなんとパワフルなことか・・・・!!

棚橋「同業者としてデイビーの畳み掛けはゾッとします・・」

 この結果により、Aブロックは1位がデヴィット、2位がデイビー!!!


■タッグマッチ
小島聡、○真壁刀義(8分49秒 キングコングニードロップ→体固め)矢野通、石井智宏●

 ここでヘビー級の試合。
今日はコジマカベ初登場! ケイオスの戦い。
真壁選手はこの日初お披露目のベストを着て登場!!

途中、誤爆で不穏な空気が一瞬流れるも、直後に好連携(汗)
最後はキングコングニードロップできっちり料理。

まだまだこれから、っという感じかな。
でも超強力なのはまちがいなし!


■Bブロック公式戦
●ザ・グレート・サスケ[5勝3敗=10点](9分9秒 パントキック→片エビ固め)外道●[2勝6敗=4点]

 ユニバーサル時代の先輩後輩(サスケさんが後輩)
日に日に増していく脇腹のテーピング。
もちろん、外道さんがそこを見逃すはずがなく・・・。
ネバーギブアップなサスケさん。一瞬の丸め込みやグラウンドで対抗。
しかし、全く容赦のない脇腹攻めを見せる外道さん。
レフェリーへも「まだできます!!」と必死に耐えるも、無念の3カウントを聞く・・・。
いつもは長舌なサスケさんも、さすがにこの日はノーコメント。
この試合で燃え尽きたかなぁ・・・。

サスケさんは勝てば決勝進出でしたが、無念・・・。
この時点では微かな望みもありましたが、コンディションはギリギリだったか・・。
最後の最後まで夢見せてくれましたな・・。
文句なしに、今年のスーパージュニアを引っ張っていたのは間違いなく。


■Bブロック公式戦
○KUSHIDA[5勝3敗=10点](6分25秒 ミッドナイトエクスプレス→体固め)マスカラ・ドラダ●[4勝4敗=8点]

 両者ともに勝てば首の皮一枚という状態。
スピードが売りのふたりだけにスピーディーな展開。
ルチャでしたねぇ〜。


■Bブロック公式戦
○田口隆祐[5勝3敗=10点](9分26秒 ミラノ作・どどんスズスロウン→片エビ固め)TAKAみちのく●[4勝4敗=8点]

 ここも両者共に勝てば準決勝へつながる一戦。
読み合いへしあい。 うなる攻防・・・。
TAKAさんの地に足をつけた戦略に苦しむも最後は序盤から3カウント率100%の頼れる盟友の技で勝利を手に!!

凄い刺さり具合だったどどんスズスロウンでした・・・・(汗)

これで残すはメインの結果次第だったわけで・・・。


■Bブロック公式戦
●獣神サンダー・ライガー[4勝4敗=8点](8分47秒 ファイヤーバードスプラッシュ→片エビ固め)飯伏幸太○[6勝2敗=12点]
※飯伏のBブロック1位通過決定
※この結果により田口の2位通過が決定

 開始から一気に攻める二人。
マットのない部分に垂直落下式ブレーンバスターをしかけるなど、容赦の無さをみせるライガーさん。
リング内でも厳しい腕攻め。
なかなかペースを握れない飯伏くんでしたが、歯を食いしばっての逆襲。
最後はファイヤーバードスプラッシュで3カウント。
ペースはライガーさんだったけど、無理やり勝利をもっていったような感じ。
最後の最後、これしかなかったという印象。
ライガーさんも素直に負けを認め飯伏くんの手を挙げる。

 これでBブロックは飯伏幸太が1位通過、そして10点で並んだ田口、KUSHIDA、サスケも、それぞれの直接対決で2勝をあげている田口選手が勝ち上がり!!
Bブロックは飯伏くん、田口さんが準決勝へ!!


 ということで、準決勝のカード『プリンス・デヴィット vs 田口隆祐』、『デイビー・リチャーズ vs 飯伏幸太』!!!!
アポロ55対決・・・!!
ここで実現か〜。贅沢!!!!
もしデイビーじゃなくてケニーだったら、アポロ55とゴールデン・ラヴァーズという名タッグの直接対決からの決勝が見れてたってことかぁ・・・・。
それも観たかったなぁ・・・。

いや、でも自分はデイビー。デイビー推しでw

棚橋さんは「田口さんに期待したい」ということ。

果たして頂点は誰に・・・?

やべーなー。今年も凄く面白い毎日ですぞ・・・!!

JUGEMテーマ:プロレス
| からし | 新日本 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
2011/06/10 4:06 PM posted by: senkawa千川
いよいよ今日ですね。
いきましょうからしさん。
デイビー!デイビー推しで!!!
2011/06/10 10:04 PM posted by: からし(管理人)
>senkawa千川さん
TL上ではありましたが一緒に観戦してましたね!
デイビー、残念でしたが、素晴らしかったです!
存在感はこれまで以上にアピールできたでしょう!
大型タイトルを巻く姿もいつか夢見て!
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。