無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
【全日本】主役はビチーッ!といただきます! 6・7鳥取大会
 はい。鳥取大会の続きです。

ケア&みのるという思わぬタッグが見れたタッグマッチ。
30分に迫る熱闘を見せてくれたセミ。
そして色々濃かったメインのバトルロイヤル。

ではでは〜。

++++++++++++++++++++++
▼6・7 鳥取産業体育館『CROSS OVER 2011』


■タッグマッチ
鈴木みのる、○太陽ケア(15分3秒 波乗り落とし→片エビ固め)レネ・デュプリ●、ジョー・ドーリング

元VMメンバーが不在。
残り奮闘している形になったレネ&ジョー。
ただ、この日は元VMだから、というのは抜きに「会場を盛り上げる」という使命を全うしているように見えました。

ケア。

コール時にかぶっていたタオルをジョー&レネに向かって大きく振る。

この日、やたらレネファンのお客さんがいらっしゃり、一気に上機嫌になるレネ。
とにかく、この日のレネは試合を「楽しんでた」印象です。
お客さんからの反応も好評。

アーアー、キコエナーイー。

とにかく大きな体でケア&鈴木の前に立つジョー。
この試合での大きな存在感。

走りこんでのPKを防ごうとするも・・
フェイントされてビンタ被弾(汗)
鈴木さんもハードな面ばかりでなく、フェイント的にお客さんから笑いを起こすような動きも。


ケアのサンケアキックをばっちり決められるが、コンビネーションで一気に畳み掛けをはかるジョー&レネ。
レネは表情も豊か。鈴木さんとの「表情でのプロレス」対決。

最後は鈴木さんがジョーを捉えている間に波乗り落としで3カウント。
腕のクラッチを変形させた河津落としのような感じですね。

最後は鈴木さんが天の方へ指差し、拳を付き合わせ笑顔でハグ。
「また一緒にてっぺんへ行こうぜ」なんて言っていたかのよう。
この2枚は個人的にこの日一番好きば写真にかも。
 ただ鈴木さん。
携帯サイトの日記で「新たな旅へ出る」というような内容を書かれていたんですよね。
最近には久しぶりに新日本へ姿を見せました。
鈴木さん、全日本から一時離脱・・・?


■6人タッグマッチ
○諏訪魔、船木誠勝、近藤修司(27分50秒 バックドロップホールド)征矢学●、真田聖也、KAI

 新世代の3人、「es」とKAI選手が合体。
そして対角線には「チーム・ディストラクション」の諏訪魔&近藤と船木さんという強力トリオ。
パワーバランスも丁度いい、非常に見所満載の一戦でした。


船木さん。蹴りがキレキレ。新世代トリオは征矢さんが捕まる展開が多かったかな。

スイッチが入りキレた諏訪魔。場外に落として蹂躙する場面も。

征矢選手の強烈なデスバレーをくらうも、最後は「オレのが一番」と主張しているバックドロップホールドで貫禄の3カウント。

 30分に迫る激闘。
そんな試合で一番の注目をあびたのは流石の三冠王者・諏訪魔さん。
とにかく「怖い」一面が様々なところで。
相手の攻撃に本気で怒る。
「恐ろしさ」、「強さ」が圧倒的でした。


■鳥取産業体育館杯争奪バトルロイヤル(15人参加)
○KENSO(OTR)近藤修司●
※退場順=大和ヒロシ、大森隆男、船木誠勝、太陽ケア&諏訪魔、真田聖也&鈴木みのる、ジョー・ドーリング、浜亮太、レネ・デュプリ、曙、KAI、BUSHI、近藤修司

 今大会のメインは全選手参加のバトルロイヤル。
なかなかくまれないバトルロイヤルが地元で見られるという嬉しさw
色々ありましたけど、これは素直に嬉しかったですね〜。

入場そうそうにリングのど真ん中に陣取るKENSOさん。
まぁ、当然、集中攻撃ですよねw
次々に「ビチーッ!」と胸板にチョップを叩き込まれるww

BUSHIのマスクをコーナーに結びつける鈴木さん(汗)
BUSHI選手の手が届かないのをいいことに、何度も頭をペチペチペチペチww

数珠つなぎのスリーパー。
京平さんが巻き込まれギブアップww

やんややんやで鈴木さんが丸め込まれる。
先ほど鈴木さんに意地悪されてたBUSHI選手が「ざまーみろー」と言わんばかりに鈴木さんの目の前でガッツポーズww

SMOPとの相撲開戦。
○浜ちゃん vs ジョー●
●浜ちゃん vs 曙さん○

続いてレネが果敢にも曙さんに挑戦。
お腹を「ペチペチペチペチペチペチペチペチ」とパンチ連打w
これがまったく動じなかった曙さん(汗)
この後、レネは「もういやだ〜!」とばかりに自らオーバーザトップロープを選択ww

すると流れからKENSOさんも相撲をとらなきゃいけないような雰囲気にw
かたくなに拒否するKENSOさんでしたが、お客さんからの大声援もあり、渋々w

「まいったなぁ〜(汗)」という素の表情w
KENSOさんが元ラガーマンというのを思い出させる強烈なタックルで曙さんを後ずさりさせるとKAI選手が背後から丸め込むアシスト!
そこを全員で一気に丸め込んで曙さんを退場させることに成功!!

残ったのはKENSOさん、BUSHI、近藤、KAIの4人。
一気にジュニア戦士たちに囲まれるKENSOさんw
しかし、やけくそ(?)ではなく、流れを見て一気にリングから落とすことに成功!!

この鳥取でも一部で呼ばれている「Mr.バトルロイヤル」の称号をもつ実力を発揮!!
最後は声高らかに「ぜん、にっ、ぽん、イヤー!!!」とマイクで「ビチーッ!!」締め!!!

 とにかく楽しかった鳥取大会。
ショッキングな事件、報道を経ての興行でしたが、とにかく選手の皆さんが盛り上げようという試合運びで素晴らしい空間を演出されていました。
第一試合からおのおのが役割をしっかりとこなしてお客さんも一緒にのせていく。
う〜ん、思い返してもあっという間の3時間でしたねー。


 そしてそして、この御方も。

大阪プロレスブラックバファロー選手。
何度かここでも情報をUPさせていただいていますが、7月3日(日)に同じくここ鳥取産業体育館で行われる『東北地方太平洋沖地震復興支援チャリティー大会・大阪プロレス・鳥取大会』のPR活動のため朝からお忙しくされていた中、休憩時間後に会場に到着され試合を観戦。
そして興行後、会場エントランスにてチラシ配りをされていました。

4日にUPさせていただいた記事に「バファさんももしかしたらバトルロイヤルに?」なんて書かせていただいていましたが、お話させていただいたところ、残念ながら諸事情によりそれは実現とはならなかったようです。
でも、声はしっかり届いていたんですねぇ・・。
今度の機会には是非、全日本プロレスさん、お願いします!!!

その分、しっかりと帰路にたたれるお客さんにPR活動。
写真撮影、サインにもしっかりと応じられてましたね。
ワタクシもチラシをバッチリいただきやした。
毎日、定期的に大阪で大会をおこなっている大阪プロレスさんがこうやって地方にやってくるというのは非常に貴重な機会。
山陰の皆さんはもちろん、鳥取道が繋がり距離がグッと近くなった関西の皆さんも是非とも足を運んでバファさんプロデュースによる楽しいエンターテイメントを是非、体感してください!!

因幡ぴょん兎くん・・・・どんなんだろう?(汗)

次のワクワクはこの7月3日にむかって貯めていきますよ〜!!

ではでは、今日はこのへんで。

ありがとうございましたー!


| からし | 全日本 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。