無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
【新日本】トーナメント2日目!予想難しい(汗) 6・22ディファ
 昨日に引き続き生放送!
今日は2回戦!!

++++++++++++++++++++++

■シングルマッチ
●渡辺高章(6分55秒 スモールパッケージホールド)外道●

 新人渡辺選手、外道さんと初対決。
ボディスラムで投げようとしたその力と姿勢を利用しての外道さんのパッケージホールド。
きれいでお見事!!!
外道さん完勝。高い壁だなぁ、と思わされましたねぇ。

■タッグマッチ
金本浩二、●高橋広夢(8分48秒 スライスブレッド#2→片エビ固め)邪道、ブライアン・ケンドリック○

 細かなスイッチワークで邪道&ケンドリックが広夢選手をとらえる。
アニキが意識的にケンドリックへ厳しい攻撃をしているような場面も。
最後はケンドリックが広夢からカウント3。

その後、KUSHIDAがケンドリックを強襲。
ケンドリックとのシングルを要求。
昨日生まれた因縁が動き始めましたな。

■6人タッグマッチ
永田裕志、タイガーマスク、●三上恭佑(10分23秒 ファイナルデイズ→片エビ固め)タイチ、TAKAみちのく、ランス・アーチャー○

 昨日の1回戦で敗退したチーム同士の戦い。
実力者の中に入った三上選手の奮闘が鍵。

そうそうにランスの高い高い高い!!チョークスラムを被弾。大迫力。
たまらず永田さんがスイッチして戦況を打開。

タイチが実況席までタイガーを連れていき、解説の小林邦昭さんに「マスクのはぎ方教えろよ!!」とw
小林さんの結論「破ったほうが早いですよ」
その通りww
その後、怒った永田さんに走って向かっていったと思いきや、スライディング式に両膝をついて許しをこう場面もww

最後はアーチャーがチョークスラム式にお尻から落とす技からファイナルデイズ(変形の裏DDT)で三上選手を料理。
アーチャーの強力さと、相変わらずのタイチくんの世界が印象に残りましたねww
三上選手は担架で退場。
大丈夫かしら・・・?

 さて、TAKAさん達の鈴木軍(仮)。
試合後、TAKAさんが気になるツイートを。
++++++++++++++++++++++
ランスアーチャすげえぞ!鈴木軍(仮)の仮専属通訳の西澤氏!正メンバーになるには俺かタイチか鈴木さんのいづれかの髪型にするのが条件だ!頑張れ西澤氏!戦え西澤氏!
++++++++++++++++++++++

西澤さん、マジか・・・!?(汗)

そして大会前にはこのお方も・・・
++++++++++++++++++++++
西澤部長と一緒に写真を撮られました。これで私も鈴木軍(仮)入り…
++++++++++++++++++++++
三田さあああああああああああああん!!!!


■「J SPORTS CROWN 無差別級6人タッグトーナメント」2回戦
●忍、円華、菊池毅(10分44秒 垂直落下式ブレーンバスター)石井智宏○、飯塚高史、矢野通

 ここから公式戦。飯塚さんは今日も元気w
後から入場してきた円華&忍は奇襲成功。しかし菊地さんは飯塚さんにつかまる(汗)
飯塚さんの椅子 vs 菊地さんのコーナーマット。
・・・・・・・・しかし石井ちゃんが背後から菊地さんを襲ってチャンバラは見られずw

菊地さんが捕まる。耐える菊地。ある意味真骨頂。
耐えて耐えて若いふたりに託す。
忍選手が爆走。
石井選手を前に勝利寸前まで追い込む!
しかし石井の垂直落下式で決着。
CHAOS勢のタフなこと・・・。
終わってみれば、弾き返したて印象。

CHAOSが準決勝へ進出。


■「J SPORTS CROWN 無差別級6人タッグトーナメント」2回戦
○田口隆祐、プリンス・デヴィット、後藤洋央紀(10分21秒 キドクラッチ)ディック東郷、高橋裕二郎●、田中将斗

 決勝でもおかしくないようなカード。
先発は後藤 vs 田中。久々。
そして東郷 vs 田口。このマッチアップの戦いのリズムが心地良い。
アポロ555はアームロックスイッチワークを東郷さんに決める。

コンビネーションも光る両チームの対決。
見入っちゃいましたw
最後は田口が裕二郎の東京ピンプスを上手く切り替えして技ありの勝利!!
名前は東京ピンプスガエシーノになるのかしら?w


■「J SPORTS CROWN 無差別級6人タッグトーナメント」2回戦
天山広吉、井上亘、●キング・ファレ(13分37秒 コケシ→片エビ固め)小島聡、真壁刀義、本間朋晃○

 小島選手と天山選手が久々の顔合わせ。
天山さんが先発に出るとコジを指名!!!!テンコジ対決で開幕!!
今では何歩も先に歩いているコジですが、いつかはまた天山さんとの頂上対決、もしくは共に歩む姿も見てみたいものです。
コジは特に変化はなく、天山さんのほうが意識してる感じ。

流れ的にはコジマカベホンが試合のペースを。
序盤は井上選手をターゲット。
本間選手が頼もしかった。
最後もファレへのこけしでカウント3!!
本間選手のこけしでの勝率が上がってきてる気がするw

試合後もコジと天山さんが激しくやりあう。
永遠のライバル。


■「J SPORTS CROWN 無差別級6人タッグトーナメント」2回戦
棚橋弘至、KUSHIDA、●マスカラ・ドラダ(15分38秒 ガン・スタン→片エビ固め)獣神サンダー・ライガー、“ザ・マシンガン"カール・アンダーソン○、ジャイアント・バーナード

 メインは今日も棚橋さんのチームが。
入場早々、バーナードと棚橋さんがにらみ合い。後楽園ホール&札幌決戦を前にバチバチ視線。
もちろん、先発もこの二人。

強力なバッドインテンションズにKUSHIDAが捕まる。
体格の違いもあってか、かなり厳しい攻撃の数々に悲鳴をあげる場面も多め。
棚橋&ドラダもなかなかカットプレーに入りづらいポジション作りも見えました。
自コーナーへが遠い。
その分、温存されていた体力を一気に爆発するかのように棚橋さんが猛攻。
バーナードと激しい攻防、切り替えし。
アンダーソンとのエルボー合戦もなんとか制す。

アンダーソンとドラダの勝負へ。
ドラダが花道からのロープ飛び越えウラカンラナをしかけるも、アンダーソンはパワーボムで切り返す!!
しかし、ドラダのウラカンラナはカウント2!!
勝負をきめにいくドラダ。
再び花道からのセカンドロープをステップしての何かを仕掛けようと飛んできたものの、それをタイミングバッチリのガンスタンでアンダーソン勝利!!!
技ありすぎるインパクト!!

バナさんが棚橋さんにむかって何かアピール。
おそらくベルト奪取へ向けてのこと。

棚橋さんは悔しそうに退場。
今日は「愛してまーす!!」は無し。
ちょっと残念。



 さて、明日の準決勝は以下。
++++++++++++++++++++++
バーナード&アンダーソン&獣神サンダー・ライガー vs 飯塚&矢野&石井

田口&デヴィット&後藤 vs 小島&真壁&本間
++++++++++++++++++++++

 今日を見るとバーナード組が恐ろしい。さすがの総合力。
私的にはやはりコジマカベホンを応援しているが、後藤さんの動きも素晴らしいアポロ555もいいし・・。
うぅ〜ん・・・分かりませんw

コジマカベホン、頑張れ!!!!

JUGEMテーマ:プロレス
| からし | 新日本 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。