無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
【大阪】タッグフェス決勝!戦士に光りあれ・・・! 6・26IMPその2
 はい、大阪プロレス 6・26IMPホール大会その2です。

セミファイナルとメインのタッグフェス優勝決定戦!!

++++++++++++++++++++++
■スペシャルシングルマッチ 時間無制限1本勝負
○田中将斗(12分17秒 スライディングD→片エビ固め)ゼウス●

 SMASH参戦などなど他団体選手との対戦が続いているゼウス&The Bodyguard。
今回はゼウスがZERO1の誇るマグナム級弾丸戦士・田中将斗選手とシングルマッチ!


お互い、引くことのない真っ向勝負。

しかし田中将斗は体格以上に硬い、硬い(汗)
ゼウスに比べれば小さいものの、それ以上のオーラ、攻撃で身長が逆転して見えるような場面も。
ゼウスが上半身をかがめ、下から上に田中選手を睨みつける場面が多かったせいでしょうかね?
経験してきた修羅場の数も全然。
攻撃のエグさも容赦のなさも・・・。

「オイ、どうしたコラ!」

「スーパーフラアアアアアイ!!」

一発目のスライディングDは喉元をつかみそのままぶん投げ、さらにド派手なチョークスラムへ!!
試合後に田中選手が真っ先に驚きの声を上げていた「パワー」
いかんなく発揮し、弾丸選手を驚愕させる・・!
客席もどよめく。

しかし最後は肘銃から背後→正面のスライディングDでフィニッシュ・・!


試合後、ゼウスのパワーに驚きのマイクをおくりつつ、なんとZERO1の夏の風物詩・火祭りへの出場を推薦すると約束!!!
ゼウスも断るはずがなく硬い握手とともに、「次は絶対に倒しますから」と。
田中選手もそれに応える。

 試合としては田中将斗という存在、壁、破壊力に正面から弾き返されてしまった形。
パワーは申し分ない。あとはそれを上手に行かせる技術を経験と共に体得していけばのちのち恐ろしくなるのは間違いなく。
老若男女関係なしに愛されてる選手ですから、その声にムキムキと応えていってほしいですね。
ナチュラルボーンパワーファイター、人類60億分の1の奇跡と言われる新日本・中西学選手・・・・とはまた違う感じで、ゼウスらしくw


■大阪タッグフェスティバル2011優勝決定戦 時間無制限1本勝負
○タイガースマスク、ブラックバファロー(25分21秒 変形スリーパーホールド)空牙、ビリーケン・キッド●
※タイガース&バファローが優勝

 決勝戦のカードはタイガース&バファローvsビリー&空牙のJOKERコンビ。
タイガースとビリーは8月のビッグマッチのメインでタイトルマッチを行う二人。
好調なタイガースに対し「悩めるエース」となっていたビリーは自らを変えるためにルード軍であるJOKERの一員となり黒のコスに身を包み、スタイルもルードスタイルに一新。
JOKERボスの空牙と組んで決勝の舞台へ。



ルードなビリーさん。時をり薄ら笑いも浮かべる・・・。
場外では椅子を使った殴打も・・。初めて見ましたが、ここまで変わって見えるんですね・・。目が覆われて目の表情が見れないというのもあると思いますが・・。

タイガースが捕まる苦しい展開。バファローもなかなか救出に入れない展開が続く。

しかし、気合でなんとかタイガースをフォロー。

タイガース流の下から突き上げるようなドロップキック

しかし黒ビリー、急所を容赦なく蹴り上げ流れをもっていかせない。
そこから悪の連携で勝利まで目前か・・?
強烈なハイジャックパイルでバファさん、大ダメージ。しばし戦線離脱。

残されたタイガースが奮闘。
場外のHAYATAに気を取られるタイガース。その背後から空牙が椅子を振り被るが、逆にタイガースが振り向きざま正拳!!!カンフー映画みてぇ!!

しかしJOKERの勢いは止まらず。椅子でようしゃなく殴打。
そのあと絞り込みタイガースを起き上がらせない・・。

しかし誤爆を誘いこみ分断成功!そのままスリーパーで追い込む!

さらにタイガーススープレックスから胴締めスリーパーへ!
これでビリーが落ちた・・・・!!!!!!!

なかなか起き上がらないビリー。吉野レフェリーが何度も声をあげタイガースも張り手でビリーを揺さぶる。

起き上がりヨロヨロと退場しようとするビリー。
その背中越しにタイガースがマイクで叫ぶ。
「ビリー!悪くなったから強くなったか? 技を変えたから強くなったか?強く見せるのはやめろ!何年プロレスやってんねん!何ひきずってんねん?対抗戦か?東郷か? お前は弱い!本当に強い人間は自分の弱さを知ってる奴や!後輩の俺にこんなこと言わすな!」

このマイクを背中越しに聞いたビリーさん。
今はただ、無言でさがる・・・。

とりあえず優勝セレモニー。

そしてバファさんが締めのマイク。
「今日はタイガースが頑張ってくれました。正直、終盤、わたくし何もやっておりません!
大阪プロレスの問題児と言われた我々がやっと優勝できました。タイガースはすでにハリケーンに目を向けております。大阪ハリケーンにご期待ください。今日はありがとうございました、以上。」
なんだか納得行かないタイガースさんに代わりバファさんがなんとか場を収めたような感じに。
しかし、タッグフェス待望の優勝!!!


 今年のタッグフェスはタイガース&バファローの名コンビが優勝!
実に素晴らしい・・・!

しかし気になるのはやっぱり悩める戦士・ビリーケンキッドの行方。
どうなるのかと思っていましたが、この1週間後の昨日、7月2日の興行でなんとも衝撃的な動きが・・・・!!!

++++++++++++++++++++++
▼7・2 大阪ミナミMoveOnアリーナ『サマーハクションシリーズ開幕戦』
■シングルマッチ 60分1本勝負
●ビリーケン・キッド(10分56秒 トルネードスタンプ→片エビ固め)空牙○

※試合は空牙がJOKERを総動員してビリーを暴行。あまりにも酷いJOKERの乱入に痺れを切らした正規軍がビリーに加勢し大乱闘となる。
しかし、HAYATAのパウダー攻撃を喰らったビリーは空牙のトルネードスタンプで敗北。
さらに暴行を加えられるビリーを救出したのはなんと九州プロレスの筑前りょう太
筑前はJOKERを蹴散らしビリーにマイク。
貴様が心配で来てしもうた!どうしたんだ?みんなば笑顔にするって言ってたやろ?そぎゃん貴様は誰も見たくなか!大阪のファンの皆しゃん、ビリーばちょこっとの間預かってもよかやろか?俺が貴様ばみんなが好いとぉビリーに戻す!」
とビリーに握手を求めビリーは筑前についていった。
++++++++++++++++++++++

なんと、ビリーさんの修行時代の同志でもある九州プロの筑前りょう太さんが・・・!!!
これは完全に思いもよらなかったことに・・・!!
ビリーさんの危機に盟友が立ち上がった・・・!

筑前さんはこの日、九州でお昼に試合をした後に新幹線でこのためだけに大阪へいらっしゃったそう・・・。
かっこよすぎるじゃろ・・・!!!

 ビリーさんは筑前さんと共に九州へ復活をかけた修行へ。
これにより、翌日の鳥取大会は欠場となってしまいました・・・おろろーん
しかし、8月のビッグマッチのため。
また光り輝くまばゆく楽しいビリーさんを見られるように・・・と考えれば、素直に頑張って、と言うしかないっすね。
ビリーさんファンには残念ではありますが。ファンならば納得はしてくれる流れだと思います。

このタッグフェスの最後がかつて黄金のコスに身を包んでいた男の輝きを取り戻すためのスタートラインだったということかな。
最終戦でしたが、始まりでもあった。

8月に行われる年に一度のスーパービッグショー「大阪ハリケーン」へむけ一気に展開が加速。
最高の頂上決戦へむけ、目が離せなくなってきました。

1週、1週で大きく動いていく予感もします。
はてさて、どうなる・・・!!

 以上、6・26観戦記でした!!

以上〜!

JUGEMテーマ:プロレス 
| からし | 大阪プロレス | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。