無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
【新日本】真夏の祭典開幕!!今年は誰が飛び出す!? 8・1福岡国際センター
  お久しぶりです!!!

修羅場のような7月の激務を何とか生き抜いてようやくの更新です(汗)

今日から8月。
そして何と言っても真夏の祭典、新日本プロレスのG1クライマックスが開幕しました!!!

なんと今年は開幕戦が福岡2連戦!
しかも今日はPPV生中継!!!

もう見るっきゃないでしょ!!!ってことでお座敷アリーナに座りました!!

 私は去年に続きコジを応援。ただ、コレはコジファンとして毎回のことなので。 それを置いとくと、今年は中邑さんの待望の優勝に期待。同世代としても応援してます。 次に棚橋さん、鈴木さんって感じかな。バナさん、内藤さんがこの予想、期待を裏切って優勝しても最高
ようは決めらんないんだよ!w

そんなワクワクな気持ちを抱き、いざ21回目の真夏の祭典、ついに開幕!!

++++++++++++++++++++++

■Bブロック公式戦
[1敗=0点]●井上亘(8分41秒 スワンダイブ式ファイヤーバードスプラッシュ→体固め)ラ・ソンブラ○[1勝=2点]

 井上のスピアを膝で迎撃。そこからの追撃でコーナーからの何かを狙うも持たついてしまい逆さ吊りに。
しかし井上の攻撃をかわしてのアラビアンプレス、そしソンブラがスワンダイブ式ファイヤーバードのようにダブルニーを突き刺さして3カウント。
ファイヤーバードのミス?よくわかんない(汗) 

■Aブロック
[1勝=2点]○ジャイアント・バーナード(9分47秒 バーナードライバー→体固め)ヒデオ・サイトー●[1敗=0点]

 先シリーズから何かと話題を集めていたヒデオ。
しかし今日はなんと黒のショートタイツ姿!!
風貌はボサボサ髪に髭面でしたが、まるで平澤光秀・・・!!

しかし試合が進むにつれ徐々にヒデオの表情が狂い始め、そしていつもの「ヒデオ・サイトー」モードへシフト!!
ゴングを使った攻撃、首絞めなど、先シリーズで狂い咲きしたスタイルに・・・!

カリビアンデスグリップでバナさんが片膝をつく・・・!
バナさん、失神寸前?もギリギリロープエスケープ・・・!
再度、カリビアンデスグリップもこれはネックハンキングボムで逆襲。
更にボディプレスからのバーナードライバーでバナさん勝利!

しかしヒデオ、そうきたか・・・!!

■Aブロック
[1敗=0点]●矢野通(6分29秒 エベレストジャーマンスープレックスホールド)高山善廣○[1勝=2点]

 高山さんはNO MARCYスタイル。
矢野さんが登場早々に水をぶっかけゴング!!
そして矢野さん、ハサミ投入!
早くもバーバー矢野開店・・・・かと思われたが、高山さんが間一髪で回避!!

矢野さんのコーナーマット外しはきょうも絶好調。
自分の背中が打ち付けられるも、直後にしっかりお返し。
矢野さんが目潰しミストからの裏霞はカウント2。
高山のジャーマン狙いは急所蹴りで回避。
さらにレフェリーに誤爆させたところで椅子を持込みフルスイングもかわされるとエベレストジャーマンで3カウント!!
帝王の一撃必殺!!!

しかし、敗れはしたが矢野さん劇場!!


■Bブロック公式戦
[1勝=2点]○後藤洋央紀(10分37秒 後藤式)天山広吉●[1敗=0点]

 天山さん、初戦にして苦しい相手。
後藤の七色の首殺しにどれだけ対応できるかで今後の戦いに大きな影響が。
最終戦の小島聡まで辿りつけるか・・・!?

後藤の首殺しに対し、指に噛み付くなどなりふりかまわない天山さん。
牛殺しを喰らうも、ヘッドバットの打ち合い、ラリアットのぶつかり合いで必死に対抗!
天山のツームストンはカウント2。さらにアナコンダバイスで締め付ける!
しかし後藤が強引に外してラリアットの打ち合い!
天山のアナコンダバスターを後藤が回避し、必殺の足極め式エビ固めで切り返しカウント3!

 なによりも天山さんの奮闘に何かウルッときちゃいましたね。
天山さん、頑張れ!!


■IWGP Jrヘビー級選手権試合
[王者]○飯伏幸太(16分10秒 フェニックススプラッシュ→片エビ固め)田口隆祐●[挑戦者]
※第61代王者が2度目の防衛に成功

 デヴィちゃんが2度も敗れ、今回はスーパージュニア決勝で敗れた田口さんがリベンジ、そしてデヴィちゃんの無念を胸に至宝奪還へ!!

田口さんは握手を拒否。そしてゴング。
田口さん、一手一手をコツコツと。先に空中を舞ったのは田口さん。

飯伏くん、じょじょに逆襲開始。
スワンダイブ式ミサイルキックもズバリ。さらにミドルキックからのその場飛びシューティングスターから、そのままセカンドロープからのムーンサルト。しかしカウント2。

田口さん、ロープの反動を利用してのブレーンバスター、さらに同じくロープの反動を利用して前に落とす投げでペースを譲らず。 しかし飯伏もコーナー上の田口をオーバーヘッドで迎撃。その後、雪崩式フランケンもこれは田口が切り返す。お互いに譲らない攻防
飯伏が打撃の打ちあいに優ったかと思いきや、田口がカウンターのラリアット!さらに延髄からジャーマンはカウント2。どどんは飯伏が避けると、その場飛びシューティングスター!しかしカウント2!
田口がコルバタからどどん、かと思いきや虚をつくタイガースープレックス!さらに強力な飛び込み式ラリアットからどどん!!カウント2!!
田口がどどんスズスロウン?かと思いきや投げっぱなしタイガースープレックス。しかし飯伏が着地するとカウンターのラリアット!さらにコーナーへ槍投げ!!!!
飯伏のハイキックはカウント2。更にライガーボムもカウント2。するとフェニックススプラッシュ!!!カウント3!!飯伏が防衛!!!!

 ちくしょーーーー!!!!!! 田口さーーーん!!!。゚(゚´Д`゚)゚。
今回もどどんスズスロウンは決められなかったか・・・。
くぅ・・・・・! やっぱ強い!!!!
田口さんが負けたのは悔しいけど、素直に拍手!!
…次、誰が行くんだよぅ…

 ■Aブロック公式戦
[1敗=0点]●内藤哲也(10分52秒 東京ピンプス→片エビ固め)高橋裕二郎○[1勝=2点]

 因縁の対決。
内藤は新テーマ曲に。
内藤のコーナーでのアピール中に裕二郎が雪崩式フロントスープレックスで奇襲。

序盤は裕二郎が内藤のボディを中心に。
内藤は裕二郎の足に照準を絞る。
雪崩式のニークラッシャーという荒業も。
さらに膝への低空ミサイルキック。
さらに美しいジャーマンはカウント2。
さらに膝へのルチャ。キーロックの足版のような形。
ここで内藤がTシャツを脱ぐ!
裕二郎へのジャパニーズレッグロールクラッチはカウント2。
裕二郎のインカレスラムはカウント2。
東京ピンプスでカウント3!!

ぬーーーーん。内藤さんがいい感じだったけど、裕二郎が一気にラッシュをかけた感じ。
正直、あら?って感じだったなぁ。
内藤のレボルシオンが見れなかったなぁ。

■Aブロック公式戦
[1敗=0点]●真壁刀義(8分18秒 ファイナルデイズ→片エビ固め)ランス・アーチャー○[1勝=2点]

 アーチャー、でかw
何やら英語でまくし立てるも、真壁さんも高笑いで対抗。ラリアットで先制成功。
しかしアーチャーも長身と荒々しさでキングコングの自由を許さない。

アーチャーがムーンサルト自爆!!真壁がジャーマン!
豪快に飛び、豪快に投げる両者。
真壁がスパイダージャーマンからキングコングニーにいくもこれはかわされる
そしてアーチャーがファイナルデイズ(裏DDT)!!
これがカウント3!!勝者、アーチャー!!

真壁さん、初戦で敗れる!!
(ノ∀`)アチャー ・・・なんちてw

■Bブロック公式戦
[1勝=2点]○小島聡(12分40秒 ラリアット→片エビ固め)鈴木みのる●[1敗=0点]

 小島 vs 鈴木。
全日本から続く不思議な縁の二人。
新日本のこの大舞台でもマッチアップ!!!

真正面からいくコジ。時にスカす鈴木。
トップロープを挟んでの腕ひしぎでコジが悲鳴をあげる。
鈴木はリングアウト勝ちを狙う。省エネ。

小島の「いっちゃうぞバカヤロー!」も、その隙だらけの瞬間を狙う。
鈴木みのるワールド。
縦横無尽の腕攻めで小島の苦しい時間が続く・・・・。

鈴木のスリーパーはバックドロップで返す。
そして小島が垂直落下式ブレーンバスター!カウント2。
そしてコジがエルボーパットを外す仕草をしたその瞬間にタイチが乱入!!
気を取られた小島の背後から鈴木がスリーパー!! タイチ帰れーーー!!!

小島がエルボーパットを外しそして剛腕炸裂!!!
カウント3!!! 昨年、優勝を決めた時のように雄叫びをあげるコジ!!!!!!
よっしゃーーー!!!

 内容は鈴木さんの世界。
しかし最後にコジが意地で勝利をゲット。
ただ、この一戦の傷跡は明日以降の公式戦に大きすぎる影響を残したような気もします。
とてつもなく大きな代償を払った一勝か!?

■Bブロック公式戦
[1勝=2点]○MVP(12分2秒 イリバーシブルクライシス)中邑真輔●[1敗=0点]

 中邑が膝、蹴りでMVPを蹂躙。
序盤はMVPが腹部を押さえてうずくまる場面が目立つ。
反撃も腹部の痛みで動きが遅れてしまい反撃を許してしまう。なかなかノレないMVP。
中邑の戦略がハマる。

しかしMVPも許さず。
アッパーエルボーからのかち上げローリングラリアット。
プレイメーカーはかわされ中邑の怒涛の仕返し。
フロントネックで締め上げ、そのままリバースパワースラム!
MVP、腹部を押さえ苦しむ・・!
そこにボマイェ・・かと思いきやMVPがカウンターの蹴りからプレイメーカー!カウント2。
中邑が腕ひしぎでとらえようとするも堪えるMVP。
持ち上げてパワーボムのように叩きつける!

立ち上がるとMVPが新技・イリバーシブルクライシス(腕決めクロスフェイスロック)!!
これで中邑がギブアップ!!!! MVPが勝利!!!!

息を飲んだ攻防。
最後はMVPの新技がズバリ。
中邑さんがまさかのギブアップという衝撃・・・!!

■Aブロック公式戦
[1敗=0点]●棚橋弘至(18分19秒 バックドロップホールド)永田裕志○[1勝=2点]

 この日のメインは棚橋 vs 永田!!
平日19時開始とはいえ、この時点で22時前。ひー(汗)

あの後楽園ホールのIWGPタイトルマッチの棚橋 vs 永田は凄かったなぁ・・・。
その顔合わせが今、再び。ワクワクすんね・・・!

序盤は棚橋の足殺しが永田を襲う。
足4の字の攻防。見慣れた光景も非常に手に汗握る素晴らしい光景。

永田さん、膝がキツくて上手くラッシュに持ち込めない。
延髄をかわされグラウンド式のドラスクをくらう。さらにテキサスクローバー!キツイ・・・! 永田さん・・!

タナのスリングブレイドはカウント2。
更にハイフライフローを狙ったタナだが、永田さんが起き上がるとコーナー上で攻防。
永田さんが物凄い形相から競り勝つと雪崩式エクスプロイダー!!

永田さんの「青義の張り手(by野上アナ)」とタナの「愛の張り手(by野上アナ)」の張り合い!
タナが走りこんできたところを永田さんが腕固めへ!縁起物の白目開眼!

永田さんの延髄蹴りからのバックドロップはタナが切り返す。
タナが二発目のスリングブレイド。ファルコンアローからハイフライフローは剣山!
そこを永田さんがすかさず丸め込む!しかしカウント2!
永田さんの串刺しニーからマジックスクリュー!! 永田さんがノッてきた!

永田さんのバックドロップホールドはカウント2!
タナがドラゴンSHを狙うも永田がアームブリーカーからの強烈なハイキック!!
そこからバックドロップホールドでカウント3!
永田さん、激勝!!!!
親指を立てる永田さん、カッケーーー!

 そして注目の『ナガダンス』披露!!
スコアーをBGMに華麗(?)なステップで会場を沸かすwww
野上アナ「何かよくわかりませんけど、この動き!!!」w

永田「2011年G1クライマックス、優勝する!オレのテーマはアンチエイジング!!!! 1、2、3、ゼア!!!」

永田「楽な相手じゃなかった分、突破した喜びはこの上ないですね。そろそろ棚橋には勝っとかないとでかい口叩けなくなるんで。オレも要所要所負けない所はあるんで。
前回の選手権で足を責められて、その悔しさもあったんで。そこは気持ちの強さで振り切って。蹴られたら蹴られた分だけ。
時代からの後押しが無く、正面からの向かい風があるほど燃えますんで。
 青春はこれからですから。人生、まだまだ楽しまなきゃ。そういうのをリングで広めて若さをいきたいなと。
最高のスタートがきれたんでずっと両国まで突っ走っていきたいです。春男から夏男へ!
 ナガダンス?
足が痛かったんですけどねwやると言ってしまった以上はw
エアギターのお返しの意味もこめて。でも、もういいや(笑)」

ナガダンス、やめちゃうの?wwwww
とにかく劣勢からの逆転が大興奮をよんだメイン!!
王者を怒涛の猛攻で大撃破!
いや〜、かっこ良かった!!


山崎さん「棚橋は王者としてコンディションを整える時間も割いて王者としてG1を盛り上げる責任感ある活動もしてきました。対して永田はココ一本に絞ってやってきた。特に棚橋を撃破するためにコンディションを整えてきた永田の勝利。あっぱれ。しかし素晴らしい試合でした」

王者はリングで戦うだけが仕事にあらず。
激務の中でも団体の頂点として戦い抜いていかねばならぬ過酷さを山崎さんは解説。
しかし、ココまでの激闘。素晴らしい!
ただ、G1は始まったばかり。
逆襲はココからでも十分!!

さぁ、いこうぜ、G1!!!!!!

プロレス界の夏が始まりましたよ!!!


JUGEMテーマ:プロレス
| からし | 新日本 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。