無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
【ALL TOGETHER】もう一回もう一回!プロレスは復興の力に! 8・27日本武道館
ALL TOGETHER!!!!

昨日は各地で非常に多くの興行が行われましたね。
そんな中、一番の注目はもちろん、この大会!!

新日本プロレス、全日本プロレス、NOAHという「メジャー3団体」が一つになって行われたビッグイベント!!!

自分はこの日、鳥取で行われたプロレスイベントに参加していましたが、PPV再放送を購入して見ました!!!


 まず、日本武道館の360度全ての客席をフルに利用し、アリーナから二階最上段まで「ビッシリ!!」だったそう。
私がいつもツイッターでお世話になっている多くの方々も足を運ばれていましたが、みなさんが口をそろえてその壮観な光景に驚きと感動の気持ちを示されていたように感じました。
3団体のプロレスファンがそれぞれ今大会の意味、ワクワク感を胸に同じ場所に集う!
とにかく開幕を知らせる暗転からのどよめき、盛り上がりの凄さがTVでも凄く伝わりましたねー。

参加選手数、なんと82名!!
そんな大人数だけに、初めてカード発表のリリースがあったときは「詰め込み感が凄い」など、なんやかんやと言われていた感じもあった気がしますが、いざ始まってみれば参加選手の多さが「どのタイミング、組み合わせもプレミアム!」という意味で見逃せない瞬間の連続を生み出して盛り上がりを持続させていたようにも感じましたね。
初接触という関係も各カードで多かっただけに、選手も自然に力が入っていたと思います。

今大会については試合内容やカードについて「あーだこーだ」と書き殴るのは何か違うんじゃないか?という気がするので、感想は本当に簡単に。
まずは、こうして行われたことに存在する大きな意義、意味。

ただ、先に書きました通りワクワクとゾクゾクが止まらない試合の連続。理屈抜きに素晴らしい大会でした。
3団体が一つの意志の元、同じ場所に集い、そしてファンもその気持ちを理解し、大いに盛り上がった。
この熱が今後も東北に暖かく届いていきますように!


 そしてそして、お祭り感というのも半端なかったですが、そんな中でも「新たな戦い?」も生む緊張感もあったりと4時間超の時間が「あっ!!」という間でしたねー。

そんな今大会の開幕宣言はNOAHの丸藤正道選手!!
GHCグランドスラムはもちろん、IWGP Jr、世界ジュニア王座という3団体のタイトルを巻いた実績もある丸藤さん。
「3団体の代表」と言ってもおかしくないかな、と。
そこから3団体ヘビー級王者を呼び込んで、東日本大震災被災地復興支援のためのフェスティバル、スタート!

++++++++++++++++++++++
▼8・27 日本武道館『ALL TOGETHER』

■30分1本勝負 ALL TOGETHER オープニングマッチ SUNRISE OF J
大和ヒロシ、BUSHI、○石森太二、飯伏幸太(10分5秒 450スプラッシュ→エビ固め)リッキー・マルビン●、近藤修司、カズ・ハヤシ、タイガーマスク

 メジャー3団体所属以外では唯一の他団体所属選手の飯伏選手と近藤選手が物凄い意識的なぶつかり合い!
二人はかつてエルドラドで対戦経験もあり。
そして何より、飯伏選手は近藤選手からプロレスの基礎を学んでいたという事もあり、久々のぶつかりあい。
現在は新日本のIWGP Jr王者としても君臨し、これ以上無いような舞台で再会。
これは素直にNEXTが見たいですよねぇ。


■30分1本勝負 FIGHTING FOR FUTURE
谷口周平、○真田聖也、内藤哲也(11分10秒 ムーンサルトプレス→体固め)高橋裕二郎●、征矢学、モハメドヨネ

 大会開催リリースの後すぐに行われた「見たいカード」のファン投票1位だったというのが『内藤哲也 vs 真田聖也』。
しかし今回は二人は同じコーナーで6人タッグマッチ。
各団体の注目の新世代選手が集ったカード。
そこにヨネさんがいるというのは、この際つっこまない方向でw

試合後に谷口選手とは握手した内藤選手。
しかし真田選手とは握手をかわして退場。
・・・・・当然、「次」に期待してイイんですよね!
まだまだ続くよ、この日の夢は!


■30分1本勝負 OVER THE BORDER
○真壁刀義、齋藤彰俊(9分55秒 キングコング・ニードロップ→体固め)後藤洋央紀、太陽ケア●

 真壁選手と齋藤選手。
ソロでも絵になる選手ですが、二人並んだ姿が予想を上回るかっこ良さで震えてしまいました!
決して二人が歩みを揃えてやるわけではない。けれども、気持ちは一緒。
連携らしい連携はなかったような気がしましたが、その気持ちの部分が物凄くでていましたね。
普段から慈善活動をされている真壁さん。
そして、「死神」というニックネームもありますが、それは「死」や「別れ」を十分に知り、それ相応の覚悟を背負って戦っている齋藤さんの「優しさ」の証明。
そんな二人だから変に歪みあったりするわけもなく。
直接的な言葉のかけあいはなくともビンビン伝わってきました。

対する後藤選手とケアさん。
後藤さんは新日本でも“太陽”と組んでいましたけど、ココでも他団体の“太陽”と組むってのが面白いですね。
ケアさんは久々の武道館!!
あの超満員の風景。どんな気持ちで眺めていたのかなぁ。
入場時に会場を眺めていた時の表情が印象的でした。


■30分1本勝負 JUNIOR ONE NIGHT CARNIVAL
プリンス・デヴィット、田口隆祐、鈴木鼓太郎、中嶋勝彦、○KAI(15分7秒 スプラッシュプランチャ→片エビ固め)金本浩二、稔、金丸義信、KENTA、平柳玄藩●

 アポロ55、GHCジュニア王者、健介オフィスのエース、現世界ジュニア王者!
更に対角にはNO MARCY、ジュニア・スターズ!!!
文句なしの3団体のトップジュニアが集結の画に震えましたね・・!

そんな役者ぞろいの中でも玄藩選手の存在感たるやw
仲間からのイジラレっぷりも見事でしたw

稔さんとデヴィちゃんの久々の再会!プリプリ!!
そして中嶋選手と金本さんの喧嘩っ早い者同志の対決!!
どれも良かったな〜!
金本さんとKAI選手は試合後も激しく。
金本さん、まだまだ世界ジュニアを狙ってるのかな・・?


■30分1本勝負 ONE NIGHT REUNION
獣神サンダー・ライガー、○船木誠勝、佐野巧真(12分47秒 スタンディング片羽絞め)鈴木みのる、タイチ、青木篤志●

 ライガーさん、船木さん、佐野さん。かつての盟友が集結。
ライガーさんはこの日「サンダーライガー」と「獣神ライガー」のハーフ&ハーフマスク。
この試合後、解説席に座っていたライガーさんは、全試合終了後にこのマスクにした意味を語られていましたね。
船木さんとのダブル掌底はかっこ良かったなぁ〜!

そして対する鈴木軍。鈴木さんをボスとして稼働。
なんだかんだでも、青木選手もついて動いてましたねw
そしてタイチくんは相変わらず調子にのってたw

そしてセコンド業を一生懸命頑張ってた新日本の三上選手。
試合後に鈴木さんの八つ当たりに会うアクシデント(汗)ほんと、お疲れ様でしたw


■時間無制限 デストロイヤー杯争奪 ALL TOGETHER スペシャルバトルロイヤル
[新日本]ヒデオ・サイトー、石井智宏、外道、渡辺高章、高橋広夢、KUSHIDA、本間朋晃、S・S・マシン
[全日本]リ・チェギョン、 征矢匠、曹駿、中之上靖文、MAZADA、渕正信、レネ・デュプリ、ジョー・ドーリング
[NOAH]ザック・セイバーJr、井上雅央、小川良成、田上 明
[健介オフィス]西川潤、梶原慧、宮原健斗
※特別立会人:ザ・デストロイヤー
○志賀(11分54秒 外道クラッチ)外道●

 休憩明け、ザ・レジェンド“白覆面の魔術師“白覆面のザ・デストロイヤーさんが!
この試合の主役は渕さんだったかなw
17000人の特大「渕」コール!
35年前のオールスター戦の時にも出場されていた渕さん。デストロイヤーさんともう一人のレジェンド。
(マシン選手の中身があの方だとすればもう一人いるw)
試合中もジョー・ドーリング選手の背中にのっかって強そうにしていたのは何気に癒されポイントでしたw

最後に勝ったのは志賀さん!
外道さんの外道クラッチを、さらに外道クラッチで3カウントをゲット!
デストロイヤーさんのサイン入りマスクをかぶせてもらってパンチパーマデストロイヤー誕生!

あと、ヒデオくんが最初から寝ちゃってたのは笑ったww


■30分1本勝負 MIDSUMMER ENCOUNTER IN BUDOKAN
●西村修、永田裕志、天山広吉、井上亘(11分20秒 バックドロップ→片エビ固め)吉江豊、森嶋猛○、浜亮太、曙

 新日本第3世代が集結!!
しかし、当初ここには小島聡選手がエントリーされていましたが、G1最終戦で負傷。
残念でしたが募金活動を頑張っておられたそうで、リングの上は井上亘選手が小島選手の代わりに奮闘。

そして超巨漢カルテット(汗)
リングが壊れないか、冗談抜で心配でしたw
これはリングに対しても「お疲れ様、頑張ったね」って感じですねw

SAMURAIで三田佐代子さんも見どころに挙げられていましたが、「森嶋選手が痩せて見えた」(汗)
他の3人が横に広すぎるんですよw


■30分1本勝負 NO FEAR! GO AHEAD!!
秋山準、○佐々木健介(15分44秒 ノーザンライトボム→片エビ固め)大森隆男●、高山善廣

 全カード発表された時から話題の中心でもあったNO FEAR復活!!実に9年ぶり!!
特別な練習等はされていなかったそうですが、懐かしい連携もバッチリ。

そして秋山さん。
入場時からNOAHのタオルを堂々と掲げ(すっごくかっこ良かった!!!)、大森さんに見せつけたりと、秋山さんと大森さんの間にある緊張感あふれる関係。
そんな二人が試合の各所の攻防でみせるアクションをどう見たか。
試合後、秋山さんが大森さんの手を取り健闘を称えるかと思いきや、リング外に投げ飛ばしたシーンも含め、長く見続けてるプロレスファンの皆さんへ、今後を期待したり語り合ったりする良い材料にもなったんじゃないかな、と思います。

凄く笑顔になってましたよね、秋山さんwドSw


■60分1本勝負 BELIEVE THE POWER OF "Prowrestling!
○小橋建太、武藤敬司(14分58秒 ムーンサルトプレス→体固め)飯塚高史●、矢野通

 はい。もう理屈はいりません。
大スター二人。並び立った時のオーラ。
高鳴る鼓動、鳥肌全開。『プロレス』を全身にまとっている二人。文句なし!

腕、膝の手術。そして癌との戦いの勝利。
「小橋建太」選手そのものが「復活」そのもの。今大会の意味とエールを象徴する存在ですね。

飯塚さんも矢野さんもイイ仕事、されてましたね。

最後は武藤さん→小橋さんのムーンサルトのリレーというとんでもないサプライズフィニッシュ!!!
プレミアム級のエール!!

もう、何を書いても安っぽく感じられるので、本当に、何かで見てください!!(汗)

ライガーさん「プロレスの中には人生がある!これぞオールトゥギャザー!」 

まさしく!!
そして、小橋さんは満員の武道館がよく似合いました!


■60分1本勝負 ALL TOGETHER NOW!
○棚橋弘至、諏訪魔、潮崎豪(22分50秒 ハイフライフロー→体固め)杉浦貴、中邑真輔、KENSO●

 メインでは新日本、全日本、NOAHの3大王者が揃い踏み!!!
そして前日の記者会見から猛威を振るっていたKENSOさん、やはりこの試合のキーに(汗)
とにかく・・・(汗)
最後には味方の二人からも凄まじい攻撃をくらってましたし、三団体王者のフィニッシュホールドを一気に浴びたKENSOさんはこの日一番の贅沢者?(汗)
揺るぎ無い世界観。素晴らしい!w


 そして最後は棚橋さんのマイクから来年2月19日に仙台で第2回大会開催決定!!
ALL TOGETHER、まだまだ繋がっていくんだ!
これはとんでもなく嬉しいサプライズでしたねー!

そして公式テーマ曲を製作されたFUNKISTの皆さんとのライブの共演へ。
棚橋さんのエアギターも全開バリバリでしたねー。
そこに呼応したNOAHの谷口選手もグッジョブw
(秋山さんに煽られてたんですよねw)
全試合終了後に自然発生したという「プロレス最高」のチャントは感動しましたねぇ。

++++++++++++++++++++++

なんだかプロレスの持つエネルギーの凄まじさをとても感じさせられた興業でした。
来年2月にまた夢をつなぐ。
今度は被災地の皆様へ直接。

プロレスはいつでも復興のシンボルなんだ!

もう一回!もう一回!

ALL TOGETHERの歌と共に全国に広がってほしいです!!

JUGEMテーマ:プロレス
| からし | プロレス | comments(0) | trackbacks(5) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://kimagure-guda.jugem.jp/trackback/2373
2011/08/29 12:23 AM posted by: ピンクレディーデビュー35周年SinglesPremium発売と秘蔵映像
Singles Premium発売 ピンク・レディー 秘蔵映像も
2011/08/29 6:54 AM posted by: 30日でマスターするギター講座DVD&テキスト
超初心者も一度挫折した人も大丈夫!テキスト&DVDで構成される教材で自宅で簡単に学べてアルペジオによる弾き語りまでマスターできます。
2011/08/29 7:07 AM posted by: KPOPを代表する少女時代とAV美脚伝説
KPOPを代表する少女時代とパクリ?AV美脚伝説
2011/08/29 9:16 AM posted by: -
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
2011/08/30 4:19 PM posted by: 奥さんGOGO!!のblog
ども!紳助さん問題は、日増しにボロボロと明らかになる事実があって収束する方向に向かいません。元タレントの島田紳助さん(55)が、引退のきっかけとなった暴力団関係者との106件に及ぶ“親密メール”を、30日発売の週刊朝日が報じた。 元ボクシング世界王者