無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
【やず☆わったいなプロレス】心地良い手作り感プロレスを見てきましたよ☆ 8・27郡家ふれあいドーム
 こんばんわ☆

27日はALL TOGETHERとIGFで盛り上がっていたプロレス界ですが、我が鳥取でもちょっとしたALL TOGETHER。

鳥取県東部に位置する面積206.71屐⊃邑約18,000人の町。
そこで地元を、日本を元気にという暖かなプロレスイベントが催されました。


その名も『やず☆わったいなプロレス』

開催のきっかけは八頭町の皆さんから。
細かな開催への流れは以前、当BLOGでも触れさせていただきました。
以下、5月30日に日本海テレビで取材された模様をUPしたものです。
=====================
=====================

藤原卓也さん」という八頭町在住のプロレスラーを中心にした興業を「町の皆さんから」発信。
なんと素晴らしいことでしょう。

会場に着けば屋台もでていたりと「夏祭り」感も。
私もいくつか食べ物を購入し、コンディションも万全に観戦に望みましたよw

そして会場入口では大会のプログラムを無料配布。
開くと進行表と参加選手のプロフィールがバッチリ。
普段プロレスとは触れ合う機会が少ないと思われるお客さんがほとんど。
試合中、この選手プロフィールに時折目を通しながらリングを眺めているお客さんがたくさん見られました。グッジョブ。
かくいう私も、正直、「名前だけは耳にしたことがある」という選手がほとんどでしたので、凄く助かりましたw

そんなパンフを眺めながら友人と話をしつつ、いよいよ開始。

++++++++++++++++++++++
▼8・27 八頭町郡家ふれあいドーム『やず☆わったいなプロレス』
まずはこの日の主役、藤原卓也選手が挨拶。
実行委員長もリングでご挨拶。

【お願い】今大会の試合結果リリースは専門メディアさんに出ていないので、あくまで「私の記憶」が元になっていますので、正確ではない部分もあるかもしれません(汗)
そして決着の時間は勿論分かりません。
この二点についてはどうか「ゆる〜い」感じでご了承ください(汗)

藤原選手の奥様もレフェリーとして参加。
実行委員会の皆さんが中心となって作るプロレスイベント。


■第1試合
●クラッシャー村松(アンクルホールド)KEIGO○

 第一試合は「松江だんだんプロレス」の2選手の試合から。
青いタイツがクラッシャー村松選手(昭和チックリングネームに好感)。
手前の迷彩スボンがKEIGO選手。
オーソドックスな攻防。プロレスの基本。
普段、いろんな団体さんの中継なり、生観戦なりしているとアレな部分も感じちゃいますが、ココではそれは多めに。
お客さんに「プロレス」のオーソドックスな形、攻防を見せる部分ですね。


■第2試合
○ライジングKID[J2000](雪崩式フランケンシュタイナー→エビ固め)ミステリコ・ヤマト●[松江だんだんプロレス]

 第二試合は軽量級の2選手の対戦。
大阪の「J2000(ジャパンプロレス2000)」と島根の「松江だんだんプロレス」の交流戦みたいな感じかな。

どっちもWWEのミステリオっぽい対決(苦笑)
色違いの兄弟が戦ってるみたいにもw

両選手ともにリングサイドのお客さんとタッチしながら登場。
今思い返すと、これでじょじょに盛り上がりが始まっていったかな?

ジュニアの二人らしく、飛び技もバンバン。
ジュニアのシングルマッチの場合、序盤のプランチャ合戦は両者共に「一回づつ」というのが普通だと思いますが、この二人は2回ずつくらい飛んでたw
ちょっと高さが足りなくて危ない場面もあり、それも合わせてか「おー!?」というどよめきも。


【ブレイクタイム】出番前にリラックスするディアブロたん(第4試合に登場)
この休憩が生きたか、本番では大暴れしますが、その内容はまた後ほどw

後半はとにかく大技のラッシュ、ラッシュ。
色んな団体の大物選手のフィニッシュホールドのラッシュ。
個人的には「いいのかな?」って思ったりもしましたが、それはまた別の話。
今回はそこまでのツッコミはやめましょw
少し怖い場面もありましたが、会場も驚きの声があがっていたと思います。

最後はライジングKID選手が勝利。
終わったらノーサイド。
ライジングKID選手がマイクで「お互い頑張っていこう」的な感じで健闘を讃え合う。
二人がまた会う日はくるのでしょうか・・・?
続く?


■第3試合
○救世忍者乱丸[フリー]、グレートカイザー[デビルファクトリー](忍法丸め込みの術)小仲=ペール・ワン●[666]、THE ZACK[フリー] 

 第3試合はユニークな試合。
大阪プロレスから乱丸さん、そして大阪プロでもたまに参戦されては催眠術などでインパクトを残していらっしゃるグレート・カイザーさんがいらっしゃったので自分も楽しみ。
さらにさらに、SAMURAIのインディーのお仕事で初めて見てから強烈に脳内に焼き付いていた小仲=ペールワン!!
実は、この日、一番楽しみだったりしてましたw

左が小仲=ペールワン選手。リングイン早々コーナーで逆さまにあぐら(汗)
右がTHE ZACK選手。WWEのカリスマスーパースターロック様こと「THE ROCK」のオマージュレスラー。
「If you smeeeeeee!!!」でお馴染みのあのテーマ曲で登場。
この後、コーナーでもロック様のように片腕を上げ決めポーズ。
ロック様好きの私と友人は興奮w
この会場に分かる人がどれだけいたんだろうかw

小仲=ペールワンのアップ。やっぱ怖い(汗)

試合開始。カイザー vs ペールワン。ロックアップ。
腕を絞られると「ヒャアアアア!!」と奇声をあげ膝の力が抜けていくペールワンw
なお、画像からも分かる通り、白塗りは自分の手の届く範囲しかできないためか、背中は地肌(汗)
懐かしのおぼっちゃまくんの「貧ぼっちゃま」感w

乱丸さんとZACKの対戦。ZACKのこの余裕の表情w

乱ちゃん、後ろ後ろー!(汗)

THIS IS 小仲=ペールワン。軟体ホラー逆エビ・・・!

お馴染み、忍法金縛りの術!!!

カイザー、みなぎるパワー。
ポカリスエット!!! イオンサプライ!!
(分かる人にしか分からないカイザーさんネタw 是非、カイザーさんのいる試合を見てご確認をw)

ZACKボトム!!

さらに「業界一シビれる技」ピープルズ・エルボー!!…のオマージュ版!!!
ZACK「ピープルズ・エルボー知ってる人ー?」
会場の反応はなかったですが、私と友人はしっかり心の中で手を上げておりましたよw

乱丸さん、ペールワンの策略にはまりマンボレフェリーのマンボな部分へピットイン(汗)

奇妙奇天烈不思議で怪しく激しいリングを眺めるサウザーさん。この後の試合に登場です。

最後は乱丸さんが丸め込みで3カウント。忍者が呪怨を除霊。

納得いかないペールワン。
マンボレフェリーを襲撃。ストンピングがガチw
怪奇派は手加減しないのですw

退場。ペールワンの姿が激闘を物語ります。

試合前から公衆の面前でイチャイチャぶりをみせていたお二人。退場時もこんな感じw
仲よき事は美しきかなw

ワイワイと会場の雰囲気もよかったですねぇ。
ユニークプロレスはこういう村祭り的なところで素晴らしい効果を生んでくれます。
今大会向き。

ZACK様のキャラはこういう会場では効果半減かも?w
分かる人はすっごく反応しちゃうんですけどねぇ(汗)
そして何と言っても小仲=ペールワンの脅威は存分に感じさせてたと思いますw
メイン後のバトルロイヤルでも主役にとんでもないことをやらかしてましたしねw
それはまた、後日に(汗)

======================
乱丸さんも楽しんでいただけたようで良かった!!
DVDは売れたようで、更によかった!
大会終了後、最後の一枚を売るため外にまで出てアピールされてましたw
よかった!

 という感じで今日はここまで。
またPart2でお会いしましょう。

わったい☆

JUGEMテーマ:プロレス
| からし | プロレス(ローカル情報) | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://kimagure-guda.jugem.jp/trackback/2374
2011/08/31 8:52 AM posted by: -
-
管理者の承認待ちトラックバックです。