無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
【ドラゲー】現実を受け入れる覚悟。向き合って明日を見る気持ち 10・16大阪府立
 久々のドラゲー観戦!!!
といっても、PPVですがね!(苦笑)

実はドラゲーの中継自体を見るのも久々だったりします(汗)
なので、ちょっと色々と新鮮でしたw

ちなみに、メインを迎える前には会場内は相当に暑かったよう。
関東では夏日にもなったといいますし、大阪でも体育館内は相当な感じだったようですね・・。

++++++++++++++++++++++
▼10・16 大阪府立体育会館『THE GATE OF DESTINY 2011』
■6人タッグマッチ
新井健一郎、○岩佐拓、K−ness.(8分15秒 熨斗紙)スペル・シーサー、超神龍、琴香●

 琴香選手、遠目からだと稔さんに似てる髪&コスの組み合わせですなw


 そして試合後、メインの金網戦に出場する6人タッグマッチが入場ゲートに登場。
マイクで意気込みを。

サイバー「いよいよこの日がやってきたな。オレはマスクがかかってる。背負ってるもんが違うねん。YAMATO、切りそこねたその髪、バリカン入れたるからな」 
B×Bハルク「鷹木信悟!いよいよこの日がきたな。オレはオマエに坊主にされた恨み、忘れてねえからな。髪の毛の恨み、髪の毛で晴らしてやるからな」
戸澤「大阪に来てるJ3を応援してる気持ち悪いファン共。今日は誰か一人を坊主にしたるからよ。あと良くキレるバリカン用意したから」 
KAGETORA「オレは今日この日を目標に一ヶ月過ごしてきた。この日を迎えたオレは今にも爆発しそうです。テメエラ、今日のメインで髪かマスクを失うのはテメエらだからな」 
鷹木「いよいよ決着戦だ。お前ら3人とも気に入らねえけど標的はハルク貴様だ。ハルク、去年オレが坊主にしてやったのに。今日は坊主だけじゃなく金輪際オレの目の前に立てなくしてやる。それから今日は多くの子供さん達が来てんだ。最後は正義が勝つということを見せます。期待してください」 
YAMATO「いよいよ決着の時が来た。お前らが勝ってバッドエンドになるのか、俺らが勝ってハッピーエンドで終わるのか?勿論、今日来てるみんなはハッピーエンドを期待してるよな?期待してください」 


■6人タッグマッチ
●神田裕之、●ブロディ・リー、●メタル・ウォリアー(トリプルジャーマンSH)高山善廣○、ドン・フジイ○、“ハリウッド”ストーカー市川○

 高山&フジイ&“ハリウッド”ストーカー市川さん、神戸ワールドに続き登場!
ブロディとメタルウォリアーだけ目にすると、ハロウィン気分を味わえますなw

フジイさんはいつもどおり場外から二階席へのハッスルタイム(笑)
今日のお相手は神田さんw
リング内では市っちゃんが高山さんをうまく使い(使われ?)メタルウォリアー相手に奮闘。

中盤、ブロディがなんとトペ・スイシーダ!!!
これにはさすがの帝王もキツそうな表情を浮かべてたのが印象的でした(汗)

しかしその勢いに負けずいっちゃんも奮闘。
3人の猛攻を必死に耐えてる場面も多かったですね。
フジイさんと高山さんも極力介入しないようにしていた感じ。

最後はイナバウアー、エベレスト、ナイスのトリプルジャーマン決まって3カウント! 
神戸に続いての名場面!
しかし、フジイさんに投げられ、高山さんと共に踏みつけ式体固めに(汗)
置いてけぼりにされてリングに大の字の市川さんw
しかし、これがフジイさん流の愛のムチ・・・だと思うことにしましょうw


■シングルマッチ
○斎藤了(7分4秒 ダブルクロス)リッチ・スワン●

 スワンはいつも通りボイスパーカッションで入場。元気だ。
しかし、とにかく跳躍力が凄い!!
リングの半分以上を飛翔したボディプレスは圧巻でした!!

神田選手の介入もあり3カウントをとれることはできませんでしたが、インパクトは凄まじく。
ほんとにドラゲーに集う外国人選手はみんな足にバネが仕込んであるんじゃないかと思うほど(汗)
(久々に見ただけに尚更強く感じたのかもしれませんw)


■オープン・ザ・トライアングルゲート選手権試合
[王者]○土井成樹、谷嵜なおき、Kzy(バカタレスライディングキック)望月成晃、Gamma、横須賀享●[挑戦者]
※王者組のみ2カウントフォールで勝利となる特別ルール
※王者が初防衛に成功

 なんとなんと「王者組だけは2カウントで勝利」という特別ルール(汗)
試合開始前の事前情報番組にて望月&享さんが登場。そこで、
望月「土井ダーツを経てだったんでこれを飲まないと辿りつけなかった部分もあるんで。でもメンバー見たらちょうどいいんじゃないかなと。土井を上手く分断して、谷嵜、Kzyならいつでも3カウント取れるんで。カウント1さえとらせない感じでいきます。気だけはっとけば大丈夫かなって。」
享「どう考えても不利なんですけど(笑)これで勝てば向こうは何も言えないでしょうから。ハッキリいって今はリラックスしてます。」
と言っていましたがはてさて?

 入場時、谷嵜&Kzyがゾンビ化してる!
ロディ&メタルウォリアーに続き、ここでもちょっとしたハロウィン気分を演出か。
BW、なかなかに憎い(←勝手な妄想です)

 試合開始からチーム土井ダーツが飛ばす。
そして「挑戦者だけ2カウントルール」というもののため、実にスリリングでスピーディー。

望月さんが「アックスボンバー!」・・・どうした!?(汗)
そしてGammaの汚水攻撃への恐怖にKzy「ゴメンナサーイ!ゴメンナサーイ!!」→Gammaほぼ0距離汚水攻撃(汗)

J掘不利な中でも見せる。
最後は享と土井の攻防の中、Kzyがパウダー攻撃。
そこから谷嵜の一撃から、土井のバカタレスライディングキックで勝負あり!
初防衛成功。

何やらW望月とGammaさんが仲間割れ・・?
バックステージで何かあるか?


■オープン・ザ・ブレイブゲート選手権試合
[王者]○PAC(360°シューティングスタープレス)堀口元気●[挑戦者]
※王者が10度目の防衛に成功

 これまた堀口さんがジョーカー風の特殊メイク?マスク? ハロウィン感満載だ。
そしてPACは物凄い肉体!!!ガッチガチの筋肉の鎧という表現がピッタリなほどの・・!
来日直後の頃の姿とは別人のようですね・・・。
それに、PACって24歳なんですね・・・。改めてマジかよ・・・(汗)
普通にこのゲーム出ててもおかしくない体だぞ(汗)それくらいガッチガチのムキムキ(汗)

【WWEオールスターズ】

スピード+パワー。
恐ろしい存在ですね(汗)

しかし堀口さんもインサイドワークで追撃。
PACの首を中心に猛攻。そしてセコンドの神田選手の存在もありペースを握り続けたが、最後はPACが畳み掛けて勝利。
10度目の防衛という前人未到の二桁防衛達成!!
ドラゲーでは初かな?
土井ちゃんがいくつでしたっけ?(汗)

PAC、この体でもこの跳躍力・・・・。
パワーと上手く融合してるなぁ・・。惚れ惚れする。
ヘラクレス。


■オープン・ザ・ツインゲート統一タッグ選手権試合
[王者]○CIMA、リコシェ(メテオラ)吉野正人●、ドラゴン・キッド[挑戦者]
※王者が防衛に成功

 試合巧者が集ってる4人のタイトルマッチ。
王者はコーナーマットをはがして腰を打ち付けたりと。

吉野&キッドはミサイルセントーンとバイブルのコンビネーションなど、驚きのコンビネーションも披露。
歓声と戦況をひっくり返していく。

終盤は挑戦者がダブル619からのウルトラウラカンラナも、そこにCIMAメテオラ、さらにトカレフというような慌ただしいぞ、ひー!!
しかしその吉野の上にリコシェが飛んでくると、更にダブルローテーションムーンサルトを仕掛けに。しかしキッドが防ぐと吉野が雪崩式ライトニングスパイラル・・も、CIMAがヴィーナスから、リコシェとのシュバインシュタイナー。しかしカウント2!
リコシェがCIMAに託すと、メテオラ!!これでカウント3!!
防衛!!

怒涛のフィニッシュへの流れの握り合い。
最後は王者組が勝ちをゲット!

一度掴んだペースを逃さない安定感。
強い。



■マスカラ・コントラ・カベジェラ 金網サバイバル6WAYマッチ
B×Bハルク VS 戸澤陽 VS サイバー・コング VS 鷹木信悟 VS YAMATO VS KAGETORA
●YAMATO(エスケープ)サイバー・コング○
※YAMATOの髪切りが決定


 6メートルの金網の中で闘う。
金網上部5箇所に設置されたポールをGETしたものが抜けていくルール(最初の10分はとることができない)
3カウントやギブアップは無し。
敗者はマスクか髪の毛を失う過酷なルール。
今回で3度目。

興行開始前の事前情報番組に出演されてた望月さん&享さんのコメントは以下。
「網があるだけで普段できることができないとか。何気なく囲ってあるだけかと思いきや、入ってみなければ分からない感覚がある。仲間を置いていけるかとかもありますし。駆け引きですよね。」
望月「ギブ技も3カウント技、丸め込みも全く意味が無いという。戦いというよりも人間模様。出る時に仲間を残してでなきゃいけない、仲間三人でやりあわなきゃいけないという可能性もある事を考えれば…。」

過酷以外の何者でもない・・。
泥沼の抗争の完全決着の方法として用いられるこの試合形式。
今年はどうなる・・・?

鷹木はハルク、YAMATOは戸澤を狙う。
10分経つと一気に旗へ向かうBW軍。
J3軍は必死に阻止。サイバーは右腕を痛めているので登るのにてまどう。

ちなみに金網戦となるとセコンド陣の妨害ですが、今回はBW軍はテニスのセットと長い棒、Gammaは油。
セコンド陣の動きも実にカオス(汗)

まずはサイバーの力を利用し技ありで金網に登ったKAGETORAが一抜け
そして、続いてYAMATOが登り切るが、鷹木が一人きりになってしまうので苦悶・・・!!
鷹木「行けーー!!!」
しかし、YAMATOは降りた!
フジイさん「僕だったら獲ってますね(苦笑)」

かつて、ハルクが吉野選手を残して脱出し、最後には涙を流すシーンがありました。
が、この度は3vs1の状況になってしまうのでこれは正しいか。
引き続き2vs3の状況で続行。

そしてハルクと鷹木が同時に金網上へ。
なんと鷹木とハルクが旗を狙いあうが、谷嵜がハルクに赤ワインをかけようとするも、鷹木がすべり止めの粉で目潰し。
その隙に鷹木が2抜け

そしてその後すぐ、ハルクが金網上を綱渡りの要領でわたり旗をゲット。
ハルクが3抜け!!

2vs1の状況に苦戦のYAMATO。
戸澤がかつてCIMAが見せたような逆上がりで登頂。
そのまま旗をゲットし戸澤が4抜け

これでYAMATO vs サイバーの一騎打ちに。
ハードな打撃戦。先に強烈な一撃を浴びせた方が有利に。
その攻防をまず制したのはYAMATO。
スリーパーで落とした!
その隙に金網を登ろうとするも肩を痛めて登れない・・・!
セコンド陣も妨害&アシストにかかるも、エスケープしていた戸澤が先に登り旗を盗み、対角のコーナー上へ設置する悪どさ。猿め・・・!

さらに堀口がYAMATOへブルーミスト。
さらにセコンド陣がパウダー、大きなクラッカー?をYAMATOへ発射。
YAMATOがヒドイ目に・・・

そして眼を覚ましたサイバーが登るが、やはり上手く上がれない。
すると元レンジャーのハルクがロープを上部から吊るしアシスト。
しかし、サイバーはまだ上手く登れない・・

今度はKzyが縄梯子を上から落とすアシスト。これでサイバーは上手く登り始めるが今度は鷹木が妨害へ。
その隙にYAMATOがサイバーへ起死回生のギャラリア!!
YAMATOが縄梯子で登ろうとするが、今度は谷嵜が先手バサミでハシゴを切断・・・。
とんでもないカオス(汗)
 落下したYAMATOへサイバーがサイバーボム。
そしてハルクがまた登り2つ目の縄梯子投入。
登るサイバー。立てないYAMATO。
そしてサイバーが旗をゲット!!!

YAMATOの髪切りが決定!!!!!!

YAMATOの元へ行き水をかけてあげる鷹木・・・。
フジイさん「セコンドの差。リングの中は互角でしたけどセコンドの頭の差」

 先手バサミで髪を切るBW勢。
そしてバリカンで落ち武者風に。
何度も見たことある光景だけど、やっぱこの結末、風景はキツイ・・・。
最後まで抵抗する鷹木。
「オレが悪い」と言いながらバリカンをYAMATOへ。
耐えるYAMATO。膝を付き見つめるしか無い鷹木、KAGETORA。

そしてKAGE、鷹木もバリカンでYAMATOの髪を・・・。


戸澤「俺達の勝ちや。金網からもでられへん。仲間にも裏切られる。コイツはゴミレスラーじゃ。この戦いは俺らの勝ちや!」
サイバー「大阪のアホども。お前ら見ただろ。完全勝利や。オイYAMATO。これがジェンぐるの厳しさや。」
ハルク「オマエなかなかいい髪型になったな。鷹木。オレは髪の毛の恨みは髪の毛で晴らすからよ
戸澤「YAMATOの坊主が見たかったんだろ?これでハッピーエンドで終わりじゃボケ!」

鷹木「ブラッド!これがテメエらのプロレスか!反則三昧で勝って嬉しいのかよ!テメエらの顔、忘れねえからな!これで終わらねえからな!必ず立場逆転してやるからな!ちくしょう!!」
会場の皆さん、すいませんでした。YAMATO、本当にスマン(リングを叩く) 
望月「これが金網の現実です。確かに鷹木は先に出た。しかし誰のせいでもない。YAMATOファンの皆さんも是非とも今日のこの姿、目に焼き付けといてください。必ずYAMATOはやり返します。それまで悔しさを腹に貯めてYAMATOがやり返す日まで待っていてください。必ずやり返します」

++++++++++++++++++++++

これで3度目の髪切り。
昨年のさくらえみ vs 米山香織という女子プロレスでも同じくらいの衝撃を得ましたが、ほんっとうに「あの光景、衝撃」を今後脳裏に焼き付ける覚悟がなければキツイ形式。
プレイヤーだけではなく、見ている私達も目の前で起こる「現実」を受け入れられるくらいの心構えをして戦わなければならない。

本当にキツイです。好きな選手ならば尚更。
ハッピーエンドがプロレスじゃない。でも、満足してもらって帰ってもらわないとけない。でも時にはこういう非情な現実もたたきつけられる。
プロレスファンは時にタフさも試されますね・・・。

望月選手の言葉を信じ、今後のYAMATO選手のリベンジを信じて見守っていくしかない。
華やかさだけがプロレスじゃない。
でも一度踏みにじられ、新たに強くなって咲く花だってある。
YAMATO選手のこれからのリベンジを大いに期待したいと思います。

 以上、おつかれさまでした。


JUGEMテーマ:プロレス
| からし | DRAGON GATE | comments(0) | trackbacks(3) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://kimagure-guda.jugem.jp/trackback/2382
2011/10/31 6:52 AM posted by: 上級者のためのダーツ必勝バイブル
試合に出れば格下の相手にも負け続けていた私が「あること」を知っただけで、それ以降負けなしの"勝つ"ダーツプレイヤーになることができたのです。 あなたも試合で毎回ベストコンディションで投げられるフォームが確立できれば、"勝つ"ダーツができるようになるのはあ
2011/11/24 8:22 AM posted by: 上級者のためのダーツ必勝バイブル
試合に出れば格下の相手にも負け続けていた私が「あること」を知っただけで、それ以降負けなしの"勝つ"ダーツプレイヤーになることができたのです。 あなたも試合で毎回ベストコンディションで投げられるフォームが確立できれば、"勝つ"ダーツができるようになるのはあ
2012/02/15 10:13 AM posted by: コスチューム コスプレ衣装通販 Costume eShop
コスプレ服衣装のことならおまかせ キッズ用の子供かわいいぬいぐるみコスチュームから萌コスセクシー コスチュームや各種デザインを画像写真でカタログ感覚で探せる コスプレデビューのコスプレーヤーさんもコス友と一緒に安心のコスプレウィッグアクセサリー各種サイ