無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
DRAGON GATE 5・5 愛知県大会を見ました その
 昨日はDRAGON GATEの愛知県大会PPV生中継を見ました。
最近は東京以外でのビッグマッチを順調に展開するDRAGON GATEさん。
この日の愛知県体育館も試合開始早々から超満員御礼宣言も飛び出し、
内容だけでなく、相変わらずの営業力の素晴らしさも見せましたね。
選手とフロント、スタッフ陣の皆様、素晴らしい!!

この日のゲスト解説はもはやドラゲーとは切っても切れない間柄。
世界に誇る空中技のパイオニアのハヤブサさん。
相変わらず、レスラー本人でしか感じることの出来ない様々な状況での心境や状況説明は非常に興味深く、分かりやすい!

ちょいと長文気味になったので、まずはメインの感想から。
▽メイン以外の感想
http://kimagure-guda.jugem.jp/?eid=841




■5・5 DRAGON GATE 愛知県体育館大会『DEAD or ALIVE』

■メインイベント
マスカラ・コントラ・カベジェラ金網サバイバル6WAYマッチ

CIMA vs ドラゴン・キッド vs B×Bハルク vs YAMATO vs 吉野正人 vs ●神田裕之



 ちょいと特殊な試合形式は以下の通り。
※試合ルール---------------------------
6メートルの高さの金網に囲まれたリングの中で、出場する6選手が同時に闘う。
各選手は互いに闘いながら、金網の上部5箇所に設置された旗を取り合う。
4を手に入れた選手は勝ち抜けとなり、金網の外へエスケープ出来る。
い燭世掘試合開始後10分後のあいだは旗を取ることは出来ない
最後まで旗を取ることが出来なかった選手が負け残りとなり、髪の毛またはマスクを失う。
----------------------------------------

6メートル。文字で見るのと実物を見るとでは大違い。
マジで高い(≧Д≦)
ビルの3階くらい。
絶対無理ww上るものも嫌ですね〜。しかも上から落ちたりしたら・・・・・
泣けます。


▽エスケープ順
。臓滷促魯襯(19分1秒)

 YMATO、神田選手と2人から標的にされている状況だけあって、最後の方まで残るのではないか?
という予想されましたが、意外や意外。巧く切り抜け一抜に成功!
凄い回数金網にぶつけられていたので、今頃体中が悲鳴あげているのではないでしょうか(゚ー゚;A

しかし、この形式。
ハルク選手だけの話ではないですが、マッスル軍の外からの介入がウザイ事ww
ハルク選手が脱出しようとした時、外部から一緒に駆け上る堀口選手。
何をするのかと思いきや、

サラダ油を上から垂れ流すww

つるつる滑って落ちるハルク選手。大変な事態ですが何故か笑えてしまったのはココだけの話だww
他にもCIMA選手には超ロング物干し竿攻撃を見せるなど、
色々考えてるなぁ〜と。
邪魔でしょうがないですが、やっぱ笑えましたww

 見ていてふと思ったんですが、
今回の一騒動で顔に似合わないキラーぶりをファイトの中で見せるようになってきて、
何か師匠のマグナムTOKYOさんをより濃く感じられるようになりましたね。
技が似ているとかではなく、オーラ、雰囲気が。

 何はともあれ、
これで14日の後楽園ホール。戦前の公約どおり、

サイバー・コング&鷹木選手のハルクダンスも決定!!

みなさん、14日は後楽園へww


▲疋薀乾・キッド(22分57秒)
 この日は幾多のマスカラ戦等で着用してきた超重要ビッグマッチ用のホワイトカラーで登場。
絶対に負けられない気合がマスクやコスチュームで伝わりましたね。
リング周りに金網が立ったため、得意の空中戦が少しやりづらい形式かな?と思ってましたが、
意外とポンポン飛んでましたね。

 キッド選手の前にCIMA選手が脱出できる状況が出来たのですが、
なんと神田&YAMATOがキッド選手を人質にとり、
「マスクはがすぞ!オラ!!いいのか!?」
なんてされてしまう始末。
旗をとるか、キッド選手を守るか!?
という究極の選択に苦悩するCIMA選手が選んだのは、やっぱり仲間のキッド選手。
金網の頂上から助けに飛び降りる際の「チクショー!!」って叫びが実に悲痛で。
しかし、そのおかげでマスク剥ぎにあう事は逃れ、2人で神田&YAMATO選手をKO。
対角線上のコーナーを2人一緒に金網を駆け上り、同時に脱出か!?
と思いきや、CIMA選手がゾンビのように群がるマッスル軍に捕まってしまう。
しかし、既に頂上に上ってしまったキッド選手はCIMA選手の状況を確認する事無く、
すぐ旗を取ってしまう!!
喜び、CIMA選手を確認した時には既に遅く、もはや試合権利の無い状況では何もする事もできず、
ただただCIMA選手がいたぶられるのを見ることしか出来ないという事態に・・・。
最終結果的にはCIMA選手も脱出できたから良かったものの・・・ね(゚ー゚;A
10分経つ前に旗を取りそうになったりと、
こういう一人突っ走ってしまう部分がキッド選手らしいんだけど、
この時ばかりは本当に「なんてこった!!」ってTVの前で焦ってしまいましたww

 この時点でCIMA選手一人対マッスル軍3人という、
もはや勝利不可能な絶望な状況に・・・・。


YAMATO(24分54秒)
 憎くて憎くてたまらないCIMA選手をいたぶり放題の状況で、楽々と脱出成功。
「取っちゃうぞ〜ww取っちゃうぞ〜。」ってww
 マッスル軍への衝撃移籍をしてから、本当に憎たらしい小僧になりましたね。
外見や風貌、反則攻撃といった分かりやすい部分だけでなく、
ニヤリと笑ったりと表情で「コイツ本当に憎たらしいわ〜!!」とヒートを買うことの出来るのは、
憎さの中でも認めざる終えませんね。
本当に憎たらしいわぁ〜。


さ般鄒疑諭複横簡54秒)
 YMATO選手が脱出した後、マッスル軍で残ったのはまだまだ不仲な神田選手と吉野選手。
この日までに一度は結束している所を見せましたが、やっぱり所々の誤爆やらでヒビが。
試合に対する思想の違いはそう簡単に埋められないっすね。
脱出しようとすると、背中をブルーボックスで殴打!殴打!!
お互いが譲らない状況の吉野選手に対し、リング外にいる堀口選手が金網と靴紐を結ぶという暴挙に!!
何とか解いて反撃をし、頂上に上るも、またもや堀口選手も頂上で邪魔をするww
しかし、そんな状況を救ったのは盟友の土井ちゃん!!
金網の中を駆け上り、堀口選手をKO!
吉野選手の勝ちを見事にサポート!!

新日本の友情タッグは見事に崩壊してしまいましたが、DRAGON GATEでは友情はまだ生きていますね!


ィ達稗唯繊複横景48秒)
 最後の一本をめぐるのはCIMA選手と神田選手。
しかし、先週発売の週刊プロレスを見た方なら目にしたと思うのが、CIMA選手のレントゲン写真。
本当に首の骨が曲がってねじれてます・・・。

開始前から試合に出ることすら許されない、欠場していてもおかしくない、というか「しないといけない」コンディション。
それでもこの場に出たのは、超人的なプロ意識。本当に頭を下がる思いです。
神経が圧迫されて指の先まで痺れて夜も眠れない状態。
左肩に痛々しいまでのテーピングを施すも、自由に腕を上げることすら出来ない状態。
誰が、勝ち上がることなんて予想できたでしょうか?
幾多の絶望的な状態を潜り抜け、
「やっぱりCIMAだ!」
と感じさせてくれたのは流石の一言。唯一無二の存在ですね。

 頂上にやっとの思いで登ったものの、
まるでゾンビ映画のように群がる吉野選手と土井選手以外のマッスル軍勢ww
しかし、それらをタイフーン勢、そして吉野選手が蹴散らして無事脱出!!
よかったね、キッド選手\(≧▽≦)丿
見事ハッピーエンド!


■神田選手 髪きり執行
 結局は各ユニットを散々かき回しまくった一番の台風の目だった神田選手が敗北。
やっぱ、悪い事はするもんじゃないっすね〜。
最後はキッチリと天罰が待っているものですね。

 執拗に抵抗する神田選手。
マッスル軍勢が逃がし入場ゲートまで行くも、
一抜けしたハルク選手が現れブルーボックスでゴンッ!と。
YAMATO選手以外の参加選手総出でリング中央に縛りつけ無事丸坊主執行。
ロングの金髪が綺麗に無くなっていきましたね〜。
昔やってたモヒカンとは逆で、真ん中だけ刈っておくのも良かったかもww

神田「おいコラ!こんな試合認めらんねぇよ!そこにいる奴ら、特にハルク!こんなんで済むと思うなよ!」

往生際悪いっすねww

Gamma「土井、吉野!お前らはマッスルと一心同体じゃなかったのか!どういう事だ!」
土井「はあ?俺らがマッスル抜けることなんて、ここにいる皆わかってたよな?分かってなかったのはオマエだけやぞ。」


はい、分かってましたww
おバカww

 そして、キッド選手が地元名古屋人代表として、感謝のマイクで挨拶。普通すぎるww
続いてCIMA選手がマイクを取ると、注目の一言が。

CIMA「見ての通り、CIMAは試合できる状態じゃないから。今日を最後にホンのちょっと休憩に入らせてもらいます。いいお医者さんにかかって直に戻ってくるから。」

 この日だけではなく本当はもっと前から休んでもいい状態だったのに、責任感から日本中を回り試合をこなしてきたCIMA選手。
本当に今日まで無事に生きて試合をこなしてこれたのは、技術の高さは当然ですが、
運が良かったとも言えなくも無いと感じます。
直にとは言わず、ゆっくりでも良いんで万全なCIMAで戻ってきて欲しいです。
ドラゲーのみならず、日本の宝。世界の宝。


最後は『ようやく』マッスル軍を離脱した土井選手と吉野選手の『爽やか友情コンビ』が爽やかマイクで締め。
絶対エースのCIMA選手が欠場宣言。
これからのドラゲーマットを引っ張っていくのは間違いなくこの2人でしょう!
マッスル軍の怖い反撃も待っていると思いますが、負けるな土井吉!!

本当に仲いいな〜ww
JUGEMテーマ:プロレス


| からし | DRAGON GATE | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
2008/05/12 1:10 AM posted by: rinngo
飛び降りる際の「チクショー!!」じゃなくて、「キッドォー!!」って言ってたような

キッドは、CIMAも無事に旗取れたと思ったんじゃない?
振り返ったらビックリみたいな
2008/05/12 6:46 PM posted by: カラシ
>rinngoさん
コメントありがとうございます。

DVDを見直してみましたら、確かに「キッドー!」でしたね(゚ー゚;A
チクショーって聞こえてました。
ありがとうございましたm(_ _)m

キッド選手は上った時点でもう二人同時に脱出気分でしたからね。
振り返ったときの驚き様はそれを物語っていましたね。
読み返してみると、ちょいとキッド選が勝手に取ったような文面でしたね。
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。