無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
DRAGON GATE 5・5 愛知県大会を見ました その
メイン以外の感想で〜ス。
▽メインイベント感想http://kimagure-guda.jugem.jp/?eid=840

■第1試合
A・W・森、○PAC、しゃちほこマシーン
(4分13秒 360°シューティングスター・プレス→片エビ固め)
サイバー・コング、●超神龍、戸澤アキラ


 戸澤さん腹がww やっぱり腹がwww


■第2試合 時間無制限1本勝負 “ハリウッド”ストーカー市川暴走十番勝負・第3戦
●“ハリウッド”ストーカー市川
(0分18秒 ワキ固め)
○神取忍

■再試合
●“ハリウッド”ストーカー市川
(0分33秒 腕ひしぎ逆十字固め)
○神取忍


 凄い久しぶりのビッグマッチの舞台ですね、市川さん^^
ドラゲー内では一番ビッグネームと当たっている、贅沢な(散々?)扱いな市川さん。
対戦相手がXとなると、毎回外れなしのビッグネームでしたが、
この日は岡村社長と何かの実況席に座っていた、政界でもお馴染みの神取忍選手。
まったく市川さんに合わせる事無く、
あっという間の本気モードで腕を取り、へし折っていく様はwww

市川さん 全くいい所なし!!!

お疲れ様でしたww


■第3試合 30分1本勝負 ハードコア・マッチ
○鷹木信悟
(6分07秒 イス上へのMADE IN JAPAN→片エビ固め)
●谷嵜なおき


 ストリートファイトと銘打たれていますが、デスマッチ色の強い感じでしたね。
机をへし折り、有刺鉄線ボードにも突入。
谷嵜選手が大日本で経験した凶器で挑むも、もはや『肉体が凶器』の鷹木選手。
筋肉が分厚すぎる?物ともせずに一蹴。
意外と早い決着でした。

鷹木「YAMATOだ抜けてやりたいようにやったから、オレも近々動かさせてもらう。5月14日の後楽園で分かりやすい形で見せるからな。」

何?何??何しでかすの!?


■第4試合
●エルブレイザー、ドン・フジイ、望月成晃
(10分33秒 体固め→ガンマスペシャル)
NOSAWA論外、堀口元気、○Gamma


 エルブレイザー選手、やっぱまだまだ翻弄されてるかなぁ。
脇を固める2人が屈強なだけに、その辺りがちょいと見えたかな。
その部分をガッチリと、今後ね。

GammaとNOSAWA選手はバックステージで、あっさりと分裂した模様(゚ー゚;A
凄いあっさりと素直に認めて行ったNOSAWAさんみたいだけど・・・
何か考えてんのかな?
東京愚連隊は色々と多方面で大活躍だからなぁ。
ここにも何か仕掛ける?


■第5試合 60分1本勝負 スペシャル・シングルマッチ
●土井成樹
(21分56秒 go2sleep→片エビ固め)
○KENTA


 血気盛んな二人の試合。
予想通りというか、スタイル的にそうなることは避けられ無かったハードなシバキあいに。
関節技なんてなかったよね?
そんな感想しか残らないほどの乱打戦だったなぁ。
終盤、土井選手のマウスピースが吹き飛ぶ一撃は見た目も伝わるインパクトも最高。
良い映像だった!
その後、口から血を吹く所を捉えたカメラは何か映画の一場面みたいだったなぁ。
後一歩、というにはまだあったかもしれないけど、
KENTA選手を苦痛の顔に歪ませたのは事実。
試合後にKENTA選手の方から握手の手を差し伸べたのが、物語ってたと思います。

試合後のコメントも見ましたが実に好印象。
顔をあわせるのは、これで一旦決着かと思いますが、
土井選手の中では、当然勝ち逃げはさせないみたいですし。
今度顔をあわせる頃にどれだけ上に登っていられるか。
まだまだ未来がある二人だけに、今後の成長が見込める黄金カードの根っこが見えた気がします。


■第6試合 60分1本勝負 オープン・ザ・ツインゲート統一タッグ選手権試合>
[王者]●岩佐拓、新井健一郎
(26分47秒 ジャンボの勝ち!→片エビ固め)
斎藤了、○横須賀享
※第2代王者組が3度目の防衛に失敗。新王者組は第3代王者組に


 以外にもリョウスカってツインゲートを巻いていなかったんだね(◎A◎)
IJは奪還してたけど、意外でした。
DRAGON GATEでももう長いコンビとなった二人。
このベルトを巻いたことで、防衛という分かりやすい実績を気付きあげる旅が始まったんでしょうね。
享さんは性格がいいからお兄さん的。
サイリョウ選手はやんちゃな弟。
良いコンビだね。

 敗れた新岩コンビもココまで王者として実に素晴らしい内容を残してきましたね。
ずっと日陰に咲いていた2人がココまでの内容を残してきたのは脱帽。
正直、これほどのものかと驚きました。
敗れてもなお、計算されたかのようなド根性コンビの連係のインパクトと、
両選手の価値は鰻上り。
結果と内容を素直に受け止める姿勢。
これがある限り、2人はまだまだ上にいけるはずですよね!

JUGEMテーマ:プロレス


| からし | DRAGON GATE | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
2008/05/06 4:59 PM posted by: プロレス
プロレスインフォメーション